Q: SafeNet ベースの CloudHSM サービスを継続して使用できますか?

はい。既存の CloudHSM ユーザーは、これまでどおりサービスを使用できます。CloudHSM Classic は廃止されておらず、現時点で廃止の予定はありません。SafeNet ベースのサービスを現在使用しているお客様すべてへのサポートを通常どおり継続します。SafeNet のハードウェアに多くの投資がされていることを理解していますので、サポートすることをお約束いたします。

Q: 従来の SafeNet サービスのどこが変更されましたか?

これまで使用しているお客様にとって、CloudHSM へのアクセスおよび使用方法に変更はありません。これは cloudhsmv2 の異なる API エンドポイントでの新しいサービスであるため、既存のデプロイに影響を与えることはありません。既存のオートメーションは、今後も正常に作動します。ドキュメントは使用可能ですが、新しい URL に移動されます。リンクは既存のページで提供されるため、ブックマークはそのまま使用できます。

Q: CloudHSM のサービス拒否エラーが表示されるのはなぜですか?

新しい CloudHSM のサービスがリージョンで開始されると、CloudHSM Classic は、そのリージョンでそれまで CloudHSM を利用していたお客様のみ使用できます。新しいお客様は新しい CloudHSM のサービスに割り当てられます。最新の CloudHSM サービスパッケージをダウンロードおよび使用していることを確認してください。

Q: 新しいアカウントで CloudHSM Classic にアクセスする必要がある場合はどうしたらよいですか?

サポートケースを開き、アクセスを希望するアカウントをお知らせください。CloudHSM Classic へのアクセスを有効にいたします。

Q: SafeNet HSM には更新やサポートが引き続き提供されますか?

はい。提供されるサポートのレベルに変更はありません。

Q: SafeNet HSM がさらに必要な場合はどうしますか?

CloudHSM Classic がデプロイされているどのリージョンでも、新しい SafeNet HSM を引き続きプロビジョニングできます。ただし、追加されるリージョンでは CloudHSM Classic を開始する予定はないということにご注意ください。新しいリージョンは、新しい CloudHSM のみ使用できるように構築されます。

Q: SafeNet と新しい CloudHSM には互換性がありますか?

部分的に互換性があります。ほとんどのキーを HSM の間で交換することは可能です (SafeNet HSM から出力可能であることを前提とします)。ただし、混在のデプロイはサポートされていません。特定のアプリケーションから新しいサービスと Classic サービスの両方ではなく、いずれか一方を使用できます。

Q: 新しいサービスに移行できますか?

はい。新しい CloudHSM は、できる限り互換性を保ちつつ、CloudHSM Classic ソリューションにあった多くの問題を解決するように設計されました。CloudHSM では、PKCS#11、Java JCE、Microsoft CNG といった業界標準の API のサポートを継続しているため、多くの場合、移行するためにアプリケーションを修正する必要はありません。数週間以内に、新しい CloudHSM への移行に役立つ詳細な移行ガイドが提供されます。それまでの間、個別のユースケースの検討や評価のサポートを喜んでお手伝いします。アカウントチームから、または AWS マネジメントコンソールのサポートケースを使用していつでもお問い合わせください。

Q: なぜ新しいサービスに移行するのですか?

新しいサービスでは、安全性、拡張性、使いやすさ、経済性の基準がさらに向上しています。新たな特徴には、FIPS 140-2 Level 3 の認定、フルマネージド型での高可用性、管理コンソール、低コストがあります。詳細については、AWS CloudHSM ドキュメントをご覧ください。

Q: 新しいサービスは使用しているリージョンで利用可能ですか?

新しい CloudHSM を現在利用できるリージョンは、米国東部 (バージニア北部)、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (オレゴン)、欧州 (アイルランド) の 4 つのリージョンです。数か月以内に米国西部 (北カリフォルニア)、アジアパシフィック (シドニー)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (東京)、カナダ (中部)、欧州 (フランクフルト)、米国 GovCloud など、従来の CloudHSM Classic を使用できるすべてのリージョンに展開する予定です。その後、間もなく残りのすべての AWS リージョンにデプロイする予定です。

Q: CloudHSM Classic を新しいリージョンにデプロイすることはありますか?

いいえ。現在の利用できる範囲を超えて CloudHSM Classic を拡大することはありません。

Q: 新しいサービスのトライアルを申請するにはどうすればよいですか?

新しいサービスのトライアルおよび無料利用枠はありません。新しい CloudHSM は時間単位料金のみであるため、非常に安価にサービスを試用できます。

Q: 最近、新しい SafeNet HSM をインスタンス化しました。新しいサービスに移行した場合、返金できますか?

過去 60 日間に CloudHSM Classic HSM をプロビジョニングして、新しいサービスに移行したい場合、サポートケースを通してお知らせいただくと、サポートが受けられます。

AWS CloudHSM の使用を開始する

AWS CloudHSM にサインアップする