DevDay_AWS_logo_narrow

2020 年 10 月 20 日 (火) ~ 22 日 (木) オンラインにて開催

新たな時代を拓く
開発エンジニアのための
テクニカル カンファレンス

in-partnership-intel

オードリー・タン氏、川口耕介氏、ジェームス・ゴスリンなど目標としたい開発エンジニアが多数登壇。なんと、R-1 ぐらんぷり優勝の野田クリスタル氏も!

公募セッションはただいま選考中。関心のあるセッションを Twitter でシェアして応援しよう! 応募リストはこちら »

新たな時代を拓く開発エンジニアのためのテクニカル カンファレンス

AWS DevDay Online Japan

今年も AWS Dev Day の季節がやってきました。60 を超えるセッションとワークショップで、最新テクノロジーのご紹介と使いこなしの技、そして実戦事例をお届けします。
2つのキーノートでは目標としたくなる開発エンジニアが多数登壇され、参加者の皆様も交えてこれからの開発エンジニアのあるべき姿を語り合います。今年はオンライン開催なので、どこからでも受講することができます。
スキルアップの秋、ぜひこの 3 日間をご一緒しませんか? 

 開催日時:2020 年 10 月 20 日(火)~ 22 日(木)
      20 日: 10:00 ~ 18:05
      21 日: 10:00 ~ 18:00 
      22 日: 10:00 ~ 17:30

 開催形態:オンラインにてライブ配信

 主催:アマゾン ウェブ サービス  ジャパン株式会社

 協賛:インテル株式会社

 参加費:無料

オープニング・キーノート ~新たな時代を拓く開発エンジニアとは~

10 月 20 日(火)10:00 ~ 11:35

開発エンジニアの世界には「ヒーロー」がいます。オープニングセッションでは、こうしたヒーローと呼べる方々をお招きします。世界で最も使われている言語のひとつ「Java」を生み出した ジェームス・ゴスリン、そして DevOps に欠かせないツール「Jenkins」を生み出した川口 耕介 氏、AI のユニコーンとして技術力で世界に羽ばたく Preferred Networks から CTO 奥田 氏が、開発者としてのあゆみとこれからについて語り合います。皆さんからの質問も募集していますので、ぜひお寄せください!

JG_300

ジェームス・ゴスリン
(Amazon Web Services, Inc.
Distinguished Engineer)

世界中でも最も使われているプログラミング言語のひとつ、Java の生みの親。"Dr. Java"の異名を持つ。サンマイクロシステムズ、オラクル、Google などを経て 2017 年より Amazon Web Services に在職。 

Kawaguchi_300

川口 耕介 氏
(Launchable, Inc. Co-CEO)

米国 Sun Microsystems にて JavaEE の開発に携わった後、Jenkins 及びそのコミュニティを作る。2010 年より CloudBees にて Jenkins を事業化、CTO。2020 年より Launchable co-CEO。

Okuta_300rev

奥田 遼介 氏
(株式会社Preferred Networks
取締役 最高技術責任者)

2014 年に前身となる Preferred Infrastructure に入社、同年、スピンアウトした Preferred Networks に転籍。映像解析、製造業にかかわる研究開発、Chainer・CuPy などの OSS 開発に従事。2017 年に最高技術責任者、2018 年に取締役に就任し、現職。学生時代から競技プログラミングに参加し、国際情報オリンピック日本代表、全国高専プログラミングコンテスト競技部門準優勝。1989 年 4 月生まれ。

クロージング・キーノート ~開発エンジニアが持つ無限の可能性~

10 月 21 日(水)16:30 ~ 18:00

ソフトウェア開発のスキルがあるということ、そこには無限の可能性があります。クロージング キーノートでは、人を笑顔にし、感動をもたらすエンジニア、そして IT の力で社会をリードするエンジニアをお招きし、エンジニアというプロフェッションが持つ可能性について、参加者の皆様も交えて語り合います。

Audrey-Tang_300

オードリー・タン 氏
(台湾 デジタル担当大臣)

オードリー・タン氏は、コンピュータ言語 Perl とHaskell の再活性化や、Dan Bricklin 氏と共同でオンライン表計算システム EtherCalc を構築したことで知られる。
公共部門では、台湾国家発展評議会のオープンデータ委員会と K-12 カリキュラム委員会の委員を務め、国内初の e-Rulemaking プロジェクトを主導。民間では、Apple で計算言語学のコンサルタント、Oxford University Press 社で群集辞書学のコンサルタント、Socialtext 社でソーシャル インタラクション デザインのコンサルタントを務めた。
ソーシャルセクターでは、"政府をフォークする "という呼びかけのもと、市民社会のためのツールを作ることに焦点を当てた活気あるコミュニティである g0v("gov zero")に積極的に貢献している。 

Manabe_300

真鍋 大度 氏 
(アーティスト, プログラマー,  DJ, 
ライゾマティクス ファウンダー)

東京を拠点に活動するアーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ。 2006 年 Rhizomatiks 設立、2015 年より Rhizomatiks の中でも R&D 的要素の強いプロジェクトを行う Rhizomatiks Research を石橋素氏と共同主宰。 身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。高解像度、高臨場感といったリッチな表現を目指すのでなく、注意深く観察することにより発見できる現象、身体、プログラミング、コンピュータそのものが持つ本質的な面白さや、アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、 境界線に着目し、デザイン、アート、エンターテイメントの領域で活動している。

マヂカルラブリー野田©300

野田クリスタル 氏
(マヂカルラブリー)

吉本興業所属のお笑い芸人。お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当。 賞レース決勝の常連であり、2020 年の R-1 ぐらんぷりの優勝という経験を持つ傍らで、 大のゲーム好きが高じ、独学でゲームプログラミングを習得し、自作ゲームを開発。 製作したゲームは「野田ゲー」と称されている。2020 年 7 月に吉本興業が運営する クラウドファンディングサイト・シルクハットにて、 超面白ゲーム「スーパー野田ゲーPARTY」の製作プロジェクトが開始。 目標の 3 倍以上の金額を集めることができ、2021 年 3 月の発売を目指し、鋭意製作中。。

50 以上のブレイクアウトセッションでは多彩な技術領域を網羅。
サービスの最新情報はもちろん、Call for Papers (セッション公募)で寄せられた経験事例やベストプラクティスなどの実践的なコンテンツが満載です。

いまおさえておくべきテクノロジーを網羅

AWS Dev Day では今おさえておくべきテクノロジーを網羅し、スキルアップを実現し ます。

ネットワーキング
サーバーレス
コンテナ / サーバーレス
コンテナ
データベース

DevOps
開発プロセス

機械学習
AI / 機械学習
IoT
IoT
コンピューティング
ロボティクス
データ分析
ブロックチェーン
ストレージ
キャリア育成
AWS-Category-Icon_Customer-Engagement_60_Left-Aligned

エキスパートも、ビギナーも楽しめる、学べるセッション構成

すでにクラウドネイティブなテクノロジーを使いこなしているエキスパート向けはもちろん、これからクラウド上での開発にチャレンジする人も、アプリ開発が初めての人も、習熟度やバックグラウンドに応じたセッションを多数展開します

AWS-Category-Icon_Non-Profit_60_Left-Aligned

最新テクノロジーの Dive Deep とユーザー事例を多数展開

新しいテクノロジーを使ってプロダクトやソリューションを構築しようとすると、様々な壁にぶつかることがあります。AWS Dev Day では、最新テクノロジーをもっと使いこなせるように、Dive Deep セッションと実際に活用しているユーザー事例を多数展開します。ノウハウが共有できる場として活用していただくことができます。 

さらに理解を深めたい方のために、実際にサービスを使って構築体験を行う 9 つのワークショップをご用意しました。

日頃から AWS で開発する上でエキスパートに聞きたいと思っていたことはありませんか?
AWS Dev Day ではオンラインで AWS ソリューション アーキテクトとオンラインでつながるコミュニケーション・エリアを設けました。
ぜひこの機会につながってみませんか?

※ Ask an Expert の参加方法は後日公開いたします。今しばらくお待ちください

サーバレスの部屋

コンテナの家

DevOps と開発プロセスの間

AI/ML の広場

IoT, Blockchain, robotics など

AWS Dev Day Online Japan 期間中を快適にお過ごしいただくため、あらかじめ以下につきご確認ください。

1. AWS Dev Day Online Japan は3 つのトラックと、9個のワークショップで構成されています。ブレイクアウトセッションについてはセッション単位ではなく、トラック単位で選択してください。

2. お申込み後送付されてくるメールに記載のアドレスが受講票となります。

・メールはトラック毎 (10/20: Track A/B/C、10/21: Track D/E/F)に 1 件送付されます。これが受講票となります。

・ワークショップについてはセッションごとにメールが送付されます。
例)Track A、B、およびワークショップを 2 件お申込みの場合、合計 4 つのメールが送付されます。

3. 当日までに、これらのアドレスをメールにあるカレンダ―同期機能などを使用し、スケジュール表などにコピーしておきましょう。

4. スケジュールアプリなどから受講対象のサイトにアクセスします。

今日から AWS を始めましょう

コンピューティング、データベース、ストレージ、コンテンツ配信、機械学習、IoT をはじめ、
AWS では、柔軟性、スケーラビリティ、信頼性の高いアプリケーションの構築を支援するサービスを用意しています。

Amazon EC2 や Amazon S3 など
60 以上の製品を無料で体験できます。
AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

導入支援・お見積り等に関するご質問は
チャットでもご相談いただけます。
(平日 10:00 ~ 17:00 / 土日祝日除く)

Up-Arrow