投稿日: Dec 15, 2020

本日 AWS と Grafana Labs は、Grafana 用の AWS IoT SiteWise プラグインをローンチしました。このプラグインにより、Grafana のダッシュボードで、AWS IoT SiteWise のデータを簡単に可視化できます。このプラグインを使うと、可視化のさまざまなオプションにより、Grafana のダッシュボードに機器データをほぼリアルタイムに可視化し、モニターできます。また、複数のソース (例えば AWS IoT SiteWise、Amazon Timestream、Amazon CloudWatch など) からのデータを容易に結合でき、それらすべてを Grafana ダッシュボード 1 つで監視できます。これらの Grafana ダッシュボードを独自のアプリケーションに埋め込むことも可能です。 

こちらから、Grafana Demo Dashboard を使って可視化した、風力発電所の AWS IoT SiteWise のデモをごらんください。

Screen Shot 2020-11-19 at 3.01.11 PM

Grafana プロジェクトはオープンソース主導のプロジェクトです。そのため、今後 Grafana がサポートする視覚化オプションが増え続け、オープンソースコミュニティがそこにアクセスして貢献するようになったときに、お客様がコラボレーションできるというメリットがあります。

Grafana 用 AWS IoT SiteWise プラグインのセットアップについて詳しくは、こちらをごらんください。

AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、保存、整理、モニタリングを容易にするマネージドサービスです。使用を開始するには、AWS マネジメントコンソールにログインして AWS IoT SiteWise コンソールに移動してください。その際、デモをチェックして、AWS IoT SiteWise で実現できることを確認してください。詳細については、AWS IoT SiteWise ウェブサイトまたはデベロッパーガイドをご覧ください。

他の AWS IoT サービスの詳細については、AWS IoT ウェブサイトにアクセスしてください。