AWS クラウドストレージ

AWS ストレージの使用を開始する

クラウドストレージはクラウドコンピューティングに不可欠のコンポーネントで、アプリケーションが使用する情報を保持します。ビッグデータ分析、データウェアハウス、モノのインターネット、データベース、バックアップとアーカイブのすべてのアプリケーションが、何らかの形態のデータストレージアーキテクチャに依存します。クラウドストレージは、通常、従来のオンプレミスストレージシステムよりも信頼性、拡張性、安全性に優れています。

AWS は、アプリケーションとアーカイブコンプライアンス要件の両方のすべてに対応できる、さまざまなクラウドストレージサービスを提供しています。オブジェクト、ファイル、ブロックのいずれかのストレージサービスとクラウドデータ移行オプションを選択して、クラウド IT 環境の基盤設計を始めましょう。

IDC_Corporate_Logo
AWS ストレージポートフォリオの概要

詳細について、AWS のストレージポートフォリオの評価と
AWS クラウドストレージの総所有コスト分析を含む IDC ホワイトペーパーをご覧ください。


要件:
お勧めする選択肢:
関係するデータベース、NoSQL データベース、Amazon EC2、データウェアハウス、エンタープライズアプリケーション、ビッグデータ処理、バックアップ、復旧のための永続的なローカルストレージ Amazon Elastic Block Storage
(Amazon EBS)
コンテンツの提供、エンタープライズアプリケーション、メディア処理ワークフロー、ビッグデータストレージ、バックアップ、復旧のため、複数の EC2 インスタンスでデータを使用できるようにする、ファイルシステムインターフェイスやファイルシステムアクセスセマンティクス
Amazon Elastic File System
(Amazon EFS)
ユーザー生成コンテンツ、アクティブなアーカイブ、サーバーレスコンピューティング、ビッグデータストレージ、バックアップ、復旧のため、あらゆるインターネットロケーションからデータにアクセスできるようにする、スケーラブルで耐久性の高いプラットフォーム Amazon Simple Storage Service
(Amazon S3)
アーカイブと規制コンプライアンス向けのテープを置き換えることができる、非常にリーズナブルな長期ストレージ
Amazon Glacier
バースト、階層化、移行のため、オンプレミス環境に Amazon クラウドストレージを追加したハイブリッドストレージクラウド AWS Storage Gateway
あらゆる種類やサイズのデータを AWS クラウドに移動する、または AWS クラウドから移動させる過程をより簡単で高速にするサービスのポートフォリオです。
クラウドデータ移行サービス

Amazon Elastic Block Storage (Amazon EBS) では、Amazon EC2 向けに高い可用性と整合性を持つ低レイテンシーのブロックストレージを提供します。ストレージ容量、性能、コストをアプリケーションに合わせて適切に調整するのに役立ちます。

EBS は、単一の EC2 インスタンスからアクセスする永続的ストレージが必要なワークロード向けに設計されています。一般的なユースケースとして、リレーショナルデータベースと NoSQL データベース (Microsoft SQL Server と MySQL、Cassandra と MongoDB など)、ビッグデータ分析エンジン (Hadoop/HDFS エコシステムや Amazon EMR など)、ストリーミングアプリケーションやログ処理アプリケーション (Kafka や Splunk など)、データウェアハウスアプリケーション (Vertica や Teradata など) があります。

詳細については、Amazon EBS のページを参照してください。


Amazon Elastic File System (Amazon EFS) は、AWS クラウドで Amazon EC2 インスタンスと共に使用するための、シンプルでスケーラブルなファイルストレージシステムです。

Amazon EC2 インスタンスに、標準的なファイルシステムアクセスのセマンティクスとファイルシステムインターフェイスを実現します。EFS では、キャパシティーの拡張や縮小を自動で行うことができ、低レイテンシーを維持しつつ、高いスループットを実現します。EFS は高い可用性と耐久性を実現するよう設計されているため、ビッグデータと分析、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理、ウェブ配信、コンテナストレージ、ホームディレクトリなど、幅広いワークロードやアプリケーションに最適なパフォーマンスを実現できます。

詳細については、Amazon EFS のページを参照してください。


Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、インターネット経由でどのようなデータについても保存やアクセスを実行できるように設計されたオブジェクトストレージです。

安全で、99.999999999% の耐久性があり、数十兆を超えるオブジェクトを保存できるまでスケールできます。S3 は、バックアップと復旧、階層化されたアーカイブ、ユーザー主導コンテンツ (写真、動画、音楽、ファイルなど)、ビッグデータ分析やデータウェアハウスプラットフォームのためのデータレイク、またはサーバーレスコンピューティング設計の基盤として使用されます。

詳細については、Amazon S3 のページを参照してください。


Amazon Glacier は、あらゆる種類のデータの長期バックアップとアーカイブ向けにきわめて低コストで高い耐久性を備えたオブジェクトストレージサービスです。

Glacier は、アクセス頻度の少ないデータ用に低コストのストレージを必要としているお客様向けのソリューションです。メディアやエンターテイメントのアプリケーションで使用されているテープの代替ソリューションになり、ヘルスケア、ライフサイエンス、金融の各サービスなど規制が厳しい企業でのコンプライアンスにも役立ちます。

詳細については、Amazon Glacier のページを参照してください。


AWS Storage Gateway は、お客様のオンプレミス環境を Amazon クラウドストレージにシームレスにリンクするソフトウェアアプライアンスです。

ローカルストレージから AWS クラウドストレージへの高度に最適化された接続を利用できるため、移行、バースト、ストレージ階層化のユースケースに役立ちます。 既存のプロセスを中断させることなくテープオートメーションを置き換えます。オンデマンドのストレージ容量でオンプレミスのワークロードを補完するか、クラウド層で既存のオンプレミスストレージへの投資を追加できます。

詳細については、AWS Storage Gateway のページを参照してください。


Amazon には、AWS クラウドとの間でデータを移行するためのデータ転送サービスのポートフォリオが用意されています。

これらのサービスは、数ペタバイト規模のアーカイブのすばやく安全な移動、既存のインフラストラクチャを使用したネットワーク転送の高速化、複数のソースからの連続的なストリーミングデータの取得といったケースで役立ちます。 

詳細については、クラウドデータ移行製品ページを参照してください。

AWS Marketplace の出品者は、お客様のオンプレミス環境にある既存のストレージ製品と同等または同一の、あるいはそのストレージ製品と統合できる、業界のトップ製品を多数提供しています。これらの製品は、既存の AWS のサービスを補完することで、クラウド環境とオンプレミス環境の両方で包括的なストレージアーキテクチャとよりシームレスな体験のデプロイを可能にしています。

AWSMPStorage_02C

プライマリストレージ

詳細 >>

AWSMPStorage_03B

バックアップと復旧

詳細 >>

AWSMPStorage_01B

ファイル転送とデータレプリケーション

詳細はこちら>>


AWS ストレージコンピテンシーパートナーは、Amazon EBS や Amazon S3 などの AWS ソリューションを利用して、クラウド内のプライマリワークロードを実行したり、ハイブリッドアーキテクチャを作成するオンプレミスソリューションを拡張したりする、安全で効率的なソリューションを提供します。

EidosMedia や HUSCO のような組織で効率的かつ費用対効果の高いプライマリストレージソリューションを実装する際に、AWS と APN パートナーがどのように役立ったかを紹介します。

主な APN パートナーを見る »

Primary Storage Icon-01