AWS Storage Gateway は、オンプレミスのソフトウェアアプライアンスをクラウドベースのストレージと接続し、組織のオンプレミスの IT 環境と AWS のストレージインフラストラクチャ間でシームレスでセキュアな統合を提供するサービスです。このサービスを利用すると、スケーラブルでコスト効率の高いストレージとして AWS クラウドに安全にデータを保管できます。AWS Storage Gateway では、お客様の既存のアプリケーションで動作する業界標準のストレージプロトコルがサポートされています。頻繁にアクセスするデータをオンプレミスで維持することにより低レイテンシーのパフォーマンスを提供し、すべてのデータを暗号化して Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) または Amazon Glacier に安全に保管します。

 

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムといった、AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

AWS Storage Gateway は現在 AWS 無料利用枠でご利用できないことにご注意ください。

storagegateway
AWS Storage Gateway のご紹介(日本語字幕)
BAC302 thumbnail
AWS を使用してオンプレミスのデータに低コストで安全なバックアップ環境を作成する

AWS Storage Gateway は次の 3 つの設定をサポートします。

ゲートウェイキャッシュ型ボリューム: プライマリデータを Amazon S3 に保存し、頻繁にアクセスするデータをローカルに保持します。ゲートウェイキャッシュ型ボリュームを使用すると、プライマリストレージのコストを大幅に削減でき、ストレージをオンプレミスでスケールする必要性が最小限に抑えられ、頻繁にアクセスするデータへの低レイテンシーのアクセスを維持できます。

ゲートウェイ保管型ボリューム: データセット全体への低レイテンシーアクセスが必要な場合は、プライマリデータをローカルに保存し、そのデータのポイントインタイムスナップショットを非同期に Amazon S3 にバックアップするようにオンプレミスデータゲートウェイを設定できます。ゲートウェイ保管型ボリュームにより、災害対策のための代わりの容量が必要な場合などに、ローカルまたは Amazon EC2 から復元できる、耐久性が高く低コストのオフサイトバックアップを実現します。

ゲートウェイ仮想テープライブラリ (VTL): ゲートウェイ VTL を使用すると、仮想テープの無制限のコレクションを作成できます。各仮想テープは、Amazon S3 によってバックアップされた仮想テープライブラリまたは Amazon Glacier によってバックアップされた仮想テープシェルフ (VTS) に格納できます。仮想テープライブラリは、バックアップアプリケーションに仮想テープへのオンラインアクセスを提供する業界標準の iSCSI インターフェイスを公開します。仮想テープに含まれるデータへの即時アクセスまたは頻繁なアクセスが必要なくなったら、バックアップアプリケーションを使用してデータを仮想テープライブラリから仮想テープシェルフに移動することにより、ストレージコストをさらに下げることができます。

AWS Storage Gateway は、SSL でデータを安全に AWS に転送および Amazon S3 に安全に保存し、Amazon Glacier では最強のブロック暗号の一つである、256 ビットの高度暗号化規格(AES-256)を使用して暗号化します。多要素スキームによりそれぞれのデータのブロックは一意のキーで暗号化され、このキー自体が定期的に更新されるマスターキーによって暗号化されます。

AWS Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションデータを Amazon S3Amazon Glacier にアップロードすることで永続的に保存します。Amazon S3 および Amazon Glacier は、複数の施設および各施設内の複数のデバイスに、データを冗長的に保管します。また、Amazon S3 および Amazon Glacier は、体系的なデータ完全性チェックを定期的に実行し、自己修復を自動的に行うように作られています。

お客様のオンプレミスアプリケーションを再設計する必要はありません。ゲートウェイキャッシュ型ボリュームおよびゲートウェイ保管型ボリュームは、スタンダード iSCSI ブロックディスクデバイスインターフェイスを公開し、ゲートウェイ VTL はスタンダード iSCSI 仮想テープライブラリインターフェイスを備えています。

オンプレミスアプリケーションのデータを Amazon S3 または Amazon Glacier に簡単に保管できるので、AWS Storage Gateway は、プライマリーおよびバックアップのアーカイブストレージ環境の維持に関連するコスト、メンテナンス、およびスケーリングの課題を軽減します。使用料は、長期間契約が必要ない従量課金制です。

ゲートウェイ保管型ボリュームおよびゲートウェイキャッシュ型ボリュームは、Amazon S3、Amazon EBS、および Amazon EC2 をシームレスに統合するように設計されています。これにより、オンプレミスのアプリケーションデータのポイントインタイムスナップショットを Amazon EBS スナップショット として Amazon S3 に保存し、オンプレミスまたは Amazon EC2 での復旧に備えることができます。この連動により、災害復旧 (DR) 時やオンデマンド処理能力が必要な時に、オンプレミスのアプリケーションから Amazon EC2 で実行されるアプリケーションへデータを簡単にミラーリングできます。

ゲートウェイ VTL は Amazon Glacier と統合して、アーカイブおよび長期バックアップデータのコスト効率がよくて堅牢な保存を可能にします。

3 つのゲートウェイ構成の全てを、メトリックス、モニタリング、アラームを提供するために Amazon CloudWatch に統合し、AWS CloudTrail は API の呼び出し履歴を利用して、コンプライアンスの監査、タグの実装により、AWS リソースの コスト配分もしくはリソースのグループ化によって管理の簡素化を可能にしました。

AWS Storage Gateway は、インターネット帯域幅を効率的に利用し、オンプレミスのアプリケーションデータを AWS にアップロードする際のスピードを上げます。AWS Storage Gateway は、インターネットで送信されるデータ量を最小に抑えるために、変更されたデータのみを圧縮およびアップロードします。AWS Direct Connect を使用して、オンプレミスのゲートウェイと AWS 間に専用ネットワーク接続を確立することで、スループットをさらに高め、ネットワークコストを削減することが可能です。

AWS Storage Gateway では、既存のオンプレミスからクラウドへのバックアップアプリケーションを使用して、Amazon S3 のスケーラブルで信頼性の高い、安全で経済的なストレージサービスにプライマリバックアップを保存できます。ゲートウェイキャッシュ型ボリュームを作成し、オンプレミスバックアップアプリケーションサーバーに iSCSI デバイスとしてマウントできます。全データは、SSL で AWS に安全に転送され、AES 256 ビット暗号化を使用して Amazon S3 に暗号化されて保存されます。ゲートウェイキャッシュ型ボリュームは、コストの高いストレージハードウェアをオンプレミスで維持およびスケールする従来の選択に代わる魅力的な手段となります。

プライマリデータまたはバックアップをオンプレミスで維持するシナリオでは、ゲートウェイ保管型ボリュームを使用してこのデータをローカルに維持し、このデータをオフサイトで Amazon S3 にバックアップできます。ゲートウェイ保管型ボリュームは、オフサイトでバックアップ用にテープストレージを管理する場合の長い復元時間と操作の負荷に代わる魅力的な手段となります。

詳細

AWS Storage Gateway は EC2 と組み合わせ、製品環境全体をミラーリングすることで災害復旧(DR)に使えます。停電、火災、洪水などの災害が起きても業務が継続できるような対策を立てるのは、ときに難しいものです。冗長化インフラストラクチャへの投資が必要ですし、複数のデータセンターに人員を配置し、高価なストレージレプリケーションソリューションを手配しなければなりません。AWS Storage Gateway と Amazon EC2 の組み合わせは、手軽に使えるクラウドホスト型 DR ソリューションとなります。Amazon EC2 を使用して、DR アプリケーションサーバーの仮想マシンイメージを設定すれば、必要に応じてこれらのサーバーの料金を支払うだけですみます。万一オンプレミスの機材が動かせなくなっても、Amazon EC2 コンピュートインスタンスを起動してオンプレミスのデータの複製にアタッチするだけです。AWS Storage Gateway は、データを Amazon S3 に格納するゲートウェイキャッシュ型ボリュームの作成を可能にすることで、DR に備えたデータレプリケーションのさまざまな課題を解決します。AWS Storage Gateway を使ってデータを保存すれば、災害でオンプレミスのアプリケーションやストレージが失われた場合の DR 対策になります。

詳細

部署でのファイル共有とホームディレクトリのためにオンプレミスのストレージを管理するには通常、高い資本とメンテナンスコストがかかり、ハードウェアの不十分な活用、ユーザークォータの制限などが生じます。AWS Storage Gateway は、Amazon S3 に企業のファイル共有をシームレスに保管し、頻繁にアクセスするファイルのコピーをオンプレミスで保持することにより、こうしたオンプレミスでの拡張とメンテナンスの問題に対処します。この結果、オンプレミスのファイルストレージインフラストラクチャを拡張する必要性を最小限に抑えつつ、頻繁にアクセスするデータには低レイテンシーでアクセス可能になります。AWS Storage Gateway を使用することで、最大 32 TB までのゲートウェイキャッシュ型ストレージを作成し、オンプレミスのファイルサーバーから iSCSI デバイスとしてマウントすることが可能です。次に、これらのボリュームを、Common Internet File System(CIFS)共有または Network File System(NFS)マウントポイントとしてクライアントマシンに公開できます。AWS Storage Gateway はこれらの共有またはマウントポイントに書き込まれたファイルを高耐久性で保管するのと同時に、オンプレミスのストレージハードウェア上で最近書き込みまたは読み出しされたファイルのキャッシュをローカルで維持し、低レイテンシーアクセスを可能にします。お客様は使用したものに対してのみ支払えばよいので、オンデマンドでストレージを拡張し、十分に活用されていないハードウェアのコストを回避することが可能になります。

詳細

Amazon EC2 のオンデマンド演算能力を、ピーク時の処理能力の追加、新規プロジェクト、または日常的なワークロードの実行コスト節約のためにご利用になる場合、AWS Storage Gateway を使うとボリュームのデータを Amazon EC2 インスタンスにミラーリングすることができます。AWS のオンデマンド演算能力を利用するために、開発用やユーザー受け入れテスト(UAT)用の環境を Amazon EC2 で運用している場合は、AWS Storage Gateway を使用すると、これらの環境から、オンプレミスの本稼働用システムにある最新のデータに継続的にアクセスできるようになります。

詳細

ゲートウェイ VTL を使用すると、既存のバックアップアプリケーションおよびテープベースのプロセスを変更することなく、長期間の保持が必要で頻繁にアクセスしないデータを格納できます。磁気テープベースのストレージは、大規模運用の時にコスト効果を発揮しますが、大量のリソースが必要になることがあります。テープライブラリの維持が必要であり、このライブラリは、場合によっては地理的に離れた複数の拠点に配置されます。専任の担当者が必要であり、データセンターの貴重なスペースも占有されてしまいます。加えて、テープそのものの保存と管理にも十分な注意が必要です。例えば、古くなったテープを新しいテープにコピーする作業を定期的に行います。これは、テープの技術スタンダードが発展するなかで、データが引き続き読み取り可能であることを保証するためです。

テープはコストポテンシャルが低く、正確な容量計画も必要です。このプロセスは予期せぬストレージ増大が起きるとエラーが発生しがちで、またそのようなエラーが起きることは珍しくありません。プロビジョニングする容量が大きすぎると、利用率の低さとコスト上昇の原因となり、逆に小さすぎると、高額なハードウェアアップグレードが予定よりも早く必要になる可能性があります。容量計画が正確であっても、定期的なハードウェアアップグレードは依然として必要です。古いテープライブラリは効率が低く、運用コストが増大するためです。テープベースのソリューションを使用して価値のあるデータをアーカイブするには、堅牢性を保証するために、コストのかかるマルチサイトの冗長なデータセンターやオフサイト保管庫も必要です。このアプローチには、データ損失のリスクが高い手作業でのテープメディアの処理も必要です。

ゲートウェイ VTL を使用して、アーカイブおよび長期バックアップデータを仮想テープの無制限のコレクションに格納することにより、オンプレミスの物理的テープインフラストラクチャを所有して運用することに伴う課題を取り除くことができます。仮想テープは、Amazon S3 によってバックアップされた仮想テープライブラリまたは Amazon Glacier によってバックアップされた仮想テープシェルフに格納できます。仮想テープライブラリは、バックアップアプリケーションに仮想テープへのオンラインアクセスを提供します。仮想テープに含まれるデータへの即時アクセスまたは頻繁なアクセスが必要なくなったら、バックアップアプリケーションを使用してデータを仮想テープライブラリから仮想テープシェルフに移動することにより、ストレージコストをさらに下げることができます。

ゲートウェイ VTL を使用すると、費用のかかる先行資本投資と高価な複数年サポート契約は不要になります。ゲートウェイ VTL なら、お支払いは使用する容量に対してのみです。ゲートウェイ VTL ソリューションを使用すると、オフサイト施設へのストレージメディアの輸送やテープメディアの手作業での取り扱いについて心配する必要もありません。ゲートウェイ VTL ソリューションは、コストを削減し、データ管理プロセスを簡素化する一方で、アーカイブおよび長期バックアップソリューションの堅牢性を高めます。