Amazon Elastic File System

AWS クラウド用の、スケーラブルで、高信頼性、伸縮自在なファイルストレージ

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) はシンプルで、スケーラブル、伸縮自在なファイルストレージを、AWS クラウドサービスとオンプレミスリソース用に提供します。使いやすく、ファイルシステムをすばやく簡単に作成および構成するためのシンプルなインターフェイスを提供しています。Amazon EFS はアプリケーションを中断することなくオンデマンドで伸縮自在にスケールするよう設計してあり、ファイルの追加および削除に合わせて、ストレージ容量の拡張や縮小が自動的に行われるため、必要なときに必要な分のストレージをアプリケーションで使用できます。

Amazon EFS は、高可用性と耐久性を実現するよう設計されたリージョンでのサービスで、ウェブ配信やコンテンツ管理、エンタープライズアプリケーション、メディアおよびエンターテインメントの処理ワークフロー、ホームディレクトリ、データベースバックアップ、開発者ツール、コンテナストレージやビッグデータおよび分析アプリケーションなど幅広い多様なユースケースでパフォーマンスを発揮します。

Amazon EFS の概要

仕組み

Amazon EFS ファイルシステムが Amazon EC2 インスタンスにマウントされると、標準的なファイルシステムインターフェイスと、ファイルシステムアクセスのセマンティクスが提供され、既存のアプリケーションやツールに Amazon EFS をシームレスに統合できます。複数の Amazon EC2 インスタンスから 1 つの Amazon EFS ファイルシステムに同時にアクセスできるため、複数の Amazon EC2 インスタンスで実行されているワークロードやアプリケーションに共通のデータソースを提供できます。

AWS Direct Connect で Amazon VPC に接続している場合は、オンプレミスのデータセンターサーバーに Amazon EFS ファイルシステムをマウントできます。EFS ファイルシステムをオンプレミスサーバーにマウントすることで、データセットを EFS に移行したり、クラウドバースティングのシナリオを使用可能にしたり、オンプレミスのデータを EFS にバックアップしたりできます。

Amazon EFS は完全マネージド型のクラウドファイルストレージサービスで、AWS クラウドでスケーラブルな共有ファイルストレージを提供します。クラウドファイルストレージの詳細と、他のクラウドストレージソリューションとのメリットの比較をご覧ください。

クラウドストレージのオプションは、インターネット経由でデータを保存、アクセス、および共有するためのシンプルでスケーラブルな手段を提供します。ここでは、Amazon EFS を他の AWS クラウドストレージ提供タイプと比較し、いつ Amazon EFS を選択すれば良いかの判断材料とします。

利点

シンプル

Amazon EFS は、ユーザーがファイルシステムを迅速かつ容易に作成および構成できるシンプルなウェブサービスインターフェイスを備えています。このサービスでは、ユーザーに代わってすべてのファイルストレージインフラストラクチャを管理するため、複雑なデプロイ、パッチ適用、複雑なファイルシステムデプロイメントを維持する必要はありません。

共有ファイルストレージ

複数の Amazon EC2 インスタンスとオンプレミスサーバーは、1 つの Amazon EFS ファイルシステムに同時にアクセスすることができるため、複数のインスタンスにスケールされているアプリケーションから単一のファイルシステムにアクセスできます。同一リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) で実行されている複数の Amazon EC2 インスタンスがファイルシステムにアクセスでき、多くのユーザーが共通のデータソースを共有してアクセスできます。

シームレスな統合

Amazon EFS はファイルシステムインターフェイスとファイルシステムアクセスセマンティックス (強力なデータ一貫性とファイルロックなど) を提供します。Amazon EC2 インスタンスには、NFSv4 プロトコルを介し、標準的なオペレーティングシステムのマウントコマンドを使用して Amazon EFS ファイルシステムをマウントします。また、AWS Direct Connect で Amazon VPC に接続している場合は、NFSv4 プロトコルを介してオンプレミスのデータセンターサーバーに Amazon EFS ファイルシステムをマウントすることもできます。

自動的にスケーリング

Amazon EFS では、アプリケーションを中断することなく、ファイルの追加や削除に合わせてファイルシステムのストレージ容量を直ちに自動で拡張または縮小できるため、必要な分だけストレージを保持できると同時に、時間のかかる管理タスクも軽減されます。

スケーラブルなパフォーマンス

Amazon EFS は、幅広い作業負荷に対応するために必要なスループット、IOPS、および低レイテンシーを提供できるように設計されています。Amazon EFS を使用すると、ファイルシステムの拡大に合わせて、スループットおよび IOPS がスケールされます。また、一貫した低レイテンシーのファイル操作を実現します。

低コスト

Amazon EFS では、前もってストレージをプロビジョニングする必要なく、必要なときに、必要な容量を提供します。お支払いは使用した分だけで、最低料金や前払い料金はありません。Amazon EFS の TCO 上のメリットについては、こちらをご覧ください。

 

高可用性および高耐久性

Amazon EFS は高可用性および高耐久性を考慮して設計されています。Amazon EFS ファイルシステムの各オブジェクト (ディレクトリ、ファイル、リンクなど) は、複数のアベイラビリティーゾーンに冗長的に保存されます。

最適化された転送

Amazon EFS はデータを既存のオンプレミスまたはクラウド中ファイルシステムから、ファイルとディレクトリを標準の Linux コピーツールに比べて最大 5 倍の速さでコピーする能力でデータを移動するシンプルでセキュアな方法を提供します。

安全性

Amazon EFS では、POSIX 権限によってファイルシステムへのアクセスを厳密に管理できます。ネットワークアクセスの管理には Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用します。Amazon EFS API へのアクセスの制御には AWS Identity and Access Management (IAM) を使用します。保存済みデータと移動中データを暗号化して、保存済みデータと移動中データ両方を安全にする包括的なソリューション。

ユースケース

エンタープライズアプリケーション

Amazon EFS では、スケーラビリティ、伸縮性、可用性、および耐久性が実現されており、サービスとして配信されるアプリケーションおよびエンタープライズアプリケーションのファイルストアとすることが可能です。標準的なファイルシステムインターフェイスと、ファイルシステムセマンティクスが採用されているため、エンタープライズアプリケーションの AWS クラウドへの移行や新規構築が簡単に行えます。

エンタープライズアプリケーションの詳細 » 

メディアとエンタテイメントのワークフロー

動画編集、スタジオ製作、放送処理、サウンドデザインおよびレンダリングといったメディアワークフローは、多くの場合、大容量ファイルを操作するための共有ストレージに依存します。高スループットと共有ファイルアクセスをそなえた強いデータ整合性モデルであれば、これらの業務にかかる時間を短縮し、複数のローカルファイルリポジトリを全ユーザー共通の単一ロケーションにまとめることができます。

分析

Amazon EFS では、コンピューティングノードに対する高いスループット、書き込み後の読み取り整合性、低レイテンシーのファイル操作を必要とするビッグデータアプリケーションに必要な、スケールとパフォーマンスを提供します。多くの分析ワークロードでは、ファイルインターフェイスを介してデータのやり取りが行われ、ファイルのロック処理などはファイルセマンティクスに依存しており、ファイルの一部に書き込む機能が必要となります。Amazon EFS は必要なファイルシステムセマンティックスをサポートし、容量とパフォーマンスをスケーリングできます。

ホームディレクトリ

Amazon EFS は、共通のデータセットにアクセスし、それらを共有する必要のある多くのユーザーを擁する組織にストレージを提供できます。管理者は、Amazon EFS を使用して組織全体のユーザーがアクセスできるファイルシステムを作成し、ユーザーおよびグループのファイルレベル、またはディレクトリレベルのアクセス許可を作成することができます。

コンテンツ管理とウェブ配信

Amazon EFS は、高い耐久性とスループットを備えた、コンテンツ管理システムおよびウェブサーバーアプリケーション用ファイルシステムとして使用できます。例えば、ウェブサイト、オンライン出版、アーカイブなどの幅広いアプリケーションの情報を保存して処理できます。Amazon EFS は、必要なファイルシステムのセマンティクス、ファイル命名規則、ウェブ開発者が使い慣れたアクセス許可に準拠しているため、ウェブアプリケーションに簡単に統合でき、ウェブサイト、オンライン出版、アーカイブなどの幅広いアプリケーション用に使用できます。

ソフトウェア開発者用ツール

Amazon EFS を使用すると、顧客のニーズに対する組織の俊敏性と応答性が向上します。開発環境、テスト環境、運用環境の展開、複製、スケール、アーカイブが数クリックで実行できます。コードやその他のファイルを系統的な方法で簡単に共有するという機能を備えた EFS での共有クラウドファイルストレージではセキュアで整理されたリポジトリが提供され、クラウド開発環境内から簡単にアクセスできます。Amazon EFS は、スケーラブルで高可用性を備えているため、ワークロードのテストと開発に最適なソリューションです。

データベースのバックアップ

Amazon EFS はデータベースサーバーから容易にマウントできる標準のファイルシステムです。ネイティブなアプリケーションツールまたはエンタープライズバックアップアプリケーションを用いたポータブルなデータベースバックアップを行うのに理想的なプラットフォームです。多くの企業では、データベースのバックアップをクラウドに保存することで得られる柔軟性を、更新時の一時的な保管や、開発とテストの用途で活用しようとしています。

コンテナストレージ

コンテナは、すばやいプロビジョニング、簡単な移行、プロセス分離を実行できるため、マイクロサービスの構築に適しています。毎回起動時にオリジナルのデータにアクセスする必要のあるコンテナでは、実行中のインスタンスにかかわらず接続可能な共有ファイルシステムが必要です。Amazon EFS はコンテナストレージにとって理想的な、永続的な共有アクセスをファイルデータに提供します。

導入事例

HERE Technologies では、Amazon EFS を使用してバイナリアーティファクトリポジトリをスケールアップしました。

HERE は Amazon EFS を用いて 120 万個のアーティファクトを 300 を超すレポジトリに格納し、これは 20 TB を超します。このシステムは毎日ダウンロード件数 750,000、アップロード件数 50,000 を 1,000 人以上のユーザーと継続的統合システムから扱っています。Amazon EFS の伸縮性のおかげで、HERE は自身の NFS サーバーとストレージを管理する場合に比べて、総所有コストを削減できました。

「Amazon EFS を用いると、需要の増大に備えてプロビジョンしすぎるための時間とお金を使わずにすみます」と HERE のプリンシパルシステムエンジニアの Suresh Prem は語ってくれました。「ちょうど必要なだけ使うことができ、使った分にだけ料金を払います。」

ブログ記事

Jeff-Barr_Bio-Pic
Jeff Barr
Amazon EFS に、転送中データの暗号化サポートを追加しました。
 
 
Jeff-Barr_Bio-Pic
Jeff Barr
EFS File Sync を使用して、EFS へのファイルデータを高速で、安全に動かしてください。
 
 
Jeff-Barr_Bio-Pic
Jeff Barr
Amazon EFS でのデータに暗号化のサポートを追加しました。
 
Jeff-Barr_Bio-Pic
Jeff Barr
Amazon EFS にはシンプルで信頼性の高いオンプレミスアクセスが AWS Direct Connect 経由で備わっています。 
 

Amazon EFS の使用を開始する

使ってみませんか?
Amazon EFS の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ