基調講演のメッセージや新発表のサービスに関する情報等を日本の皆様にお届けします。

11/28 TUESDAY NIGHT LIVE(Peter DeSantis)
11/29 KEYNOTE 基調講演(Andy Jassy)
11/30 KEYNOTE 基調講演(Werner Vogels)
re:Invent 2017 で発表された新機能とサービス一覧

AWS re:Invent 2017 ダイジェスト ライブストリーミング
2017 年 12 月 19 日(火) 開催!

re:Invent 基調講演でのキーメッセージ、発表サービス等を日本の皆様にお届けします。

無料視聴申し込みはこちら ≫

000

今年で第 6 回目を迎える AWS のグローバルカンファレンス「AWS re:Invent 2017」。3 日目に開催されたナイトキーノート「Tuesday Night Live」では Peter DeSantis(Vice President, AWS Global Infrastructure)が登壇し、AWS インフラストラクチャのフットプリントの拡大と、グローバルに張り巡らされる冗長化されたネットワーク、AWS リージョンにおけるアベイラビリティゾーンによる高い可用性の重要性について強調しました。さらに Dr. Matt Wood(GM Artificial Intelligence)より、AI や Deep Learning の分野における Amazon EC2 の活用について紹介されました。

また、Perter が EC2 のこれまでの進化について触れ、C5 インスタンスにおける新ハイパーバイザーの採用と、Amazon EC2 Bare Metal (ベアメタル)インスタンスのリリースを発表しました。ゲストスピーカーの Auto Desk 社の Brian Mathews 氏 (VP of Platform Engineering) は、EC2 のパフォーマンスを最大限に活用できるようになった今、革新的なサービスを提供するのはユーザーの決定次第と強調しました。後半 Peter は、ロードバランサーとそれを支える AWS 内部の Hyperplane について触れ、様々なネットワーク機能の拡張と、高速化への貢献について説明しました。

最後に、Stephen Schmidt(Vice President, Chief Information Security Officer)が登壇し、AWS におけるセキュリティ関連の自動化についての紹介と、新サービスの Amazon GuardDuty の発表を行いました 。ゲストスピーカーに Netflix 社の Greg Peters 氏(Chief Product Officer)を迎え、セキュリティに関するディスカッションが行われました。 

thumb
1:49:13
AWS re:Invent 2017 Keynote: Tuesday Night Live with Peter DeSantis(英語)
02
01

11/28(火)の夜に開催された「Tuesday Night Live」は、Amazon Web Services の Vice President, AWS Global Infrastructure である Peter DeSantis の登壇で幕を開けました。

最初に Peter は、AWS のインフラストラクチャについてのアップデートを紹介しました。AWS は 2006 年にサービスを開始して以降、最初の 10 年でグローバルに 11 のリージョンにフットプリントを拡大し、そして驚くべきことに 2016 年から 2018 年の 3 年間で、その前の 10 年間と同じ 11 のリージョンを追加する計画であり、この拡大は今後も更に続いていくと述べました。

Peter は、AWS の再生可能エネルギーへの取り組みについても言及しました。昨年の James Hamilton のキーノートでもお伝えしたように、AWS は 100% 再生可能エネルギー利用を達成することを長期的な目標としてコミットし、取り組みを継続しています。Perter は、AWS リージョンと同じ発電グリッドで再生可能エネルギーにより電力をまかなえる AWS リージョンを建設することを目指していると語りました。また、国として 100% の再生可能エネルギー利用をコミットしているスウェーデンでのリージョンの開設による貢献や、バーレーンでの初めてのユーティリティスケールの再生可能エネルギーを計画しているなど、再生可能エネルギー利用の取り組みは、リージョン拡大のプログラムに組み込まれて行われていることを伝えました。

さらに Peter はAWS のグローバルネットワークについても言及し、AWS の CDN サービスである Amazon CloudFront を提供するエッジロケーションが 100 以上に拡大されたことや、AWS リージョン間は冗長化された 100GbE の広帯域なプライベートネットワークで接続されていることをお伝えしました。AWS との専用線接続を提供する AWS Direct Connect はグローバルで 67 ロケーションにのぼることを紹介し、最近しくリリースされたリージョン間をまたぐ Direct Connect の拡張についても言及しました。

そして Peter は、本日のキーノートの大きなセッションの 1 つであるコンピューティングのスケールについて触れました。EC2 は x86 プロセッサの環境として大きく成長してきましたが、最近では AI や Deep Learning に代表されるコンピューティングの新しい活用による GPGPU や FPGA の利用が目覚ましく成長していると述べました。

05-4
03
05-0
07
06

GM, Artificial Intelligence である Dr. Matt Wood が登壇し、お客様がどのようにそれらのコンピューティング環境を AWS で活用しているかの詳細について、3 つの事例を紹介しました。

北京とサンフランシスコのスタートアップでは、自律走行レベル 4 を実現し、200 マイルを完全に自律走行できるトラックを開発しています。CT スキャンの医療画像から Deep Learning により腫瘍を見つける事例では、腫瘍を早期に発見できるだけでなく、全てのスキャン画像を日常的に解析することができるようになりました。北バージニアの大学では 50 万にもおよぶ論文を自動的にカテゴリ分けするために自然言語処理アルゴリズムを使っており、大量の CPU 処理のために 2 時間だけ EC2 スポットインスタンスを使用して 110 万コアで計算処理を行っています。AI や機械学習で実行できる処理能力やデータ量は、10 年前には想像もできなかったほどのスケールとなっています。

そして Matt は、ここ数年の AI、Deep Learning の飛躍的な進化の要因として 3 つの要因をあげて説明しました。1 つ目はハードウエアによる高速化です。NVIDIA の最新 GPU の V100 はディープラーニングを高速化する機構をハードウェアに組み込んでおり、V100 を 8 個搭載した p3.16xlarge はペタフロップス(PFLOPS)級の非常に高い処理性能を実現します。2 つ目は、機械学習フレームワークの拡充です。AWS では Tensorflow、MXNet、Caffe2 などのあらゆるフレームワークが事前設定された AMI を AWS Marketplace からダウンロードして効率的に動かせます。Amazon は TensorFlow ではパッチも提供しており、パフォーマンスを3-5倍改善することに貢献しました。MXNet でも、学習において 7-8 倍のパフォーマンス改善を達成しているなど、コードの提供に貢献をしています。3 つ目は、急速に成長しているコミュニティです。AWS と Microsoft は、2 カ月前に  Gluon という機械学習ライブラリを発表しました。

08
10
09-2
ec2-1
ec2-2
ec2-3

ここで Perter が再び登壇し、元 EC2 の GM であった自身の経験を振り返りながら、EC2 のここまでの道のりについて語りました。AWS は EC2 やインフラストラクチャの全てに対して長期に渡り多くの投資をしてパフォーマンスの最適化を継続してきました。Perter はここで、ハイレベルな EC2 のアーキテクチャについて語り、高速で低価格な非常に信頼性の高いネットワークと、インスタンスやマシンイメージ、セキュリティグループ等全てを管理しお客様に API を提供するマイクロサービスについて説明しました。そして EC2 ホストでは、お客様のインスタンスを実行するために、カスタマの環境が定義されたとおりに提供する EC2 ホストソフトウェアが稼働しています。EC2 が最初にサービスを開始してから、EC2 のソフトウェア群は常に拡張・改善され、今日提供されている様々な機能を追加してきました。

Peter は、EC2 インスタンスが目指している重要なゴールを 3 つあげました。1 つ目は高いセキュリティです。AWS のサービスは常にセキュリティから始まります。セキュリティの観点では、ハードウェアやソフトウェア、EC2 イメージの完全性、状況の可視性が重要になります。2 つ目にパフォーマンスも重要です。パフォーマンスの絶対値が高いことだけでなく、様々な異なる負荷の傾向をもつワークロードに対応できる可変性や可用性が重要です。そして 3 つ目に、お客様が使い慣れたハードウェア上で実行されているサーバーと同様に利用でき、ハードウェアを意識せずにすむような抽象化レイヤーを提供することが重要です。例えば EC2 が利用するディスクを iSCSI で提供することも検討されていました。これはサービス提供側からするとシンプルですが、お客様に OS 側で iSCSI クライアントの設定や管理をする無用な作業を強いることになるため、Amazon EBS ではネイティブなディスクとして見えるように提供しました。

2011 年の EC2 のアーキテクチャは右の図のようなものでした。ここで Nitro システムアーキテクチャとよぶ将来のアーキテクチャを考えました。先にお話したような重要な機能を、お客様のインスタンスをホストしているサーバー上で実行するのではなく、Nitro システムという専用のハードウェアに移動するという考え方です。Nitro システムはモジュラー構造になっており、機能は Nitro システム上のマイクロサービスとして構築されています。これにより、迅速に機能を開発し進化していくことができるのです。これにより、全てのサーバーリソースをお客様のインスタンスに利用できるメリットがあります。我々の目的は EC2 インスタンスを完全にベアメタルと同等にすることでした。

これを目指す旅は C3 インスタンスから始まりました。C3 インスタンスではネットワークパケット処理機能を Nitro システムに移行しました。これは最も負荷の高い処理の 1 つであり、最もパフォーマンスに影響がある機能でもあります。2013 年に C3 インスタンスがリリースされた時も Nitro システムについて紹介しましたが、ネットワーク帯域が 20 %向上し、レイテンシーが 15% 改善するという大きな効果がありました。

ec2-2011

C4 インスタンスは C3 インスタンスの 1 年後にリリースされましたが、ストレージ処理を Nitro システムに移行しました。ネットワークと同様にリソース負荷が高くパフォーマンスへの影響が大きい処理です。C4 インスタンスでは EBS 最適化オプションがデフォルトで有効になりました。全てのインスタンスは、Nitro システム上でストレージ処理のため専用のリソースが確保されるので、もはや EBS 最適化は必要なくなったのです。これにより、20% のシステムリソースをお客様のインスタンスに割り当てられるようになりました。

C5 インスタンスでの性能のさらなる最適化に関しては、非常に大きな決定が必要でした。Nitro システムは専用ハードウェアでしたが、1 世代目は汎用の ASCI を利用していました。2 代目はスタートアップの Annapurna Labs の ASIC を利用しました。このアプローチはうまく行っていましたが、Nitro の真の長期のビジョンを考えると、違うアプローチを検討しなければいけないことが分かっていました。この時点で、このまま専用ハードウェアを使用する、FPGA を利用する、カスタムシリコンでハードウェアをカスタムするという、3 つの選択肢がありました。高性能で、かつ安価であるという困難な要件でしたが、AWS は Ananapruna 社と協力し、カスタムシリコンでハードウェアをカスタムするという最も適切でハードな選択肢を選びました。C5 インスタンスは、EC2 ソフトウェアと Ananapruna のシリコンの長年に渡る積み重ねによって実現したものです。先日発表している VMware on AWS でもこの Nitro は使用されています。

21
22
23

そして Peter は、EC2 の Bare Metal(ベアメタル)インスタンスのリリースについて発表しました。非仮想化、仮想化の両方のメリットがあり、拡張性があり、セキュアで、ライセンスの制限などにも適用できるものです。

ここで Peter は、Auto Desk 社の Brian Mathews 氏 (VP of Platform Engineering) を壇上に迎えます。現実世界の課題をシミュレーションするソフトウェアを提供する Autodesk は、解像度の向上による計算量の増加をクラウドで解決しており、人間がゴールと制約を入力し、クラウドのコンピューティングパワーを活かして AI が膨大なデザインを生成するジェネレーティブデザインという手法により、オートバイの部品や航空機のパーティションの軽量化を実現しています。Mathews 氏は、「クラウドはコンピュータをオンプレミスからプロバイダに移すだけではなく、コンピューティングの規模を拡大する度に新しい現象を想像させてくれます。より良い世界をつくるためにあなたはクラウドをどう使いますか?」と問いかけてプレゼンテーションを終えました。

31
33
34

次に Peter は、ロードバランサーの進化について語りました。Amazon における初期のロードバランサーは 166MHz CPU、32MB メモリ、16個 の10/100MB ポートを搭載し、独自の HA 機構とフロッピーディスクドライブを持つハードウェアロードバランサーでした。その後多くのベンダーがハードウェアロードバランサーを提供し、信頼性、拡張性、パフォーマンス、コストを競いましたが、それらはコモディティと言うほどには安くなく、コストの大部分を占めるようになりました。もう一つの大きな問題はそれがブラックボックスで問題を特定して修正することが極めて困難だったことです。また、設定が煩雑だったことも問題でした。Amazon はマイクロサービスを指向しており、ロードバランサが管理する VIP は 10 年前の 6000 から現在では 60万 に増えています。これをすべて設定するのは現実的ではありませんでした。そこで、分散型の S3 ロードバランサーを開発し、従来のハードウェアロードバランサーが抱える問題を解決しました。そして、現在はそれを AWS Hyperplane という内部サービスとして 4 つの AWS サービスで活用しています。Amazon Elastic File System は、PB 級のストレージに対する長時間のステートフルなコネクションと、GB 級のスループットを実現しています。また、AWS Managed NAT は数万の長時間コネクションでの数十 GB のスループットを処理し、セキュアなインターネット接続を実現しています。AWS Network Loadbalancer は、AWS のお客様にとっての Hyperplane です。今年 9 月にローンチ後、お客様は数百万リクエスト/秒まで高速にスケールするアプリケーションを構築できるようになりました。

また、今日発表された AWS PrivateLink の新機能では、自分の VPC 上に構築したサービスを異なるアカウントの VPC に共有できるようになりました。これも AWS Hyperplane によって、IPS やファイアウォールの設定をすることなく実装されています。このようにして AWS のロードバランサーは、非常に高いスケーラビリティを実現しました。

36
35

スケーラビリティと同時に AWS が最も重視しているのがセキュリティです。AWS の VP and Chief Information Secuirty Officer である Stephen Schmidt が登壇し、AWS におけるセキュリティやイノベーションにおけるセキュリティをどの様に実現しているかを紹介しました。最もセキュリティエラーを引き起こすのはミスコンフィギュレーションであり、よい解決策は tool 化することです、と Stephen は語りました。AWS での取り組み例として、CEO である Andy Jassy と VP との間でセキュリティイシューに関する週次のミーティングがあることや、ローンチする全てのサービスについてセキュリティレビューを実施していること、アプリケーションセキュリティチームは今年、約 1900 件のセキュリティレビューを実施していることなどを紹介しました。

次に AWS におけるセキュリティエンジニアに関する話題に移ります。ここでは AWS にはセキュリティオペレーションセンター(SOC)が無いことや任意の特定のシフトでは 1 人のセキュリティエンジニアがオペレーションを実施している事が明かされます。なぜこの様な事が実現できるのでしょうか。それは自動化されているからです。例えば、AWS ではインフラ全体に共通な問題については、通常 5 分から 15 分の間隔で検知する事ができる様になっています。また復旧に必要なアクションや、フォレンジック調査なども自動化されています。 Stephen は「私たちは皆さんも使っている AWS Lambda を広範囲に利用することで、それらを実現しています」と述べました。

Amazon Macie の紹介に続き、新しいサービス Amazon GuardDuty が発表されました。GuardDuty は、フルマネージドかつ、継続的なセキュリティ監視および脅威検出サービスです。シングルクリックで有効化する事ができます。GuardDuty を有効にすると CloudTrail や VPC Flow Logs、DNS ログを含む複数のデータソースからなるイベントを分析し、インフラストラクチャの運用における異常を特定し、機械学習を適用して脅威を非常に正確に識別します。GuardDuty は、すでに 50 以上のお客様とパートナーにご利用頂いており、パートナーからは過去 7 ヶ月間に渡ってフィードバックを頂きました。

42

最後に、Stephen は、Amazon Macie チームの設立メンバーである Jenny Brinkley と、Netfilix 社の Chief Product Officer である Greg Peters 氏を壇上へ迎えました。まず Peters 氏はセキュリティに関連する OSS プロジェクトが 15 プロジェクトに達している事や、その多くは AWS と関係するものであり、セキュリティチームが高速で大規模なクラウドへのデプロイメントツールをターゲットにしていることを紹介しました。さらにその他にも、新しいアプリケーションリリース時における最小権限の設定方法に関して、リリース当初は大きめの権限セットを適用し、アプリケーションの振る舞いを観察しながら徐々に最小権限に近づけていくといったアプローチを行っている等、セキュリティに関するディスカッションが行われ、ナイトキーノートを締めくくりました。

44
47
46