AWS Elastic Disaster Recovery

スケーラブルでコスト効率性に優れた AWS へのアプリケーションの復旧

アイドル状態の復旧サイトのリソースを削除してコストを削減し、必要な場合にのみ完全な災害対策サイトの料金を支払うようにできます。

アプリケーションを数分以内に、最新の状態で、または以前の時点から復旧します。

統一されたプロセスを使用して、特別なスキルセットを使用せずに、さまざまなアプリケーションをテスト、復旧、およびフェールバックします。

必要に応じてレプリケートサーバーを追加または削除する機能を使用して、伸縮自在な復旧サイトとして AWS を柔軟に利用できます。

仕組み

AWS Elastic Disaster Recovery (AWS DRS) は、手頃な料金のストレージ、最小限のコンピューティング、ポイントインタイムリカバリを使用して、オンプレミスおよびクラウドベースのアプリケーションを迅速かつ確実に復旧することで、ダウンタイムやデータ損失を最小限に抑えます。
AWS Elastic Disaster Recovery の仕組み
 拡大イメージを見る
ソースサーバーで AWS Elastic Disaster Recovery を設定して、安全なデータレプリケーションを開始します。データは、選択した AWS リージョンにある AWS アカウントのステージングエリアサブネットにレプリケートされます。ステージングエリアの設計では、手頃な料金のストレージと最小限のコンピューティングリソースを使用して継続的なレプリケーションを維持することにより、コストを削減します。無停止テストを実行して、実装が完了したことを確認できます。通常のオペレーション中は、レプリケーションをモニタリングし、無停止の復旧およびフェールバックドリルを定期的に実行して、準備状態を維持します。アプリケーションを復旧する必要がある場合は、最新のサーバー状態または以前の時点を使用して、数分以内に AWS でリカバリインスタンスを起動できます。アプリケーションの実行を AWS で開始した後、アプリケーションをそこに保持するか、問題が解決したときにプライマリサイトへのデータレプリケーションを開始するかを選択できます。準備ができたらいつでもプライマリサイトにフェールバックできます。

ユースケース

オンプレミスから AWS

ソフトウェアの問題やデータセンターのハードウェア障害などの予期しないイベントの後に迅速にオペレーションを復旧します。AWS DRS は、数秒の RPO と数分の RTO を実現します。

クラウドから AWS

AWS を復旧サイトとして利用することで、回復力を高め、コンプライアンス要件を満たすのに役立ちます。AWS DRS は、クラウドベースのアプリケーションを AWS でネイティブに実行できるように変換します。

AWS リージョンから AWS リージョンへ

AWS DRS を使用して別の AWS リージョンのアプリケーションを復旧し、AWS ベースのアプリケーションの回復力を高め、可用性の目標を達成するのをサポートします。

開始方法

AWS Elastic Disaster Recovery の使用を開始

サーバーの AWS へのレプリケーションを開始します。

アカウントにサインイン »

料金の詳細

AWS を復旧サイトとして使用してコストを削減する方法をご覧ください。

料金のページにアクセス »

オンライントレーニングを詳しく見る

AWS Elastic Disaster Recovery を設定して運用する方法を学びます。

無料のトレーニングを受ける »

AWS を詳しく確認する