Amazon Web Services ブログ

Tag: Whitepaper

Amazon WorkSpaces デプロイメント ベストプラクティス 日本語版のご案内

2013年の発表以来、クラウドから提供されるマネージド型サービスとしての仮想デスクトップであるAmazon WorkSpacesは個人や少人数での利用から大規模な組織まで、多くのお客様にいただいています。 直近では日本でも普及が進むリモートワーク(テレワーク)への対応として、場所を問わない柔軟な働き方を実現するサービスとしてのデスクトップ (DaaS) ソリューションとしてご利用いただく機会も増えてきました。 そんなAmazon WorkSpacesを企業や組織において展開いただく上でのベストプラクティスをまとめたホワイトペーパーの日本版を更新しましたのでご案内します。 このホワイトペーパー「Amazon WorkSpaces デプロイメント ベストプラクティス」は、デプロイメントに関する一連のプラクティス – ネットワーク、ディレクトリサービスとユーザー認証、セキュリティ・モニタリング、そしてログ記録という4つのカテゴリで紹介しています。 今回の改訂では、Amazon WorkSpaces クライアント(Version 3.x)ベースのご案内への変更、Linuxバンドルオプションを考慮した内容への見直しなど、直近のサービスアップデートについての反映を行いました。 ホワイトペーパーはこちらからご参照いただけます。また、AWSが公開しているAmazon WorkSpacesに関連するホワイトペーパーの一覧はこちらからご確認いただけます。 Amazon WorkSpacesにご関心をお持ちの方向けに、いつでもご視聴いただけるオンデマンドウェビナーの形でサービスの概要や構築をご検討いただく際のポイントもご紹介していますので、併せてお気軽にご視聴ください。 Amazon WorkSpacesはAWS マネジメントコンソールからすぐに利用を開始することができます。どこからでも場所を問わずに仮想デスクトップにアクセスすることが可能となるこのサービスが、場所にとらわれない働き方を実現する一助となれば幸いです。 Ryota Motojima 元嶋 亮太はアマゾン ウェブ サービス ジャパンのプロダクトマーケティングマネージャーです。好きなAWSサービスはAmazon WorkSpaces、好きな動物は猫で、3歳になる茶トラと暮らしています。

Read More

AWS セキュリティが IoT セキュリティのホワイトペーパー(日本語版)を公開しました

IoT デバイスや IoT デバイスが生成するデータセキュリティについて、理解を深めて適切に対処していただけるように、AWS による IoT ( モノのインターネット) のセキュリティ保護ホワイトペーパーを発行しました。このホワイトペーパーの対象読者は、サービス固有レベルの AWS の IoT セキュリティ機能に関心があるすべてのお客様、およびコンプライアンス、セキュリティ、公共政策の専門家です。 IoT テクノロジーはデバイスと人を様々な方法でつなぎ、業種を超えて使用されるようになりました。たとえば、IoT を使用すれば、ある都市の建物群のサーモスタットをリモート管理したり、何百基もの風力タービンを効率的に制御したり、自動運転の車をさらに安全に利用できるようになります。様々なタイプのデバイスで転送するすべてのデータに関して、一番の関心事はセキュリティです。 IoT テクノロジーの利用に伴う特有の課題については、世界中の政府が大きな関心を示しています。各国政府は IoT イノベーションの進展とデータセキュリティ保護全般の問題について、新しい規制要件の必要性と内容を検討しています。このホワイトペーパーでは、具体的な例を示して、米国国立標準技術研究所 (National Institute of Standards and Technology、NIST) および英国の行動指針 (Code of Practice) が公表した IoT の最近の進展について取り上げます。 Momena Cheema Momena は AWS のサービス機能とプライバシー機能の熱心なエバンジェリストです。モノのインターネット (IoT)、人工知能、機械学習など、グローバルな最新テクノロジーとトレンドの視点から、執筆、ワークショップ、講演、教育キャンペーンを展開しています。目標は、公共機関と民間企業の様々な業種のお客様に、クラウドが提供するセキュリティとプライバシーのメリットをご活用いただくことです。 (翻訳:ソリューションアーキテクト 飯田 起弘。原文は AWS Security releases IoT security whitepaper)

Read More