学習

クラウドでのセキュリティはオンプレミスのデータセンターにおけるセキュリティとよく似ています。ただし、施設とハードウェアを管理するコストがかかりません。クラウドでは、物理的なサーバーまたはストレージ機器を管理する必要がありません。その代わり、ソフトウェアベースのセキュリティツールを使用して、クラウドリソースを出入りする情報の流れをモニタリングし保護します。このため、クラウドセキュリティはお客様と AWS との間の責任共有であり、お客様は「クラウド内のセキュリティ」を担当し、AWSは「クラウドのセキュリティ」を担当します。

AWS クラウドを使用すると、安全な環境を維持しながら、スケーリングやイノベーションが可能になります。AWS のお客様は、セキュリティを最も重視する組織の要件を満たすように設計されたデータセンターとネットワークアーキテクチャを利用できます。AWS インフラストラクチャはクラウド向けにカスタム構築されており、お客様のデータの機密性、整合性、可用性を保護するために 24 時間 365 日モニタリングされます。

こちらのページを参照して、AWS のクラウドセキュリティに関する主なトピック、研究分野、トレーニングの機会について詳しく学びましょう。

ホワイトペーパー、技術ガイド、参考資料

AWS のセキュリティスペシャリストは、実際の経験を活用して、クラウドセキュリティの知識を広げるのに役立つ技術コンテンツを作成しています。これらのホワイトペーパー、ガイド、および参考資料は、インシデント対応、クラウドでのコンプライアンス、プライバシーに関する考慮事項など、業界の主要なトレンドに関するベストプラクティスを網羅しています。下記の技術コンテンツライブラリを熟読して、AWSで未来を安全に構築する方法についてのガイダンスを見つけましょう。

フィルターをクリア
日付 (新しい順)
  • 日付 (新しい順)
  • 日付 (古い順)
  • タイトル (A–Z)
  • タイトル (Z–A)
1
選択された条件に一致するドキュメントは見つかりませんでした。

セキュリティのドキュメント

セキュリティは、クラウドの使用を決定する際の重要な要素です。このドキュメントで、AWS サービスの組み込みセキュリティと設定可能なセキュリティの両方に関する詳細な情報を組織が取得できます。この情報は「ハウツー」を超えて、デベロッパー(およびセキュリティ、リスク管理、コンプライアンス、製品チーム)が使用前にサービスを評価し、サービスを安全に使用する方法を決定し、さらに新機能がリリースされると更新した情報を取得します。

セキュリティドキュメントの詳細 >>

証明可能安全性: リサーチとインサイト

AWS は、自動推論テクノロジー (クラウドセキュリティを評価するための数学的ロジックを適用) を利用して、設定の誤りを検出し、インフラストラクチャに関する重要な質問に回答します。AWS は証明可能安全性として知られ、AWS のセキュリティの専門家による優れたインサイトとアプリケーションを活用して、可能な限り最高レベルのクラウドのセキュリティを保証できるよう支援しています。 

証明可能安全性の詳細については、こちらをご覧ください >>

AWS Zelkova とは

AWS re:Inforce 2019: 証明可能安全性を使った AWS での自動コンプライアンス検証

AWS re:Inforce 2019: AWS の自動推論技術の進化

AWS re:Inforce 2019: 証明可能安全性を備えた高水準の保証への AWS のアプローチ

トレーニング

組織には、ビジネスを保護するための深いセキュリティ知識を持つ人材が必要です。AWS トレーニングコースでは、セキュリティとコンプライアンスの目標を達成するために必要なスキルセットを構築できます。AWS の専門家がキュレーションしたさまざまなコンテンツとトレーニング資料を使用し、あなたがクラウド初心者でも AWS に「すべておまかせ」であっても、業界の進化するベストプラクティスとセキュリティトレンドを常に把握できます。 

トレーニングの詳細 >>

AWS セキュリティ統制ドメイン

AWS セキュリティ統制ドメイン: データプライバシー

データプライバシーは、個人のデータを管理する権利に関するものです。この動画では、AWS のツールとサービスを使用してデータを保護する方法について説明します。

AWS セキュリティ統制ドメイン: ガバナンス

ガバナンスは、目標を達成するための柔軟性を失うことなく、効果的で準拠したワークフローを保証するプロセスです。この動画では、AWS のツールとサービスを使用してこれを実現する方法をご紹介します。

AWS セキュリティ統制ドメイン: 脆弱性の管理

クラウドコンピューティングの利点を求めてクラウドの採用は増えており、その結果、脆弱性の管理はこれまでにないほど重要となってきています。この動画では、クラウド環境内のセキュリティ問題を特定、追跡、修正する方法をご紹介します。

AWS セキュリティ統制ドメイン: ユーザーデバイスの管理

デバイス管理には、オペレーティングシステムとアプリケーションパッチのインストールと更新、ユーザーアカウントの管理、すべてのエンドユーザーデバイスの最新のセキュリティの維持が含まれます。この動画では、リモートの従業員と個人のデバイスとの統合が標準となっている現在、セキュリティを維持しながら柔軟性を維持する方法をご紹介します。

AWS セキュリティ統制ドメイン: リスク管理

リスク管理は、情報、アセット、運用に関するリスクを特定、管理、軽減するための方法論です。この動画では、クラウド環境に対する潜在的なリスクを識別、モニタリング、軽減する方法を理解します。 

AWS セキュリティ統制ドメイン: ネットワーク管理

適切なネットワーク管理とは、ワークロード要件に関係なく、ユーザーに役立つ、セキュアで隔離された非常に復元力高い分散型ネットワーク構成を構築することです。この動画では、AWS のツールとサービスを使っってこれを行う方法を学びます。 

AWS セキュリティ統制ドメイン: Identity & Access の管理

ID 管理とアクセス制御は、適切な個人が適切なリソースに適切なタイミングで適切な理由でアクセスできるようにする規範のことをいいます。AWS Identity サービスを使用すると、従業員や顧客の ID、さらに AWS のサービスとリソースへのアクセスを管理できます。 

AWS セキュリティ統制ドメイン: インシデント対応

インシデント対応は、セキュリティポリシーおよび標準的な対策への脅威または違反に対処し、管理するための体系的なアプローチです。迅速な対応により損害を抑え、復旧時間とコストを削減します。クラウドでは、インシデント対応のための体系的で組織的なアプローチが必要です。

AWS セキュリティ統制ドメイン: 設定管理

設定管理は、運用環境の一貫性を確保するための処理です。ガバナンスとコンプライアンスを設定することにより、クラウド実装の信頼性が高まり、予期しないエラーの可能性が減少します。

AWS セキュリティ統制ドメイン: ビジネスの継続性

ビジネスの継続性とは、突発的なイベント中に重要なオペレーションを維持し、妥当な時間内で通常のオペレーションを回復する能力のことをいいます。この動画では、2 つ目の物理的サイトのインフラストラクチャにコストをかけることなく、重要な IT システムの迅速な災害対策を行う方法を理解します。

世界のコンテンツ

セキュリティとコンプライアンスの要件は、場所を問わずあらゆるビジネスに影響があります。世界中の何百万人もの AWS のお客様がいるため、セキュリティの専門家が必要なベストプラクティスとガイダンスにアクセスし、セキュリティに対する対応を改善できることが重要です。これこそ、AWS が 20 を超える言語にローカライズした主要なセキュリティとコンプライアンスコンテンツを提供し、ユーザーが希望する言語でより良いサポートを受けることができる理由です。

世界のコンテンツの詳細はこちら >>

AWS 事業窓口へのお問い合わせ
ご質問がありますか? AWS のビジネス担当者と連絡を取る
セキュリティ関連の役職をお探しですか?
今すぐご登録ください »
AWS セキュリティの最新情報
Twitter でフォローしてください »