Amazon CloudWatch

クラウドとオンプレミスの AWS リソースとアプリケーションを観察、モニタリングする

10 のカスタムメトリクスおよびアラームが無料

強力な視覚化ツールを使用して、AWS データを収集、アクセス、分析します。

事前に定義されたしきい値でアクティブ化するように設定されたアラームと自動アクションを使用して、運用パフォーマンスを向上させます。

70 を超える AWS サービスとシームレスに統合して、モニタリングとスケーラビリティを簡素化します。

CloudWatch ダッシュボードのログとメトリクスから得られた実用的なインサイトを使用して、運用上の問題のトラブルシューティングを行います。

仕組み

Amazon CloudWatch は、リアルタイムのログ、メトリクス、イベントデータを収集して自動化されたダッシュボードに視覚化し、インフラストラクチャとアプリケーションのメンテナンスを合理化します。

この図では、Amazon CloudWatch が、ユーザーが AWS リソースの使用を収集、モニタリング、理解するのにどのように役立つかを示しています。

ユースケース

アプリケーションのパフォーマンスをモニタリングする

AWS リソースにおけるパフォーマンスの問題の根本原因を理解して解決するために、パフォーマンスデータを視覚化し、アラームを作成し、データを相関させます。

オブザーバビリティの詳細 »

根本原因分析を実行する

メトリクス、ログ、ログ分析、およびユーザーリクエストを分析して、デバッグを高速化し、解決までの全体的な平均時間を短縮します。

異常検出の詳細 »

リソースをプロアクティブに最適化する

仕様または機械学習モデルに基づいてしきい値が満たされたときに発生するアクションを設定することで、リソース計画を自動化し、コストを低く抑えます。

AWS クラウドの運用と移行のブログを読む »

ウェブサイトへの影響をテストする

スクリーンショット、ログ、ウェブリクエストをいつでも表示して、ウェブサイトが影響を受けた時期と期間を正確に把握できます。

CloudWatch の使用を開始する »

最初に行うべきこと

クラウドウォッチの詳細

可観測性が運用上のさまざまな質問に答えるのにどのように役立つかについて説明します。

ハンズオントレーニングで試す

ロギング、メトリクス、コンテナモニタリング、トレース手法を明確に理解します。

クラウドオペレーションをより深く知る

可観測性が運用にどのように役立つかをご覧ください。
 


AWS の詳細を見る