AWS は、AWS の新規お客様を対象として無料利用枠をご提供しています。AWS 無料利用枠は毎月以下をカバーします:

750 時間の Amazon EC2 Linux または RHEL または SLES t2.micro インスタンスの使用 (1 GiB メモリと、32 ビットと 64 ビットのプラットフォームをサポート) – 1 か月連続実行するのに十分な時間です*

750 時間の Amazon EC2 Microsoft Windows Server† t2.micro インスタンスの使用 (1 GiB メモリ、32 ビットと 64 ビットのプラットフォームをサポート) – 1 か月連続実行するのに十分な時間です*

750 時間の Elastic Load Balancing に加え 15 GB 分のデータ処理*

750 時間の Amazon RDS Single-AZ マイクロ DB インスタンスの使用 (MySQL、MariaDB、PostgreSQL、Oracle BYOL、または SQL Server Express Edition を実行する) – DB インスタンスを 1 か月連続実行するのに十分な時間です。20 GB のデータベースストレージ、20 GB のバックアップストレージも使用可能です。*

750 時間の Amazon ElastiCache マイクロキャッシュノードの使用 – 1 か月連続実行するのに十分な時間です*

汎用 (SSD) またはマグネティックを任意に組み合わせた 30 GB の Amazon Elastic Block Storage に加え、200 万の I/O (EBS マグネティックの場合) および 1 GB のスナップショットストレージ***

5 GB の Amazon S3 標準ストレージ、20,000 件の Get リクエスト、2,000 件の Put リクエスト*

25 GB のストレージ、25 ユニットの読み込み容量と 25 ユニットの書き込み容量、Amazon DynamoDB による毎月 2 億件までのリクエスト処理に十分な容量**

25 時間の Amazon SimpleDB マシン時間とストレージ容量 1 GB**

1,000 回まで Amazon SWF ワークフローの実行を無料で開始可能。合計 10,000 件のアクティビティタスク、シグナル、タイマー、マーカー、および 30,000 ワークフロー日を無料で使用可能**

Amazon Simple Queue Service の 1,000,000 件のリクエスト**

Amazon Simple Notification Service の 1,000,000 件のリクエスト、100,000 件の HTTP 通知、1,000 件の E メール通知**

Amazon CloudWatch の 10 メトリクス、10 アラーム、1,000,000 API リクエスト**

Amazon CloudFront の 50GB のデータ転送 (アウト) と 2,000,000 件の HTTP および HTTPS リクエスト*

AWS のすべてのサービスを合わせて、送信帯域幅 15 GB*

* これらの無料利用枠は、2010 年 10 月 20 日以降に無料利用枠にサインアップされた既存の AWS のお客様および AWS の新規お客様のみを対象としており、AWS サインアップ日から 12 か月間ご利用いただけます。無料利用枠の有効期限が切れた場合、またはアプリケーション使用が無料利用枠を超えた場合は、標準の料金、つまり従量課金制でお支払いください (価格の詳細については、それぞれのサービスページをご覧ください)。ご利用にあたり条件が適用されます。詳細については、使用条件をご覧ください。 

EC2 および RDS の無料利用枠では、t1.micro が t2.micro に置き換えられます。

S3 の無料利用枠は、標準ストレージクラスのストレージにのみ適用されます。

** これらの無料利用枠は、既存および新規の AWS のお客様両方に無限にご利用いただけます。 EC2 および RDS の無料利用枠では、t1.micro が t2.micro に置き換えられます。

*** 組み合わせた使用量が 30 GB 未満の場合、両方が無料になります。組み合わせた使用量が 30 GB を超えた場合は、高価な方のストレージから無料利用枠でカウントされます。

AWS 無料利用枠は、お客様がサインアップした日から 12 か月後に有効期限が切れます。無料利用枠の有効期限が切れた場合、またはアプリケーション使用が無料利用枠を超えた場合は、標準の料金、つまり従量課金制でお支払いください (価格の詳細については、それぞれのサービスページをご覧ください)。ご利用にあたり条件が適用されます。詳細については、使用条件をご覧ください。

Amazon Simple Workflow Service、Amazon DynamoDB、Amazon SimpleDB、Amazon Simple Notification Service、および Amazon Simple Queue Service の無料範囲は、AWS の既存と新規のどちらのお客様も無期限にご利用いただけます。

AWS 無料利用枠はすべての新規お客様のアカウントでご利用いただけます。学生、起業家、小規模企業、および Fortune 500 の企業など、あらゆる種類のお客様のご登録を歓迎いたします。AWS 無料利用枠の使用を開始するには、AWS アカウントを作成し、使用したいサービスを購読し、有効なクレジットカード情報を入力してください。



いいえ。複数のアカウントのお支払いを統合する一括請求 (コンソリデーティッドビリング) をご使用のお客様も、ご利用いただける AWS 無料利用枠は 1 つのみです。

いいえ。AWS 無料利用枠は、月々の使用に適用され、新しい月の 1 日に期限切れとなります。繰り越しはできません。

月の無料範囲を超えた場合は、単に標準の料金、つまり従量課金制でお支払いいただきます。料金の詳細については、それぞれのサービスページをご参照ください。

アカウントアクティビティページにログインすると、サービスとリージョン別に、現在および過去の使用アクティビティを見ることができ、使用状況レポートもダウンロードできます。

はい。AWS 無料利用枠は、すべての AWS リージョンで加入しているサービスに適用されます: 米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、米国西部 (北カリフォルニア)、欧州 (アイルランド)、欧州 (フランクフルト)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シドニー)、および南米 (サンパウロ)です。Amazon CloudFront において AWS の無料利用枠は、すべての AWS エッジロケーションリージョンが計算されます。使用量はすべてのリージョンの合計が毎月計算され、自動的に請求額に適用されます。例えば、お客様が使用するリージョン全体で、Amazon EC2 Linux マイクロインスタンスの 750 時間分を無料でご利用いただけます。リージョンごとに 750 時間ではありません。

Windows での AWS 無料利用枠 FAQ をご覧ください。

Amazon RDS での AWS 無料利用枠をご覧ください。

はい。AWS 無料利用枠へのアクセス権を持つお客様は、Linux および Windows を実行する各 t2.micro インスタンスを 750 インスタンス時間ご利用いただけます。Linux と Windows の t2.micro インスタンスは別々にカウントされます。

AWS 無料利用枠は、特定の使用に限定されていません。これは、AWS 新規お客様の使用開始に役立つよう、特定の AWS サービスに無料利用枠を提供するものです。試してみたい新しいアイデアをお持ちの場合、またクラウドで実行したい既存のアプリケーションがある場合、無料で始める方法としては最適です。いくつかのアイデアとして、低トラフィックのウェブサイトやブログのホスティング、ソーシャルメディアのアプリケーション、プロジェクトの開発およびテスト、概念実証などがありますが、これらに限定されるわけではありません。導入事例セクションで、他のお客様が現在 AWS をどのように使用しているかご覧ください。

AWS の無料利用枠は、2010 年 10 月 21 日以降に作成された新規の AWS アカウントに適用されます。無料範囲は、特定の AWS サービスに対して毎月決められた最大使用量に適用されます。該当サービスとその使用量については、前記および aws.amazon.com/free をご参照ください。無料範囲を超えた場合は、標準の AWS サービス料がお客様のクレジットカードに請求されます。

無料範囲を超えていなくても、無料範囲対象外の関連サービスの料金が請求される場合があります。例えば、t2.micro インスタンスではなく、Amazon EC2 t2.small インスタンスを実行している場合や、Amazon ElastiCache など製品に含まれていないサービスを使用している場合です。AWS の使用状況をご覧になるには、アカウントアクティビティのページにログインして、aws.amazon.com/account-activity の使用状況レポートをダウンロードしてください。

無料範囲を超えていなくても、無料範囲対象外の関連サービスの料金が請求される場合があります。例えば、t1.micro インスタンスの代わりに Amazon EC2 m1.small インスタンスを実行した場合、Amazon EC2 Linux インスタンスの代わりに SUSE Linux インスタンスを使用した場合、Amazon ElastiCache などの対象外のサービスを使用した場合には、その料金を請求させていただきます。AWS の使用状況をご覧になるには、アカウントアクティビティのページにログインして、aws.amazon.com/account-activity の使用状況レポートをダウンロードしてください。

いいえ。AWS 無料利用枠には、Amazon S3 RRS ストレージは含まれません。AWS 無料利用枠には、Amazon S3 スタンダードストレージ 5 GB が含まれています。これは、Amazon S3 の最高の耐久性を提供するものです。