投稿日: Mar 18, 2021

S3 Object Lambda を使用すると、S3 GET リクエストに独自のコードを追加して、データがアプリケーションに返されるときにデータを変更および処理できます。初めて、カスタムコードを使用して、標準 S3 GET リクエストによって返されるデータを変更し、行のフィルタリング、画像の動的なサイズ変更、機密データの編集などを行うことができるようになりました。

S3 Object Lambda を使用すると、プロキシレイヤーなどの追加のインフラストラクチャを構築して運用したり、データの複数の派生コピーを作成して維持したりすることなく、アプリケーションの固有のデータ形式の要件を簡単に満たすことができます。S3 Object Lambda は、AWS Lambda 関数を使用して、標準 S3 GET リクエストの出力を自動的に処理します。AWS Lambda は、基盤となるコンピューティングリソースの管理を必要とせずに、顧客定義のコードを実行するサーバーレスコンピューティングサービスです。 

AWS マネジメントコンソールで数回クリックするだけで、Lambda 関数を設定し、S3 Object Lambda アクセスポイントにアタッチすることができます。その時点から、S3 は自動的に Lambda 関数を呼び出し、S3 Object Lambda アクセスポイントを介して取得されたデータを処理し、変換した結果をアプリケーションに返します。S3 Object Lambda のデータ変換を特定のユースケースに合わせて調整し、独自のカスタム Lambda 関数を作成して実行することができます。 S3 Object Lambda の使用を開始するには、S3 マネジメントコンソール、SDK、API を使用します。

S3 Object Lambda Overview

S3 Object Lambda の概要

S3 Object Lambda は、AWS アジアパシフィック (大阪) リージョン、AWS GovCloud (米国)、Sinnet が運営する AWS 中国 (北京) リージョン、および NWCD が運営する AWS 中国 (寧夏) リージョンを除く、すべてのパブリック AWS リージョンでご利用いただけます。料金情報については、Amazon S3 の料金のページをご覧ください。 

S3 Object Lambda の詳細については、製品の詳細ページS3 ユーザーガイドの開始方法のチュートリアル、および AWS ニュースのブログ投稿にアクセスしてください。