コンプライアンスへの取り組みの対象範囲に含められるサービスは、予期されるユースケース、フィードバック、需要に基づいています。現時点であるサービスが最新の対象範囲評価リストに含まれていない場合でも、そのサービスを利用できないというわけではありません。組織がデータの性質を決定するのは責任共有モデルの一部です。AWS に構築するものの性質に基づいて、そのサービスで顧客データを処理するか保存するか、そのことにより顧客データ環境のコンプライアンスに影響が及ぶかどうかを決定する必要があります。

ワークロードの目的や目標について AWS アカウントチームと話し合うことをお勧めします。お客様により提案されたユースケースやアーキテクチャについて、また、AWS のセキュリティとコンプライアンスプロセスをそのアーキテクチャに実装する方法について、AWS アカウントチームが評価を行います。AWS ビジネス担当者にお問合せください。


このウェブページでは、AWS 保証プログラムの適用範囲となる AWS のサービスのリストを掲載しています。別途明記されている場合を除き、各サービスの機能はすべて保証プログラムの適用範囲と見なされ、評価の一部としてレビューおよびテストされています。AWS のサービスの機能については、AWS ドキュメントを参照してください。

✓ = このサービスは現時点で適用範囲に含まれ、現在のレポートに反映されています。

Joint Authorization Board (JAB) のレビュー = このサービスは現在、JAB がレビューを実施しています。

第三者評価機関 (3PAO) = このサービスは現在、第三者審査員がレビューを実施しています。

 

お問い合わせ