AWS クラウドインフラストラクチャは、柔軟性とセキュリティにおいて現時点で最高レベルのクラウドコンピューティング環境となるように設計されています。この信頼性が高くスケーラブルなプラットフォームにより、アプリケーションを短時間で安全にデプロイできます。

benefit_SecurityAWSPlatform_designed-security

AWS クラウドインフラストラクチャは AWS のデータセンターに収容されており、セキュリティ要件が最も高いお客様のニーズを満たせるように設計されています。AWS のインフラストラクチャは可用性を最大限にするよう設計されてきており、お客様のプライバシーと分離に関して強力な防御を実施しています。AWS クラウドでシステムをデプロイする場合、お客様と AWS の間でセキュリティの責任が共有されます。基盤となるインフラストラクチャは AWS で管理され、お客様は AWS でデプロイするものを保護します。

Benefit_Check-Logs_Blue

AWS インフラストラクチャは、幅広いネットワークシステムとセキュリティモニタリングシステムによって保護されています。さらに、AWS インフラストラクチャのコンポーネントは、継続的にスキャンおよびテストされています。AWS の本番環境ネットワークは Amazon の社内ネットワークとは分離されており、本番環境ネットワークへのアクセスには社内ネットワークとは別の認証情報が必要です。アクセスは、SSH パブリックキー認証によって構成される認証情報セットにより、MFA トークンを使用し、踏み台ホストを経由して行う必要があります。本番環境ネットワークへのアクセスは、AWS のセキュリティマネージャーによって、毎日モニタリングおよび確認されます。

Benefit_Gears_Yellow

AWS では、ほとんどのセキュリティツールが専用に構築されており、AWS 独特の環境やスケール要件に合わせてカスタマイズされています。これらのセキュリティツールは、お客様のデータやアプリケーションを最大限保護できるように構築されています。これにより、AWS のセキュリティ専門家は、ルーチンタスクにかける時間を最小限に抑え、AWS クラウド環境のセキュリティを向上させる事前の対策に集中できます。

Benefit_Available_Green

AWS のデータセンターは、複数の地理的リージョン、および各リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーンに構築されており、システムが機能停止にならないよう最大限の弾力性を確保しています。AWS のデータセンターの接続帯域幅は十分な余裕を持って設計されており、大規模な中断が発生した場合でも、トラフィックが残りのサイトに負荷を分散させるのに十分な能力が存在することになり、お客様への影響は最小限になります。

benefit_SecurityAWSPlatform_highly-accredited

いずれの認証も、特定のセキュリティ管理が目的どおりに実施、運用されていることが監査人によって検証されたことを意味しています。該当するコンプライアンスレポートを参照するには、AWS 顧客担当者までお問い合わせください。AWS で準拠しているセキュリティの規制や標準に関する詳細については、AWS コンプライアンスに関するウェブページをご覧ください。AWS では、お客様がセキュリティに関する政府、業界、および企業の標準や規制を満たすことができるよう、AWS クラウドインフラストラクチャが ISO 27001SOCPCI Data Security StandardFedRAMPAustralian Signals Directorate (ASD) Information Security ManualSingapore Multi-Tier Cloud Security Standard (MTCS SS 584) を含む、世界中のさまざまなセキュリティ標準の要件を満たしていることを説明した認証レポートを提供しています。AWS で準拠しているセキュリティの規制および標準に関する詳細については、ウェブページ AWS コンプライアンスをご覧ください。

AWS クラウドのインフラストラクチャ、プラットフォーム、サービスに組み込まれているすべてのセキュリティ対策の詳細なリストについては、ホワイトペーパーセキュリティプロセスの概要をお読みください。