学習

クラウドでのセキュリティはオンプレミスのデータセンターにおけるセキュリティとよく似ています。ただし、施設とハードウェアを管理するコストがかかりません。クラウドでは、物理的なサーバーまたはストレージ機器を管理する必要がありません。その代わり、ソフトウェアベースのセキュリティツールを使用して、クラウドリソースを出入りする情報の流れをモニタリングし保護します。このため、クラウドセキュリティはお客様と AWS との間の責任共有であり、お客様は「クラウド内のセキュリティ」を担当し、AWSは「クラウドのセキュリティ」を担当します。

AWS クラウドを使用すると、安全な環境を維持しながら、スケーリングやイノベーションが可能になります。AWS のお客様は、セキュリティを最も重視する組織の要件を満たすように設計されたデータセンターとネットワークアーキテクチャを利用できます。AWS インフラストラクチャはクラウド向けにカスタム構築されており、お客様のデータの機密性、整合性、可用性を保護するために 24 時間 365 日モニタリングされます。

こちらのページを参照して、AWS のクラウドセキュリティに関するキートピック、研究分野、びトレーニングの機会について詳しく学びましょう。

ホワイトメーパー、技術ガイド、および参考資料

AWS のセキュリティスペシャリストは、実際の経験を活用して、クラウドセキュリティの知識を広げるのに役立つ技術コンテンツを作成しています。これらのホワイトペーパー、ガイド、および参考資料は、インシデント対応、クラウドでのコンプライアンス、プライバシーに関する考慮事項など、業界の主要なトレンドに関するベストプラクティスを網羅しています。下記の技術コンテンツライブラリを熟読して、AWSで未来を安全に構築する方法についてのガイダンスを見つけましょう。

フィルターをクリア
Date (Newest–Oldest)
  • Date (Newest–Oldest)
  • Date (Oldest–Newest)
  • Title (A–Z)
  • Title (Z–A)
1
選択された条件に一致するドキュメントは見つかりませんでした。

世界のコンテンツ

セキュリティとコンプライアンスの要件は、場所を問わずあらゆるビジネスに影響があります。世界中の何百万人もの AWS のお客様がいるため、セキュリティの専門家が必要なベストプラクティスとガイダンスにアクセスし、セキュリティに対する対応を改善できることが重要です。これこそ、AWS が 20 を超える言語にローカライズした主要なセキュリティとコンプライアンスコンテンツを提供し、ユーザーが希望する言語でより良いサポートを受けることができる理由です。

世界のコンテンツの詳細はこちら >>

証明可能安全性: リサーチとインサイト

AWS は、自動推論テクノロジー (クラウドセキュリティを評価するための数学的ロジックを適用) を利用して、設定の誤りを検出し、インフラストラクチャに関する重要な質問に回答します。AWS は証明可能安全性として知られ、AWS のセキュリティの専門家による優れたインサイトとアプリケーションを活用して、可能な限り最高レベルのクラウドのセキュリティを保証できるよう支援しています。 

証明可能安全性の詳細については、こちらをご覧ください >>

AWS Zelkova とは

AWS re:Inforce 2019: 証明可能安全性を使った AWS での自動コンプライアンス検証

AWS re:Inforce 2019: AWS の自動推論技術の進化

AWS re:Inforce 2019: 証明可能安全性を備えた高水準の保証に対する AWS のアプローチ

セキュリティのドキュメント

セキュリティは、クラウドの使用を決定する際の重要な要素です。このドキュメントで、AWS サービスの組み込みセキュリティと設定可能なセキュリティの両方に関する詳細な情報を組織が取得できます。この情報は「ハウツー」を超えて、開発者 (およびセキュリティ、リスク管理、コンプライアンス、製品チーム) が使用前にサービスを評価し、サービスを安全に使用する方法を決定し、さらに新機能がリリースされると更新した情報を取得します。

セキュリティドキュメントの詳細 >>

トレーニング

組織には、ビジネスを保護するための深いセキュリティ知識を持つ人材が必要です。AWS トレーニングコースでは、セキュリティとコンプライアンスの目標を達成するために必要なスキルセットを構築できます。AWS の専門家がキュレーションしたさまざまなコンテンツとトレーニング資料を使用し、あなたがクラウド初心者でも AWS に「すべておまかせ」であっても、業界の進化するベストプラクティスとセキュリティトレンドを常に把握できます。 

トレーニングの詳細 >>

compliance-contactus-icon
ご質問がありますか? AWS のビジネス担当者と連絡を取る
セキュリティ関連の役職をお探しですか?
今すぐご登録ください »
AWS セキュリティの最新情報
Twitter でフォローしてください »