• 現在プレビュー中: AWS Database Migration Service

    投稿日: Oct 7, 2015

    AWS Database Migration Service を使用すると、最小限のダウンタイムでプロダクションデータベースを AWS に簡単に移行できます。データベースの移行中も、アプリケーションは稼働した状態に保つことができます。また、AWS Database Migration Service では、移行中や移行後に発生するソースデータベースに対する変更が、ターゲットに対して継続的かつ確実にレプリケートされます。移行タスクは、AWS マネジメントコンソールで数分のうちにセットアップできます。AWS Database Migration Service は、Oracle、SQL Server、MySQL、PostgreSQL、Amazon Aurora、MariaDB といった、広く利用されているすべてのデータベースプラットフォーム間のデータ移行でご利用いただけます。このサービスでは、Oracle から Oracle のような同種のデータベース間の移行も、Oracle から Amazon Aurora または SQL Server から MySQL といった異なるデータベースプラットフォーム間の移行もサポートします。AWS Database Migration Service は、1 回限りの移行の実行や、データベース間の継続的なレプリケーションにも使用できます。複雑なソフトウェアのインストールや設定は必要ありません。

    AWS Database Migration Service の機能の 1 つである AWS Schema Conversion Tool は、1 つのデータベースプラットフォームから別のデータベースプラットフォームにデータベーススキーマと保存された手順を移植します。このため、お客様はアプリケーションを Oracle や SQL Server から Amazon Aurora、MySQL、MariaDB、PostgreSQL (近日対応予定) に移行することができます。

    AWS Database Migration Service の料金は低コストです。1 TB のデータベースをオンプレミスから AWS に移行するのにかかる料金は、わずか 3 USD です。AWS Schema Conversion Tool は、お使いのデスクトップにダウンロードできます。この機能は無料で使用できます。

    AWS Database Migration Service は、米国東部 (バージニア北部) リージョンで現在プレビュー中です。今すぐプレビューにサインアップできます。サインアップ後、キャパシティーが利用可能になると、お客様のアカウントはホワイトリストに登録されます。サインアップすると、AWS Schema Conversion Tool はすぐにダウンロード可能になります。

  • Amazon WorkSpaces PCoIP ゲートウェイの IP 範囲

    投稿日: Sep 22, 2015

    現在、Amazon WorkSpaces では、PCoIP ゲートウェイサーバーのために狭い範囲の EC2 パブリック IP アドレスを使用しています。PCoIP ゲートウェイサーバーでは、WorkSpaces にアクセスするデバイスに対してよりきめ細かなファイアウォールポリシーを設定できます。Amazon WorkSpaces サービスでは、PCoIP ゲートウェイを使用して、デスクトップセッションをポート 4172 を介してクライアントアプリケーションにストリーミングします。

  • Microsoft Windows 用 AWS セルフペーストレーニングラボのご紹介

    投稿日: Aug 5, 2015

    このたび AWS では、AWS クラウド内で実行されている Microsoft テクノロジーの操作方法を説明する、3 つの新しいラーニングパスをご利用いただけるようになりました。セルフペースラボを使用すると、ライブの実習環境でハンズオントレーニングを受けることができます。新しいラーニングパス (別名 qwikLABS 「クエスト」は、Exchange および SharePoint などの Microsoft 社のアプリ、Microsoft SQL Server および Amazon RDS for SQL などのデータベース、AWS クラウド内で Microsoft Windows ベースの環境をデプロイし管理するシステム管理ツールなどについて学習するために作られました。ラボは AWS サブジェクトマターエキスパートによって開発され、qwikLABS.com を介してオンラインで利用できます。詳細および開始方法については、Windows 向けの AWS ラボを参照してください。

  • Amazon Web Services Amazon Machine Learningを発表

    投稿日: Apr 9, 2015

    すべての開発者に対し、Amazonの予測アプリケーション機能を支える
    実績のある機械学習技術を新たな完全マネージド型サービスとして提供。
    機械学習の経験は不要

    (米国シアトル、2015年4月9日発表) Amazon.com, Inc. (NASDAQ:AMZN)の関連会社である Amazon Web Services, Inc. は本日、どんな開発者でも過去のデータを利用して簡単に予測モデルを構築し、展開できるようにする完全マネージド型サービスである Amazon Machine Learning を発表しました。これらの予測モデルは、不正行為の察知、顧客離反の防止、カスタマー・サポートの改善など、広範囲な目的に使用可能です。Amazon で 1 週間に 500 億件を超える予測を行ってきた開発者が使用している高可用性を備えた実績のある機械学習技術をベースにしているため、開発者は Amazon Machine Learning の API と操作ガイド機能を使うことで、数十億の予測をサポートする展開と拡張のしやすい機械学習モデルを作成、調整する過程を乗り切ることができます。Amazon Machine Learning は、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)Amazon Redshift およびAmazon Relational Database Service (Amazon RDS) と統合されているため、お客様は既に AWS クラウド上に蓄積しているデータを容易に処理することができます。Amazon Machine Learning を開始するには、以下の URL からお進みください。
    http://aws.amazon.com/machine-learning

  • より多くの独立系ソフトウェアベンダーがAWSへ全面移行

    投稿日: Apr 9, 2015

    企業向けソフトウェアプロバイダーのマイクロストラテジー、
    ソフトウェア・エー・ジー、ティブコソフトウェア、オンシェープなどがAWSクラウドを活用

    (米国シアトル、2015年4月9日発表) Amazon.com, Inc. (NASDAQ:AMZN)の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.は本日、業界をリードする企業向けテクノロジーパートナーであるマイクロストラテジー、ソフトウェア・エー・ジー、ティブコソフトウェア、オンシェープがアマゾン ウェブ サービス(AWS)への全面移行を表明したと発表しました。これらの企業は、既に自社のSaaSのソリューションを提供する中核的なインフラプラットフォームとしてAWSを選択しているアクィア、エムデオン、IMSヘルス、インフォマティカ、インフォア、ペガシステムズ、スプランクなどの業界をリードする独立系ソフトウェアベンダー(ISV)の一員に加わります。

  • Amazon Web Services、 Elementalを買収

    投稿日: Sep 7, 2015

    (米国シアトル、2015年9月3日発表) Amazon.com, Inc. (NASDAQ:AMZN)の関連会社である Amazon Web Services, Inc. は本日、マルチスクリーンのコンテンツ配信を目的とした Software-Defined ソリューションのパイオニアである、Elemental Technologies, Inc. を買収することで合意に達したと発表しました。この買収により、業界をリードする Elemental の映像ソリューションと AWS のクラウドプラットフォームを共同で提供することができます。 これにより、メディア業界でインターネット配信への移行が進む中、メディア・エンターテインメント企業に対し、効率的かつ経済的に映像用インフラストラクチャを拡張するための総合的ソリューションを提供できるようになります。

  • Amazon Web Services、 Amazon QuickSightを発表

    投稿日: Oct 8, 2015

    極めて高速で使いやすい、クラウドをエンジンとする
    ビジネスインテリジェンスサービスが、
    従来のBIソリューションの10分の1のコストで可能に

    (米国シアトル、2015 年 10 月 7 日発表) Amazon.com, Inc. (NASDAQ:AMZN)の関連会社である Amazon Web Services, Inc. は本日、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている AWS re:Invent で、技術的スキルにかかわらずスタッフが仮想化を構築し、アドホック分析を実行し、そのデータからビジネスインサイトを迅速に獲得することのできる、高速で使いやすい、クラウドをエンジンとするビジネスインテリジェンス(BI)サービスである Amazon QuickSight を発表しました。Amazon QuickSight は新しい Super-fast, Parallel, In-memory Calculation Engine(SPICE)を使い、高度な計算とともに迅速な視覚化を行います。このサービスは AWS のデータサービスに自動的に組み込まれ、企業が数十万人レベルのユーザーに対応して規模を拡大し、SPICE のクエリエンジンを通じて高速で応答性に優れたクエリ機能をユーザーに提供することを可能にします。Amazon QuickSight の利用料金はユーザー 1 名あたり月額 9.00 ドルからとなっており、従来の BI ソリューションの 10 分の 1 のコストを実現しています。Amazon QuickSight に関する詳細は、以下の URL をご参照ください。
    https://aws.amazon.com/quicksight

  • アクセンチュアとAWS、AWSクラウドへの移行とAWS上でのビジネス運用支援を行う新組織を設立

    投稿日: Oct 7, 2015

    新設の「アクセンチュア AWS ビジネス・グループ」は、
    アプリケーションの移行・開発・管理を支援するサービス・ソリューションを提供

    (ラスベガス:2015 年 10 月 7 日) アクセンチュア(NYSE:ACN)と Amazon.com, Inc. (NASDAQ: AMZN)の関連会社である Amazon Web Services, Inc. (AWS) は企業のビジネス基盤のクラウドへの移行を支援するための新組織「アクセンチュア AWS ビジネス・グループ」の設立を発表しました。新設のアクセンチュア AWS ビジネス・グループは、クラウドに関するソリューション構築や開発、マーケティング・セールス、事業開発などの専門性を持った両社の専門家によって構成され、コンサルティングとテクノロジーを融合したサービスを提供します。また、オンデマンドで IT ソリューションやビジネスサービスを利用できる As-a-Service のデリバリーモデルによってビジネスの柔軟性や経済性を高め、企業の競争力強化を支援していきます。

  • Amazon Web Services、 Amazon WorkMailを発表

    投稿日: Jan 30, 2015

    新たなメール、カレンダー機能により、Microsoft Outlookとモバイル向けメールクライント向けに比類のないセキュリティ管理とビルトインサポートを実現。すべてがAWSクラウドの信頼性とパフォーマンスで提供

    本日からプレビューを開始

     

    (米国シアトル、2015年1月28日発表) Amazon.com, Inc. (NASDAQ:AMZN) の関連会社である Amazon Web Services, Inc. は本日、セキュアでマネージドされたクラウドによる企業向けメールおよびカレンダーサービスである Amazon WorkMail を発表しました。Amazon WorkMail により、ユーザーはハードウェアの購入および管理や高価で複雑なメールサーバーソフトウェアをライセンス契約したりすることなく、メールの送受信、コンタクト先の管理、カレンダーの共有、リソースの予約を現在使用しているメールアプリケーション(Microsoft Outlook、Web ブラウザ、iOS や Android のネイティブ メールアプリケーション)を利用したままで実現できます。Amazon WorkMail は、既存の企業ディレクトリと統合され、企業がデータを管理し、保護するのに欠かせないセキュリティ機能を備えています。企業は必要な時に迅速に Amazon WorkMail のアカウントを作成することができ、作成したメールボックスに応じたシンプルな月額の費用のみのお支払いで利用する事が出来ます。Amazon WorkMail に関する詳細については、以下の URL をご参照ください。
    http://aws.amazon.com/workmail

  • Amazon Web Services、AWS IoT を発表

    投稿日: Oct 9, 2015

    グローバル規模のIoT データを処理、分析、実行できるアプリケーションを動かし、
    数百万のデバイスと接続し、それらを管理可能な新しいプラットフォーム

    Arrow、Avnet、Broadcom 、I ntel、Marvell、Mediatek、Microchip、Qualcomm、
    Renasas、SeedStudio、およびTexas Instruments が、
    AWS IoT に対応したハードウェアコンポーネントを含む IoT スターターキットを提供


    (米国シアトル、2015 年 10 月 8 日発表) Amazon.com, Inc. (NASDAQ:AMZN)の関連会社である Amazon Web Services, Inc. は本日、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている AWS re:Invent で、自動車、タービン、センサー・グリッド、電球といったあらゆるデバイスを AWS サービスに容易に接続し、グローバル規模でコネクティッドデバイスが生成する大量のデータを保存、処理、分析、実行できる新しいプラットフォーム、AWS IoT を発表しました。各デバイスは AWS IoT の Device Gateway に接続され、それらのデバイスから送られてくるデータの処理方法のルールや、圧力センサーの数値が異常に高いときや、動作感知装置が作動したときに警報を発するといった、あらゆる条件が重なったときのアクションを設定することもできます。コネクティッドデバイスは通常、API を使用して、アプリケーション経由で動作しますが、不安定な接続状況や消費電力の制約により、常にデバイスが API コールを受けられる状態にあるとは限りません。AWS IoT は、各コネクティッドデバイスの仮想バージョンまたは「シャドー」を生成し、そこにデバイスの状態に関するすべての情報を蓄積し、常に接続可能な状態にすることで、アプリケーションがデバイスの状態をチェックし、接続が途切れた際は、再接続時に、実行すべきアクションをデバイスに自動的に送信します。AWS IoT は、デベロッパーがコネクティッドデバイスやモバイルデバイス、ウェブアプリケーションから AWS IoT の機能を容易に使用できる SDK を提供します。また、多くの半導体メーカーから、導入後直ぐに AWS に接続できる AWS IoT Device SDK を組み込んだ「スターターキットPowered by AWS IoT」が提供されます。AWS IoT に関する詳細は、以下のURL をご参照下さい。
    https://aws.amazon.com/iot