Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法 資料及び QA 公開

先日 (2020/09/29) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます)

Q. Amazon Aurora for MySQL のバージョン・アップグレード時にダウンタイム削減するためには DMS を使用する方法以外あるのでしょうか?
A. マイナーバージョンアップグレードの場合、RDS コンソールや API でのインプレースアップグレードが可能です。参考として、ベストエフォートに基づくものとなりますが、クライアント接続の切断を防ぐ ゼロダウンタイムパッチ という機能もございます。
5.6 互換から 5.7 互換へのアップグレードの場合には、インプレースアップグレードは提供しておりません。ダウンタイムを削減したい場合、MySQL 標準のレプリケーション機能と DMS が利用できます。特定のテーブルのみ移行したいといった特別な要件がない限りは、MySQL 標準のレプリケーション機能を利用することが一般的です。

Q. Aurora Serverless の初回接続時にどのくらいかかるのでしょうか?
A. 多くの場合で 5 秒 〜 10 秒以内です。しかし、この時間は保証されたものではないため、クライアント側でのリトライ処理や、適切なタイムアウトの設定は必要です。

Q. Amazon Aurora Serverless の場合、バージョン・アップグレードもマネージドサービスの範囲に含まれるのでしょうか?その場合、ダウンタイムはどの程度を想定すればよいでしょうか?
A. マイナーバージョンアップグレードについては、Aurora Serverless はスケーリング時と同様に、スケーリングポイントを探してメンテナンスを実行します。メンテナンスウィンドウは Aurora Serverless には適用されません。また、バージョンを固定することもできません。

Q. RDS Proxy は、Multi Master, Serverless でも利用できるものですか?
A. いずれも対応しておりません。そのほかの制限は、RDS Proxy の制約事項 に記載しております。

今後の AWS Webinar | イベントスケジュール

直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。

AWSome Day Online Conference

「AWSome Day Online」は、AWSの主要サービスや基礎知識を約 2.5 時間という短い時間で、ポイントを押さえて紹介いたします。技術的な面だけではなく、AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。

※この回ではAWSエキスパートによる技術的な内容についてチャット形式でのQ&Aを実施します。
※AWS サービスの導入に関するご相談も同時にチャット形式にて対応します。
※2020年は毎月第一水曜日に開催します。

日時:2020 年 11 月 4 日(水) 15:00 – 18:00 終了予定 | 詳細・お申込みについてはこちら≫

AWS Black Belt Online Seminar

11 月のアジェンダを公開しました。10 月のアジェンダも併せてご確認ください。またセミナー中は内容に関する疑問点を質問することができます。参加された方だけの特権ですので、ぜひこの機会にご視聴ください。

10 月分の詳細・お申込はこちら≫

  • 10/14(水)18:00-19:00 AWS App Mesh Deep Dive
  • 10/20(火)12:00-13:00 AWS CodeCommit & AWS CodeArtifact
  • 10/21(水)18:00-19:00 Amazon VPC
  • 10/27(火)12:00-13:00 AWS IoT Core
  • 10/28(水)18:00-19:00 Amazon CloudFront deep dive

11 月分の詳細・お申込はこちら≫

  • 11/11(水)18:00-19:00 AWS CodeStar & AWS CodePipeline
  • 11/17(火)12:00-13:00 Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む
  • 11/18(水)18:00-19:00 形で考えるサーバーレス設計 サーバーレスユースケースパターン解説
  • 11/25(水)18:00-19:00 AWS CodeBuild