Amazon Web Services ブログ

Tag: General

AWSと.NET Core 2.0

昨日、.NET Core 2.0がリリースされ(訳注:このブログ記事の原文は2017/8/15に発行されています)、AWSでは .NET Coreプラットフォームに追加された新機能と完成度にとても興奮しています。今後数か月以内に、AWSサービスをアップデートして、.NET Core 2.0のファーストクラスのサポートを提供します。 2つの簡単な方法ですぐにAWS上で.NET Core 2.0を使い始めることができます。   AWS Elastic Beanstalkの利用 Elastic Beanstalkを使用すると、Webアプリケーションを簡単に展開できます。現在、.NET Frameworkおよび.NET Core 1.1がサポートされています。 Elastic Beanstalkプラットフォームは、すぐに.NET Core 2.0をサポートするように更新されるでしょう。 それまではデプロイメントパッケージをカスタマイズして、デプロイ中のインスタンスに.NET Core 2.0をインストールするようにBeanstalkに指示することができます。 ASP.NET CoreアプリケーションがBeanstalkにデプロイされると、AWS-windows-deployment-manifest.jsonというJSONマニフェストがツールキットによって作成され、Beanstalkにアプリケーションのデプロイ方法を指示します。 以前のブログ記事では、このマニフェストのカスタマイズ方法について説明しました。 この機能を使用して、デプロイ前にPowerShellスクリプトを実行して.NET Core 2.0をインストールすることができます。 最初のステップとして、ASP.NET Core 2.0プロジェクトにaws-windows-deployment-manifest.jsonというファイルを追加します。 aws-windows-deployment-manifest.jsonのプロパティウィンドウで、[Copy to Output Directory]フィールドを必ず[Copy Always]に設定してください。 このファイルは、通常、ツールキットによって生成されますが、ツールキットがファイルがすでに存在することが判明した場合は、代わりにデプロイメントウィザードで指定された設定で既存のファイルを変更します。   次に、下の内容をコピーしてaws-windows-deployment-manifest.jsonに貼り付けます。 これはASP.NET Coreアプリケーションをデプロイし、デプロイの前に./Scripts/installnetcore20.ps1 PowerShellスクリプトを実行することを示しています。   { “manifestVersion”: 1, “deployments”: { “aspNetCoreWeb”: [ { […]

Read More

AWS Summit ニューヨーク – 発表の概要

なんとも忙しい 1 週間でした。Tara、Randall、Ana と私は、AWS Summit ニューヨークでの発表に関するブログ投稿を休みなく作成していました。手始めにその概要をご紹介しておきます。 Amazon Macie – この新しいサービスは、コンテンツを大規模に検出、分類、セキュリティ保護するうえで役立ちます。Macie は Machine Learning と自然言語処理 (NLP) を使用してパターンを検索し、疑わしい動作について警告します。また、ガバナンス、コンプライアンス、および監査に役立ちます。Tara の投稿をお読みになれば、Macie の使用方法をおわかりいただけます。つまり、対象のバケットを選択し、分類設定をカスタマイズして、Macie Dashboard で結果を確認します。 AWS Glue – Randall の投稿 (豪華なアニメーション GIF 付き) では、この新しい ETL (抽出、変換、ロード) サービスについて紹介しています。Glue はサーバーレスでフルマネージド型です。投稿からおわかりのように、Glue はお客様のデータをクロールし、スキーマを推測して、Python で ETL スクリプトを生成します。お客様は、幅広い変換で場所から場所へデータを移動するジョブを定義し、それぞれをコードで表して人間が読み取れる形式で保存します。Glue は開発エンドポイントとノートブックを使用して、ビルドするスクリプトのテスト環境を提供します。また、Amazon Athena と Amazon Glue の統合や、Amazon EMR での Apache Spark および Hive についても発表しました。 AWS Migration Hub – この新しいサービスは、アプリケーションポートフォリオの […]

Read More

オートメーションを活用したCloudEndureによるAWSへの容易な移行

Carmen PuccioとMandus Mombergによる記事。 CarmenとMandusは、AWSパートナーソリューションアーキテクトで、移行に注力しています。 オンプレミス環境からクラウドへのソフトウェアやサービスの移行は、独自の考慮事項と要件を伴うことは明らかです。移行結果に自信を持たせるには、容易に拡張できる移行戦略が必要です。つまり、ワークフローの大部分を自動化する必要があります。なぜクラウド内の自動化が重要であるのかに関する文書が不足しているわけではありません。この記事では、AWSアドバンスト・テクノロジーパートナーであるCloudEndureを使用して自動化された移行を実行する方法を説明し、自動化されたテストを組み込むことに重点を置いて、アプリケーションが移行後に期待どおりに動作することを確信できます。 オンプレミスからAWSへのワークロードの移行には、慎重な計画と正確な実行が必要です。クラウドに移行するにはさまざまな戦略がありますが、移行を容易にするツールも数多くあります。すべての移行ツールは、ダウンタイムとアプリケーションワークロードの影響を最小限に抑え、AWSへの移行を容易にし、データ損失を最小限に抑える、という共通の目標を持っています。 ワークロードをクラウドにすばやく移動したい場合、通常リホスト方式(リフト&シフト)に従います。リホスト実行時の課題の1つは、移行されたアプリケーションが期待どおりに実行されていることを手動で確認するのにかかる時間です。適切な移行を検証するための自動化および迅速なテストパイプラインを組み込んだ移行は、成功する可能性が高いだけでなく、反復可能なプロセスを活用し、手動検証時間を短縮することで効率を向上させます。 ソリューションの概要 このブログ記事で説明するソリューションでは、CloudEndureとAWS Database Migration Service(AWS DMS)を使用し、ソースAmazon VPCから目的のAmazon VPCへ、オンプレミスからAWSへの、Go Gitサービス(Gogs)の移行について説明します。このデモのために2つの異なるVPCを使用していますが、このブログポストで使用しているツールの自動化と組合せによって、オンプレミスからAWSへの移行を容易に実現することができます。CentOS 7が稼働するモックソース環境の設定では、AWS CloudFormationとAnsibleの組合せを選択しましたので、あなたのテスト用AWS環境でご確認することができます。 CloudEndureはアプリケーションサーバの移行を担当し、AWS DMSはEC2インスタンス上で実行されているMySQLサーバからGogs DBを、完全に管理されたAmazon RDSデータベースに再構築する役目を負います。このデモンストレーションのためDMSを活用し、RDSへのデータベースのレプリケート方法を示しました。もう1つの選択肢として、データベース移行において、CloudEndureによるEC2へのリホストを行うことができます。 CloudEndureは起動時に、移行後のインスタンスでカスタム後処理スクリプトを呼び出す機能があります。この機能を使用すると、カスタム構成を実行し、自動化された承認テストを実行して、移行されたサーバでアプリケーションが正常に動作していることを確認できます。 移行の信頼性のため、AWS Lambda、AWS SNS、AWS SQS、CloudEndureの後処理機能を活用して、一連のテストを実行するための自動テストパイプラインを構築しています。すべてのテストが正常に完了すると、ソース環境から構築されたイメージを使用して高可用性Gogs環境をデプロイするAWS CloudFormationテンプレートが自動的に起動されます。 次の図は、この記事で取り上げる移行プロセスを示しています。 プロセスの仕組みは次のとおりです。 Ansibleは、AWS Application Discovery Service、CloudEndureエージェント、およびGogsソースサーバの再設定およびテストに使用されるスクリプトをインストールします。 AWS DMSは、GogsソースDBサーバを宛先RDSインスタンスに移行します。 CloudEndureエージェントが実行されると、ブロックレベルのコピーが開始され、GogsソースサーバとAWSの初期同期が実行されます。 CloudEndureが初期同期を完了すると、Continuous Data Protection(CDP)エンジンは新しいデータのリアルタイム同期を開始し、サーバはAWSでのテスト準備完了としてマークされます。 CloudEndure.pyスクリプトはconfig.ymlファイルのhosttomigrate変数に基づいて移行を開始します。 (この変数は、CloudEndureダッシュボードにインスタンス名として表示されます)。 CloudEndure.pyスクリプトはCloudEndure APIを呼び出し、ソースインスタンスの最新のスナップショットからテストインスタンスを開始します。 CloudEndureは、最新のスナップショットから宛先に新しいインスタンスを起動し、CloudEndure.shポストプロビジョニングスクリプトを実行します。このスクリプトは次の処理を行います。 DMSが複製しているRDSインスタンスを指すようにGogsを再構成し、Gogsサービスを再起動します。 Gogsサービスが稼動しているかどうかを確認します。稼働している場合、CloudEndure.shポストプロビジョニングスクリプトはCloudEndure_PostProcessing.pyスクリプトを呼び出します。このスクリプトはCloudEndure Pass / Fail SNSトピックに成功通知を送信します。メッセージの例は次のようになります。 “Message”: “{“instanceId”: ” i-0bb669daff4b1eea1″,”Pass”: […]

Read More

9 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

【注意】セミナーの実施日程について更新がありました.最新の実施日程は,こちらをご覧ください. こんにちは。プロフェッショナルサービスの宮本です。AWS Black Belt オンラインセミナー9月の配信についてご案内させて頂きます。ソリューションカットでは、AWSにおけるDDoS対策について、サービスカットでは、BlackBelt初開催となる、AppStream2.0や、多くの機能アップデートが行われたサービスを中心にお送りいたします。   9月の開催予定 サービスカット 9/6(水) 18:00-19:00 Amazon AppStream 2.0 9/13(水) 18:00-19:00 Amazon Aurora 9/19(火) 18:00-19:00 AWS DMS ※通常とは異なり、火曜日開催となりますのでご注意ください。 9/27(水) 18:00-19:00 Amazon CloudFront + AWS Lambda@Edge ソリューションカット 9/5(火) 12:00-13:00 AWSでのDDoS対策 お申し込みは、それぞれ上記のリンクより行って頂けます。キャンセルの際も連絡不要ですので是非お早めにご登録ください。スピーカー、スタッフ 一同みなさまのご参加をお待ちしております。

Read More

【確定版】8 月の AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内

こんにちは。ソリューションアーキテクトの志村です。AWS Black Belt オンラインセミナー8月の配信について,ご案内させて頂きます。今後の配信予定について一部変更があったため,改めて最新版の配信予定についてお知らせいたします.   8月の開催予定   サービスカット 8/2(水) 18:00-19:00 AWS X-ray 8/9(水) 18:00-19:00 Amazon DynamoDB 8/23(水) 18:00-19:00 AWS MobileHub ソリューションカット 8/22(火) 12:00-13:00 Deployment on AWS 8/29(火) 12:00-13:00 Amazon Redshift テーブル設計詳細ガイド お申し込みは、それぞれ上記のリンクより行って頂けます。キャンセルの際も連絡不要ですので是非お早めにご登録ください。スピーカー、スタッフ 一同みなさまのご参加をお待ちしております。

Read More

AWS Glue – 一般提供開始

本日、AWS Glue の一般提供開始がアナウンスされました。Glue はフルマネージドでサーバレス、そして、クラウド最適化された ETL(extract, transform, load) サービスです。Glue は他の ETL サービスやプラットフォームと、いくつかのとても重要な点で違いがあります。第1に、Glue はサーバレスです — リソースのプロビジョニングや管理を行う必要はありません。ジョブ、もしくは、クローリングを実行している間に Glue が使用したリソースに対する支払いのみで利用可能です(分単位課金) 。第2に、Glue のクローラです。 Glue のクローラは、複数のデータソース、データタイプ、そして、様々な種類のパーティションを跨いで、スキーマを自動的に検出・推測することができます。クローラは生成されるスキーマを編集・版管理・クエリ実行・分析で利用するため、一元的に Data Catalog に保存します。第3に、Glue はデータを元々のフォーマットから目的のフォーマットに変換する Python で記述された ETL スクリプトを自動的に生成することができます。最後に、Glue は開発者がお気に入りのツールセットを使用して ETL スクリプトを組み立てることができるように、開発者向けのエンドポイントを作成できるようになっています 。それでは詳細を具体的に見ていきましょう! 私は開発者向けエヴァンジェリストとしての仕事の中で、飛行機での移動に多くの時間を費やします。そこで、フライトデータで何かできたらかっこいいのではと考えました。ありがたいことに、アメリカ交通統計局(Bureau of Transportations Statistics: BTS) はこのサイトを利用し、全てのデータを誰にでも共有してくれます。私たちは簡単にデータをダウンロードし、Amazon Simple Storage Service (S3) に保存することができます。このデータが今回の基礎データとなります。 Crawlers まず、私たちは S3 にあるフライトデータに対して、クローラを生成する必要があります。Glue のコンソールでクローラを選択し、画面の指示に従って進めます。最初のデータソースとして s3://crawler-public-us-east-1/flight/2016/csv/を指定します(データは必要に応じて追加か可能です)。次に、”flights” データベースを作成し、各テーブルに同様の “flights” 接頭語を付けるようにします。 クローラはデータセットを調べ、様々なフォルダーからパーティション(この例の場合は、年月)やスキーマを検出し、テーブルを構成します。クローラに別のデータソースやジョブを追加することや、同じデータベースにデータを登録する別のクローラを作成することもできますが、ここでは自動生成されたスキーマを見ていきましょう。 スキーマ変更(型を BIGINT から INT […]

Read More

新機能 − Amazon Elastic Filesystem(EFS)で保管データの暗号化をサポート

我々は、1年と少し前にAmazon Elastic File Systemを本番ローンチしました。(詳細は Amazon Elastic File System – Production Ready in Three Regionsを確認ください)。そしてその年の後半には、Direct Connec経由でのオンプレミスアクセスを追加し、今年になって米国東部(オハイオ)、欧州(フランクフルト)、アジア・パシフィック(シドニー)リージョンでも利用可能となりました。 保管データの暗号化 本日、保管データの暗号化サポートを加えることにより、EFSがより利用しやすくなりました。ファイルシステムの作成時に、ファイルシステム上に保管するコンテンツを暗号化するための鍵を選択することが可能です。AWSが管理するビルトインの鍵、あるいは、AWS Key Management Service(KMS)を利用して自身で作成した鍵がご利用可能です。ファイルのメタデータ(ファイル名、ディレクトリ名、ディレクトリの内容)はAWSが管理する鍵で暗号化されます。どちらの暗号化の形式も、業界標準のAES−256アルゴリズムを利用して実装されています。 新しいファイルシステムを作成するときにすぐにセットアップ可能です。シンプルにビルトイン鍵(aws/elasticfilesystem)、あるいは自分の鍵を選択するだけです: EFSが残りをすべて行います! コンソールでファイルシステムを選択することで、望みどおり暗号化されているかどうかを確認できます: データをメタデータの暗号化には、FIPS 140-2の承認に適合した暗号化アルゴリズムが利用されます。暗号化は透過的に行われ、全体のパフォーマンスへの影響は最小限です。 AWS Identitiy and Access Management(IAM)を利用して、Customer Master Key(CMK)へのアクセスを制御することができます。CMKは、ファイルシステムへアクセスするために有効化されていなければいけません。鍵を無効化すると、新しいファイルシステムの作成に使用できなくなり、保護対象の既存のファイルシステムへのアクセスが(一定期間後)ブロックされます。詳細については、Managing Access to Encrypted File Systemsをご参照ください。 すぐにご利用可能 保管データの暗号化はEFSがサポートされている全てのリージョンでご利用可能です。追加料金は発生しません。 — Jeff; (翻訳はSA布目が担当しました。原文はこちら)

Read More

ASP.NET CoreとAWS CodeStarのDeep Dive

AWS CodeStar チームは最近、2つのASP.NET Coreプロジェクト テンプレートの追加を発表しました。ご存知かもしれませんが、AWS CodeStarは継続的インテグレーションと継続的デプロイメント(CI/CD)パイプラインを開発者に代わって作成し、それによって開発者は貴重な時間をインフラの構築の代わりにアプリケーションの構築に費やすことができます。新しいASP.NET Coreプロジェクトテンプレートを使用することで、.NET開発者は初日からAWSアプリケーションを構築し、展開することができます。Tara Walkerの優れたブログ記事では、AWS CodeStarでASP.NET Core アプリケーションを作成する方法について説明しています。このブログ記事では、AWS CodeStarのASP.NET Coreプロジェクトにテストを追加する方法を学ぶ中で、背後で何が起こっているのかを詳しく見ていきます。   Unit Test プロジェクトの追加 私たちの目標は、HelloControllerの機能を実行するシンプルなテストケースを追加することです。私はあなたが全く新しいASP.Net Core Web Service プロジェクトを持っていると仮定しています。もし、まだプロジェクトを持っていない場合は、Taraのブログ記事(上記)をたどってプロジェクトを作成することができます。ASP.NET Core Web Service テンプレートを選択していることを確認してください。ASP.NET Core for AWS CodeStarプロジェクトを作成後、Team Explorer でプロジェクト リポジトリをクローンし、AspNetCoreWebServiceソリューションをロードしたら、残りのブログ記事に沿って後を追えるようになります。Team Explorer でリポジトリをセットアップするためのガイドが必要な場合は、5月のSteve RobertのVisual StudioとCodeCommitのインテグレーションについての発表をご覧ください。 最初に、AspNetCoreWebServiceTestという名前の新しいxUnitプロジェクトをAspNetCoreWebServiceソリューションに追加します。私たちの新しいテストプロジェクトはHelloControllerクラスとJsonResultを参照するので、AspNetCoreWebServiceをプロジェクト参照として追加し、Microsoft.AspNetCore.MvcをNuGet参照として追加する必要があります。それらをテストプロジェクトに追加すると、AspNetCoreWebServiceTest.csprojに次の追加情報が表示されます。   <ItemGroup> <PackageReference Include=”Microsoft.AspNetCore.Mvc” Version=”1.1.3″ /> … </ItemGroup> … <ItemGroup> <ProjectReference Include=”..\AspNetCoreWebService\AspNetCoreWebService.csproj” /> </ItemGroup>   これにより、HelloControllerクラスを直接参照し、JsonResultを展開することができます。次のように簡単なテストケースを追加しましょう。 using […]

Read More

AWS re:Invent 2017 の準備

2017 年 11 月 27 日まであとわずか 110 日となった今、私と私の同僚は re:Invent 2017 の準備を懸命に行っています。まだブログ投稿の作成や新しい LEGO の作成は開始していませんが、非常に暫定的な発表リストを確認済みで、これからの非常に多忙な 1~2 か月に向けて既に準備中です。 これまでにないほど、より多くの会場、より大きな展示ホール、より多くのコンテンツ (1,000 以上のセッション)、ハッカソン、ブートキャンプ、ワークショップ、認定のチャンスが用意されています。Tatonka チャレンジや re:PLAY パーティーといった恒例の人気行事に加えて、ブルームボール (Amazon の長期にわたる伝統行事) やオールスターフィットネスアクティビティも追加されました。 毎年、長い間ご無沙汰している知り合いからチケットを求めるぎりぎりの手紙、電話、E メールをもらいますが、すべてお断りしなければなりません (「たしか 1 年生のときに一緒でしたね」というような連絡を待っていますが、どうなるかはおわかりですね)。毎年キャパシティーは増やしていますが、多くのお客様に対して売り切れになることが予想されるため、取り残されないよう、今すぐ予約することを今一度お勧めいたします。 ベガスでお会いしましょう。 — Jeff;

Read More

AWS Twitchチャンネルで GameDay エッセンシャルズ (番組)のご紹介

Unicorn.Rentals という LARM (Legendary Animal Rental Market – レジェンダリーアニマルレンタルマーケット) を専門にする企業で、あなたが新しい職に就いたと想像してみてください。もしチャンスがあれば、何を引き換えにしてもユニコーンと遊んでみたいと思わない子供はいるでしょうか?そして、我が子を喜ばせるなら何でもしてやりたいと思うのが親心というものでしょう。そして今が 2017 年であると想定し、Unicorn.Rentals が現在もアニマルレンタルマーケットの業界をリードする存在であるとします。 その時点で、あなたは全く別の次元に入り込む寸前にいます。宇宙や時間のない空間。そう、こんな感じに。 無限です。光と影、そして科学と迷信の中間にあるその場所は、1 人のクラウド知識から始まります。素晴らしい想像の世界にあなたを導き、そこには影と物質が待っているのです。これよりあなたは GameDay Essentials のゾーンに足を踏み入れることになります。 まぁ、別の次元とまではいかなくても、かなりすごい場所ではあります。多分、おそらく? その判断はあなたにお任せします。どちらにしても、今回 AWS Twitch チャンネルの「GameDay Essentials」をご紹介できることを大変嬉しく思います。GameDay Essentials は、先述した Unicorn.Rentals のような状況にある企業の「新入社員トレーニングプログラム」です。アマゾン ウェブ サービスを使用し、企業で上手く仕事をこなしていくために新入社員がクラウドコンピューティングに関する知識を高め、トレーニングする様子が分かります。 GameDay Essentials では、Unicorn.Rentals というスタートアップ企業の成長に加担すべく、実践的なコンピューティングを実際に行っていきます。初回エピソードの「Recon」は 7 月 25 日に公開され、CloudTrail と Cloudwatch でのロギングサービスに関する情報を提供したほか、設定へのアクセスや AWS アカウントにある既存のインベントリリソースを識別する方法について解説しました。「エピソード 1 – Recon (Episode 1–Recon)」はこちらからご覧いただけます。6 つのシリーズから構成されるシーズン 1 のその他のエピソードは毎週火曜日の午前 11:30 (太平洋標準時) に公開されます。次回 […]

Read More