Amazon CloudWatch は、AWS クラウドリソースと AWS で実行するアプリケーションのモニタリングサービスです。Amazon CloudWatch を使用して、メトリックスを収集して追跡すること、ログファイルを収集してモニタリングすること、アラームを設定すること、および AWS リソースの変更に自動的に反応することができます。Amazon CloudWatch は、Amazon EC2 インスタンス、Amazon DynamoDB テーブル、Amazon RDS DB インスタンスなどの AWS リソース、およびアプリケーションやサービスに生成されたカスタムメトリックス、およびアプリケーションが生成するあらゆるログファイルをモニタリングできます。Amazon CloudWatch を使用して、システム全体のリソース使用率、アプリケーションパフォーマンス、およびオペレーションの状態について可視性を得ることができます。これらの洞察を使用して対応し、アプリケーションのスムーズな動作を維持できます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

AWS 無料利用枠には、Amazon CloudWatch でのメトリックス 10 個、アラーム 10 個、API リクエスト 1,000,000 件が含まれています。

AWS アカウント作成の流れはこちら »



Benefit_Check_Blue

追加料金なしで、Amazon EC2 インスタンスから CPU 使用率、データ転送、ディスクの使用状況のアクティビティに対するメトリックスを表示します(基本モニタリング)。追加料金を支払うことで、CloudWatch では、高い解像度とメトリックス集計を備えた EC2 インスタンスの詳細モニタリングが利用できます。ソフトウェアを追加でインストールする必要はありません。

詳細 »

Benefit_Simple_Orange

追加料金なしで、Amazon DynamoDB テーブル、Amazon EBS ボリューム、Amazon RDS DB インスタンス、Amazon Elastic MapReduce ジョブフロー、Elastic Load Balancing、Amazon SQS キュー、Amazon SNS トピック、などのメトリックスをモニタリングします。ソフトウェアを追加でインストールする必要はありません。

詳細 »

Benefit_Customize_Yellow

簡単な API リクエストから独自のアプリケーションに生成されたカスタムメトリックスを送信して、Amazon CloudWatch でモニタリングすることができます。アプリケーションの動作パフォーマンスに重要なメトリックスを送信して保存し、トラブルシューティングや傾向の把握に役立てることができます。

詳細 »

Benefit_Check-Logs_Green

CloudWatch ログを使用して、既存のシステム、アプリケーション、カスタムログファイルを利用し、システムとアプリケーションのモニタリングおよびトラブルシューティングを実行できます。既存のシステム、アプリケーション、カスタムログファイルを CloudWatch ログに送信して、これらのログをほぼリアルタイムでモニタリングできます。これにより、システムとアプリケーションの理解と運用を向上し、ログを耐久性が高くコストの低いストレージに保存して、後からアクセスできます。

詳細 »

benefit_alarm_red

メトリックスにアラームを設定して、通知を送信したり、その他の自動アクションを実行したりできます。例えば、特定の Amazon EC2 メトリックスがアラームのしきい値を超えた場合、Auto Scaling を使用して、動的に EC2 インスタンスを追加または削除したり通知を送信したりできます。

詳細 »

Benefit_GxP_automatic

CloudWatch Events では、AWS リソースの変更を説明するイベントストリームを作成できます。目的のイベントが発生した場合に、AWS Lambda 機能の呼び出しなど、定義済みのアクションを自動的に実行するワークフローを簡単に構築できます。

詳細 »