継続的レプリケーション

CloudEndure Disaster Recovery は、ソースマシンからステージング領域への、ブロックレベルでの継続的な非同期レプリケーションを実現します。これにより、災害が発生した場合でも、最新のアプリケーションを AWS でスピンアップする準備が常時整っているため、目標復旧時点 (RPO) 1 秒未満を達成できます。 

低コストのステージング領域

データは、ターゲットの AWS リージョンにあるライトウェイトステージング領域内で、継続的に同期した状態が保たれます。ステージング領域には、CloudEndure Disaster Recovery によって自動的にプロビジョニングと管理が行われる、低コストのリソースが含まれています。重複したリソースの必要がなくなるため、災害対策の総所有コスト (TCO) を大幅に削減できます。

自動化されたマシンの変換とオーケストレーション

災害や訓練の際は、高度に自動化されたマシン変換プロセスとスケーラブルなオーケストレーションエンジンが CloudEndure Disaster Recovery によってトリガーされ、何千ものマシンがターゲットの AWS リージョンに並列的にすばやくスピンアップされます。こうして、数分の目標復旧時間 (RTO) が実現されます。アプリケーションレベルのソリューションとは異なり、CloudEndure Disaster Recovery では、OS、システム状態の設定、システムディスク、データベース、アプリケーション、ファイルなど、マシン全体がレプリケートされます。そのため、フェイルオーバーや訓練の間にマシンを起動した場合でも、ソースインフラストラクチャでの実行時と同じようにマシンを実行できます。インストールを最初からやり直す必要はなく、OS、システム状態の設定、ソフトウェアのコピーを維持しておく必要もありません。

ポイントインタイムリカバリ

きめ細かなポイントインタイムリカバリによって、意図しないシステム変更、ランサムウェア、他の悪意ある攻撃の結果破損してしまったアプリケーションと IT 環境を復旧することができます。そのような事態が発生した場合、アプリケーションを最新の状態で起動するのではなく、過去の安定した状態の時点から起動することができます。リカバリの間に、最新の状態から起動するか、ポイントインタイムのリストにある過去の状態から起動するかを選択できます。

簡単で無停止の訓練実施

CloudEndure Disaster Recovery を使用すれば、災害対策訓練をソース環境の中断やデータ損失のリスクなしで実施できます。訓練の間、ターゲットとなる AWS リージョンに、ネットワークの競合やパフォーマンスへの影響を避けるため完全に隔離された状態で、CloudEndure Disaster Recovery によってマシンがスピンアップされます。AWS を使用しているため、災害対策訓練中に必要なリソースのプロビジョニングや料金の前払いを行う必要はありません。また、CloudEndure Disaster Recovery のオートメーションによって、訓練実施に伴う手動作業を最低限に減らすことができます。

広範なアプリケーションとインフラストラクチャをサポート

CloudEndure Disaster Recovery ではブロックレベルでデータがレプリケートされるため、そのデータをサポート対象バージョンの Windows と Linux OS で動作するすべてのアプリケーションとデータベースに使用できます。これには、Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019 バージョン、および CentOS、RHEL、OEL、SUSE、Ubuntu、Debian といった Linux ディストリビューションが含まれます。CloudEndure Disaster Recovery では、SAP などのエンタープライズアプリケーションや、Oracle、SQL Server などのデータベースもサポートしています。CloudEndure Disaster Recovery でサポートされているアプリケーション、ハードウェア構成、オペレーティングシステム、ソースインフラストラクチャの一部を、以下のリストに掲載します。

アプリケーション*  ハードウェア構成*  オペレーティングシステム* ソースインフラストラクチャ*
Apache Linux LVM Amazon Linux AWS 
Apache Cassandra ローカルディスク CentOS Azure
Apache HBase Oracle ASM Debian CloudStack
CouchDB RAID アレイ Kali Google Cloud Platform (GCP)
Microsoft Active Directory SAN ベースのディスク Oracle Linux IBM Cloud
Microsoft Dynamics CRM ストライプ化されたディスク RedHat Linux KVM
Microsoft Exchange   SUSE Microsoft Hyper-V
Microsoft IIS   Ubuntu OpenStack
Microsoft SharePoint   Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019 Oracle Cloud
Microsoft SQL Server   Windows XP、Vista、7、8、8.1、10 物理サーバー
MongoDB     VMware
MySQL     Xen
NGINX      
Oracle Database      
Oracle ERP      
Oracle Peoplesoft      
Pivotal CRM      
PostgreSQL      
Redis      
SAP CRM      
SAP ERP      
SAP S/4 HANA      

*このリストに掲載されているのは一部のみです。ご使用のアプリケーション、ハードウェア構成、OS、インフラストラクチャが表にない場合はお問い合わせください。 

Standard Product Icons (Features) Squid Ink
料金の詳細を確認する

料金ページを見る

詳細はこちら 
Sign up for a free account
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Standard Product Icons (Start Building) Squid Ink
今すぐ使用を開始する

CloudEndure Disaster Recovery を今すぐお試しください。

申し込む