Security Engineering on AWS

AWS セキュリティサービスを効率的に使用して、AWS クラウドで安全な環境を維持する方法について学習します。

このコースでは、AWS セキュリティサービスを効率的に使用して、AWS クラウドで安全な環境を維持する方法を説明します。このコースでは、クラウドのデータとシステムのセキュリティを強化するために AWS で推奨されるセキュリティのプラクティスに焦点を当てます。コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、データベースサービスを含め、AWS が提供する主要サービスのセキュリティ機能をハイライトします。また、オートメーション、継続的なモニタリングとロギング、セキュリティインシデントへの対応のための AWS の各種サービスとツールを活用する方法についても学びます。

コースの目標

このコースの学習内容は以下のとおりです。

  • AWS セキュリティ責任分担モデルについて理解し活用する
  • 最も一般的なセキュリティの脅威から保護される AWS アプリケーションインフラストラクチャを設計および構築する
  • 保存中と移動中のデータを暗号化で保護する
  • セキュリティチェックを適用し、自動化された再現可能な方法で分析する
  • AWS クラウドでリソースとアプリケーションの認証を設定する
  • ログのキャプチャ、監視、処理、分析によってイベントへの洞察を得る
  • アプリケーションとデータに対する脅威を特定して軽減する
  • セキュリティ評価を実施して、一般的な脆弱性に対するパッチが適用され、セキュリティのベストプラクティスが実施されていることを保証する

対象者

このコースは次のような方を対象としています。

  • セキュリティエンジニア
  • セキュリティアーキテクト
  • セキュリティ運用
  • 情報セキュリティ
icon_security

コースの概要

mini-icon_training

コース様式
クラスルーム + ハンズオンラボ

mini-icon_level

コースレベル
中級コース

mini-icon_time

コース時間
3 日間

mini-icon_language

コース言語
複数の言語で利用可能