Amazon CloudWatch

クラウドリソースとアプリケーションを完全に可視化する

Amazon CloudWatch は、開発者、システムオペレーター、サイト信頼性エンジニア (SRE)、IT マネージャーのために構築したモニタリングおよび管理サービスです。CloudWatch では、データと実用的なインサイトを利用して、アプリケーションのモニタリング、システム全体のパフォーマンスの変化に関する理解と対応、リソース使用率の最適化、および運用状態の統合的な確認を行うことができます。CloudWatch では、モニタリングデータと運用データをログ、メトリクス、イベントという形で収集し、AWS やオンプレミスサーバーで作動する AWS リソース、アプリケーション、およびサービスを統合的に提供できます。CloudWatch を使用して、高解像度アラームの設定、ログとメトリクスの並列的な可視化、自動化したアクションの実行、問題のトラブルシューティング、およびインサイトの発見を行うことができます。これにより、アプリケーションを最適化し、スムーズに実行することができます。

Amazon CloudWatch の開始は簡単です。初期費用や最低利用料金はかかりません。支払いは従量課金制です。その月に使用した分のみ、月末にお支払いいただきます。

Amazon CloudWatch で VM の可観測性を向上する

利点

単一のプラットフォームからすべてのデータにアクセス可能

最新のアプリケーションは分散処理されているため (マイクロサービスアーキテクチャ上で動作します) 、メトリック、ログなどの形式で多数のデータを生成できます。アプリケーションやインフラストラクチャーのリソースを効率的にモニタリングするには、サイロ (サーバー、ネットワーク、データベースなど) にある個々のソースからこれらのデータポイントを簡単に収集、アクセス、相関を取る方法が必要です。Amazon CloudWatch を使用すると、AWS やオンプレミスサーバー上で実行するすべてのAWSリソース、アプリケーション、サービスからメトリックとログを収集し、データサイロを細分化して、システム全体の可視性を得ることが簡単にできます。

AWS リソースに関する、豊富かつ深いインサイト

Amazon CloudWatch を使用すると、AWS リソースのモニタリングを簡単に実行できます。CloudWatch は、Amazon EC2 、Amazon DynamoDB 、Amazon S3 、Amazon ECS 、AWS Lambda 、Amazon API Gateway など 70 以上の AWS サービスとネイティブに統合しているため、詳細な 1 分メトリックと最大 1 秒精度のカスタムメトリックを自動的に公開できます。AWS Systems Manager を使って、CloudWatch Agent をインストールできます。あるいは、CloudWatch API を使用すれば、CloudWatch にそのデータの収集、公開、保存を簡単に行えます。

アプリケーション、インフラストラクチャ、およびサービス全体の可視性

分散するスタックを把握することで、メトリクスとログの関連付けや可視化を実行できるため、問題を迅速に特定して解決できます。Amazon CloudWatch により、CPU 使用率やメモリといった主要なメトリクスを可視化することができます。さらに、エラーと特定のメトリクスなどのログパターンを関連付けることで、コンテキストをすばやく取得して、問題の診断から根本原因の確認までを行うことも可能です。

問題解決に要する平均時間 (MTTR) の削減と総所有コスト (TCO) の改善

Amazon CloudWatch を使用することで、高解像度アラームの設定や自動化されたアクションの実行が行えます。これにより、重要なリソースを解放でき、ビジネス価値の付加に重点を置くことが可能となります。例えば、Amazon EC2 インスタンスのアラートを受取りや、Auto Scaling を設定してインスタンスの追加と削除ができます。さらに、自動応答を実行すると、未使用の EC2 リソースを検出して停止することもできます。これにより、過剰な支払いを削減し、リソースの最適化に役立ちます。

アプリケーションと運用リソースの最適化に役立つインサイト

パフォーマンスとリソース使用率の最適化を行うには、運用状態を統合にな確認し、リアルタイムで詳細なデータを取得し、さらに履歴を参照する必要があります。Amazon CloudWatch では、1 秒精度の拡張モニタリングが可能で、最大 15 か月分のメトリクスを保存し保持することができます。Metric Math といった CloudWatch のネイティブな機能を活用して、メトリクスデータの計算も行えます。例えば、EC2 インスタンスのフリート全体にわたる使用量の集計を行って、運用状態および使用率に関するインサイトを得ることができます。

従量課金制

Amazon CloudWatch に初期費用や最低利用料金はかかりません。お支払いは従量課金制です。その月に使用した分のみ、月末にお支払いいただきます。詳細については、CloudWatch 料金表ページを参照してください。AWS 簡易見積りツールを使って月額料金をお見積りください。

仕組み

product-page-diagram_Cloudwatch_v4

ブログ投稿記事

Jeff-Barr_Bio-Pic_smallest

新発表 – Amazon CloudWatch Agent とAWS Systems Manager との連携 – Linux と Windows 用のメトリクスとログを統合的に収集する
Jeff Barr
2017 年 12 月 14 日

AWS の使用を開始する

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

ステップバイステップのガイドに従って構築を開始すれば、 AWS プロジェクトを立ち上げることができます。

Amazon CloudWatch の詳細

特徴ページをご覧ください
構築を始めましょう。
Amazon CloudWatch の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ