Amazon Web Services ブログ

Tag: Hot Start-ups

【開催報告】IVS CTO Night and Day 2017 Winter powered by AWS

こんにちは。ソリューションアーキテクトの篠原英治(@shinodogg)です。 2017年12月11日(前夜祭)・12日(Day1)・13日(Day2)に、Infinity Ventures Summitと共催で、約100名のCTOの皆さまにお集まりいただき、金沢で”IVS CTO Night & Day 2017 Winter”を開催しました! Day0 前夜祭 Welcome CTO Night!  @ 辻家庭園 小雪の降りしきる幻想的な雰囲気の会場で前夜祭を行いました。 新しいロゴでボードを新調しました :) 乾杯のご発声は、カーディナル合同会社代表の安武さん。 前夜祭から各所でCTOの皆さま同士の濃い話が繰り広げられていました。 Day1 AWSオフィスアワー(個別技術相談会) 早朝からAWSの個別技術ディスカッションを行いました。 CTOやVP of Engineeringの皆さんと実践的な議論をさせていただけるのは、AWSのソリューションアーキテクトにとても励みになります。 AWS Morning Session ソリューションアーキテクトによるAWSの最新技術をご紹介するセッションを12本行いました。 Keynote AWS re:Invent 2017 振り返り (SlideShare) – 岡嵜 禎 Breakout Amazon Culture (SlideShare) – 岡嵜 禎 AWS Media Services (SlideShare) – 篠原 英治 Serverless & Mobile […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2017年7月

今月も引き続き、ホットなスタートアップ企業を紹介していきます。日々、スタートアップ企業は革新的であっと言わせるようなビジネス、アプリケーション、製品を世界中で製作しています。AWS では毎月、AWS を使用して何か優れたことをしているスタートアップ企業を紹介しています。 7 月は学習に関する企業を集めました。次の企業は様々な方法で知識や技術を拡張するためのツールやリソースへのアクセス提供に重点を置いています。 今月のスタートアップ企業をご紹介します。 CodeHS – 中高生を対象に、使って楽しくアクセスしやすいコンピュータサイエンスのカリキュラムを提供しています。 Insight – データサイエンス分野の技術的な才能を伸ばすための集中的なフェローシップを提供しています。 iTranslate – 90 か国語以上の言語で読み取り、書き取り、会話ができるサービスを世界中で提供しています。 CodeHS (カリフォルニア州サンフランシスコ) 2012 年、スタンフォード大学の学生だった Zach Galant 氏と Jeremy Keeshin 氏は、コンピュータサイエンスを専攻していました。そして初級レベルのクラスの教育助手をしていた時に、ある傾向に気が付いたのです。多くの学生が、もっと小さい頃からコンピュータサイエンスに関わっていたかったということです。大学 4 年の時に Zach と Jeremy は中高生が楽しく、アクセスしやすいコンピュータサイエンス教育を提供するチャンスを作るために CodeHS を立ち上げました。CodeHS はウェブベースのカリキュラムで、指導者のリソース、レッスンプラン、専門的能力の開発チャンスで成り立っています。カリキュラムは時間節約を意図して作られた指導者用のツールを伴い、レッスンプランや採点、学習者のコードの評価、クラスルームの管理ができます。 CodeHS は、すべての生徒が将来に向けて意義ある影響力を培えるように取り組んでいます。また、コードを学ぶことは読解力と共に現代の新たな基礎的能力であると考え、そうした技術を身に着けることで生徒がより深く個人の興味や学習を拡大していくことができると見ています。CodeHS が設立された 2012 年には、コンピュータサイエンスのコースを提供している米国内の高等学校は 10% ほどでした。Zach と Jeremy は学校や学区が簡単に取り組めるようにするためのソリューションを提供することで、その現状を変えることに努めてきました。CodeHS により、何千人もの指導者がトレーニングを受け、何百何千人という世界中の生徒達に指導できるようになりました。CodeHS を使用するにあたり必要なのはインターネットとウェブブラウザだけです。生徒はオンラインでコードを書き、実行することができます。指導者は生徒が何に取り組んでいるか、そして進み具合などをすぐにチェックすることができます。 Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon ElastiCache、Amazon CloudFront、Amazon S3 は CodeHS […]

Read More

【開催報告】CTO Night 2017 Spring @ AWS Summit Tokyo

こんにちは。ソリューションアーキテクトの篠原英治(@shinodogg)です。 Amazon.comのCTOであるWerner Vogels(@werner)の3年振りの来日に伴いまして、AWS Summit Tokyoの期間中に、日本の著名なCTOの皆さまにお集まりいただき、 CTO Night 2017 Spring (#CTONight) を開催しました。     ■ CTOs Round Table   少人数の日本のCTOの皆さまをお招きし、AmazonのCTOとしてAmazonのイノベーションをリードするWernerとラウンドテーブル形式で最新の技術動向についてディスカッションを行いました。   Wernerから、AmazonがAWSというクラウドビジネスを始めたことで、1テクノロジー企業から、テクノロジープロバイダーとなり、CTOとしてどのように全社のテクノロジーをドライブしてきたか?といったトピックからはじまり、Wernerのブログ(Working Backwards – All Things Distributed)でも詳細に解説されている、新しくサービス/プロダクト/機能を開発する際にAmazon社内で取られている方法論など、白熱した議論が展開されました。   ビジネスやサービスが多岐に渡るようになるにつれ、技術的なキャッチアップが困難になり、CTOとしてどのようにそれに取り組むべきか?というトピックに関しては、Werner自身は週4-6時間はメールやミーティングなどを一切シャットアウトして集中してハンズオンで新しい技術を習得しており、そこで得たものをコードレビューやプロダクトチームとのディスカッションに活かしている、とのことでした。CTOが社内で取り扱う全ての技術分野の専門家になることは厳しい部分があるものの、エンジニアチームを、進化する同じ船に乗せるといった意味で開発者と会話をする際の姿勢などについて、日本のCTOの皆さまのエピソードもご紹介いただきました。   プログラミング言語を選定する上での考え方や、サーバーのroot権限をCTO自らが持つべきか?など様々なトピックに関するディスカッションはあっという間に時間が経過し、Werner自身も非常に有意義だったと申しておりました。ご参加いただいたCTOの皆さまありがとうございました!     ■ Startup CTO Night with Amazon CTO – Werner Vogelsによる公開技術レビュー   2014 年 7 月にシークレットイベントとして開催され大盛況だったWernerによる 『Startup CTO Night with Amazon CTO』を3 年ぶりにAWS Dev Day Tokyoにて行いました。   […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 4 月

春到来に伴い Tina Barr のスタートアップ企業を紹介するブログです。お楽しみください! -Ana 今月も引き続き、AWS を利用しているホットなスタートアップ企業を紹介していきます。今回は 3 つの新しいスタートアップ企業を紹介します。 Beekeeper – 社員同士のコミュニケーションをよりシンプルに Betterment – 誰でも簡単に投資をスタート ClearSlide – 業界をリードするセールスエンゲージメントプラットフォームを提供 3 月のホットスタートアップを見逃しましたか? 大丈夫、こちら からご覧いただけます。 Beekeeper (スイス、チューリッヒ) チューリッヒ工科大学 (ETH Zurich) 卒業の Flavio Pfaffhauser と Christian Grossmann は、人々を結び付けるためのテクノロジーを構築することに熱心です。学生のソーシャルコミュニティから始まったそれは、すぐに Beekeeper になりました。Beekeeper は、仕事場において社員がどこからでもコミュニケーションを取り合うことを可能にするプラットフォームです。Flavio と Christian は自分達の目的に適った方法で、人々がエンゲージするソーシャルプラットフォームの構築方法を学びました。すると、様々なビジネスから各社の特別なプロセスとニーズに対応できるプラットフォームをリクエストされるようになりました。このプラットフォームは、デスクに向かっていたり出先にいたとしても、まるですぐ隣に相手が座っているかのように感じられるものを作りたいというコンセプトから始まりました。2012 年に創設された Beekeeper は、情報交換、コミュニケーション、ピアコラボレーションの改善に焦点を当てています。そして組織にとって、社員の声に耳を傾けることが非常に大切であると考えています。「まずはモバイル、デスクトップも OK (“Mobile First, Desktop Friendly”)」なプラットフォームは、シンプルかつ直観的なインターフェイスで、複数のオペレーティングシステムを簡単に 1 つのエコシステムにすることができます。インターフェイスは企業のブランドやアイデンティティに合わせてスタイルしたりカスタマイズすることができます。社員はいつでもどこにいても、プライベートチャットやグループチャット、ビデオ、ファイル共有、フィードバックに関するアンケート調査などを通じて同僚とコミュニケーションを取り合うことができます。Beekeeper の分析ダッシュボードで、リーダーシップチームはディスカッションで何がトレンディングトピックになっているのか確認したり、社員のエンゲージメントやアプリ使用をリアルタイムでトラッキングすることができます。Beekeeper は現在 137 か国に渡り、サービス業や建設業、運送業そしてその他の業界で利用されています。Beekeeper は同社のエンジニア達が顧客サービスの問題に集中できるようにする […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 3 月

あわただしい 3 月が過ぎたので、バスケットボールのことは忘れて、Tina Barr が紹介する今月のクールなスタートアップに注目しましょう。-Ana 今月は春の到来にふさわしい新しいスタートアップ 5 社を紹介します。 Amino Apps – 数十万のコミュニティのソーシャルネットワークを提供します。 Appboy – ブランドの顧客関係を強化します。 Arterys – 医用イメージ産業を変革します。 Protenus – 医療組織の患者データを保護します。 Syapse – 標的がん治療に役立つ全国のデータを共有します。 2 月のホッとスタートアップをお見逃しの場合は、こちらをご覧ください。 Amino Apps (ニューヨーク州ニューヨーク) Amino Apps は、興味ベースのコミュニティが、特にモバイルの面で、未発達で時代遅れであるという認識に基づいて設立されました。CEO の Ben Anderson と CTO の Yin Wang は、特定のトピックを専門に扱う独立したソーシャルネットワークを数十万も集めて、これらのコミュニティへのアクセスをユーザーに提供するアプリを作成しました。そのうち、最大級のコミュニティは 100 万を超す会員を擁しており、人気の高い TV 番組、ビデオゲーム、スポーツ、その他さまざまな趣味や興味などのトピックに基づいて構築されています。Amino は、世界中のコミュニティをホストし、現在 6 か国語で利用可能であり、今後サポート言語の数は増える予定です。Amino アプリの操作は簡単です。アプリ (iOS または Android) をダウンロードして、有効な E メールアドレスでサインアップし、プロフィール写真を選択して使用を開始するだけです。ユーザーは、コミュニティを検索して、興味があるものに参加できます。各コミュニティには、チャットルーム、メルチメディアコンテンツ、クイズ、シームレスなコメントシステムがあります。コミュニティがまだ存在していない場合は、Amino […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 2 月

2 月を終わるにあたって、Tina Barr が再びすばらしいスタートアップ企業をいくつかご紹介します。 -Ana 今月は、5 社の革新的でホットなスタートアップ企業をご紹介します。 GumGum – イメージ内広告という分野を作成、一般化。 Jiobit – 保護者が子供を追跡するためのスマートタグ。 Parsec – PC ゲーマー用のハードウェアと場所の柔軟性を向上。 Peloton – 家庭でのインドアサイクリングとフィットネス教室を変革。 Tendril – 自宅所有者のエネルギー消費を減らす。 1 月のスタートアップをすべてお読みになっていない場合は、ぜひこちらからご確認ください。 GumGum (カリフォルニア州サンタモニカ) GumGum はイメージ内広告という分野を開発し、一般化したことでよく知られています。Ophir Tanz 氏によって 2008 年に設立された同社は、ソーシャルメディア、論説、さまざまな業界のブロードキャストを通じて毎日作成される膨大なコンテンツ内に留まっている価値を解放するという目標を掲げています。GumGum は 2,000 以上の大手出版社でキャンペーンを行っており、4 億人以上のユーザーがこれを見ています。イメージ内広告は GumGum によって開発され、顧客の注目が既に集まっている場所に、非常に目立つ広告を配信するプラットフォームを企業に提供してきました。GumGum は画像認識技術を使用して、関連するイメージの状況に応じたオーバーレイ、あらゆる画面サイズに適応するバナー、または周囲のコンテンツにシームレスに融合するフィード内プレースメントとして、対象を絞り込んだプレイスメントを配信しています。GumGum は、Visual Intelligence を使って、ブランドに関連するあらゆるイメージや動画についてソーシャルメディアやブロードキャスト TV を検索し、視聴者についてと、視聴者がソーシャルメディアでそのブランドにどのようにかかわっているかをより良く理解できるようにしています。GumGum はイメージ処理と広告配信オペレーションに AWS を利用しています。現在、AWS のインフラストラクチャを使って、世界中で 1 分あたり 1300 万件のリクエストを処理し、毎日 30 TB […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 1 月

新年の始まりにあたり、再び Tina Barr が優れた多くのスタートアップ企業をさらに紹介します。ぜひご覧ください。 -Ana 本年も引き続き、AWS を利用しているホットなスタートアップ企業を紹介していきます。本日は、3 つの新しいスタートアップ企業を紹介します。 ClassDojo – 教師、児童生徒、親をクラスへとつなぎます。 Nubank – 銀行取引の概念を変える金融サービスのスタートアップ企業。 Ravelin – 機械学習モデルの上に構築された不正検出会社。 昨年の主なスタートアップ企業の紹介をまだお読みになっていない場合は、「1 年を振り返る」をぜひご覧ください。 ClassDojo (サンフランシスコ) 2011 年に Liam Don 氏と Sam Chaudhary 氏によって開始された ClassDojo は、クラス向けの通信プラットフォームです。教師、親、児童生徒は 1 日を通じて、写真、ビデオ、メッセージングを通じた重要な時間を共有するための場所としてこれを使用できます。今日、多くのクラスが万人向けのモデルとして運営されている中、ClassDojo の創設者は教育システムを改善し、世界中の 7 億人の初等教育の対象児童に、最善のコンテンツやサービスを受けさせたいと考えました。Sam と Liam が、クラスにとって何が最も役立つかを教師に質問したところ、多くの教師は、思いやりや寛容さのあるコミュニティが必要と答えました。つまり、クラスにかかわっている全員につながることができるコミュニティです。ClassDojo では、教師は児童生徒やその親と協力して独自のクラス文化を創造することができます。ClassDojo は 5 年で米国およびその他 180 か国の幼稚園から中学校までの 90% に拡大し、そのコンテンツは 35 か国語以上に翻訳されました。最近、ハーバード大学およびスタンフォード大学と共同作成された「Empathy and Growth Mindset」のビデオシリーズにより、さらに多くのクラスに拡大しました。これらのビデオは、米国の 14 歳以下の子どもの 3 […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2016 年 11 月 –

AwareLabs、Doctor On Demand、Starling Bank、VigLink 今月も Tina が注目のスタートアップをご紹介します。 今月は、AWS による 4 つのホットスタートアップを取り上げます。 AwareLabs – 小規模ビジネス用の高度なウェブサイト構築サポート Doctor On Demand – 質の高い医療提供者への迅速かつ簡単で費用効率に優れたアクセスの提供 Starling Bank – 次世代のモバイルバンク VigLink – コンテンツ主導型取引の強化 まだお読みになっていない場合は、10 月のホットスタートアップもぜひご覧ください。 AwareLabs (フェニックス/シャーロット) AwareLabs は、3 人の小さいスタートアップ企業で、多数の統合アプリケーションを通して顧客を取り込もうとするビジネスオーナーの支援に重点を置いています。このスタートアップ企業の誕生は 2011 年 11 月です。ウェブサイト構築ガイドとしてスタートし、最初の数週間で数百の起業家を支援しました。早くから、創立者である Paul Kenjora は、既存のビジネスソリューションでは小規模ビジネスの売上が伸びていないことを認識していました。そして 2013 年、ビジネス中心のウェブサイトビルダーを作る仕事を引き受けました。Paul は AWS セミナーへの参加後、小規模なチームでも資金豊富なハイテク企業と同じように、大規模なインフラストラクチャを設計し、デプロイできることに気が付きました。以前であれば、そのようなスケールに対応できるのは、会社規模や投資額の大きい企業だけでした。AwareLabs の支援があれば、時間と予算が制約された小規模企業でも、自分たちが必要とする高度なウェブサイトを構築できます。AwareLabs チームは AWS を利用して、以前の同じ規模のチームには不可能だったことを実現しています。彼らは資金を調達し、顧客に支持されるソリューションをより短期間で提供してきました。AwareLabs では、クライアントのウェブサイトの運用から、セキュリティで保護された自分たちのコードリポジトリの管理にまで、Amazon EC2 を大いに活用しています。また、Amazon S3 によって、データストレージと信頼性に関する負担が大幅に軽減されました。AwareLabs 開発チームがインフラストラクチャの問題ではなくクライアント向け機能を重視してきた唯一最大の理由はこれでした。Amazon […]

Read More

AWS ホットスタートアップ - 2016 年 10 月 – Optimizely、Touch Surgery、WittyFeed

今月も新しいホットスタートアップをご紹介します (Tina Barr からの許可により転載)。 AWS を使用している今月のホットスタートアップをご覧ください。 Optimizely – 世界有名ブランドにウェブとモバイル A/B テストを提供 Touch Surgery – 外科学に携わるコミュニティにテクノロジーを構築 WittyFeed – バイラルコンテンツの作成 Optimizely (サンフランシスコ) Optimizely は有名ブランドにウェブサイトとモバイルの A/B テストやパーソナライズ化を提供、エクスペリエンスの最適化プラットフォームにおいて世界をリードする企業です。使いやすい製品と高速なデプロイを組み合わせたプラットフォームを提供することで、企業がテストを実施したりデータに基づいた判断を下せるようにしています。世界中にわたる何千人もの利用者が Optimizely を使用して、多種多様なチャネルの顧客に優れたエクスペリエンスを提供しています。これまでに Optimizely のユーザーが作成し提供したビジターエクスペリエンスの最適化数は 2750 億件にものぼります。 今日のデジタル世界において、企業は消費者のニーズに合わせるようにパーソナライズ化したエクスペリエンスを提供することが不可欠になっています。Optimizely は 個人化することはすでにオプションではありません。と述べています。同社のウェブをパーソナライズ化する製品は、ブラウザの動作や人口統計データ、文脈上のヒント、ファーストパーティやサードパーティのデータなどを利用することで、企業が顧客にリアルタイムで目的のコンテンツを提供できるようにしています。こうしたポイントは収益の上昇や顧客が戻ってくる理由に上手く作用しています。キャンペーンの結果を知るために分析チームやエンジニアチームに頼る必要はありません。Optimizely は各企業に合わせたテストや意思決定をサポートし業界をリードする統計エンジンを開発しています。Optimizely はさまざまなチャネルに及ぶテスト、対象、パーソナライズ化を可能にするデータインフラストラクチャの主要部分において AWS に大きく依存しています。同社は Amazon S3、Amazon EC2、Amazon EMR、Amazon RDS、Amazon Redshift、Amazon DynamoDB、Amazon ElastiCache などのサービスを使用して、迅速かつ確実にインフラストラクチャをスケールアウトしビジネスの成長をサポートしています。さらに、Optimizely は監査に Amazon Identity and Access Management (IAM) ロール、Amazon Virtual […]

Read More

各国のAWS ホットスタートアップ – 2016 年 8 月

2 回目のゲスト投稿で触れたように、Tina Barr 氏がさらに 4 つのホットスタートアップについてお話します。 今月は、AWS による 4 つのホットスタートアップを取り上げます。 Craftsvilla – 民芸品を購入できるプラットフォームを提供しています。 SendBird – 開発者が 1 対 1 メッセージングとグループチャットをすばやく構築できるようにしています。 Teletext.io – システムが不要なコンテンツ管理ソリューションです。 Wavefront – クラウドベースの分析プラットフォームです。 Craftsvilla Craftsvilla は、インドの工芸品、芸術、文化に対する純粋な愛と感謝のゆえに 2011 年に誕生しました。西インドのグジャラート地域を車で旅しているとき、Monica Gupta 氏と Manoj Gupta 氏は、地元の職人が作る美しい作品に魅了されました。しかし、それらの職人たちが生計を立てるのに苦労していることに 2 人共驚きの色を隠せませんでした。Monica 氏と Manoj 氏は、高い技術を持った職人たちが消費者と直接つながり、より広範なオーディエンスにリーチできるプラットフォームの作成に着手しました。本物の民芸品には、世界中で非常に大きな需要がありますが、消費者がふさわしい購入先を見つけられないことがよくあります。Craftsvilla は、この問題の解決を支援しています。 インドの文化はとても豊かで多様性に富んでいるため、だれも 1 つのプラットフォームに取り込もうとはしてきませんでした。Craftsvilla は、技術革新を利用して、衣料品、アクセサリー、ヘルス & ビューティー製品、食料品、室内装飾すべてを、簡単にアクセスできる 1 つのスペースにまとめています。たとえば、さまざまな衣類 (サルワールスーツ、サリー、レヘンガ、カジュアルウェア) を提供するだけでなく、それらの各カテゴリをさらにサブカテゴリに分けています。消費者は、ニーズに合ったものを見つけることができます。素材、スタイル、状況、さらには作品のタイプ (刺しゅう、ビーズ、クリスタル製品、手作りなど) によって製品をフィルタリングできます。新しい料理に挑戦したくなったときも、Craftsvilla がお手伝いします。マサラから伝統的なスイーツ、おいしい紅茶ブレンドまで、興味深い製品が何百も揃っています。インドのさまざまな地域ごとにフィルタリングして新しい食べ物を発見するオプションも用意されています。 […]

Read More