オンデマンドインスタンスについては、お客様が使用された EC2 インスタンスの料金のみのお支払いとなります。オンデマンドインスタンスを使用することにより、ハードウェアのプランニング、購入、維持に伴うコストや手間が省け、高額な固定費となりがちな運用コストを、より低額な変動費に抑えられます。 

オンデマンドインスタンスは、長期間の契約なしに、時間単位で、コンピューティング性能に対して料金をお支払いいただくというものです。これにより、ハードウェアのプランニング、購入、維持に伴うコストや手間が省け、高額な固定費となりがちな運用コストも、より安価な変動費に抑えることができます。

以下の料金表には、指定されたオペレーティングシステムでプライベートやパブリックな AMI を稼動するためのコストが含まれています (「Windows の使用」料金は、Windows Server 2003 R2、2008、2008 R2、2012、2012 R2、および 2016 に適用されます)。また Amazon では、Amazon EC2 で実行する Microsoft Windows と SQL ServerAmazon EC2 で実行する SUSE Linux Enterprise ServerAmazon EC2 で実行する Red Hat Enterprise Linux 、および IBM 向け Amazon EC2 用に、料金体系が異なる別のインスタンスも利用できます。

AWS を無料でお試しください

今すぐ無料でお試し

AWS の無料利用枠には毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンスが含まれます(1 年間)。無料利用枠内に抑えるには、EC2 マイクロインスタンスのみを使用してください。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら

価格は、インスタンスが開始してから、それが終了または停止するまでの、各インスタンスについて消費されるインスタンス時間当たりの料金です。1 時間未満の各インスタンス時間は、1 時間分として請求されます。

T1、M1、C1、CC2、M2、CR1、CG1、HI1、または HS1 インスタンスをお探しですか?旧世代のインスタンスページをご覧ください。

以下の価格は、Amazon EC2 に「受信(イン)」/「送信(アウト)」されるデータ転送量を基にしています。


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら

料金は、Amazon EC2、Amazon S3、Amazon Glacier、Amazon RDS、Amazon Redshift、Amazon SES、Amazon SimpleDB、Amazon SQS、Amazon SNS、Amazon DynamoDB、AWS Storage Gateway、および Amazon CloudWatch Logs 全体での、インターネットへのデータ送信の利用合計量で決まります。

同じ AWS リージョン内の Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon Redshift、Amazon ElastiCache インスタンス、または VPC ピアリング接続間の Elastic Network Interface で「受信 (イン)」/「送信 (アウト)」されるデータの転送料金は、0.01 USD/GB です。

Amazon Elastic Load Balancing に「受信(イン)」/「送信(アウト)」されるデータ転送は、Amazon EC2 と等しい料金となっています。Amazon Elastic Load Balancing によって処理されるデータについては、Amazon EC2 データ転送料金に加えて、料金が発生します。

 

EBS 最適化インスタンスがあれば、EBS ボリュームでプロビジョニングされた IOPS を EC2 インスタンスが最大限に使用できるようになります。EBS 最適化インスタンスでは、Amazon EC2 と Amazon EBS 間専用のスループットが実現しており、使用されるインスタンスタイプに応じて 500~4,000 メガビット/秒 (Mbps) の選択が可能です。この専有スループットにより、Amazon EBS I/O と EC2 インスタンスからの他のトラフィックとの競合を最低限に抑え、EBS ボリュームのパフォーマンスを最大限に引き出します。EBS 最適化インスタンスは、スタンダードおよびプロビジョンド IOPS Amazon EBS ボリュームと併せて利用できるように設計されています。EBS 最適化インスタンスにアタッチされたプロビジョンド IOPS ボリュームは、10 ミリ秒未満のレイテンシーを実現でき、プロビジョニングされた IOPS の± 10% 以内のパフォーマンスを 99.9% の確率で発揮するように設計されています。サポートされるインスタンスタイプ別の料金は下記のとおりです。C4 インスタンスタイプの場合、EBS 最適化はデフォルトで有効になっており、追加料金は発生しません。 

EBS 最適化インスタンスの時間単位料金は、サポートされるインスタンスタイプ別の時間単位使用料金とは別に課金されます。


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら

詳細については、EBS の料金ページを参照してください。

実行中のインスタンスに関連付けられた Elastic IP(EIP)アドレスを無料で 1 つ取得できます。追加の EIP をそのインスタンスに関連付ける場合は、追加の EIP 毎に時間当たり(プロラタベース)の料金が請求されます。追加の EIP は Amazon VPC でのみ利用可能です。

Elastic IP アドレスを効率的に使用するため、これらの IP アドレスが実行中のインスタンスに関連付けられていない場合や、停止しているインスタンスやアタッチされていないネットワークインターフェイスに関連付けられている場合は、時間毎に小額の料金をご請求します。


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら

料金については、Amazon Cloudwatch 料金 ページをご覧ください。

Auto Scaling は、Amazon CloudWatch で有効にすることができますが、追加料金は発生しません。Auto Scaling で起動される各インスタンスは、モニタリングが自動的に有効になり、当該の Amazon CloudWatch 料金が適用されます。

料金については、Elastic Load Balancing ページをご覧ください。

AWS GovCloud は、米国政府関連機関や業者が、その特定の規制およびコンプライアンス要件に対処して、機密扱いの作業負荷をクラウドに移行できるように設計された AWS リージョンです。新しい AWS GovCloud リージョンの料金表などの詳細については、AWS GovCloud のウェブページをご覧ください。

* 無料利用枠の使用量は、AWS GovCloud リージョンを除くすべてのリージョンについて毎月計算され、自動的に請求額に適用されます。未使用分は持ち越されません。IBM 向け Amazon EC2、または AWS GovCloud リージョンは含まれません。詳細とその他の制約については、提供規約をご覧ください。
** AWS 無料利用枠の一環として、AWS の新規お客様は、すべての AWS サービス (AWS GovCloud リージョンを除く) を総合して、1 か月あたり 15 GB のデータ送信を 1 年間無料でご利用いただけます。
***料金の基準となるデータ量は、Amazon EC2、Amazon EBS、Amazon S3、Amazon Glacier、Amazon RDS、Amazon SimpleDB、Amazon SQS、Amazon SNS、AWS Storage Gateway、Amazon DynamoDB、および Amazon VPC 全体での、データ送信の利用合計量で決まります。

(Amazon EC2 は Amazon Web Services, Inc. によって販売されています。)