Yuichiro Matsuyama 2

名前:松山 雄一郎 / Yuichiro Matsuyama
ポジション名:エンタープライズセールス
入社年月:2012 年 10 月


新卒で SIer としてに入社し、UNIX を中心としたインターネットインフラの構築や技術コンサルティング、ID 管理や認証といった少々ニッチな技術のプリセールスエンジニア職を合計 10 年ほど担当しました。
SIer 時代に仕事を進める中で、AWS との連携の話が増えてくるにつれて AWS に興味を持ち、よりお客様に近い距離で仕事をしたかったこともあり、AWS に営業職として転職しました。転職当初はテリトリー営業部門に所属し、多くのお客様を担当しましたが、その後エンタープライズ営業部門に異動し、現在は大手のお客様を担当しています。


主に大手の流通・サービス業のお客様を中心に、AWS のご提案やご利用の支援を行っています。日々の営業活動としては、1 人でお客様先に伺うこともあれば、商談規模によってはソリューションアーキテクトやプロフェッショナルサービス、事業開発部門、パートナー企業の皆さまとも連携をしてプロジェクトを進めています。
AWS では多くの部分でスピード感を求められますが、私自身が元は技術職だったこともあり、比較的多くの部分を自身で担当しています。仕事を進める上で特に意識していることは、CxOのように意思決定される方から実務を担当される現場のエンジニアの方まで、それぞれの方が必要とされる情報を適切にお伝えする事と、AWSはテクノロジーカンパニーですので、テクノロジーの話もお客様のスキルレベルに合わせて自分の言葉で説明する事を心がけています。

日々の営業活動以外には、エンタープライズの意思決定者向けコミュニティである E-JAWS の立ち上げをお客様と行ったりすることで、チームや自分が担当する以外のお客様へも貢献できるよう心がけています。

AWS に興味を持ち調べているうちに、自身がそれまで構築してきたシステムの幾つかは、AWS を使えば当時よりも圧倒的なスピード感でシステムが構築できたのではないかという衝撃を受け、AWS の価値をお客様にお伝えする仕事に就きたいと考えました。

営業の経験がないまま営業の世界に飛び込んで 4 年が経ちましたが、営業としての自身の立ち位置がつかめ、私がお客様へ提供できる幅も広がってきたので、営業という職種の面白さをまさに体験しています。その為、エンタープライズのより多くのお客様へこれまでの経験をお伝えし、お客様のクラウドジャーニーをお手伝いすると共に、社内にもその経験を伝えていきたいと思っています。


アマゾン ウェブ サービス(AWS)概要

Amazon の最新の採用情報を Facebook ページでも随時掲載中。詳しくはこちら »