Category: Hot Start-ups


AWS ホットスタートアップ – 2017年7月

今月も引き続き、ホットなスタートアップ企業を紹介していきます。日々、スタートアップ企業は革新的であっと言わせるようなビジネス、アプリケーション、製品を世界中で製作しています。AWS では毎月、AWS を使用して何か優れたことをしているスタートアップ企業を紹介しています。

7 月は学習に関する企業を集めました。次の企業は様々な方法で知識や技術を拡張するためのツールやリソースへのアクセス提供に重点を置いています。

今月のスタートアップ企業をご紹介します。

  • CodeHS – 中高生を対象に、使って楽しくアクセスしやすいコンピュータサイエンスのカリキュラムを提供しています。
  • Insight – データサイエンス分野の技術的な才能を伸ばすための集中的なフェローシップを提供しています。
  • iTranslate – 90 か国語以上の言語で読み取り、書き取り、会話ができるサービスを世界中で提供しています。

CodeHS (カリフォルニア州サンフランシスコ)

2012 年、スタンフォード大学の学生だった Zach Galant 氏と Jeremy Keeshin 氏は、コンピュータサイエンスを専攻していました。そして初級レベルのクラスの教育助手をしていた時に、ある傾向に気が付いたのです。多くの学生が、もっと小さい頃からコンピュータサイエンスに関わっていたかったということです。大学 4 年の時に Zach と Jeremy は中高生が楽しく、アクセスしやすいコンピュータサイエンス教育を提供するチャンスを作るために CodeHS を立ち上げました。CodeHS はウェブベースのカリキュラムで、指導者のリソース、レッスンプラン、専門的能力の開発チャンスで成り立っています。カリキュラムは時間節約を意図して作られた指導者用のツールを伴い、レッスンプランや採点、学習者のコードの評価、クラスルームの管理ができます。

CodeHS は、すべての生徒が将来に向けて意義ある影響力を培えるように取り組んでいます。また、コードを学ぶことは読解力と共に現代の新たな基礎的能力であると考え、そうした技術を身に着けることで生徒がより深く個人の興味や学習を拡大していくことができると見ています。CodeHS が設立された 2012 年には、コンピュータサイエンスのコースを提供している米国内の高等学校は 10% ほどでした。Zach と Jeremy は学校や学区が簡単に取り組めるようにするためのソリューションを提供することで、その現状を変えることに努めてきました。CodeHS により、何千人もの指導者がトレーニングを受け、何百何千人という世界中の生徒達に指導できるようになりました。CodeHS を使用するにあたり必要なのはインターネットとウェブブラウザだけです。生徒はオンラインでコードを書き、実行することができます。指導者は生徒が何に取り組んでいるか、そして進み具合などをすぐにチェックすることができます。

Amazon EC2Amazon RDSAmazon ElastiCacheAmazon CloudFrontAmazon S3 は CodeHS が世界中の学校のニーズに応えられるようにするため、同社のサイトをスケールできるようにしています。CodeHS はブラウザで生徒のコードをコンパイルし実行することに AWS を利用しています。これは、AP コースをサポートする Java のようなサーバー側の言語を教える上で非常に大切なポイントです。使用率は学校のスケジュールにより上下しやすいため、Amazon CloudWatchELB を使用して、生徒がコードを実行している時に簡単にスケールアップすることができ、シームレスな体験を可能にしています。

ぜひ CodeHS のウェブサイトをご覧ください。ご自分の教育機関でコンピュータサイエンスのコース導入をご検討の場合はこちらをご覧ください。

Insight (カリフォルニア州パロアルト)

2012 年に設立された Insight は、新しい教育モデルを築き、データチームの雇用における最適化やデータプロフェッショナルの転職をサポートしています。過去 5 年に渡り、Insight は市場動向を上手く把握し、Data ScienceHealth Data ScienceData EngineeringArtificial Intelligence など、いくつものプロフェッショナルトレーニングフェローシップを提供してきました。大企業そしてスタートアップ企業が適切な技術や経歴そして個性を携えた人材を探すことは簡単ではありません。Insight は最高の人材を集めるために 7 週間の集中講座から成るフェローシップを行っています。現在に至るまで、Insight は Amazon、Google、Netflix、Twitter、The New York Times を含む 350 社を超える企業に 1,000 人以上の卒業生を送り込んできました。

Insight のデータエンジニアリングチームはオープンソースやテクノロジーにおける現在のエコシステムに精通しており、この分野でベストプラクティスの指導を提供しています。様々なデータアドバイザリや指導において、テクニカルチームは常に外部グループと共同で作業を行っていますが、Insight パートナーの大半がプロフェッショナルセッションに参加しています。企業は Insight のオフィスを訪れ、カジュアルな環境でフェローと話し合い、どういったプロジェクトに取り組んでいるのか、そしてどのようにチームが成長しているのか、といった詳細を伝えます。こうしたセッションはフェローが実に優れたインタビュープロセスを経験できるので、とても価値があり企業もやる気のある新しいチームメンバーに呼応しています。

ビッグデータパイプラインからいままでにない機能への貢献、そして業界標準のオープンソースへの取り組みなど、Insight のフェローシップで重要な面は実践的な仕事を行うチャンスがあることです。Insight はフェロー全員が使用できるように無料で AWS リソースを提供しているほか、データエンジニアリングチームから指導を受けることも可能にしています。通常、フェローは Amazon S3Amazon EC2Amazon KinesisAmazon EMRAWS LambdaAmazon RedshiftAmazon RDS およびその他のサービスを使用しています。AWS を利用する経験は業界で実際に仕事をしていく上で、フェローに揺るぎないスキルを提供しています。フェローシップは現在ボストン、ニューヨーク、シアトル、ベイエリアで提供されています。

データインフラストラクチャ、人工知能、最先端のデータ製品の傾向に関する詳細については Insight の公式ブログをご覧ください。

 

iTranslate (オーストラリア)

2008 年に App Store が公開され次第、iTranslate の設立者は何か大きなことに関わるチャンスをそこに見い出しました。4 人から成るこのグループは、iPhone とアプリが世界を変えると信じ、独自のアプリを製作するためにブレインストーミングを行いました。そこで翻訳とモバイルデバイスは自然な組み合わせであると考え、2009 年に iTranslate を製作しました。iTranslate の目的は、旅行者や学生、ビジネスプロフェッショナル、社員、医療関係のスタッフが、すべての言語で世界中のどこにいても読み書きや会話を可能にすることです。このアプリでは、ユーザーがテキスト、音声、ウェブサイトを様々なプラットフォームでほぼ 100 か国語に渡り翻訳することができます。そして現在、iTranslate は会話の翻訳や辞書アプリの分野をリードし、そのダウンロード件数は 6,000 万件を超え、毎月のアクティブユーザー数は 600 万人にもなりました。

iTranslate はディスラプティブ技術やイノベーションで言語の壁を排除し、ユーザーがリアルタイムで翻訳することを実現しています。このアプリにはオフライン翻訳、ウェブサイトや音声翻訳、言語の自動検出を含む生産性を最適化するように設計された様々な機能が含まれています。また、最近になって iTranslate はスマートイヤホンに重点を置いている Bragi と協力し、世界初の「ear translation」デバイスをリリースしました。Dash Pro はユーザーの耳に直接翻訳を流しつつ、自由にコミュニケーションを取ることを可能にしています。

iTranslate は Amazon Polly が公開されるとすぐにそれを使い始めました。CEO の Alexander Marktl 氏は「業界をリードする翻訳および辞書アプリの企業として、iTranslate の目的はユーザーが世界中ですべての言語で読み書き、会話ができるようにする最高のツールを提供することです。Amazon Polly は、我々が高品質かつ自然に合成された音声を効率的に生成することを可能にしています」と、語っています。安定性があり使い勝手が簡単な API、低レイテンシー、フリーキャッシュを使用することで、iTranslate は同社のアプリに機能を追加していくに連れてスケールすることを可能にしています。ユーザーは音声の速度を変えたり、女性または男性の声に変えることができる点も楽しんで使っているということです。同社製品の品質、速度、信頼性を確かにするため、iTranslate は Amazon EC2Amazon S3Amazon Route 53 も利用しています。

iTranslate を使用するにはこちらで同社ウエブサイトをご覧ください。

—–

ご覧いただきありがとうございました。

-Tina

【開催報告】CTO Night 2017 Spring @ AWS Summit Tokyo

こんにちは。ソリューションアーキテクトの篠原英治(@shinodogg)です。

Amazon.comのCTOであるWerner Vogels(@werner)の3年振りの来日に伴いまして、AWS Summit Tokyoの期間中に、日本の著名なCTOの皆さまにお集まりいただき、 CTO Night 2017 Spring (#CTONight) を開催しました。
CTO Night 2017 Spring with Amazon CTO

 

 

■ CTOs Round Table

 

少人数の日本のCTOの皆さまをお招きし、AmazonのCTOとしてAmazonのイノベーションをリードするWernerとラウンドテーブル形式で最新の技術動向についてディスカッションを行いました。

CTOs Round Table w/ Werner

 

Wernerから、AmazonがAWSというクラウドビジネスを始めたことで、1テクノロジー企業から、テクノロジープロバイダーとなり、CTOとしてどのように全社のテクノロジーをドライブしてきたか?といったトピックからはじまり、Wernerのブログ(Working Backwards – All Things Distributed)でも詳細に解説されている、新しくサービス/プロダクト/機能を開発する際にAmazon社内で取られている方法論など、白熱した議論が展開されました。

 

ビジネスやサービスが多岐に渡るようになるにつれ、技術的なキャッチアップが困難になり、CTOとしてどのようにそれに取り組むべきか?というトピックに関しては、Werner自身は週4-6時間はメールやミーティングなどを一切シャットアウトして集中してハンズオンで新しい技術を習得しており、そこで得たものをコードレビューやプロダクトチームとのディスカッションに活かしている、とのことでした。CTOが社内で取り扱う全ての技術分野の専門家になることは厳しい部分があるものの、エンジニアチームを、進化する同じ船に乗せるといった意味で開発者と会話をする際の姿勢などについて、日本のCTOの皆さまのエピソードもご紹介いただきました。

CTO Round Table

 

プログラミング言語を選定する上での考え方や、サーバーのroot権限をCTO自らが持つべきか?など様々なトピックに関するディスカッションはあっという間に時間が経過し、Werner自身も非常に有意義だったと申しておりました。ご参加いただいたCTOの皆さまありがとうございました!

Japanese CTOs w/ Werner

 

 

■ Startup CTO Night with Amazon CTO – Werner Vogelsによる公開技術レビュー

 

2014 年 7 月にシークレットイベントとして開催され大盛況だったWernerによる 『Startup CTO Night with Amazon CTO』を3 年ぶりにAWS Dev Day Tokyoにて行いました。

Startup CTO Night

 

 

– CHIKAKU CTO Kenta Kuwata

IoTサービスである、まごチャンネルを支えるアーキテクチャについて、技術選定基準なども含めて詳細にご紹介いただきました。

CHIKAKU CTO

 

Wernerからはその技術のみならず、ビジネスモデルや収益構造に関する質問があがり、そのような点についても納得感のあるご回答をしてくださいました。

Werner vs Kuwata CTO

 

 

– AXELSPACE CDO Naoki Miyashita

宇宙というフィールドでビジネスを展開し、そこで収集される膨大な量の画像データをどのように取り扱って、どのように活かしていくか?そのためにどのような観点でどのような技術を選定しているか?といったところをご紹介いただきました。

AxelSpace Miyata CTO

 

Wernerからは収集したデータのみならず、衛星そのものに関する質問もあがりましたが、宇宙システムの専門家である宮下様はその全ての質問に対して詳細にご回答くださいました。

Werner vs Miyata CTO

 

 

– REPRO CTO Tomohiro Hashidate

TechCrunch Tokyo CTO Night 2016 powered by AWS』で  “CTO of the Year” に輝いたRepro CTOの橋立様からは、AWS Lambda, Amazon ECS, EC2 Spot Instancesといったサービスをフル活用した非常に実践的なアーキテクチャをご紹介いただきました。

Repro Hashidate CTO

 

Wernerからは技術選定に関する質問などが上がり、技術者同士のハイレベルで且つ実務的なディスカッションが展開されました。

Werner vs Hashidate CTO

 

ご登壇いただいたCTOの皆さまとWernerの集合写真です。

CTO Night with Amazon CTO

 

 

■ Amazon CTOが考えるCTOとは?

 

以前よりInfinity Ventures Summit様と共催させていただいている”IVS CTO Night and Day”の目玉コンテンツであるアンカンファレンスではCTOに関する議論を続けており、その中で Patterns of CTO Things といったアウトプットにも取り組んでおりますが、今回はその輪にAmazon CTOのWernerが加わる形で、SHINAGAWA GOOSにて、約100名のCTOの皆さまにお集まりいただき、CTOの役割やあるべき姿についてディスカッションを行いました。

CTO Night with Werner

 

一つ一つのトピックに関して、会場からも多くのご意見やご質問などをいただき、大変盛り上がりました。

CTO Night @masuidrive

 

ディスカッションの様子はTwitterの #CTONight ハッシュタグでも追うことができますので、是非ご覧になっていただければと思います。

#CTONight Tweet

 

Wernerが3年前と変わらず包み隠すことなく真摯に物事を語る姿勢は多くのCTOの皆さまが感銘を受けたところだと思いますが、私自身もこのような場をモデレートできることに感謝をしていて、次回Wernerが来日する際も、このCTO Nightをデリバーさせていただきたいと思っています。

#CTONight

 

 

■ CTO Night Party

 

Wernerが乾杯の音頭をとり、CTOの皆さまと盛り上がりました!

kampai by werner

 

ご参加いただきました皆さまありがとうございました!

#CTONight

#CTONight

#CTONight

 

 

■ 最後に

AWSのStartupチームは今後も一丸となってお客様のお力になれるように活動していきますので、引き続きよろしくお願い致します!

#CTONight staff

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 4 月

春到来に伴い Tina Barr のスタートアップ企業を紹介するブログです。お楽しみください!

-Ana


今月も引き続き、AWS を利用しているホットなスタートアップ企業を紹介していきます。今回は 3 つの新しいスタートアップ企業を紹介します。

  • Beekeeper – 社員同士のコミュニケーションをよりシンプルに
  • Betterment – 誰でも簡単に投資をスタート
  • ClearSlide – 業界をリードするセールスエンゲージメントプラットフォームを提供

3 月のホットスタートアップを見逃しましたか? 大丈夫、こちら からご覧いただけます。

Beekeeper (スイス、チューリッヒ) Beekeeper のロゴ
チューリッヒ工科大学 (ETH Zurich) 卒業の Flavio Pfaffhauser
Christian Grossmann は、人々を結び付けるためのテクノロジーを構築することに熱心です。学生のソーシャルコミュニティから始まったそれは、すぐに Beekeeper になりました。Beekeeper は、仕事場において社員がどこからでもコミュニケーションを取り合うことを可能にするプラットフォームです。Flavio と Christian は自分達の目的に適った方法で、人々がエンゲージするソーシャルプラットフォームの構築方法を学びました。すると、様々なビジネスから各社の特別なプロセスとニーズに対応できるプラットフォームをリクエストされるようになりました。このプラットフォームは、デスクに向かっていたり出先にいたとしても、まるですぐ隣に相手が座っているかのように感じられるものを作りたいというコンセプトから始まりました。2012 年に創設された Beekeeper は、情報交換、コミュニケーション、ピアコラボレーションの改善に焦点を当てています。そして組織にとって、社員の声に耳を傾けることが非常に大切であると考えています。「まずはモバイル、デスクトップも OK (“Mobile First, Desktop Friendly”)」なプラットフォームは、シンプルかつ直観的なインターフェイスで、複数のオペレーティングシステムを簡単に 1 つのエコシステムにすることができます。インターフェイスは企業のブランドやアイデンティティに合わせてスタイルしたりカスタマイズすることができます。社員はいつでもどこにいても、プライベートチャットやグループチャット、ビデオ、ファイル共有、フィードバックに関するアンケート調査などを通じて同僚とコミュニケーションを取り合うことができます。Beekeeper の分析ダッシュボードで、リーダーシップチームはディスカッションで何がトレンディングトピックになっているのか確認したり、社員のエンゲージメントやアプリ使用をリアルタイムでトラッキングすることができます。Beekeeper は現在 137 か国に渡り、サービス業や建設業、運送業そしてその他の業界で利用されています。Beekeeper は同社のエンジニア達が顧客サービスの問題に集中できるようにする AWS を好んで使用しています。同社はそのインフラストラクチャ構築に Amazon EC2Amazon S3Amazon RDS などのサービスを使用しています。これらはすべてテクニカルチームが管理タスクに煩わされることなく作業を進行できるようにしています。Amazon Elastic TranscoderAmazon QuickSight は、分析ダッシュボードの構築やデータウェハウスを実行するための Amazon Redshift で使用されています。最新情報については Beekeeper の公式ブログをご覧ください。

Betterment (ニューヨーク州、ニューヨーク)
Betterment のロゴ
Betterment は個人のファイナンシャルゴールにかかわらず、誰もが簡単に利用できる投資方法の提供を目標としています。2008 年、Jon Stein は業界に新たなイメージを与え、自らが経験したミスを将来の投資家達が回避できるようにすることを目的として同企業を設立しました。当時、資金を投資する方法としては自分で行うか別の誰かに依頼するといったように、一般的にあまりオプションがありませんでした。そして残念ながら、ファイナンシャルアドバイザーというのは、実際にはクライアントにとってベストではなくても特定の投資を勧めるように報酬を受け取っている場合もあります。Betterment は顧客にとって最善の利益となり個人のファイナンシャルゴールに適った投資だけを選択します。そして現在、同社は 240,000 人の顧客を抱え資産 80 億ドル以上を管理する、インディペンデントで最大規模のオンライン投資アドバイザーとなりました。Betterment はテクノロジーを使用して投資をより簡単そして効率的にしながら、確定申告後の利益を増やせるように顧客をサポートしています。同社は幅広いファイナンシャルプランニングサービスを提供し、顧客のライフゴールにフィットするようにプランを立てるようにしています。投資プランを開始するには、まず顧客は年齢、年金口座の状況、年収を入力します。すると Betterment が推奨投資額やその個人に適したアカウントタイプをお勧めします。従来の投資サービスが低コストでは提供できない方法で、同社は顧客の投資を管理しています。Betterment のエンジニア達は常にできる限り早急に顧客の資金を最大限に活用できるようにするため、業界で変化し続けるテクノロジーの構築に取り組んでいます。AWS は Betterment のプロビジョンインフラストラクチャを容易にしたり、これまでチーム全体が管理する必要のあった様々なサービス機能のオフロードを可能にする柔軟性を提供しています。クラウドを始めたばかりの頃、Betterment は Amazon EC2Amazon RDS Amazon S3 のスタンダード実装を使用していました。完全に AWS の使用を開始してからは Amazon RedshiftAWS LambdaAWS Database Migration ServiceAmazon KinesisAmazon DynamoDB などのサービスを活用するようになりました。そして現在では開発、テスト、機能のデプロイ、機能強化において 20 種類以上の AWS サービスを日常的に使用しています。Betterment の詳細はこちらをご覧ください。

ClearSlide (カリフォルニア州サンフランシスコ)
ClearSlide はセールスエンゲージメントプラットフォーム業界をリードし、すべてのカスタマーインタラクションに問題のないよう完全な統合ツールを提供しています。2009 年の設立以来、ClearSlide はカスタマーエクスペリエンスを改善する方法を模索し、セールスリーダーやチーム、マーケティング、カスタマーサポートチームなどに向けて数々のツールを開発してきました。このプラットフォームは顧客がすぐにコンテンツ、コミュニケーションチャネル、詳細情報にアクセスできるようにすることで、顧客がより良い決断を下し管理できるためのサポートを提供しています。ClearSlide は Comcast、The Sacramento Kings、The Economist など何千社という企業に同サービスを提供し、これまでに毎分 7.5 億件のエンゲージメントを生成してきました。ClearSlide はセールスプロセスにおけるすべての面でソリューションを提供しています。ClearSlide はセールスリーダーに向けてエンゲージメントダッシュボードを提供し、取引上の可視性やコーチング、販売数を正確に予測する方法を改善できるようにしています。マーケティングやセールスチームにおいては、販売者を適切なコンテンツに正確なタイミングで正しい関連性に向けて導き、コンテンツの ROI を最大限にするための情報を提供します。セールス担当においては、ClearSlide を使用することでコミュニケーション、コンテンツ、分析を 1 つのプラットフォームエクスペリエンスで統合することができます。メール、直接の会話、オンラインミーティング、ウェブ、ソーシャルなどを使用してコミュニケーションを取ることができます。現在、ClearSlide の顧客は成功した取引の割合が 10 – 20% 上昇したことを報告しています。また、新しい担当者のオンボーディングに費やす時間を 25% 削減し、販売費 50-80% の削減に成功したことが分かっています。ClearSlide は幅広い AWS サービスを使用していますが、Amazon EC2Amazon RDS がもっとも大きな影響を同社のビジネスにもたらしました。EC2 を使用することで、成長過程にあるスタートアップ企業にとって重要なポイントとなるコンピューティング性能のスケールが簡単にできます。また、開発から統合そしてステージングから本稼働まで、デプロイメント時に一貫性を提供します。RDS はオーバーヘッドを削減し ClearSlide がデータベースインフラストラクチャをスケールできるようにします。AWS は時間のかかるデータベース管理タスクを行うことができるので、ClearSlide は運用費を削減し顧客に対してより計画性をもって対応することが可能になります。ClearSlide を使用することで 22% も販売サイクルを短縮した LiveIntent のビデオをご覧ください。最新情報については同社の Twitter をフォローしてください。今月も AWS を利用している素晴らしいホットスタートアップをご覧いただき、ありがとうございました。

-Tina

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 3 月

あわただしい 3 月が過ぎたので、バスケットボールのことは忘れて、Tina Barr が紹介する今月のクールなスタートアップに注目しましょう。-Ana


今月は春の到来にふさわしい新しいスタートアップ 5 社を紹介します。

  • Amino Apps – 数十万のコミュニティのソーシャルネットワークを提供します。
  • Appboy – ブランドの顧客関係を強化します。
  • Arterys – 医用イメージ産業を変革します。
  • Protenus – 医療組織の患者データを保護します。
  • Syapse – 標的がん治療に役立つ全国のデータを共有します。

2 月のホッとスタートアップをお見逃しの場合は、こちらをご覧ください。

Amino Apps (ニューヨーク州ニューヨーク)
Amino ロゴ
Amino Apps は、興味ベースのコミュニティが、特にモバイルの面で、未発達で時代遅れであるという認識に基づいて設立されました。CEO の Ben Anderson と CTO の Yin Wang は、特定のトピックを専門に扱う独立したソーシャルネットワークを数十万も集めて、これらのコミュニティへのアクセスをユーザーに提供するアプリを作成しました。そのうち、最大級のコミュニティは 100 万を超す会員を擁しており、人気の高い TV 番組、ビデオゲーム、スポーツ、その他さまざまな趣味や興味などのトピックに基づいて構築されています。Amino は、世界中のコミュニティをホストし、現在 6 か国語で利用可能であり、今後サポート言語の数は増える予定です。Amino アプリの操作は簡単です。アプリ (iOS または Android) をダウンロードして、有効な E メールアドレスでサインアップし、プロフィール写真を選択して使用を開始するだけです。ユーザーは、コミュニティを検索して、興味があるものに参加できます。各コミュニティには、チャットルーム、メルチメディアコンテンツ、クイズ、シームレスなコメントシステムがあります。コミュニティがまだ存在していない場合は、Amino Creator & Manager アプリ (ACM) を使用して数分で作成できます。ユーザーが作成した最大級のコミュニティは、独自のアプリに変換され、コミュニティごとに会員の電話番号用のスペースと、アプリストアでのスペースが提供されます。Amino の数十万のコミュニティのグローバルネットワークは AWS のサービスで運営されています。毎日のようにユーザーは数百のモバイルアプリケーション間でコンテンツの生成、共有、操作を行っています。AWS のサービスである Amazon EC2Amazon RDSAmazon S3Amazon SQSAmazon CloudFront などを活用することで、Amino は引き続きユーザー向けの新しい機能を提供し、サービスのキャパシティーをスケールしてユーザーの増大に対応できます。企業としての Amino に関心がある方は、こちらの採用情報のページを参照してください。

Appboy (ニューヨーク州ニューヨーク)
2011 年、Bill MagnusonJon Hyman、および Mark Ghermezian は、テクノロジーを介してブランドと顧客の関係を強化し、血の通った関係にするための独特な可能性に着目しました。3 人は、ブランドと顧客の長期的な関係を築くための Appboy を作成し、それが今ではマーケティング、グロース、エンゲージメントの各チームの代表的なライフサイクルエンゲージメントプラットフォームになっています。モバイルの急成長が不可避の状況で、既存のマーケティングクラウドからは魅力的でシームレスなクロスチャネルエクスペリエンスが得られないと、多くのブランドが不満を高めていることが明らかでした。今日の大手のモバイルアプリおよびエンタープライズ企業は、マーケティングを次のレベルに引き上げるプラットフォームとして Appboy に信頼を寄せています。Appboy は、毎月約 7 億のアクティブなユーザーのプロファイルを管理し、さまざまなチャネルおよびデバイスにまたがって毎月 100 億を超えるパーソナライズされたメッセージをやり取りしています。Appboy は、顧客ごとに単一のビューを提供する全体的なユーザープロファイルを作成します。そのユーザープロファイルが、クロスチャネルのメッセージング、ライフサイクルエンゲージメントの自動化、キャンペーンの深い洞察および最適化の機会をもたらします。Appboy が提供するソリューションを使用することで、ブランドは、プッシュ通知、対象者を絞った E メール、アプリ内/ブラウザ内メッセージ、ニュースフィードカード、および Webhook を作成して、ユーザーエクスペリエンスと顧客エンゲージメントを強化できます。同社が誇りとする相互運用性により、さまざまな無料のマーケティング用ツールやテクノロジーに接続可能であるため、ブランドは完璧なスタックを構築して戦略と実験をリアルタイムで実現できます。AWS を使用することで、Appboy はすべてのサービスコンポーネントを動的にサイジングし、必要に応じて自動的にスケールアップ/ダウンできます。Appboy では、Elastic Load BalancingAWS LambdaAmazon CloudWatchAuto Scaling グループ、Amazon S3 などのさまざまなサービスを使用して、顧客からの予測不能な負荷にもキャパシティーをスケールして効率的に対応できます。最新のマーケティングトレンドおよび戦術の情報を得るには、Appboy のデジタルマガジン、Relate をご覧ください。Appboy は、#StartupsOnAir ビデオシリーズにも最近の特集で取り上げられ、AWS の使用方法に関する洞察を提供しています。

Arterys (カリフォルニア州サンフランシスコ)
医師からテスト結果を回収するには、時間と労力を要する場合があります。通常、臨床医はさまざまな手法を駆使して手動で医療イメージを測定し、評価を下します。Arterys の創立者である Fabien BeckersJohn Axerio-CiliesAlbert Hsiao、および Shreyas Vasanawala は、医療イメージ、特に MRI や CT スキャナーで生成されたものの貴重な情報をすべて役立てるには、より多くの計算および先端分析技術が必要であることに気づきました。臨床医は、測定を省略して主に定性的データに基づいて評価を下すことが少なくありません。Arterys の創立者は、データ駆動の医学を推進することを主眼としたクラウド/AI ソフトウェア企業を創立し、先進的なソフトウェア製品を使用して医療イメージの後処理を行うことを考えました。Arterys の製品は、イメージを一貫して適時かつ正確に数量化し、より迅速に結果を出して、より質の高い情報を治療医に提供します。これにより、患者の状態が効率的に追跡され、治療に関する意思決定の質が向上します。イメージの処理には、深層学習や分散クラウドコンピューティングなどの先端分析機能が使用されます。Arterys の最初の製品では、エクスパートと同じように正確に心臓の解剖のコンタリングを行うことができます。しかも、手動では 45〜60 分を要する作業が 15〜20 秒しかかかりません。また、Arterys のコンピューティングクラウドプラットフォームは完全に HIPAA 対応です。Arterys は、医療イメージの処理にさまざまな AWS のサービスを使用しています。深層学習および先端分析ツールを使用することで、Arterys は AWS G2 インスタンスを使用してウェブブラウザでレイテンシーなしでイメージをレンダリングできます。推論、レンダリングなどのすべてのコンピューティングニーズには Amazon EC2 を広く利用し、すぐには必要ないイメージのアーカイブには Amazon S3 を使用してコストを管理しています。また、Arterys では Amazon Route 53AWS CloudTrailAmazon EC2 Container Service も利用しています。Arterys が生み出しているテクノロジーについては、こちらのクイックビデオをご覧ください。Arterys は、#StartupsOnAir ビデオシリーズでも最近の特集で取り上げられ、製品の簡単なデモを提供しています。

Protenus (メリーランド州ボルティモア)
Protenus ロゴ
Protenus の創立者である Nick Culbertson および Robert Lord は、ジョンズホプキンス医科大学の医学生であったときに、電子カルテ (EHR) システムが患者の治療の改善と臨床データの効率的な共有に役立つことを初めて知りました。ただし、効率の向上とともに、大きな課題が生まれました。セキュリティおよびプライバシー上の深刻な懸念です。過去 2 年間、1 億 4 千件のカルテが侵害されており、これはアメリカ人の約 3 人に 1 人のカルトが侵害された計算になります。カルテには、秘密情報が含まれており、そのデータが侵害されると、患者の人生に大損害をもたらす可能性があります。たとえば、身元詐称、処方詐欺、メディケア/メディケイド詐欺、不適切な治療などのリスクが生じます。インテリジェンスコミュニティでの以前のキャリアや大手のヘッジファンドに関わって得た経験と知識を活かして、Nick と Robert は、Protenus のプロトタイプとアルゴリズムを開発しました。現在、Potenus は、全国の医療組織における患者データの侵害や悪用を検出するためのいくつかのソリューションを提供しています。先端分析機能と AI を駆使することで、Protenus の健康データに関するインサイトプラットフォームでは、EHR での患者データの適切/不適切な使用が見分けられます。また、プライバシーを保護して HIPAA 規制の準拠を支援し、患者およびプロバイダーの信頼を得ることができます。Protenus は、Amazon EC2 上に SaaS サービスを構築して運営しており、保護医療情報の保存に関する HIPAA 規制に準拠するために Dedicated Hosts および暗号化された Amazon EBS ボリュームを使用しています。また、Elastic Load Balancing および Amazon Route 53 を DNS に使用し、Protenus インスタンスに対するクライアント別の安全なアクセスを提供しています。患者のデータに対する脅威の詳細については、Protenus ブログの「Hospitals’ Biggest Threat to Patient Data is Hiding in Plain Sight」を参照してください。製品の詳細については、#StartupsOnAir シリーズの最近のビデオをご覧ください。

Syapse (カリフォルニア州パロアルト)
Syapse は、臨床医が標的がん療法の精密医療を使用して患者を治療するための包括的なソフトウェアソリューションを提供します。この療法では、遺伝子または分子プロファイリングを使用して設計および選択された治療が行われます。既存の病院 IT は、大々的な精密医療を駆使して患者を治療するために必要な堅牢なインフラストラクチャや臨床ワークフローをサポートしていませんが、Syapse はポイントオブケアで臨床医への患者データを集中的に管理して整理することができます。Syapse が提供するがん専門医向けのさまざまなソリューションにより、専門医は長期的に患者データの全容にアクセスし、推奨される治療や類似患者の臨床試験を確認して、結果を経時的に追跡できます。これらのソリューションは、全国の医療システムががん患者に最も革新的な治療を提供して患者のアウトカムを向上させるのに役立っています。大手の医療システムである Stanford Health Care、Providence St. Joseph Health、Intermountain Healthcare などは、Syapse を使用して患者のアウトカムの向上、臨床ワークフローの合理化、精密医療プログラムのスケールを行っています。Molecular Tumor Board (MTB) と呼ばれる専門家グループは、複雑なケースを検討し、患者データやドキュメントノートを評価して、治療勧告書を治療医に配布しています。Syapse でも、医療システムのスタッフ向けに所属機関のがん治療に関するインサイトを報告書で提供しており、がん治療サービスラインの品質の向上、ビジネス目標、変動要因の理解に役立つと思われます。Syapse では、Amazon Virtual Private CloudAmazon EC2 ハードウェア専有インスタンス、Amazon Elastic Block Store を使用して高パフォーマンスで、スケーラブルな HIPAA 対応のデータプラットフォームを構築しています。これを利用することで、医療システムは、精密医療を全国のがん患者の日常治療の一環とすることができます。詳細については、Syapse ブログを参照してください。また、#StartupsOnAir ビデオシリーズで Syapse に関する最新のビデオもご覧ください。製品、HIPAA の準拠、AWS の詳しい利用方法などが紹介されています。今月も素晴らしいホットスタートアップをご覧いただき、ありがとうございました。

-Tina Barr

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 2 月

2 月を終わるにあたって、Tina Barr が再びすばらしいスタートアップ企業をいくつかご紹介します。

-Ana


今月は、5 社の革新的でホットなスタートアップ企業をご紹介します。

  • GumGum – イメージ内広告という分野を作成、一般化。
  • Jiobit – 保護者が子供を追跡するためのスマートタグ。
  • Parsec – PC ゲーマー用のハードウェアと場所の柔軟性を向上。
  • Peloton – 家庭でのインドアサイクリングとフィットネス教室を変革。
  • Tendril – 自宅所有者のエネルギー消費を減らす。

1 月のスタートアップをすべてお読みになっていない場合は、ぜひこちらからご確認ください。

GumGum (カリフォルニア州サンタモニカ)
GumGum logo1GumGumイメージ内広告という分野を開発し、一般化したことでよく知られています。Ophir Tanz 氏によって 2008 年に設立された同社は、ソーシャルメディア、論説、さまざまな業界のブロードキャストを通じて毎日作成される膨大なコンテンツ内に留まっている価値を解放するという目標を掲げています。GumGum は 2,000 以上の大手出版社でキャンペーンを行っており、4 億人以上のユーザーがこれを見ています。イメージ内広告は GumGum によって開発され、顧客の注目が既に集まっている場所に、非常に目立つ広告を配信するプラットフォームを企業に提供してきました。GumGum は画像認識技術を使用して、関連するイメージの状況に応じたオーバーレイ、あらゆる画面サイズに適応するバナー、または周囲のコンテンツにシームレスに融合するフィード内プレースメントとして、対象を絞り込んだプレイスメントを配信しています。GumGum は、Visual Intelligence を使って、ブランドに関連するあらゆるイメージや動画についてソーシャルメディアやブロードキャスト TV を検索し、視聴者についてと、視聴者がソーシャルメディアでそのブランドにどのようにかかわっているかをより良く理解できるようにしています。GumGum はイメージ処理と広告配信オペレーションに AWS を利用しています。現在、AWS のインフラストラクチャを使って、世界中で 1 分あたり 1300 万件のリクエストを処理し、毎日 30 TB の新しいデータを生成しています。同社は、Amazon EC2Amazon S3Amazon KinesisAmazon EMRAWS Data PipelineAmazon SNS など (これらに限られません) のサービスのスイートを使用しています。GumGum は、AWS エッジロケーションにより米国、欧州、オーストラリア、および日本の顧客に対応しており、今後はオーストラリアおよび APAC リージョンにインフラストラクチャを拡大する計画です。GumGum のスタートアップカルチャの詳細については、最初のハッカソンをご覧ください

Jiobit (イリノイ州シカゴ)
Jiobit Team1

Jiobit
は、混雑したシカゴの公園で発生した現実の出来事に影響を受けました。何年か前の夏に、John Renaldi 氏は保護者にとって最悪の悪夢を経験しました。つまり、都市公園で当時 6 歳の息子を約 30 分にわたって見失ったのです。John は、このような問題を経験したのは自分だけではないと知りました。何か月かの調査の後、保護者の 50% 以上が同じような経験をしており、さらに多くの保護者が行方不明を防止するための方法を積極的に探していることがわかりました。Jiobit は、屋内外を含むあらゆる場所で子供を追跡できるようにする、世界最小で最も長持ちのスマートタグです。この小型のデバイスは軽量で耐久性があり、水にも強く、子供にも安全して使用できます。Bluetooth、Wi-Fi、複数の携帯ネットワーク、GPS、センサーを組み合わせて使用する仮想的な「安全装具」として機能し、リアルタイムで正確な場所を知らせます。Jiobit は自動的にルートや場所を学習し、子供が時間どおりに目的地に到着しない場合は、保護者にアラートを送信します。経験豊富なエンジニア、設計者、マーケッター、および保護者の優秀なチームが 150 以上の特許を取得し、数多くのハードウェアおよびソフトウェア製品を世界中に出荷しています。Jiobit チームは製品の開発にあたって数多くの AWS のサービスを利用しています。製品の全体的な体験にはセキュリティが重要であり、AWS の支援により、ハードウェアとソフトウェアの両面で十分以上のセキュリティを持たせています。また、Jiobit は Amazon Echo デバイスを通じて Alexa Skill を実装する初めての子供用モニタリングデバイスを開発中です (デモについてはここをクリック)。これらのデバイスは AWS IoT を使用して、MQTT プロトコル経由で Jio Cloud からデータを送受信します。データを受信すると、AWS Lambda を使用して受信データを解析し、適切なアクション (Amazon DynamoDB を使用した該当データの保存、Amazon Machine Learning 処理ジョブへの場所データの送信など) を実行します。詳細については、Jiobit のブログをご覧ください。

Parsec (ニューヨーク州ニューヨーク)
Parsec ロゴ large1
Parsec は、技術へのアクセスにより無限の機会が生まれるため、すべての人が世界最高のコンピューティングにアクセスできるべきである、という考えに基づいて運営されています。Benjy Boxer 氏と Chris Dickson 氏によって 2016 年に設立された Parsec は、クラウド上のコンピュータをいつでもどこでも利用可能にする技術を構築することで、ユーザーが頻繁に経験するハードウェアのアップグレードという負担をなくすことを目指しています。現在、同社はその技術を使って、PC ゲーマーがお気に入りのゲームをプレイするために選択するハードウェアと場所の柔軟性を高めています。当社のスタートアップチームと Benjy とのこのインタビューで、Parsec の仕事についてご確認ください。Parsec は、最初の製品を構築してゲーム体験を強化しました。ゲーマーは、お気に入りのエンターテインメントにアクセスするために、コンソールや高価な PC を購入する必要はなくなりました。その低レイテンシーのビデオストリーミングとネットワーキング技術により、ゲーマーはゲームリグにリモートにアクセスし、あらゆる Windows、Mac、Android、または Raspberry Pi デバイスでプレイすることができます。AWS の世界展開により、Parsec は米国および欧州の平均的なユーザーに、30 ミリ秒以下というネットワークレイテンシーでクラウドゲームを提供することができます。現在、Parsec はクラウドリソースでゲームを開始するために使用できる 2 つのオプションを提供しています。リージョンで Parsec AMI により独自のマシンをセットアップするか、すべての管理を Parsec に任せてシームレスな体験を得ることができます。いずれの場合も、Parsec は g2.2xlarge EC2 インスタンスタイプを使用しています。Parsec は Amazon Elastic Block Storage を使用してゲームを保存し、スケーラビリティのために Amazon DynamoDB を、ウェブサーバーとさまざまな API 用に Amazon EC2 を使用しています。また、大量のログを扱い、Amazon Elasticsearch Service を利用してデータを分析しています。最新情報については、Parsec のブログをご覧ください。

Peloton (ニューヨーク州ニューヨーク)
Peloton イメージ 3
Peloton のアイデアは、2012 年に創立者であり CEO の John Foley 氏とその夫人 Jill 氏が仕事、子育て、健康維持のバランスを取るという課題に気付いたことにより生まれました。これは人々がよく直面する課題です。つまり運動はしたいが、いろいろと障害があるというものです。Peloton は、いつでもどこでも屋内のサイクリングとフィットネス教室に参加できるようにするソリューションを提供しています。Peloton は、毎日 14 時間ライブ教室をストリーミングし、4,000 以上のオンデマンド教室を持つ最新鋭のインドアバイクを作成しました。ユーザーは自宅やジムから世界クラスのインストラクターによるライブ教室にアクセスできます。このバイクは詳細な走行メトリクスにより進捗状況を追跡し、同じ条件で他のユーザーとリアルタイムで競争することができます。ライブ教室では、ユーザーのモチベーションを保つために、一流の DJ による最新プレイリストの演奏もあります。注目度の高い TV 広告を含む積極的なマーケティングキャンペーンにより、Peloton はプラットフォーム全体をクラウドで実行する決定を下しました。最も最近では、NFL プレイオフゲーム中に広告を流し、サイトへの 1 分あたりのリクエストのレートは 60 秒以内に ~2k /分から ~32.2k / 分に増えました。同社の成長と多様化につれて、アーカイブされた数千時間のオンデマンドビデオコンテンツに Amazon S3、データウェアハウスに Amazon Redshift、インテリジェントなリクエストのルーティングに Application Load Balancer を利用しています。Peloton のエンジニアリングチームの詳細については、こちらをご覧ください

Tendril (コロラド州ボルダー) Tendril logo1
Tendril
は 2004 年に、自宅所有者がエネルギー消費を管理し、減らすことができるよう支援することを目的に設立されました。現在、電力会社やガス会社は 1.4 億以上の世帯で Tendril のデータ分析プラットフォームを使って、世界中の消費者向けに個人設定されたエネルギー体験を提供しています。Tendril は決定科学と分析に最新の技術を使用することで、エネルギー消費者とその世帯に関するリアルタイムの絶えず変化しているデータにアクセスでき、顧客の獲得、エンゲージメントの増加、ホームエネルギー体験の調整を可能にしています。同様に、Tendril は顧客がエネルギーの取引から真の価値を引き出せるよう支援しています。AWS は、Tendril が必要に応じてリアルタイムでキャパシティーを増減し、サービスをグローバルに提供できるようにしています。これは Tendril の最新ソリューションである Orchestrated Energy のサポートでは特に重要でした。Orchestrated Energy は家庭の熱質量を計算し、消費者の行動を予測して、スマートサーモスタットやその他の接続されたホームデバイスと統合される連続的な要求管理プラットフォームです。このソリューションにより、数百万人の消費者が、個々のニーズに基づいて自宅用に個人設定されたエネルギー計画を作成することができます。Tendril は Amazon EC2 インスタンスで実行されるオープンソースツールでそのほとんどのインフラストラクチャサービスを維持していますが、Elastic Load BalancingAmazon API GatewayAmazon CloudFrontAmazon Route 53Amazon Simple Queue ServiceAmazon RDS for PostgreSQL などの AWS のサービスも併せて利用しています。詳細については、Tendril のブログをご覧ください。

— Tina Barr

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 1 月

新年の始まりにあたり、再び Tina Barr が優れた多くのスタートアップ企業をさらに紹介します。ぜひご覧ください。

-Ana


本年も引き続き、AWS を利用しているホットなスタートアップ企業を紹介していきます。本日は、3 つの新しいスタートアップ企業を紹介します。

  • ClassDojo – 教師、児童生徒、親をクラスへとつなぎます。
  • Nubank – 銀行取引の概念を変える金融サービスのスタートアップ企業。
  • Ravelin – 機械学習モデルの上に構築された不正検出会社。

昨年の主なスタートアップ企業の紹介をまだお読みになっていない場合は、「1 年を振り返る」をぜひご覧ください。

ClassDojo (サンフランシスコ)
ClassDojo の画像2011 年に Liam Don 氏Sam Chaudhary 氏によって開始された ClassDojo は、クラス向けの通信プラットフォームです。教師、親、児童生徒は 1 日を通じて、写真、ビデオ、メッセージングを通じた重要な時間を共有するための場所としてこれを使用できます。今日、多くのクラスが万人向けのモデルとして運営されている中、ClassDojo の創設者は教育システムを改善し、世界中の 7 億人の初等教育の対象児童に、最善のコンテンツやサービスを受けさせたいと考えました。Sam と Liam が、クラスにとって何が最も役立つかを教師に質問したところ、多くの教師は、思いやりや寛容さのあるコミュニティが必要と答えました。つまり、クラスにかかわっている全員につながることができるコミュニティです。ClassDojo では、教師は児童生徒やその親と協力して独自のクラス文化を創造することができます。ClassDojo は 5 年で米国およびその他 180 か国の幼稚園から中学校までの 90% に拡大し、そのコンテンツは 35 か国語以上に翻訳されました。最近、ハーバード大学およびスタンフォード大学と共同作成された「Empathy and Growth Mindset」のビデオシリーズにより、さらに多くのクラスに拡大しました。これらのビデオは、米国の 14 歳以下の子どもの 3 人に 1 人は見ています。その作品の 1 つである Stories では、学校での写真やビデオの更新されたストリームを見ることができ、そのすべては家庭で親と共有されます。児童生徒は独自のストーリー (学習したことのタイムラインやポートフォリオ) を作成することもできます。ClassDojo は学校がある日や世界中の多くのタイムゾーンにおいて多用されているため、トラフィックパターンはかなり変化します。Amazon EC2 の Auto Scaling により、需要を満たす一方で、使用が少ない期間中のコストを管理することができます。このデータパイプラインは完全に AWS 上で構築されており、Amazon Kinesis により高ボリュームのデータを分析のため Amazon Redshift にストリーミングし、アーカイブのため Amazon S3 にストリーミングできます。また、Amazon AuroraAmazon RDS を利用して、重要な関連データを保存しています。これにより、保管時の暗号化を管理しやすくし、スケールして非常に低いレイテンシーで非常に高いクエリボリュームに対応しています。ClassDojo のすべてのウェブフロントエンドは Amazon S3 でホストされ、Amazon CloudFront を通じて提供されます。また、AWS WAF ルールを使用して、攻撃や許可されていないアクセスに対してフロントエンドを保護します。不正なアカウントを検出するために Amazon Machine Learning を使用し、新しい Amazon Lex サービスによりボイスコントロールを提供して、教師がクラスで製品をハンズフリーで使用できるようにすることを検討しています。世界中の教師がクラスで ClassDojo をどのように使用しているかを、同社のブログでご覧ください。

Nubank (ブラジル)
Nubank の画像Nubank は、ブラジルの銀行の常識を再定義しようと取り組んでいる、技術指向の金融サービスのスタートアップ企業です。創設者の David Vélez 氏と 350 人を超える技術者、科学者、設計者、分析者のチームが、世界で最も急速に成長中のモバイル市場の 1 つにおいて、これまでとは異なる銀行取引を作成しました。ブラジルは面積と人口の両方において世界第 5 位の国であるだけでなく、世界で最もクレジットカードの利率が高い国の 1 つです。Nubank は、あらゆる人がスマートフォンにアクセスできる世界においてクレジットカードの体験を定義し直し、これまでに顧客が見たことのない製品を提供しています。ブラジルの銀行業界は規制が厳しく、それと共にきわめて集中化されています。Nubank は真に顧客中心で、数十年にわたりほとんど革新がなかった業界で競争するだけのより良いデータや技術を持った企業にビジネスチャンスがあることを見出しました。Nubank のモバイルアプリの顧客は、クレジットカードのブロックとブロック解除、信用限度の変更、請求書の支払いを行えるほか、すべての購入にリアルタイムでアクセスできます。また、デジタルチャネルを通じて 24 時間 365 日対応のカスタマーサポートと、明快でシンプルなコミュニケーションも提供しています。これは以前はブラジルの銀行業界ではなかったことであり、Nubank のサービスは顧客の非常に高い評価を受けています。最初から、Nubank のリーダーは成長を計画していました。常に変わる規制やビジネスルールを満たすことができ、サイズと複雑さの両方で完全な管理機能とスケールを持つシステムを構築したいと考えました。同社は、Amazon DynamoDBAmazon EC2Amazon S3AWS CloudFormation など多くの AWS のサービスを利用しています。Nubank は、AWS を利用することで、わずか 7 か月でクレジットカード処理プラットフォームを開発し、簡単に機能を追加できるようになりました。詳細については、Nubank のブログを参照してください。

Ravelin (ロンドン)
Ravelin の画像2015 年に創立された Ravelin は、旅行、小売、食物配達、チケット販売、交通を含むさまざまなセクターにおける多くの大手 e コマースおよびオンデマンド企業と連携している不正検出企業です。同社の創設者 (Martin SweeneyLeonard AustinMairtain O’RiadaNicky Lally の各氏) は、オンデマンドのタクシービジネスでの不正問題の解決を試みているときに、この業務を開始しました。その際に、限られた情報で顧客に関する正確な不正予測を行い、ほとんど瞬時に不正を断定する必要がありました。すぐに、これを行うことができるものが市場にはないことがわかり、創設者は Ravelin を立ち上げる必要性に迫られました。Ravelin では、クライアントは手動の確認に必要な時間を減らし、その代わりに顧客へのサービスに集中することができます。同社の機械学習モデルは、API を介して送信される関連の顧客行動および支払いデータに基づいて、正しい行動と悪意のある行動を予測するよう構築されています。悪意のある行動の発見は Ravelin による不正防止に役立ちます。また、同様に重要なのは、正しいパターンの発見により、善良な顧客のブロックが減ることです。Ravelin は、クライアントのビジネスの運用状況に合わせた速度とスケールでの驚くべき正確性により、核となる技術として機械学習を選択しました。Ravelin は AWS のサービスのスイートを使って、機械学習アルゴリズムによる不正の検出に役立てています。同社のクライアントは世界中に存在しており、ピークのトラフィック時間は予測不可能であるため、Amazon EC2 インフラストラクチャを 1 日に複数回スケールしています。これにより、トラフィックの増加に対応しながら、サーバーのコストを最小化しています。また、Ravelin は Amazon RDSAmazon DynamoDBAmazon ElastiCacheAmazon Elasticsearch Service などのサービスも使用します。これらのサービスの利用により、Ravelin チームは不正検出ソフトウェアの構築に集中する時間をより多く得ることができます。不正防止の最新情報については、ぜひ Ravelin のブログをご覧ください

-Tina Barr

AWS ホットスタートアップ – 2016 年 11 月 –

AwareLabs、Doctor On Demand、Starling Bank、VigLink 今月も Tina が注目のスタートアップをご紹介します。

Jeff;


今月は、AWS による 4 つのホットスタートアップを取り上げます。

  • AwareLabs – 小規模ビジネス用の高度なウェブサイト構築サポート
  • Doctor On Demand – 質の高い医療提供者への迅速かつ簡単で費用効率に優れたアクセスの提供
  • Starling Bank – 次世代のモバイルバンク
  • VigLink – コンテンツ主導型取引の強化

まだお読みになっていない場合は、10 月のホットスタートアップもぜひご覧ください。

AwareLabs (フェニックス/シャーロット)
AwareLabs は、3 人の小さいスタートアップ企業で、多数の統合アプリケーションを通して顧客を取り込もうとするビジネスオーナーの支援に重点を置いています。このスタートアップ企業の誕生は 2011 年 11 月です。ウェブサイト構築ガイドとしてスタートし、最初の数週間で数百の起業家を支援しました。早くから、創立者である Paul Kenjora は、既存のビジネスソリューションでは小規模ビジネスの売上が伸びていないことを認識していました。そして 2013 年、ビジネス中心のウェブサイトビルダーを作る仕事を引き受けました。Paul は AWS セミナーへの参加後、小規模なチームでも資金豊富なハイテク企業と同じように、大規模なインフラストラクチャを設計し、デプロイできることに気が付きました。以前であれば、そのようなスケールに対応できるのは、会社規模や投資額の大きい企業だけでした。AwareLabs の支援があれば、時間と予算が制約された小規模企業でも、自分たちが必要とする高度なウェブサイトを構築できます。AwareLabs チームは AWS を利用して、以前の同じ規模のチームには不可能だったことを実現しています。彼らは資金を調達し、顧客に支持されるソリューションをより短期間で提供してきました。AwareLabs では、クライアントのウェブサイトの運用から、セキュリティで保護された自分たちのコードリポジトリの管理にまで、Amazon EC2 を大いに活用しています。また、Amazon S3 によって、データストレージと信頼性に関する負担が大幅に軽減されました。AwareLabs 開発チームがインフラストラクチャの問題ではなくクライアント向け機能を重視してきた唯一最大の理由はこれでした。Amazon SESAmazon SNS により開発者は、インテリジェントなバウンス低減機能を備えた、統合されたワンクリック操作のニュースレターを配信することに集中できました。それがクライアントから高評価を得ることにつながっています。最終的に、AWS は AwareLabs の収益向上に貢献しました。それはスタートアップ企業にしては非常に大きな額でした。プロフェッショナル用ウェブサイトのニーズについては、AwareLabs をご確認ください。

Doctor On Demand (サンフランシスコ)
Doctor On Demand は、米国内で拡大しつつある、多くの人が医療提供者にアクセスできないという問題に対処するために構築されました。医師の診察を受けるための平均待ち時間は 3 週間であり、都市部以外では、さらに長くなることがあります。医師や精神分析医の診断を受けるまで平均 25 日もかかります。また、メンタルヘルスの問題を抱える患者全体の半数近くが、治療を受けていません。Doctor On Demand を使用すると、患者はスマートフォンやタブレット、PC から数分以内に直接、認定専門医の診察を受けることができます。また、24 時間いつでも、どこからでもビデオ受診ができます。患者は Doctor On Demand アプリ (iOS および Android) をダウンロードするか、www.doctorondemand.com にアクセスします。主な症状を入力すると、居住している州の免許医につながります。サービスは数百人の従業員によって提供され、主要な多くの利用保険に対応しています。医療分野での Doctor on Demand のセキュアな運用は、そのサービス開始当初から AWS によって支えられてきました。Amazon EC2Amazon S3Amazon CloudFrontAmazon CloudWatchAWS Trusted Advisor が利用されています。これらのサービスを利用することで、法令に準拠したセキュリティとプライバシー管理の構築、シンプルな耐障害性、簡単にセットアップできる災害対策サイト (複数の AWS リージョンを使用) が実現します。Doctor on Demand では、AWS を利用する最大のメリットは必要なものをすべてスタートアップ企業の予算で手に入れられることだと言います。最新情報については、Doctor On Demand の公式ブログをご覧ください。

Starling Bank (英国)
Starling Bank
は、金融サービスの一新を使命として掲げています。Netflix によってテレビが、Spotify によって音楽が、そして Snapchat によってソーシャルメディアが一変しました。Starling はバンキングにその変化を起こそうとしています。2014 年に Anne Boden が設立した Starling は、最新技術を利用して従来の当座預金を旧式のものにしました。エンジニア、アーティスト、エコノミストからなるチームを編成し、Starling Bank の形は完成に近づきつつあります。同社のアプリは 2017 年の早い時期に提供が開始される予定です。多くの次世代バンクは、1960 年代から 70 年代の技術に基づいた従来のバンクモデルに固執し続けています。Starling は、広範囲の商品を用意し、それらを必ずしも希望していない顧客に販売または組み合わせ販売するのではなく、金融サービスや金融商品のモバイルマーケットプレースへのシームレスなアクセスを通じて、ユーザーがいつでも自分のニーズに合ったサービスや商品を自分で選べるようにしています。顧客は免許を得た法的規制に従った銀行のセキュリティと保護を利用しながら、自分のお金について自分で決定できるようになるための分析情報、データ、サービスにアクセスすることができます。Starling Bank は AWS を利用して、セキュアなインフラストラクチャをオンデマンドで自動的にプロビジョニングし、スケールします。同社は主に Amazon CloudFormationAmazon EC2 を利用していますが、Amazon S3Amazon RDSAmazon Lambda も活用しています。Starling の最初の顧客の 1 人になるには、ここから申し込んでください

VigLink (サンフランシスコ)
VigLink の創立者で CEO の Oliver Roup が初めてアフィリエイトマーケティングを知ったのは、ハーバードビジネススクールの学生のときでした。複雑なエコシステムに関心があった彼は、Amazon への既存の商品リンクを特定するクローラーを開発しました。Roup は、それらのリンクのうちアソシエイトプログラムに登録されているリンクは半分にも満たないことを発見しました。そのときこそ、身近にある確かなビジネスチャンスを彼が確信し、VigLink が生まれた瞬間です。これまでの 7 年間、同社はコンテンツのマネタイズプラットフォームとして成長しただけではなく、発行者とマーチャントに E コマースビジネスへの洞察を提供するプラットフォームとして拡大してきました。VigLink の中核は、発行者のコンテンツ内での商品への言及を識別し、収益があがるハイパーリンクに自動的に変換する機能です。リンク先は、広告主が入札するオークションによりリアルタイムで決定されます。2009 年の創立以来、Google Ventures、Emergence Capital Partners、RRE などの主要な投資家が VigLink に投資しています。Roup の最新インタビューや、VigLink のオフィスのツアーを見るには、こちらをご覧ください。創立以来、VigLink は AWS を広範囲に利用しています。資本コストやハードウェアの保守を伴わず、需要に対して伸縮自在に対応できる柔軟性は、画期的です。同社は、Amazon EC2Amazon S3Amazon SQSAmazon RDSAmazon Redshift などの多くのサービスを利用しています。拡大を続けている VigLink ですが、最近になって、AWS Cost Explorer などのツールを活用することで 15% のコスト削減に成功しました。VigLink の舞台裏を見てみたい場合は、こちらの短いビデオをご覧ください。

Tina Barr

AWS ホットスタートアップ - 2016 年 10 月 – Optimizely、Touch Surgery、WittyFeed

今月も新しいホットスタートアップをご紹介します (Tina Barr からの許可により転載)。

Jeff;


AWS を使用している今月のホットスタートアップをご覧ください。

  • Optimizely – 世界有名ブランドにウェブとモバイル A/B テストを提供
  • Touch Surgery – 外科学に携わるコミュニティにテクノロジーを構築
  • WittyFeed – バイラルコンテンツの作成

Optimizely (サンフランシスコ)
Optimizely は有名ブランドにウェブサイトとモバイルの A/B テストやパーソナライズ化を提供、エクスペリエンスの最適化プラットフォームにおいて世界をリードする企業です。使いやすい製品と高速なデプロイを組み合わせたプラットフォームを提供することで、企業がテストを実施したりデータに基づいた判断を下せるようにしています。世界中にわたる何千人もの利用者が Optimizely を使用して、多種多様なチャネルの顧客に優れたエクスペリエンスを提供しています。これまでに Optimizely のユーザーが作成し提供したビジターエクスペリエンスの最適化数は 2750 億件にものぼります。

今日のデジタル世界において、企業は消費者のニーズに合わせるようにパーソナライズ化したエクスペリエンスを提供することが不可欠になっています。Optimizely は 個人化することはすでにオプションではありません。と述べています。同社のウェブをパーソナライズ化する製品は、ブラウザの動作や人口統計データ、文脈上のヒント、ファーストパーティやサードパーティのデータなどを利用することで、企業が顧客にリアルタイムで目的のコンテンツを提供できるようにしています。こうしたポイントは収益の上昇や顧客が戻ってくる理由に上手く作用しています。キャンペーンの結果を知るために分析チームやエンジニアチームに頼る必要はありません。Optimizely は各企業に合わせたテストや意思決定をサポートし業界をリードする統計エンジンを開発しています。Optimizely はさまざまなチャネルに及ぶテスト、対象、パーソナライズ化を可能にするデータインフラストラクチャの主要部分において AWS に大きく依存しています。同社は Amazon S3Amazon EC2Amazon EMRAmazon RDSAmazon RedshiftAmazon DynamoDBAmazon ElastiCache などのサービスを使用して、迅速かつ確実にインフラストラクチャをスケールアウトしビジネスの成長をサポートしています。さらに、Optimizely は監査に Amazon Identity and Access Management (IAM) ロール、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、AWS CloudTrail といった AWS サービスを使用し、自社製品に対する顧客の信用を高めています。

最新情報については Optimizely の公式ブログをご覧ください。

Touch Surgery (ロンドン)
4 人の外科医が設立した Touch Surgery は、最新技術を使用して外科医をトレーニングし専門知識の統一化を図ることで、外科分野をグローバルに拡大することを目的としたテクノロジースタートアップ企業です。同社はモバイルアプリとパワフルなデータバックエンドをリンクする独自のプラットフォームを通じて、従来のプロフェッショナルヘルスケアトレーニングを変えています。Touch Surgery のチームは外科学の専門知識をマップし共有するため、世界中の優秀な外科医達と何年も協力してきました。Touch Surgery は外科手術を体系化するために、コグニティブマッピングの技術と最先端技術の AI や 3D レンダリング技術を組み合わせて使用しています。同社は手術室における外科治療を進化させるために仮想現実や拡張現実のリーダー達とパートナーを組んでいます。未来の外科医はいつでもどこからでもアプリをダウンロード (iOS & Android) して医療業務を行うことができます。このアプリはユーザーが 50 種類以上の外科治療を学び練習し、経過を確認したり世界中の医師と繋がることを可能にしています。さらに、Touch Surgery は神経外科、整形外科など様々な専門分野のシミュレーションも提供しています。

Touch Surgery のバックエンドは AWS が完全にホストしています。同社は数多くの Amazon EC2 インスタンスを使用しているほか、Amazon S3Amazon Elasticsearch Service も利用しています。AWS は同社に Amazon RDS でのスケールを許可しています。現在のユーザー数は 100 万人となり、データ分析製品で必要となる膨大な量の使用データを記録しています。Touch Surgery はテストや提供までの時間を短縮できるように比較的容易に異なる環境でデプロイすることもできます。

Touch Surgery では常に優れた人材を探しています。詳しくは https://www.touchsurgery.com/jobs/ をご覧ください。

WittyFeed (インド)
WittyFeed はソーシャルメディアで影響力のあるユーザーと、面白く注目度抜群のストーリーを書くことができるクリエイティブライター達をリンクするプラットフォームです。Vinay Singhal (CEO)、Shahshak Vaishnav (CTO)、Parveen Singhal (COO) が 2014 年に設立した WittyFeed はインドでもっとも多くのバイラルコンテンツを発信する企業です。同社は 1 日に 60 件のストーリーを提供、毎月 7500 万人のユニークビジターがアクセスしています。常にコンテンツ制作に努めるライターが 100 人、そして社内のエディターチームは適切な利用者にコンテンツが届き、インターネットで急速に広まるようにします。WittyFeed チームは発行者がページを増やしていくためのお手伝いをしたいと考えています。そのため、投稿する時間や幅広いユーザーに届くタイプのコンテンツを知らせるツールも作成中です。WittyFeed は使用しやすくユーザーが自分に関連性のあるコンテンツを表示できるように、パーソナライズ化も可能にしています。フォトシリーズ、リスティクル や チャーティクル 、そしてカテゴリではテクノロジー、歴史、スポーツ、お笑いなどに焦点を置いています。WittyFeed はユーザー同士が交流しやすくするためにリアルタイムのコメント機能を追加しています。ユーザーは各自のアカウントにログインせずにコメントを残すことができます。

コンテンツを提供する企業として、WittyFeed は大量のユーザーベース、データを取り扱わなければなりません。AWS を使用することで、同社はトラフィックの急増やニーズへの対応に短期間で処理できるスケーラブルに優れたインフラストラクチャを備えています。WittyFeed は Amazon Kinesis FirehouseAmazon RedshiftAmazon RDS など幅広いサービスを使用しています。こうしたサービスは WittyFeed がほぼダウンタイムなしで 1 億人ものビジターと 5 億回にわたるページ閲覧の処理を可能にし、同社のインフラストラクチャで大きな役割を担っています。

今すぐ WittyFeed を見てみませんか?

Tina Barr

各国のAWS ホットスタートアップ – 2016 年 8 月

2 回目のゲスト投稿で触れたように、Tina Barr 氏がさらに 4 つのホットスタートアップについてお話します。

Jeff;


今月は、AWS による 4 つのホットスタートアップを取り上げます。

  • Craftsvilla – 民芸品を購入できるプラットフォームを提供しています。
  • SendBird – 開発者が 1 対 1 メッセージングとグループチャットをすばやく構築できるようにしています。
  • Teletext.io – システムが不要なコンテンツ管理ソリューションです。
  • Wavefront – クラウドベースの分析プラットフォームです。

Craftsvilla
Craftsvilla は、インドの工芸品、芸術、文化に対する純粋な愛と感謝のゆえに 2011 年に誕生しました。西インドのグジャラート地域を車で旅しているとき、Monica Gupta 氏と Manoj Gupta 氏は、地元の職人が作る美しい作品に魅了されました。しかし、それらの職人たちが生計を立てるのに苦労していることに 2 人共驚きの色を隠せませんでした。Monica 氏と Manoj 氏は、高い技術を持った職人たちが消費者と直接つながり、より広範なオーディエンスにリーチできるプラットフォームの作成に着手しました。本物の民芸品には、世界中で非常に大きな需要がありますが、消費者がふさわしい購入先を見つけられないことがよくあります。Craftsvilla は、この問題の解決を支援しています。

インドの文化はとても豊かで多様性に富んでいるため、だれも 1 つのプラットフォームに取り込もうとはしてきませんでした。Craftsvilla は、技術革新を利用して、衣料品、アクセサリー、ヘルス & ビューティー製品、食料品、室内装飾すべてを、簡単にアクセスできる 1 つのスペースにまとめています。たとえば、さまざまな衣類 (サルワールスーツサリーレヘンガ、カジュアルウェア) を提供するだけでなく、それらの各カテゴリをさらにサブカテゴリに分けています。消費者は、ニーズに合ったものを見つけることができます。素材、スタイル、状況、さらには作品のタイプ (刺しゅう、ビーズ、クリスタル製品、手作りなど) によって製品をフィルタリングできます。新しい料理に挑戦したくなったときも、Craftsvilla がお手伝いします。マサラから伝統的なスイーツ、おいしい紅茶ブレンドまで、興味深い製品が何百も揃っています。インドのさまざまな地域ごとにフィルタリングして新しい食べ物を発見するオプションも用意されています。

Craftsvilla で販売者になるのは簡単です。店舗のオーナーは、無料アカウントを作成するだけで、ユニークな製品やサービスの販売を開始することができます。Craftsvilla の最終的なビジョンは、あらゆる民芸品の「ワンストップの目的地」となることです。着々とその道を進もうとしています。

AWS 自体は、Craftsvilla のチームにおけるエンジニアです。カスタマーエクスペリエンスは、同社の従業員にとってとても重要であり、拡張性と効率性を同時に実現することはビジネスにとって不可欠な部分です。インフラストラクチャを大規模に自動化しています。AWS を利用せずに現在のペースで行うことは不可能です。現在同社は、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)Elastic Load BalancingAmazon KinesisAWS LambdaAmazon Relational Database Service (RDS)Amazon RedshiftAmazon Virtual Private Cloud など、20 を超える AWS Service を利用しています。同社のアプリ QA プロセスは AWS Device Farm に移行され、Lambda のおかげで 250 以上のサービスにおいてクラウド上で完全に自動化されます。Craftsvilla は、ウェブサービスから分析まで、インフラストラクチャのあらゆるニーズを AWS に完全に依存しています。

詳細については、Craftsvilla のブログをご覧ください。

SendBird
最初のスタートアップを成功させた後、SendBird の創立者である John S. Kim 氏、Brandon Jeon 氏、Harry Kim 氏、Forest Lee 氏は、コンシューマーアプリ開発者にとって大きな市場機会を見つけました。現在、eBay、Nexon、Beat、Malang Studio、SK Telecom などの 2,000 を超えるグローバル企業が、SendBird を使用してモバイルアプリやウェブサイトにチャットおよびメッセージング機能を実装しています。企業は、次のような方法で SendBird を使用しています。

  • プライベートメッセージングや会話取引用の 1 対 1 メッセージング
  • 友人や共通の目的を持グループでのグループチャット
  • ライブビデオストリームやゲームコミュニティにおける大規模なチャットルーム

メッセージングが世界的な現象となるのを見たとき、SendBird の創立者たちはアプリ開発者がテクノロジースタックを一から構築することには意味がなくなったことに気付きました。Localytics のデータチームによる調査は、実際にアプリ内メッセージングによりアプリの起動が 27% 増加し、エンゲージメントが 3 倍になることを示していますSendBird SDK (iOS、Android、Unity、.NET Xamarin、JavaScript で利用可能) をダウンロードするだけで、アプリおよびウェブ開発者はリアルタイムのメッセージング機能をわずか数分で実装できます。SendBird には、フルチャット履歴も備わっており、ユーザーはチャットメッセージの送信だけでなく、ファイルとデータの転送をも行うことができます。さらに、開発者は、ライブブロードキャスト中にモバイルデバイスにメッセージが表示される速度を制御するスマートスロットリングなどの革新的な機能を統合できます。
アクセラレーター Y Combinator W16 Batch を卒業してから、同社のチャットユーザーは数か月以内に月 1,000,000 人から月 5,000,000 人に増加しました。また、ライブビデオストリーミング、ゲーム、e コマース、コンシューマーアプリにおいて毎日数百万もの新しいメッセージを処理しています。消費者は、短期間にデプロイできるリアルタイムのチャット API および SDK のために、あらゆる機能を備えたクロスプラットフォームのスタック全体アプローチを採用することに価値を見出しました。

SendBird は、世界中に分散した非常に大きなユーザーベースを処理する堅牢で拡張性の高いインフラストラクチャを構築するため、AWS を選択しました。EC2 とともに Elastic Load Balancing および Auto ScalingRoute 53S3, ElastiCacheAmazon AuroraCloudFrontCloudWatchSNS を利用しています。同社は、効率性と信頼性の高い拡張を行うため、AWS と連携し続ける予定です。

ぜひ SendBird と同社のブログをご覧ください。

Teletext.io
Teletext.io の共同創立者である Marcel Panse 氏と Sander Nagtegaal 氏は、複数のスタートアップにおいて連携し、それぞれ同じ問題を経験しました。カスタムソフトウェア開発の段階で、コンテンツ管理にかなり苦労するという点です。タイプミスなどのごく小規模な修正にも、通常は開発者が必要となるため、時間の経過とともにコストが膨れ上がります。Marcel 氏と Sander 氏は、すぐに利用できる適切なソリューションが見つからなかったため、この問題をついに解決する独自サービスを作ることにしました。API GatewayLambda 関数、Amazon DynamoDBS3CloudFront を活用するだけで、ドロップインコンテンツ管理サービス (CMS) を構築できました。CMS の新たな選択肢としてそのサーバーレスアプローチは、すぐに他の企業を引き付けたため、自身のニーズを満たすために使用するつもりであったにもかかわらず、2 人はそのアイデアを製品として売り出すことにし、Teletext.io が生まれました。

現在、Teletext.io はシステムが不要なコンテンツ管理ソリューションと呼ばれています。コンテンツディストリビューターは、プログラマーの助けを借りなくても、ウェブサイトやユーザーインターフェイスから直接 WYSIWYG エディターを通じてテキストとイメージを編集できます。次の 3 つのステップだけですぐに使い始めることができます。

  1. Teletext.io スクリプトを追加する。
  2. データ属性を追加する。
  3. ログインして入力し始める。

これで完了です。 開発者がシステムをインストールしたり、保守したりする必要はありません。Teletext.io はそのままの状態ですぐに動作します。繰り返し生じるコンテンツ更新に加えて、ローカライズの目的でデータ属性技術も使用できます。CMS を通じてウェブサイトを多言語にすると数日から数週間かかることがありますが、Teletext.io はわずか数分でこのタスクを成し遂げます。時間の節約は、開発者にとっても編集者にとってもメリットとなる重要な要素です。

Teletext.io は、さまざまな方法で AWS を利用しています。同社は、他社のウェブサイトコンテンツを扱っているため、外部のコンテンツがロードされているとウェブサイト訪問者が気付くことがないように、非常に高速で信頼性の高いシステムを必要としています。加えて、このクリティカルなインフラストラクチャサービスが停止することは許されません。どちらの要件を満たすためにも、可動部分ができる限り少ない堅牢なアーキテクチャが必要です。そのため、Teletext.io はサーバーレスアーキテクチャを運用することで一歩抜け出したサービスを提供しています。ドラフトコンテンツのロード、編集内容とイメージの保存、結果の公開において、Amazon API Gateway が呼び出され、AWS Lambda 関数がトリガーされます。Lambda 関数は、そのデータを Amazon DynamoDB に保存します。

Teletext.io のユニークなサーバーレスアプローチについては、同社のブログ投稿をご覧ください。

Wavefront
パロアルトで 2013 年に設立された Wavefront は、1 秒あたり数百万ものポイントで時系列データを保存するクラウドベースの分析プラットフォームです。ハイブリッドおよびクラウドインフラストラクチャにおいて、異常が発生する前に「通常」からの逸脱を検出することができます。これは、Lyft、Okta、Yammer、Box などの企業がスムーズな運営を維持するために利用している重要なサービスです。データ科学者から製品マネージャー、新興企業から Fortune 500 企業まで、Wavefront は強力なクエリエンジンとあらゆるユーザー向けに設計された言語を提供しています。

Wavefront では、従量課金制モデルを採用しているため、顧客は必要なアプリケーションサイズから始め、必要に応じて柔軟に拡張/縮小することができます。さらに、その料金にはエンタープライズクラスサポートが含まれており、追加費用はかかりません。Wavefront が顧客をどのようにサポートしているかについては、製品デモをご覧ください。

Wavefront アプリケーションはすべてが AWS にホストされており、AWS 内の Virtual Private Cloud (VPC) クラスターでシングルテナントインスタンスとマルチテナントインスタンスを運用しています。このアプリケーションは、CloudWatch および CloudTrail と緊密にネイティブ統合されているため、同様に AWS を利用している大規模顧客の多くにとってメリットとなります。Wavefront は、AWS を利用して「ソフトウェアの問題」を作り出し、独自のアプリケーションを使用したクラウドの運用、自動化、モニタリングを行っています。最も重要な点として、AWS により Wavefront は世界最高のエンタープライズクラウドモニタリングシステムを構築するというコアビジネスに集中することができます。

Wavefront について詳しくは、同社のブログ投稿「How Does Wavefront Work」をご覧ください。

Tina Barr

AWS を使用する注目の英米スタートアップ企業 – 2016 年 7 月 – Depop、Nextdoor、Branch

本日は特別ゲストのブロガーをご紹介します。私の娘、Tina は AWS チームのリクルーティングコーディネーターで、今日プロのブロガーとしてデビューしました。

Jeff


ついに本格的な夏がやってきましたね!AWS が今月注目しているスタートアップをご紹介します。

  • Depop – アーティストや友達を対象に製品を売買できソーシャルモバイルマーケットプレイスです。
  • Nextdoor – テクノロジーを利用して連帯感の強い安全な地域を築いています。
  • Branch – モバイルアプリ開発者がユーザーを増やし維持できるように無料でディープリンク技術を提供しています。

Depop (英国)
2011 年、Simon BeckermanDaniel 兄弟は、インタラクティブなエクスペリエンスを提供するアプリで楽しくアイテムを売買できるソーシャルモバイルマーケットプレイスの構築を始めました。Depop の創立者たちは m コマースの流れが従来とは異なり、消費者が互いにコミュニケーションを取りたがっている方向に変化している点に気付きました。Simon は、この時点ですでに PIG Magazine の他にも高級メガネブランド RetroSuperFuture を運営していました。そこで、自分のようなアーティストやクリエイティブなユーザーが所有しているアイテムをシェアしたり売買できるスペースを作りたいと考えていました。イタリアでスタートを切った後、Depop は 2012 年にロンドンのショーディッチに本社を構えるために移転、その後も成長を続け、現在ではロンドン、ニューヨーク、ミラノにオフィスを設けています。世界中で 400 万人以上のユーザーを持つ Depop は成長を続け、ファッション、ミュージック、アート、ヴィンテージ、ライフスタイルのアイテムなどに情熱をかけるショップオーナーたちのコミュニティを築いています。使い慣れたユーザーフレンドリーのインターフェイスを取り入れ、ユーザーは他のユーザーやショップオーナーに対して「いいね!」したり、コメントを投稿またはプライベートメッセージを送信することができます。AndroidiOS からアプリをダウンロードするだけで、数百万ものユニークなアイテムを見たり購入することができます。洋服だけでなくインテリア、年代物の家具、ジュエリーなど色々なものを見つけることができます。ロケーション別にフィルターすれば、自分のフィードをカスタマイズできるので、自分の地域で便利にショッピングを楽しむことができます。バイヤーはどこまでも続くアイテムリストをスクロールダウンして商品をチェックしたり、自分で引き取りに行くかアイテムを郵送するか個人の希望に合わせて選ぶことができます。アイテムの販売も簡単です。写真をアップロードしてから簡単な説明を入力、価格を設定したらアイテムをリストに載せるだけです。Depop は大規模なオペレーションチームを設けずに滞りなく運営していくため、DevOps のアプローチを導入しました。Amazon S3Amazon CloudFront を画像ホスティングに、そして日々のトラフィックにおいて予測が難しく比較的大きな変更に対応するために Auto Scaling を使用するなど、Depop は 12 種類の AWS サービスを使用しています。Depop の開発者たちは専任のオペレーションチームに電話をする必要なく、同社サービスの実稼働環境を自分たちでサポートすることを実現しています。Depop のブログで、このアプリを使用しているアーティストたちを見てみませんか?

Nextdoor (サンフランシスコ)
サンフランシスコを拠点とする Nextdoor は、米国全土に渡る 10 万以上の地域で連帯感の強いコミュニティの構築に携わっています。2010 年、米国の成人の大半が隣人の名前を知らず、「何人か知っている」(29%)、「知らない」 (28%) という Pew の調査結果を聞いて、このスタートアップ企業の創始者は驚いたといいます。米国全土に渡り地域社会の連帯感を再生させるチャンスをそこに見い出し、Nextdoor のアイデアが生まれました。隣人は Nextdoor を使用して質問したりお互いの認識を深めたり、地元に関する情報交換やお勧めの情報を教え合っています。ユーザーは Nextdoor を次のように活用しています。

  • 地域の信頼できるベビーシッター、配管工、歯科医などを探している場合。
  • ガレージセールや町内の屋外パーティーなど地域イベントの企画。
  • 迷子のペットや届いていない郵便物を探している場合。
  • 古い台所テーブルや自転車など、販売または無料で手放したいアイテムがあることを知らせる場合。
  • 地域で起きた犯罪を通知または安全性の懸念を連絡し合う場合。

また、Nextdoor は警察署や消防署、危機管理センターなど地域の機関が、その地域の住民たちと連絡を取り合えるように Nextdoor for Public Agencies という機能を提供しています。これは地域の機関が緊急時への備えや地域関与、犯罪防止、地域警備などにおいて住民をサポートする上で非常に便利な機能となっています。ハーバード大学教授の Robert Putnam は同氏の著書である Bowling Alone で、地域社会の関係が強ければ強いほど、その地域の子供たちは学校で良い成績を収めることができ、地域もより安全になり、住民はあらゆる面で成功、全体的に幸せで健康であることが分かったそうです。便利で充実したコミュニティガイドとテクノロジーを活用して Nextdoor は連帯感の強い安全な地域作りに携わっています。Android または iOS で Nextdoor アプリをダウンロードできます。Nextdoor のテクノロジースタックのオンラインサービスや Nextdoor のオフラインデータ処理と分析システムのベースにおいて、AWS はその基礎的なインフラストラクチャの役割を担っています。Nextdoor は、コミュニティメンバーに提供する新機能のプロトタイプ、開発、デプロイを作成するために 25 種類以上の AWS サービスを使用しています (Amazon EC2Elastic Loud BalancingAmazon CloudfrontAmazon S3Amazon DynamoDBAmazon RedshiftAmazon Kinesis、その他)。米国内で数百万人のユーザーをサポートしている Nextdoor は、世界中の AWS リージョン 4 つに渡り、そのサービスを実行し、つい最近では欧州にも進出したばかりです。「Amazon のおかげで自動化したスタイルと予測できるコストで当社のテクノロジーを柔軟性を持って成長させることができました」と Nextdoor は述べています。

Branch (パロアルト)
2014 年 5 月、スタンフォード大学ビジネススクールの卒業生グループが、独自のモバイルアプリを構築しリリースするように動き出し、Branch のアイデアが生まれました。プロジェクトを開始してすぐに、アプリを成長させていくことがどれほどのチャレンジであるか気付き、同時に他の仲間たちも同じ問題に直面していることが分かったそうです。グループはアプリを目立たせ、既存のユーザーを維持し、急激に成長できるようにするためのディープリンクプラットフォーム開発のチャンスを目にしました。Branch はスタートしてから数か月以内にユーザー数 100 万人を達成し、約 1 年後にはユーザー数 10 億人、アプリ 5,000 件までに成長しました。PinterestInstacartMintRedfin といった企業が Branch とパートナーを組み、世界中で各社のユーザーエクスペリエンスを改善させています。Branch のプラットフォームを使用しているアプリは、現在 11,000 件以上もあります。スマートフォンの利用者が増加するに連れて、モバイルアプリのユーザーエクスペリエンスの質も向上し、変換率も高く、定着率もモバイルウェブを上回っています。メール、広告、紹介などにおけるトランジションがユーザーエクスペリエンスに支障を来たすなど、モバイル開発者が努力して作成したコンテンツにユーザーをリンクしたい時に問題が発生します。モバイルディープリンクは、アプリ内のコンテンツをユーザーが共有できるようにします。通常のウェブリンクは、アプリがデバイスにダウンロードされている状態でなければ機能しません。そしてダウンロードされている場合でも、各アプリの詳細は異なるため、コンテンツを検索し共有するための基準というものがありません。Branch はウェブで操作するかのように、アプリ内のコンテンツを共有できるようにしています。例えば、モバイルアプリで新しい靴を探していたとします。ところが、支払い直前になって「お支払いを完了するには当店のアプリをダウンロードしてください」というメッセージが表示されたとします。そのアプリをダウンロードすると、お店のホームページに戻り、また最初から欲しい靴を探しなおさなければならなくなりました。Branch ディープリンクを使えば、アプリのインストールが完了次第、お支払いページにすぐ戻ることができるので、時間の節約はもちろん、全体的なユーザーエクスペリエンスがスムーズになります。Branch は過去 2 年で急激な成長を遂げ、そのインフラストラクチャのスケールは AWS を大きく頼りにしています。今後も引き続き成長していくことを考慮し、Branch はそのインフラストラクチャの大半を構築、管理する上で、Amazon EC2 インスタンスでオープンソースツールを使用しています (Amazon API GatewayApache KafkaApache ZookeeperKubernetesRedisAerospike)。また Elastic Load BalancingAmazon CloudFrontAmazon Route 53Amazon RDS for PostgreSQL などの AWS サービスも使用しています。こうしたサービスは 99 パーセンタイル値でレイテンシーが 60 ms しかないリンクでも、 Branch が成功率 99.999% を維持できるようにしています。詳しくは Branch の最新ブログ記事、Scaling to Billions of Requests a Day with AWS をご覧ください。

Tina Barr