Amazon Web Services ブログ

サーバーレス Chatbot コンテストに入賞した皆様、おめでとうございます!

私は 8 月に AWS サーバーレス Chatbot コンテストについて発表し、皆様に AWS Lambda および Amazon API Gateway を使用して Slack 用の Chatbot を構築していただきますようお願いしました。

先週、仲間の審査員である Tim Wagner (AWS Lambda のジェネラルマネージャー) および Cecilia Deng (Tim のチームのソフトウェア開発エンジニア) と一緒にビデオを見て、62 点の応募作品をすべて評価しました。私たちは応募作品の機能や多様性、そして作品の実行中の動作を示す魅力的なビデオの作成に対する応募者の努力に感心しました。長時間にわたって審査した結果、合計 9 点の入賞作品を選定しました。8 点は個人、チーム、小規模組織の作品で、1 点は大企業の作品です。難しい話は抜きにして、さっそく始めましょう。

個人、チーム、小規模組織
サーバーレス Slackbot ヒーロー賞の入賞作品は以下のとおりです。各入賞作品には、AWS re:Invent のチケット 1 枚、ホテルの宿泊割引、公表、サーバーレスコンピューティング基調講演中の宣伝、クールな賞品、および 100 USD の AWS クレジットが贈られます。これらの多くのボットのコードは、GitHub で確認することができます。入賞作品をアルファベット順に示します。

AWS Network Helper“このプロジェクトの目標は、サーバーレスアーキテクチャで実行する AWS ネットワークトラブルシューティングスクリプトを提供し、チャットボットとして Slack 経由で相互作用させることです。GitHub repo

B0pb0t – “食事の時間をすばらしいものに。” GitHub repo

Borges – “Borges は複数言語の Slack チーム用のリアルタイム翻訳ツールです。” GitHub repo

CLIve – “CLIve は AWS EC2 インスタンスの管理を非常に簡単にします。CLIve は自然言語を理解するため、新しい CLI を学習する必要はありません。”Litlbot – “Litlbot はクラスの受講者とリアルタイムのやり取りを可能にし、講義や学習をより濃密な体験にします。” GitHub repo

Marbot – “アマゾン ウェブ サービスから DevOps チームにアラートを転送します。”

Opsidian – “自然言語を使って Slack から AWS インフラストラクチャで共同作業を行います。”

ServiceBot – “人、機械、およびエンタープライズ間のコミュニケーションプラットフォームです。” GitHub repo

大企業
サーバーレス Slackbot 大企業賞の入賞作品は以下のとおりです。

Eva – “チームの仮想旅行アシスタントです。” GitHub repo

感謝と祝辞
時間を取ってコンテストに作品を応募していただき、皆様方に個人的に感謝いたします。

入賞した皆様おめでとうございます。AWS re:Invent でお目にかかりたいと思っています。

Jeff;

 

追伸 – このリストで独自の Chatbot のアイデアが浮かんだ場合は、サーバーレス Chatbot の構築ビデオをご覧いただき、サーバーレス Chatbot サンプルをご活用ください。