Amazon Web Services ブログ

Tag: General

AWS Well-Architected フレームワークホワイトペーパー 日本語版の更新

みなさん。こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株式会社 Well-Architected リードの高山です。 このたびクラウド設計・運用のベストプラクティス集である”AWS Well-Architected フレームワーク“に関して、最新の日本語版ホワイトペーパーを公開しましたのでお知らせします。このホワイトペーパーは、2018年6月に内容が更新された”AWS Well-Architected フレームワーク “ホワイトペーパー(英語版)を日本語に翻訳したものです。 ダウンロードはこちらから> AWS Well-Architected フレームワーク ホワイトペーパー(PDF) ■AWS Well-Architected フレームワークとは? AWS Well-Architected フレームワーク(以下W-A)は、AWSのソリューションアーキテクト(SA)が、AWSのサービス開始から10年以上に渡り、様々な業種業界、数多くのお客様のアーキテクチャ設計および検証をお手伝いしてきた経験から作成したクラウド活用のベストプラクティス集です。具体的には「運用の優秀性」「セキュリティ」「可用性」「パフォーマンス効率」「コスト最適化」の5つの観点について、クラウドをより活用するための設計原則と、お客様システムがベストプラクティスに沿っているかを確認するための質問と回答で構成されています。 ■AWS Well-Architected フレームワークの活用について W-Aは設計・構築・運用の各フェーズでご活用いただけます。また一度だけではなく定期的にW-Aレビューを実施することで、よりWell-Architected(優れた設計がされた)なシステムを保つことが出来ます。活用方法については後述のBlackBeltオンラインセミナー「クラウド設計・運用のベストプラクティス集 “AWS Well-Architected Framework”」も是非ご参照ください。 一番大事なこと なお、オンラインセミナーでも触れていますが、W-Aの活用時に一番大事なことは(必ずしも全てをベストプラクティスに合わせるのがゴールではなく)「ベストプラクティスを理解した上で、ビジネス的な判断を行う」ことです。同時に「ベストプラクティスに適合させないことによる、各種リスクや改善点を顕在化させて認識し、チーム内に共有する」というのも非常に大事なポイントです。 ■今回のホワイトペーパー更新のポイント 運用の優秀性 構成を変更して、全ての基礎となる「運用の優秀性」を1つめの柱としました。ここでは「ビジネスの成功」を最終的な目標として、どのように準備して、どのように運用して、どのように進化させるべきかについてをご説明しています。ベストプラクティスには「ビジネスの成功可否を数値で判断するための各種メトリクスをあらかじめ定める」のような、一見するとAWSの範疇に収まらないのでは?という内容の記載もありますが、これはAWSが長年に渡ってお客様のシステム設計・構築・運用のお手伝いをする中で、非常に重要だと考えているポイントです。このようなメトリクスが事前に設定されていないために、ご苦労されているお客様をお見かけして来ました。 W-Aのレビュープロセス また「W-Aのレビュープロセス」についても記載しています。一部抜粋しますと… アーキテクチャのレビューは、一貫性のある方法と「誰も責めない」アプローチで詳細に行う必要があります。レビューは短時間 (数日ではなく数時間) で行います。これは話し合いであり監査ではありません。アーキテクチャをレビューする目的は、対応が必要な深刻な問題や、改善できる部分を特定することです。レビュー結果は、お客様の改善のためのアクションとなります。 など目的とレビューの進め方についてご説明しています。是非ご一読ください。 最新サービスの反映 セキュリティ関連のマネージドサービスを始めとして、前回のホワイトペーパー公開後に追加された各AWSサービスの内容を追加しています。 ■AWS Well-Architected 個別相談会のご案内 お客様は、ベストプラクティスに沿っているかの質問と回答(ホワイトペーパーの付録部分が該当します)を用いて、ご自身のシステムをセルフレビューいただけます。もし改善方法でお悩みであったり、より効率的な解決方法を知りたい場合は、AWSのSAにご相談いただくことも出来ます。是非「AWS Well-Architected 個別技術相談会」にお申込みください。 ■関連資料 AWS Well-Architected フレームワーク ホワイトペーパー(PDF) […]

Read More

[AWS White Belt Online Seminar] クラウドジャーニー (AWSへの移行プロセスと移行ツール) 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 先日 (2018/4/17) 開催しました AWS White Belt Online Seminar「クラウドジャーニー (AWSへの移行プロセスと移行ツール)」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More

【開催報告】Amazon Chimeを使ったJAWS DAYS 2018 re:Capが開催されました

こんにちは。コミュニティプログラム担当の沼口です。JAWS-UG(Japan AWS User Group)は全国50以上の支部から成り立っており、それぞれの地域で独自に勉強会を企画、開催しています。各支部で勉強会が完結している場合が多いのですが、東京で開催されたJAWS DAYS 2018のre:Cap(参加できなかった人向けに、実際に参加した人がセッション内容を紹介する勉強会)などを地方単独でやるのは、登壇者への負担が大きいという課題がありました。 先日(2018/4/13)、石川県の金沢支部、静岡県の磐田支部、愛知県の名古屋支部の3つの勉強会会場をAWSが提供する統合コミュニケーションサービスの「Amazon Chime」を使い、それぞれの支部からJAWS DAYS 2018 re:Capの登壇者を募り、3元中継で合同勉強会を開催しました。各支部の勉強会会場からChimeを使って、プレゼンテーション画面の共有と音声と映像を配信することで、3名3地域の登壇者によるre:Capプレゼンテーションを実施し、JAWS DAYSで印象に残ったセッションの紹介、参加した感想などを参加メンバーと共有することができました。                     [金沢会場の登壇者によるプレゼンテーション]                   [各支部の模様はWebカメラを通してChimeで確認可能]                   [他支部のプレゼンテーションをプロジェクターで視聴]   Amazon Chimeを使った感想として、映像、音声ともにオンライン中継で使えるレベルである、という高評価をいただきました。一部、会場のスピーカーによっては聞きづらかったケースもありましたが、テレビ会議用のスピーカーフォンを準備したり、PCから会場に設置されている音響機器にケーブル接続したりすることで問題がない、というお墨付きをいただきました。一方、共有画面のウィンドウを間違えてしまった、プレゼンテーション中のポインターの利用方法など、今後ノウハウを蓄積・共有すべき点も明確になってきました。   各支部各地域の熱心なユーザーによる勉強会によって支えられているJAWS-UGですが、地方支部単独開催になるとコアリーダーの負担が大きくなりがちです。AWSは弊社社員による登壇参加などでの勉強会支援もしていますが、このようにAmazon Chimeなどを提供することで、コアリーダーの負担を減らしながら、勉強会を盛り上げていけるよう、さまざまな支援をJAWS-UGに対して提案・実施しています。 オフラインによる勉強会の良さを維持しながらも、オンラインサービスを効果的に使うことで、JAWS-UGの方々の負担を軽減しながらも、楽しく、ためになる勉強会になることを期待しています。来月の5月に開催予定のJAWS-UG勉強会Alexa.Westも同じくAmazon Chimeを使って大阪、神戸、京都、岡山、和歌山をつなげて、5元中継の合同勉強会になる予定です。 JAWS-UG勉強会情報はJAWS-UGのホームページに掲載されているスケジュールか、AWSのホームページの「イベント&オンラインセミナー」の「ユーザーグループ」のセクションで確認できます。ぜひチェックして興味のある勉強会に参加してはいかがでしょうか。   アマゾン ウェブ […]

Read More

LumberyardとAWSを使用して数分で(数日ではなく)大規模で再現度の高いの地形を生成

ゲームの開発者はハイエンドPCを利用したとしても、大規模な地形生成には1日以上かけて完成させています。しかし、LumberyardとAWSクラウドの統合により、わずか10分でこれ(およびその他の重い計算プロセスも含む)を実現できます。 GDCのクラスルームセッションでMark Biales がこれらを紹介しており、こちらで見ることができます(英語)。   (翻訳はSA 森が担当しました。原文はこちら)

Read More

[AWS White Belt Online Seminar] AWS のよくある都市伝説とその真実 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 先日 (2018/4/10) 開催致しました AWS White Belt Online Seminar「AWS のよくある都市伝説とその真実」の資料を公開いたしました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More

[AWS White Belt Online Seminar] AWS 利用開始時に最低限おさえておきたい 10 のこと 資料及び QA 公開

こんにちは、マーケティングの鬼形です。 先日 (2018/4/3) 開催致しました AWS White Belt Online Seminar「AWS 利用開始時に最低限おさえておきたい 10 のこと 資料及び QA 公開」の資料を公開いたしました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS IoTでのデバイス管理、運用について 資料及びQA公開

こんにちは、ソリューションアーキテクトの江原です。 先日(2018/3/27)開催致しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS IoTでのデバイス管理、運用について」の資料を公開いたしました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の回答と併せてご紹介致します。

Read More

Pgpool と Amazon ElastiCache を使って Amazon Redshift でクエリーキャッシュを実現する

Felipe Garcia と Hugo Rozestraten は  Amazon Web Services の  Solutions Architect です。 この記事では、実際のお客様の事例をもとに、Amazon Redshift の前段に pgpool と Amazon ElastiCache を使ってキャシングレイヤを構築する方法を紹介します(訳注:原文執筆時にはRedshiftにキャッシュ搭載されていなかったのですが、現在はRedshiftには結果キャッシュの機能が備わっているため、キャッシュするだけのためにこのようなソリューションを作成する必要はありません。しかしpgpoolはキャッシュ以外にも利用できる柔軟なソリューションであり、それを分かりやすく示している資料として価値があるため、翻訳記事を掲載しています) 近年、業務アプリケーションはほとんどの場合データベースの利用を想定して構築されます。SQLによるデータベースへのクエリは広く普及した技術ですが、エンドユーザとアプリケーション間の協調を意識しないアーキテクチャ設計が、まったく同一のクエリの複数回実行といった無駄な処理を時として発生させます。このような冗長な処理は計算資源の無駄遣いであり、こういった無駄を省くことができれば他の処理に計算資源を有効活用することができるようになります。 キャッシュとは コンピュータ用語としてのキャッシュは、将来発生し得るリクエストに迅速に回答するためにデータを事前に蓄積しておくハードウェアコンポーネントまたはソフトウェアコンポーネントを指します。また、必要なデータがキャッシュの中に見つかることをキャッシュヒットといい、必要なデータがキャッシュの中に存在しないことをキャッシュミスといいます。キャッシュの存在により、重い計算の再実行や遅いデータストアからの読み出しが発生しなくなり、高速に結果を得られるようになります。より多くの要求がキャッシュで処理できれば、システムはより高いパフォーマンスを発揮することができます。 お客様事例:臨床研究での遺伝子情報の検索 この事例では、6-10名程度からなる科学者のチームが200万からなる遺伝子のコードの中から特定の遺伝子変異を探し出します。特定の遺伝子変異に隣接する遺伝子も重要な遺伝子で、これらにより異常や病気などが特定できるようになります。 科学者たちは、1つのDNAサンプルをチームで同時に解析し、その後ミーティングを開き自分たちの発見について議論し、結論へと到達します。 この事例では、Node.js のウェブアプリケーションにロジックを実装し、Amazon Redshift にクエリを発行しています。Amazon Redshfit に直接接続したアプリケーションでは、クエリのレイテンシは約10秒でした。アーキテクチャを変更しpgpoolを使用するようにしたところキャッシュにヒットした際に1秒未満で同一のクエリの結果を得られるようになりました。(言い換えると、キャッシュヒット時に10倍高速に応答できるようになりました。) (訳注:現時点ではRedshiftに結果キャッシュの機能が存在するため、こういった仕組み無しでもキャッシュヒット時に高速な応答が実現されています) Pgpoolの紹介 Pgpool はデータベース・クライアントとデータベース・サーバの間で動作するソフトウェアです。リバースプロキシとして動作し、クライアントからの接続要求を受け、サーバへとそれをフォワードします。もともと PostgreSQL のために書かれており、キャッシング以外にも、コネクションプーリング、レプリケーション、ロードバランシング、コネクションキューイングといった機能を備えます。本稿では、キャッシング機能のみを検証しています。 Pgpool は、Amazon EC2 上でも、オンプレミス環境でも動作させることができます。たとえば、開発やテスト目的でEC2のシングル構成をとるこもできますし、本番環境のために Elastic Load Balancing 、Auto Scaling 構成のEC2複数台構成をとることもできます。 臨床研究の事例では、psql(コマンドライン)と Node.js アプリケーションから Amazon Redshift に対してクエリを発行していて、実際に期待通りに動作することが確認できています。ご自身の環境に適用する場合には、十分な検証を経た上での採用をおすすめいたします。   […]

Read More