Amazon Web Services ブログ

新しい AWS トレーニングブートキャンプに参加して技術スキルを向上

同僚の Janna Pellegrino が次のゲスト投稿で新しい AWS トレーニングブートキャンプについて紹介しています、ぜひご覧ください。


Jeff


AWS トレーニングのポートフォリオの中から AWS のテクニカルブートキャンプでもっとも人気のある re:Invent、Summits などから 4 種類のコースをご用意しました。ご自分のスケジュールに適したコースをお選びください。

  • Taking AWS Operations to the Next Level では AWS CloudFormation、Chef、AWS SDK を活用してプロビジョニングの自動化や AWS インフラストラクチャリソースやアプリケーション設定についてご説明します。また、AWS Service Catalog の使用方法についても解説します。このコースはソリューションアーキテクトやシステム運用管理者 (SysOps アドミニストレーター) の方を対象にデザインされています。
  • Securing Next-Gen Applications at Cloud Scale では DevSecOps のアプローチを利用して、次世代のワークロードに対応できるクラウド規模の堅牢なセキュリティコントロールの設計と構成方法についてご説明します。AWS プラットフォームで高保証ワークロードを運用する場合の設計上の考慮事項も取り上げます。また、ガバナンス、構成管理、信頼性の高い決定の自動化、監査アーティファクトの生成、およびこれらのタスクをカスタムソフトウェアのワークロードでネイティブに統合する方法についてご説明するラボも実施します。このコースはセキュリティエンジニア、開発者、ソリューションアーキテクトおよびその他の技術的なセキュリティの実践者の方を対象にデザインされています。
  • Running Container-Enabled Microservices on AWS は Amazon ECS を使用してコンテナ対応アプリケーションを管理し拡張する方法についてご説明します。
    ラボでは Amazon ECS を使用して長期間実行するサービスの対応やコンテナイメージの作成とデプロイ、サービスのまとめかた、デマンドに応えられるスケールを備える方法を解説します。このコースは開発者、ソリューションアーキテクト、システム管理者の方を対象にデザインされています。
  • Building a Recommendation Engine on AWS では Amazon Elasticsearch Service、Amazon DynamoDB、DynamoDB Streams、Amazon API Gateway、AWS Lambda、Amazon S3 を使用して、リアルタイム分析や地理空間検索アプリケーションの構築方法をご説明します。Amazon Machine Learning を使って作成したモデルから生成される情報を表示する実際のロケーション認識ソーシャルアプリケーションについてもご説明します。さらに、このコースでは Lambda のデータ処理パターンや、Swagger、Grunt、AWS SDK などを使用した開発プロセスの自動化など、データを処理、分析するためのベストプラクティスについても取り上げます。このコースは開発者、ソリューションアーキテクト、データサイエンティストの方を対象にデザインされています。

Janna Pellegrino、AWS トレーニング & 認定