AWS Storage Gateway
AWS クラウド
AWS Storage Gateway マネジメントコンソールから開始する

AWS Storage Gateway サービスでは、オンプレミスのストレージ環境と AWS クラウド間でシームレスなハイブリッドストレージが実現されます。マルチプロトコルストレージアプライアンスと Amazon クラウドストレージサービスへの非常に効率的なネットワーク接続が組み合わされているため、実質無制限のパフォーマンスを実現できます。お客様は、このサービスをリモートオフィスやデータセンターのハイブリッドクラウドワークロード、バックアップと復元、アーカイブ、災害対策、階層化ストレージに利用しています。

Storage Gateway の仮想アプライアンスは、ファイルサーバーとして、ボリュームとして、または仮想テープライブラリ (VTL) として、ローカルなインフラストラクチャとシームレスに接続されます。このシームレスな接続により、企業は可用性や耐久性が高く、低コストなクラウドストレージを使用して、既存のオンプレミスストレージ投資を容易に拡大できます。 

storagegateway
3:01

業界標準インターフェイスを使用したシンプルなオンプレミス接続

クラウドとの間での低レイテンシー転送のためのオンプレミスキャッシュとネットワーク接続

複数の AWS ストレージサービスとの接続

AWS の管理サービス、モニタリングサービス、アイデンティティサービスとのシームレスな統合

ファイルサーバーとして接続

ファイルインターフェイスでは、オンプレミスのサーバーやアプリケーションから Storage Gateway に、ネットワークファイル共有としてアクセスできます。データはローカルパフォーマンスのためにキャッシュされます。Amazon S3 に保存されると、データは S3 内のオブジェクトとして利用できるようになります。S3 内のデータは、バージョニングやクロスリージョンレプリケーションといったネイティブツールを使用して保護できます。

ファイルサーバーとして接続

ローカルディスクとして接続

ローカルディスクとして接続

ボリュームインターフェイスでは、Storage Gateway をオンプレミスのサーバーやアプリケーションに対するローカルディスクとして利用できます。これらのボリュームのデータを Amazon S3 クラウドストレージに転送して、Storage Gateway サービスを使用してアクセスできます。高パフォーマンスを実現するためにデータをローカルに保存することもできますし (スナップショットをクラウドにバックアップ)、アクセス頻度の高いデータはローカルに保存し、"頻度の低い" データをクラウドに保存することで、レイテンシーとスケールを組み合わせることもできます。


仮想テープライブラリ (VTL) として接続

テープインターフェイスでは、バックアップテープとテープの自動化装置がローカルディスクとクラウドストレージに置き換えられます。既存のバックアップおよび復旧のソフトウェアから Storage Gateway に保存された仮想テープに、ネイティブなバックアップジョブが書き込まれます。仮想テープは Amazon S3 に移行でき、最終的に Amazon Glacier にアーカイブしてコストを下げることができます。データにはバックアップアプリケーションからアクセスでき、バックアップカタログでは、バックアップのジョブおよびテープすべての完全な可視化が維持されます。

仮想テープライブラリ (VTL) として接続

クラウドとの間のデータ転送

クラウドとの間のデータ転送

Storage Gateway では、オンプレミスデータが自動的にバッファされ、クラウドストレージサービスとの間でデータを効率的に移行できます。これにより、ユーザーのサイトと AWS クラウド間でのデータ移行にかかる時間やコストを削減できます。マルチパート管理、デルタ転送、帯域幅スロットリング、および帯域幅スケジュールといった最適化は、インターフェイスすべての標準機能です。

AWS Storage Gateway サービスでは、現行の投資やシステムを中断することなく、オンプレミスのストレージでクラウドのスケールと耐久性を実現できます。

統合

ハイブリッドクラウドストレージとは、データをオンプレミスで使用できるほか、複数の AWS クラウドストレージサービスでも使用できるということです。これにより、AWS KMS、AWS Identity and Access Management (IAM)、SNS ワークフロー、Amazon CloudWatch、および AWS CloudTrail といった AWS のセキュリティおよび管理サービスのポートフォリオすべてをお客様のデータで利用できます。AWS にデータが移行されると、Amazon EC2、Amazon Redshift、および Amazon EMR といった追加のコンピューティングサービス、データベースサービス、ビッグデータサービスをご利用いただけます。

 

パフォーマンス

Storage Gateway では、最も頻繁に使用するデータをローカルにキャッシュして、ローカルディスクやネットワークパフォーマンスを提供するとともに、バックグラウンドのクラウド層で発生するデータ転送を最適化できます。ユーザーやアプリケーションは、ローカルストレージモデルの使用による運用を継続しながら、クラウドバックエンドを活用できます。

最適化された転送

圧縮、暗号化、および帯域幅の管理が組み込まれています。Storage Gateway では、希望するパフォーマンスパラメータに基づいてローカルキャッシュのクラウドへのオフロードが管理されるため、ワークロードのレイテンシーとスケールのバランスを微調整できます。変更したデータのみが転送されるため、ネットワーク帯域幅を最適化できます。

シンプル

中断は不要です。仮想マシンをダウンロードおよびインストールして、インターフェイスを選択し、ローカルキャッシュキャパシティーを割り当てます。高度なネットワーキングやプロトコルのサポートがすべて含まれているため、クライアントのインストールや、新しいラックスペース、電源や冷却は不要です。また、ネットワークやファイアウォールを調整する必要もありません。仮想アプライアンスはオンプレミスと AWS の両方で実行できます。

 

クラウド規模

クラウドストレージは需要に応じて実行され、請求されるため、常に適切な量のみを所有できます。"バースト" ワークロードは拡張して契約でき、バックアップストレージおよびアーカイブストレージは前払いのメディア費用なしに拡張できます。また、追加のストレージ容量のプロビジョニングに、新しいハードウェアは不要です。

耐久性と安全

AWS Storage Gateway を使用して保存されるデータでは、AWS クラウドストレージサービスに組み込まれた耐久性と安全の利点を活用できます。バージョニング、クロスリージョンレプリケーション、ライフサイクル管理ポリシー、およびボールトロックといったストレージ管理ツールにより、長期アーカイブのコストが下がり、監査およびコンプライアンス要件が簡素化され、オンプレミスで保存している部分のみでなく、ユーザーのデータすべてが保護されます。すべてのデータは、安全に転送され、保管中には暗号化されます。

AWS Storage Gateway サービスを使用して、
お客様はハイブリッドクラウドワークロード、バックアップおよび復元、アーカイブ、災害対策、および階層化ストレージのソリューションを構築しています。

ビッグデータ、クラウドでのバースト、クラウドでのデータ移行のワークロードには、ローカルキャパシティーや集中型クラウドストレージレポジトリへの接続に対応できるアーキテクチャが必要です。Storage Gateway では、クラウドでワークロードを管理するための、企業と AWS 間でのデータ移行がサポートされます。

Moderna

「当社の没入型のデジタル戦略により、さまざまな病気に画期的な医薬品を提供する mRNA サイエンスの計りしれない可能性を開発できるようになりました。これにより、当社は、現在最も成長が著しいバイオテクノロジーの 1 つとして位置づけられています。シームレスに統合され編成されたクラウドベースの IT システムは、医薬品開発のあらゆる段階で、mRNA パイプラインの規模拡大のための複雑な計画と実施を管理し、産業化するために不可欠です。AWS Storage Gateway を使用することで、クラウドへのデータ移行方法の変革が保証されます。ファイルインターフェイスを使用することで、解析機器からデータファイルを容易に統合できますし、透過的な S3 ストレージを使用することで、クラウドベースのアプリケーションを容易に接続して、強力な S3 のストレージ機能を活用できます。AWS File Gateway を使用して、当社の機器データで AWS の機能をフル活用できるようになりました」

–– Dave Johnson 博士、ディレクター、情報学


Storage Gateway は、テープとテープの自動化のドロップインリプレースメントで、業界トップのバックアップソフトウェアパッケージと統合されています。現行システムを中断することなく、ローカルディスクおよび低コストで高度にスケーラブルなクラウドバックエンドのパフォーマンスを取得できます。シンプルプロジェクトを参照 »

SOU

「テープは、頭痛の種となり、ハードウェア障害、オフサイトのストレージコスト、継続的なメンテナンスの必要が生じがちです。AWS Storage Gateway によって、コスト効率が高く、シンプルな代替方法を利用できるようになりました。両岸にあるデータセンターを使用して、災害対策さえも得られました」

–– Jesse Martinez 氏、インフラストラクチャサービスマネージャー


Storage Gateway では、ローカルボリュームのスナップショットを作成し、Amazon EBS にこれらのスナップショットを保存できます。このスナップショットから新たに Amazon EBS ボリュームを作成し、それを Amazon EC2 インスタンスにアタッチできます。ローカルサイトに災害が発生した場合、クラウド内または異なるデータセンター内のアプリケーションを設定し、スナップショットを復元するだけで、実行を継続できます。

JustGiving

「AWS Storage Gateway は、当社の DR プロセスおよび BCM プロセスの中核となっており、共同配置された OLTP や OLAP のオフサイトデータバックアップに加えて、社内 BCM を処理するために使用しています。これは透過的に機能し、消灯方式で、シンプルな grandfather-father-son スナップショットプランを使用して別の AWS アカウントにアーカイブされます」

–– Mat Rowlands 氏、ソリューションアーキテクト、JustGiving UK


オンプレミスの NAS および SAN のストレージ配列の拡張には、時間、資本、ラックスペースが消費されます。Storage Gateway では、柔軟性のあるバッファによって必要に応じて拡張および縮小できるため、投資期間を延長でき、企業が容量の変動を適切に管理するのに役立ちます。

VeriStor

「AWS Storage Gateway では、Amazon S3 の統合がさらに簡素化されているため、VeriStor のマネージド型クラウドサービスや顧客移行のソリューションサービスをクラウドに拡張できるようになりました。ネイティブファイル形式やメタデータを維持しながら、ゲートウェイを使用してファイルを安全に転送できる機能によって、運用が簡素化されたため、顧客の環境から AWS の複数のサービスにデータを容易に移行できます。これは、顧客への当社の価値を高めるための、AWS で利用できるさらなるすばらしいツールです」

–– Ferrol Macon 氏、アーキテクチャおよび戦略担当 VP

Storage Gateway は簡単に使用を開始できます。アカウントにサインアップして、わずか数クリックで最初の Storage Gateway をデプロイします。

無料でお試しください