Amazon Web Services ブログ

AWS ホットスタートアップ - 2016 年 10 月 – Optimizely、Touch Surgery、WittyFeed

今月も新しいホットスタートアップをご紹介します (Tina Barr からの許可により転載)。

Jeff;


AWS を使用している今月のホットスタートアップをご覧ください。

  • Optimizely – 世界有名ブランドにウェブとモバイル A/B テストを提供
  • Touch Surgery – 外科学に携わるコミュニティにテクノロジーを構築
  • WittyFeed – バイラルコンテンツの作成

Optimizely (サンフランシスコ)
Optimizely は有名ブランドにウェブサイトとモバイルの A/B テストやパーソナライズ化を提供、エクスペリエンスの最適化プラットフォームにおいて世界をリードする企業です。使いやすい製品と高速なデプロイを組み合わせたプラットフォームを提供することで、企業がテストを実施したりデータに基づいた判断を下せるようにしています。世界中にわたる何千人もの利用者が Optimizely を使用して、多種多様なチャネルの顧客に優れたエクスペリエンスを提供しています。これまでに Optimizely のユーザーが作成し提供したビジターエクスペリエンスの最適化数は 2750 億件にものぼります。

今日のデジタル世界において、企業は消費者のニーズに合わせるようにパーソナライズ化したエクスペリエンスを提供することが不可欠になっています。Optimizely は 個人化することはすでにオプションではありません。と述べています。同社のウェブをパーソナライズ化する製品は、ブラウザの動作や人口統計データ、文脈上のヒント、ファーストパーティやサードパーティのデータなどを利用することで、企業が顧客にリアルタイムで目的のコンテンツを提供できるようにしています。こうしたポイントは収益の上昇や顧客が戻ってくる理由に上手く作用しています。キャンペーンの結果を知るために分析チームやエンジニアチームに頼る必要はありません。Optimizely は各企業に合わせたテストや意思決定をサポートし業界をリードする統計エンジンを開発しています。Optimizely はさまざまなチャネルに及ぶテスト、対象、パーソナライズ化を可能にするデータインフラストラクチャの主要部分において AWS に大きく依存しています。同社は Amazon S3Amazon EC2Amazon EMRAmazon RDSAmazon RedshiftAmazon DynamoDBAmazon ElastiCache などのサービスを使用して、迅速かつ確実にインフラストラクチャをスケールアウトしビジネスの成長をサポートしています。さらに、Optimizely は監査に Amazon Identity and Access Management (IAM) ロール、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、AWS CloudTrail といった AWS サービスを使用し、自社製品に対する顧客の信用を高めています。

最新情報については Optimizely の公式ブログをご覧ください。

Touch Surgery (ロンドン)
4 人の外科医が設立した Touch Surgery は、最新技術を使用して外科医をトレーニングし専門知識の統一化を図ることで、外科分野をグローバルに拡大することを目的としたテクノロジースタートアップ企業です。同社はモバイルアプリとパワフルなデータバックエンドをリンクする独自のプラットフォームを通じて、従来のプロフェッショナルヘルスケアトレーニングを変えています。Touch Surgery のチームは外科学の専門知識をマップし共有するため、世界中の優秀な外科医達と何年も協力してきました。Touch Surgery は外科手術を体系化するために、コグニティブマッピングの技術と最先端技術の AI や 3D レンダリング技術を組み合わせて使用しています。同社は手術室における外科治療を進化させるために仮想現実や拡張現実のリーダー達とパートナーを組んでいます。未来の外科医はいつでもどこからでもアプリをダウンロード (iOS & Android) して医療業務を行うことができます。このアプリはユーザーが 50 種類以上の外科治療を学び練習し、経過を確認したり世界中の医師と繋がることを可能にしています。さらに、Touch Surgery は神経外科、整形外科など様々な専門分野のシミュレーションも提供しています。

Touch Surgery のバックエンドは AWS が完全にホストしています。同社は数多くの Amazon EC2 インスタンスを使用しているほか、Amazon S3Amazon Elasticsearch Service も利用しています。AWS は同社に Amazon RDS でのスケールを許可しています。現在のユーザー数は 100 万人となり、データ分析製品で必要となる膨大な量の使用データを記録しています。Touch Surgery はテストや提供までの時間を短縮できるように比較的容易に異なる環境でデプロイすることもできます。

Touch Surgery では常に優れた人材を探しています。詳しくは https://www.touchsurgery.com/jobs/ をご覧ください。

WittyFeed (インド)
WittyFeed はソーシャルメディアで影響力のあるユーザーと、面白く注目度抜群のストーリーを書くことができるクリエイティブライター達をリンクするプラットフォームです。Vinay Singhal (CEO)、Shahshak Vaishnav (CTO)、Parveen Singhal (COO) が 2014 年に設立した WittyFeed はインドでもっとも多くのバイラルコンテンツを発信する企業です。同社は 1 日に 60 件のストーリーを提供、毎月 7500 万人のユニークビジターがアクセスしています。常にコンテンツ制作に努めるライターが 100 人、そして社内のエディターチームは適切な利用者にコンテンツが届き、インターネットで急速に広まるようにします。WittyFeed チームは発行者がページを増やしていくためのお手伝いをしたいと考えています。そのため、投稿する時間や幅広いユーザーに届くタイプのコンテンツを知らせるツールも作成中です。WittyFeed は使用しやすくユーザーが自分に関連性のあるコンテンツを表示できるように、パーソナライズ化も可能にしています。フォトシリーズ、リスティクル や チャーティクル 、そしてカテゴリではテクノロジー、歴史、スポーツ、お笑いなどに焦点を置いています。WittyFeed はユーザー同士が交流しやすくするためにリアルタイムのコメント機能を追加しています。ユーザーは各自のアカウントにログインせずにコメントを残すことができます。

コンテンツを提供する企業として、WittyFeed は大量のユーザーベース、データを取り扱わなければなりません。AWS を使用することで、同社はトラフィックの急増やニーズへの対応に短期間で処理できるスケーラブルに優れたインフラストラクチャを備えています。WittyFeed は Amazon Kinesis FirehouseAmazon RedshiftAmazon RDS など幅広いサービスを使用しています。こうしたサービスは WittyFeed がほぼダウンタイムなしで 1 億人ものビジターと 5 億回にわたるページ閲覧の処理を可能にし、同社のインフラストラクチャで大きな役割を担っています。

今すぐ WittyFeed を見てみませんか?

Tina Barr