主な特徴

Amazon FSx for Windows File Server を使用すると、アプリケーションとエンドユーザーが、信頼性が高く、高パフォーマンスで、安全な共有ファイルストレージを簡単に起動して実行できます。Amazon FSx を使用すれば、業界標準のサーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルを使って、複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) にまたがる、最大数千台のコンピューティングインスタンスからアクセス可能な、高い耐久性と可用性を備えたファイルシステムを起動できます。豊富な管理機能とセキュリティ機能のセットを提供し、Microsoft Active Directory (AD) と統合します。Amazon FSx は、幅広いワークロードに対応するために、高レベルのファイルシステムスループットと IOPS、および一貫したミリ秒未満のレイテンシーを提供します。

Windows Server に構築

Amazon FSx は Windows Server 上に構築されており、エンドユーザーファイルの復元、ユーザークォータ、アクセスコントロールリスト (ACL) などの豊富な管理機能を提供します。Windows Server の SMB プロトコルのネイティブサポートにより、Windows ベースのアプリケーションが完全に互換性のある共有ファイルストレージにアクセスできます。また、Linux および MacOS から SMB ファイル共有にもアクセスできるため、オペレーティングシステムに関係なく、すべてのアプリケーションまたはユーザーがストレージにアクセスできます。ユーザーアクセスをコントロールするために、Amazon FSx はオンプレミスの Microsoft Active Directory および AWS Microsoft Managed AD と統合されています。

幅広いアクセス方法

Amazon FSx は SMB プロトコルをサポートしているため、ファイルシステムを Amazon EC2、VMware Cloud on AWS、Amazon WorkSpaces、Amazon AppStream 2.0 インスタンスに接続できます。Amazon FSx は、Windows Server 2008 と Windows 7 以降のすべての Windows バージョン、および Linux と MacOS の最新バージョンをサポートしています。Amazon FSx ではさらに、AWS Direct Connect あるいは AWS VPN を介したオンプレミスアクセス、VPC ピア接続または AWS Transit Gateway を使用した複数の VPC、アカウント、リージョンからのアクセスがサポートされます。

完全マネージド型

Amazon FSx は完全マネージド型のサービスであるため、クラウドで信頼性が高く、高パフォーマンスで、安全な共有ファイルストレージを簡単に起動して実行できます。AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、または AWS SDK を使用して、複数の AZ にまたがる Amazon FSx ファイルシステムを数分で簡単に作成できます。Amazon FSx では、ファイルサーバーとストレージボリュームのセットアップおよびプロビジョニング、データのレプリケート、フェイルオーバーとフェイルバックの管理が行われ、管理オーバーヘッドの多くが不要になります。Amazon FSx は、Windows Server のソフトウェア更新も管理します。

パフォーマンスと拡張性

パフォーマンス

Amazon FSx は、高速で、予測可能な、一貫したパフォーマンスを実現できるように設計されています。Amazon FSx は、ファイルシステムあたり複数 GB/秒のスループット、ファイルシステムごとに数百万の IOPS、一貫したミリ秒未満のレイテンシーでのファイルオペレーションを実現しています。ワークロードに適したパフォーマンスを実現できるよう、ユーザーは、スループットレベルをファイルシステムのサイズとは別に選択できます。

拡張性

Amazon FSx では、ファイルシステムあたり最大 64 TB のストレージと最大 3 GB/秒のスループットを実現しています。DFS 名前空間を使用して、複数の Amazon FSx ファイルシステムにまたがって共有された共通の名前空間を作成することにより、ストレージとスループットをスケールアウトできます。それぞれの共通の名前空間では、ストレージを数百ペタバイトのデータ容量まで、さらに、パフォーマンスを数十 GB/秒のスループットおよび数百万の IOPS までスケールアウトできます。

セキュリティとコンプライアンス

暗号化

Amazon FSx ファイルシステムのすべてのデータは、保管中および転送中に自動的に暗号化されます。保管中のデータの暗号化には、AWS Key Management Service (AWS KMS) で管理されているキーが使用されます。データはファイルシステムに書き込まれる前に自動的に暗号化され、読み込みの際に自動的に復号されます。コンプライアンスのニーズに応じて、ファイルシステムへのすべての接続で転送中のデータの暗号化を強制することもできます。Amazon FSx では、SMB プロトコル 3.0 以降をサポートするコンピューティングインスタンスからのアクセス時には、転送中のデータが SMB Kerberos セッションキーを使用して自動的に暗号化されます。これには、Windows Server 2012 と Windows 8 以降のすべての Windows バージョン、Samba クライアントバージョン 4.2 以降を使用するすべての Linux クライアントが含まれます。

コンプライアンス

AWS のコンプライアンスプログラムはクラウドで最も長く実行されており、AWS はコンプライアンス要件を満たせるようお客様を支援することを固く決意しています。Amazon FSx は、世界および業界のセキュリティ基準に適合していると評価されています。PCI DSS、ISO 9001270012701727018SOC 1、2、3 に適合しており、さらに HIPAA 対応です。これにより、お客様が AWS のセキュリティを確認し、ご自身の義務を果たすことが容易になります。詳細情報およびリソースについては、コンプライアンスのページを参照してください。また、コンプライアンスプログラムによる対象範囲内のサービスのページにアクセスして、サービスおよび認定の一覧を参照することも可能です。

ID ベースの認証

Amazon FSx では、Microsoft Active Directory (AD) を通じて、SMB を介した ID ベースの認証をサポートしています。Amazon FSx ファイルシステムを作成するときは、Microsoft AD (AWS Managed Microsoft AD またはセルフマネージド型の Microsoft AD) に結合します。 その後、ユーザーは既存の AD ベースのユーザー ID を使用して直接認証を行い、Amazon FSx ファイルシステムにアクセスしたり、個々のファイルやフォルダへのアクセスを制御したりできます。

アクセスコントロールとモニタリング

Amazon FSx では、ファイルとフォルダのきめ細かなアクセス制御用の Windows アクセスコントロールリスト (ACL) をサポートしています。ネットワークレベルのアクセス制御には、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) セキュリティグループを使用して、Amazon FSx リソースへのアクセスを制御できます。Amazon FSx は AWS Identity and Access Management (IAM) と統合されており、IAM ユーザーやグループが特定の Amazon FSx リソースに対して実行可能なアクションを制御できます。Amazon FSx を AWS CloudTrail と統合して、管理アクションのモニタリングやログの作成を実行することもできます。Amazon FSx では、ユーザーストレージクォータもサポートされるため、ユーザーレベルのストレージ消費のモニタリングと管理が可能です。

ネットワークの隔離

Amazon FSx ファイルシステムへのアクセスは、Amazon VPC から行います。Amazon VPC セキュリティグループと VPC のネットワーク ACL を使用してファイアウォールを設定し、Amazon FSx ファイルシステムへのネットワークアクセスを制御できます。

可用性と耐久性

高い可用性と耐久性

高可用性と高耐久性を保証するため、Amazon FSx では、データを (ファイルシステムの作成時に指定した) アベイラビリティーゾーン (AZ) 内で自動的にレプリケートし、コンポーネントの障害からデータを保護します。また、ハードウェア障害を継続的にモニタリングし、障害が発生した場合はインフラストラクチャコンポーネントを自動的に置き換えます。Amazon FSx では Windows ファイルベースのワークロード向けに、シングル AZ とマルチ AZ の配置オプションがあります。

マルチ AZ 配置

Amazon FSx では、AZ が利用できない場合でも、データの継続的な可用性を提供するように設計された複数可用性 (AZ) 配置オプションがあります。マルチ AZ ファイルシステムには、個別の AZ にアクティブファイルサーバーとスタンバイファイルサーバーが含まれ、ファイルシステムのディスクに書き込まれた変更は、AZ 全体でスタンバイに同期的にレプリケートされます。計画的なメンテナンス中、またはアクティブなファイルサーバーやその AZ に障害が発生した場合、Amazon FSx は自動的にスタンバイにフェイルオーバーするため、データの可用性を失うことなくファイルシステム操作を再開できます。

毎日の自動バックアップ

Amazon FSx では、耐久性の高い、S3 へのファイルシステム整合性バックアップを毎日自動的に実行して、データを確実に保護します。Amazon FSx では、Volume Shadow Copy Service (VSS) を使用して、バックアップとファイルシステムとの整合性を保ちます。任意の時点で、ファイルシステムの追加のバックアップを実行することもできます。

ファイルレベルでの復元が容易 (Microsoft Windows シャドウコピー)

エンドユーザーが簡単に変更を元に戻してファイルバージョンを比較できるように、Amazon FSx では、Windows シャドウコピーを使用して、個々のファイルやフォルダを以前のバージョンに復元できます。

高可用性 Microsoft SQL Server デプロイメントのサポート

高可用性 (HA) Microsoft SQL Server は通常、Windows Server フェイルオーバークラスター (WSFC) の複数のデータベースノードにデプロイされ、各ノードは共有ファイルストレージにアクセスできます。Amazon FSx では、継続的可用性 (CA) ファイル共有のサポートにより、これらのクラスターに高可用性共有ファイルストレージを提供できます。

低コスト

Amazon FSx を使用すると、GB/月あたり 0.013 USD から高可用性で耐久性のあるファイルストレージを始めることができ、Windows ワークロードのクラウドで最もコストの低いファイルストレージを実現できます。

ストレージオプション

Amazon FSx は、ハードディスクドライブ (HDD) とソリッドステートドライブ (SSD) の 2 種類のストレージを提供し、コストとパフォーマンスを最適化して、ワークロードのニーズを満たすことができます。HDD ストレージは、ホームディレクトリ、ユーザーと部門の共有、コンテンツ管理システムなど、幅広いワークロード向けに設計されています。SSD ストレージは、データベース、メディア処理ワークロード、データ分析アプリケーションなど、最高のパフォーマンスとレイテンシーの影響を最も受けやすいワークロード向けに設計されています。

料金

料金は、使用したリソースに対してのみ発生し、最低料金やライセンス費用、前払い料金はありません。設定したストレージ容量 (GB 月単位請求) およびスループット容量 (Mbps 月単位請求) に基づき、Amazon FSx ファイルシステムに対して時間単位で課金されます。また、バックアップストレージ (GB 月単位請求) にも時間単位で課金されます。詳細については、Amazon FSx 料金ページをご参照ください。

データ重複排除

データ重複排除を有効にすると、データセットの重複部分を 1 度だけ保存することで、冗長データに関連するコストを自動的に削減できます。一般的に、汎用ファイル共有で平均 50〜60%、ユーザードキュメントで 30〜50%、ソフトウェア開発データセットでは 70〜80% の節約が可能です。

ユーザークォータ

Amazon FSx は、チーム全体のコスト配分やユーザーレベルでのストレージ消費の制限などのユースケースにおいて、ファイルシステムのユーザーレベルのストレージ消費をモニタリングおよび制御するユーザークォータを提供しています。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
Amazon FSx 料金の詳細

Amazon FSx for Windows File Server の料金は、使用したリソースに対してのみ発生します。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで FSx for Windows File Server の構築を開始します。

サインイン