AWS でのセキュリティ運用では、AWS クラウドでの安全性やコンプライアンスを維持するのに役立つ AWS セキュリティサービスを効果的に使用する方法を示します。このコースでは、クラウドのデータとシステムのセキュリティを強化するために実装できる、AWS で推奨されるセキュリティのベストプラクティスに焦点を当てます。また、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、およびデータベースサービスを含む、AWS の提供する主要サービスのセキュリティ機能を示します。さらに、共通のセキュリティ統制の目的と規制コンプライアンス規格について取り上げ、世界中のさまざまな垂直市場で実行するための、AWS の規制されたワークロードのユースケースを検討します。また、セキュリティ運用をレベルアップさせることができる、自動化と継続的なモニタリングのための AWS の各種サービスとツールを活用する方法について学びます。

本コースを修了すると次の事ができるようになります。

  • AWS セキュリティ責任分担モデルについて理解し活用する
  • AWS クラウドで、ユーザーの Identity and Access Management を管理する
  • AWS Identity and Access Management、Amazon Virtual Private Cloud、AWS Config、AWS CloudTrail、AWS Key Management Service、AWS CloudHSM、AWS Trusted Advisor などの AWS のセキュリティサービスを使用する
  • AWS クラウドで、AWS クラウドのリソースのために、より良いセキュリティ管理を実装する
  • AWS リソースをセキュリティの観点から管理し、監査する
  • AWS のコンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、およびデータベースサービスのアクセスと使用量をモニタリングし、ログを作成する
  • AWS コンプライアンス責任分担モデルについて理解し活用する
  • AWS のセキュリティ運用の自動化、モニタリング、管理をサポートする、AWS が提供するサービスとツールを特定する
  • AWS クラウドで、セキュリティインシデント管理を実行する

このコースは次のような方を対象としています。

  • セキュリティ担当者もしくは今後担当よていの方
  • 組織の IT インフラストラクチャの統制、監査、テストの責任者、およびセキュリティ、リスク、コンプライアンスガイドラインへの準拠を確認する責任者

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします.

  • 「Amazon Web Services 実践入門 1 および 2 」を修了済み、もしくは同等の知識がある方(必須)
  • ガバナンス、リスク、および規則と統制目標へのコンプライアンスに関する知識
  • IT セキュリティプラクティスの知識
  • IT インフラストラクチャの知識
  • クラウドコンピューティングの理解

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング (ILT)
  • ハンズオンラボ
  • 3 日間(9:30 - 17:30)

第 1 日

  • クラウドセキュリティの紹介
  • AWS クラウドのセキュリティ
  • クラウドを意識したガバナンスとコンプライアンス
  • Identity and Access Management

第 2 日

  • AWS のインフラストラクチャサービスの保護
  • AWS のコンテナサービスの保護
  • AWS の抽象化されたサービスの保護
  • AWS のセキュリティサービスを使用する

第 3 日

  • AWS クラウドでのデータ保護
  • AWS でコンプライアンスワークロードを構築する – ケーススタディ
  • クラウドでのセキュリティインシデント管理

210,000 円(税別)

表示される料金には消費税は含まれません。料金とあわせて別途消費税を請求させていただきます。詳しくはこちら