投稿日: Jan 14, 2020

このクイックスタートでは、AWS ベストプラクティス通りに、Amazon Aurora データベースを含む単一インスタンスまたは高可用性 (HA) クラスターのいずれかで、Amazon Redshift 用の Matillion ETL をアマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドに約 20 分間でデプロイします。

Amazon Redshift 用の Matillion ETL は、データのロードと変換を自動化して企業の速度、規模、節約を向上させる、抽出、変換、ロード/抽出、ロード、変換 (ETL/ELT) ツールです。

クラウドおよびオンプレミスデータベース、クラウドおよびサービスとしてのソフトウェア (SaaS) アプリケーション、アプリケーションプログラミングインターフェイス (API)、ファイル、NoSQL データベースなどのデータソースから Amazon Redshift にデータをロードできます。Amazon Redshift でデータが利用可能になったら、Matillion ETL の変換コンポーネントを組み合わせて、視覚化、ビジネスインテリジェンス、レポート、高度な分析のための複雑なデータ変換を構築できます。

使用を開始するには、以下の手順を実行します。

AWS クイックスタートのリファレンスデプロイの詳細については、カタログを参照してください。

クイックスタートは自動化されたリファレンスデプロイです。AWS のベストプラクティスに従い、AWS CloudFormation テンプレートを使用して主要なテクノロジーを AWS にデプロイできます。

このクイックスタートは、Matillion が AWS のソリューションアーキテクトと協力して作成したものです。 Matillion は、AWS パートナーネットワーク (APN) のパートナーです。