投稿日: Nov 12, 2020

AWS Elemental MediaConvert に、各ソース動画の ABR (アダプティブビットレート) エンコーディング設定を自動的にカスタマイズする自動化 ABR 設定と呼ばれる新機能が追加されました。自動化 ABR 設定はトランスコーディングのセットアップを簡略化し、動画の品質を最適化するとともに、ABR パッケージのサイズを縮小します。自動化 ABR 設定はオンデマンドのプロフェッショナル料金枠をご利用の場合、MediaConvert ジョブとして追加コストなしでご利用いただけます。詳細については、自動化 ABR 設定ドキュメントを参照してください。

オーバーザトップ (OTT) ディストリビューションの動画コンテンツをウェブプレーヤー、モバイルデバイス、およびスマート TV 向けにエンコーディングする際、ユーザーは ABR パッケージを作成します。ABR パッケージには、様々なビットレートと解像度にエンコーディングされた 1 本の動画のレンディションが複数含まれています。各閲覧者のプレーヤーでは、コンテンツを円滑に再生する一方、現在の帯域幅の制限に適したレンディションをダイナミックに選択します。

現在、ABR パッケージを作成するときは、ビットレート、解像度、レンディションの数、ディストリビューションを慎重に選択する必要があります。コンテンツの視覚的な複雑さは、コンテンツの最適な圧縮方法に影響するため、最適なパッケージ設定は、個々のコンテンツによって異なります。自動化 ABR 設定は、このセットアップを自動化し、エンコーディング工程で実行されるコンテンツ分類の分析結果をもとに、MediaConvert で最適なレンディション設定を選択できるようにします。

品質指定可変ビットレート (QVBR) モードを MediaConvert で活用して、各レンディションのビットレート効率を最適化することで、自動化 ABR 設定が、各パッケージの冗長レンディション、または重複レンディションを抑制して、ABR パッケージのサイズを最適化します。ユーザーは AWS マネジメントコンソールから新しい MediaConvert ジョブを作成することで、この機能の使用を開始し、HLS、DASH、CMAF、または Smooth Streaming の ABR 出力グループ用に 自動化 ABR 設定を有効にできます。すべての MediaConvert 機能と同様、自動化 ABR 設定は、API または利用可能な任意の SDK から呼び出すこともできます。

MediaConvert を使用すると、オーディオおよび動画プロバイダーは、ブロードキャストおよびマルチスクリーン配信用のオンデマンドコンテンツを簡単かつ確実にトランスコードできます。MediaConvert は単独でも、AWS メディアサービスの一部としても機能します。AWS メディアサービスはクラウドベースのワークフロー基盤を構成する一連のサービスであり、音声および動画の転送、トランスコード、パッケージ化、配信に必要な機能を提供しています。

MediaConvert が利用可能な AWS リージョンの一覧については、AWS リージョン表をご覧ください。MediaConvert の詳細については、製品ページをご覧ください。