リージョンとアベイラビリティーゾーン

  • 北米

    北米

    米国西部 (オレゴン) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 4
    2011 年ローンチ
    ローカルゾーン: 7
    2019 年ローンチ

    米国東部 (バージニア北部) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 6
    2006 年ローンチ
    ローカルゾーン: 10
    2020 年ローンチ

    米国西部 (北カルフォルニア) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3*
    2009 年ローンチ

    米国東部 (オハイオ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2016 年ローンチ

    カナダ (中部) リージョン**
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2016 年ローンチ
    AWS カナダに関する詳細情報

    GovCloud (米国西部) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2011 年開始

    GovCloud (米国東部) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2018 年ローンチ

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション – バージニア州アッシュバーン、ジョージア州アトランタ、マサチューセッツ州ボストン、イリノイ州シカゴ、テキサス州ダラス/フォートワース、コロラド州デンバー、オレゴン州ヒルズバロ、テキサス州ヒューストン、フロリダ州ジャクソンビル、カリフォルニア州ロサンゼルス、フロリダ州マイアミ、ミネソタ州ミネアポリス、ケベック州モントリオール、ニューヨーク州ニューヨーク、ニュージャージー州ニューアーク、カリフォルニア州パロアルト、アリゾナ州フェニックス、ペンシルベニア州フィラデルフィア、ケレタロ (メキシコ)、カリフォルニア州サンノゼ、ワシントン州シアトル、オンタリオ州トロント、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー

    AWS Local Zones - アトランタ、ボストン、シカゴ、ダラス、デンバー、ヒューストン、カンザスシティ、ラスベガス、ロサンゼルス、マイアミ、ミネアポリス、ニューヨークシティ (ニュージャージーに所在)、フェニックス、ポートランド、シアトル

    リージョン別エッジキャッシュ – カリフォルニア、バージニア北部、オハイオ、オレゴン

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    * 新規のお客様は、米国西部 (北カルフォルニア) では 2 つのアベイラビリティーゾーンを利用できます。

    ** モントリオール首都圏に所在

  • 南米

    南米

    南米 (サンパウロ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3*
    2011 年ローンチ

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション: – リオデジャネイロ(ブラジル)、サンパウロ(ブラジル)、ボゴタ(コロンビア)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、サンティアゴ(チリ)

    リージョン別エッジキャッシュ – サンパウロ(ブラジル)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    *新規のお客様は、南米 (サンパウロ) では 3 つのアベイラビリティーゾーンを利用できます

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • 欧州

    欧州

    欧州 (アイルランド) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2007 年ローンチ

    欧州 (フランクフルト) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2014 年開始

    欧州 (ロンドン) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2016 年開始

    欧州 (パリ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2017 年ローンチ

    欧州 (ストックホルム) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2018 年ローンチ

    欧州 (ミラノ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2020 年開始

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション アムステルダム (オランダ)、アテネ (ギリシャ)、ベルリン (ドイツ)、ブリュッセル (ベルギー)、ブカレスト (ルーマニア)、ブダペスト (ハンガリー)、コペンハーゲン (デンマーク)、ダブリン (アイルランド)、デュッセルドルフ (ドイツ)、フランクフルト (ドイツ) 、ハンブルグ (ドイツ)、ヘルシンキ (フィンランド)、リスボン (ポルトガル)、ロンドン (英国) 、マドリード (スペイン)、マンチェスター (英国)、マルセイユ (フランス)、ミラノ (イタリア)、ミュンヘン (ドイツ)、オスロ (ノルウェー)、パレルモ (イタリア)、パリ (フランス)、プラハ (チェコ共和国)、ローマ (イタリア)、ソフィア (ブルガリア)、ストックホルム (スウェーデン)、ウィーン (オーストリア)、ワルシャワ (ポーランド)、ザグレブ (クロアチア)、チューリッヒ (スイス)

    リージョン別エッジキャッシュ - ダブリン (アイルランド)、フランクフルト (ドイツ)、ロンドン (英国)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    欧州 (アイルランド) リージョンは、アイルランド共和国に位置しています。

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • 中東

    中東

    中東 (バーレーン) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2019 年ローンチ

    中東 (UAE) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2022 年開始

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション ドバイ (アラブ首長国連邦)、フジャイラ (アラブ首長国連邦)、マナマ (バーレーン)、テルアビブ (イスラエル)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • アフリカ

    アフリカ

    アフリカ (ケープタウン) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2020 年ローンチ

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション ケープタウン (南アフリカ)、ヨハネスブルグ (南アフリカ)、ナイロビ (ケニヤ)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • アジアパシフィック

    アジアパシフィック

    アジアパシフィック (シンガポール) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2010 年ローンチ

    アジアパシフィック (東京) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 4
    2011 年ローンチ

    アジアパシフィック(ソウル)リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 4
    2016 年ローンチ

    アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2016 年開始

    アジアパシフィック (香港) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2019 年ローンチ

    アジアパシフィック (大阪) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2021 年ローンチ

    アジアパシフィック (ジャカルタ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2021 年ローンチ

    中国(北京) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    詳細については www.amazonaws.cn をご覧ください

    中国(寧夏) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    詳細については www.amazonaws.cn をご覧ください

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション - バンガロール (インド)、バンコク (タイ)、チェンナイ (インド)、北京 (中国)、上海 (中国)、寧夏 (中国)、深セン (中国)、香港 (中国)、ハイデラバード (インド)、ジャカルタ (インドネシア)、コルカタ (インド)、クアラルンプール (マレーシア)、マニラ (フィリピン)、ムンバイ (インド)、ニューデリー (インド)、大阪 (日本)、ソウル (韓国)、シンガポール、台北 (台湾)、東京 (日本)、中衛 (中国)

    リージョン別エッジキャッシュ - ムンバイ (インド)、ソウル (韓国)、シンガポール、東京 (日本)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • オーストラリア

    オーストラリア

    オーストラリア (シドニー) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2012 年ローンチ

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション: オークランド (ニュージーランド)、メルボルン (オーストラリア)、パース (オーストラリア)、シンガポール、シドニー (オーストラリア)

    リージョン別エッジキャッシュ シドニー (オーストラリア)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • 北米
  • 北米

    米国西部 (オレゴン) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 4
    2011 年ローンチ
    ローカルゾーン: 7
    2019 年ローンチ

    米国東部 (バージニア北部) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 6
    2006 年ローンチ
    ローカルゾーン: 10
    2020 年ローンチ

    米国西部 (北カルフォルニア) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3*
    2009 年ローンチ

    米国東部 (オハイオ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2016 年ローンチ

    カナダ (中部) リージョン**
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2016 年ローンチ
    AWS カナダに関する詳細情報

    GovCloud (米国西部) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2011 年開始

    GovCloud (米国東部) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2018 年ローンチ

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション – バージニア州アッシュバーン、ジョージア州アトランタ、マサチューセッツ州ボストン、イリノイ州シカゴ、テキサス州ダラス/フォートワース、コロラド州デンバー、オレゴン州ヒルズバロ、テキサス州ヒューストン、フロリダ州ジャクソンビル、カリフォルニア州ロサンゼルス、フロリダ州マイアミ、ミネソタ州ミネアポリス、ケベック州モントリオール、ニューヨーク州ニューヨーク、ニュージャージー州ニューアーク、カリフォルニア州パロアルト、アリゾナ州フェニックス、ペンシルベニア州フィラデルフィア、ケレタロ (メキシコ)、カリフォルニア州サンノゼ、ワシントン州シアトル、オンタリオ州トロント、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー

    AWS Local Zones - アトランタ、ボストン、シカゴ、ダラス、デンバー、ヒューストン、カンザスシティ、ラスベガス、ロサンゼルス、マイアミ、ミネアポリス、ニューヨークシティ (ニュージャージーに所在)、フェニックス、ポートランド、シアトル

    リージョン別エッジキャッシュ – カリフォルニア、バージニア北部、オハイオ、オレゴン

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    * 新規のお客様は、米国西部 (北カルフォルニア) では 2 つのアベイラビリティーゾーンを利用できます。

    ** モントリオール首都圏に所在

  • 南米
  • 南米

    南米 (サンパウロ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3*
    2011 年ローンチ

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション: – リオデジャネイロ(ブラジル)、サンパウロ(ブラジル)、ボゴタ(コロンビア)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、サンティアゴ(チリ)

    リージョン別エッジキャッシュ – サンパウロ(ブラジル)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    *新規のお客様は、南米 (サンパウロ) では 3 つのアベイラビリティーゾーンを利用できます

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • 欧州
  • 欧州

    欧州 (アイルランド) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2007 年ローンチ

    欧州 (フランクフルト) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2014 年開始

    欧州 (ロンドン) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2016 年開始

    欧州 (パリ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2017 年ローンチ

    欧州 (ストックホルム) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2018 年ローンチ

    欧州 (ミラノ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2020 年開始

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション アムステルダム (オランダ)、アテネ (ギリシャ)、ベルリン (ドイツ)、ブリュッセル (ベルギー)、ブカレスト (ルーマニア)、ブダペスト (ハンガリー)、コペンハーゲン (デンマーク)、ダブリン (アイルランド)、デュッセルドルフ (ドイツ)、フランクフルト (ドイツ) 、ハンブルグ (ドイツ)、ヘルシンキ (フィンランド)、リスボン (ポルトガル)、ロンドン (英国) 、マドリード (スペイン)、マンチェスター (英国)、マルセイユ (フランス)、ミラノ (イタリア)、ミュンヘン (ドイツ)、オスロ (ノルウェー)、パレルモ (イタリア)、パリ (フランス)、プラハ (チェコ共和国)、ローマ (イタリア)、ソフィア (ブルガリア)、ストックホルム (スウェーデン)、ウィーン (オーストリア)、ワルシャワ (ポーランド)、ザグレブ (クロアチア)、チューリッヒ (スイス)

    リージョン別エッジキャッシュ - ダブリン (アイルランド)、フランクフルト (ドイツ)、ロンドン (英国)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    欧州 (アイルランド) リージョンは、アイルランド共和国に位置しています。

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • 中東
  • 中東

    中東 (バーレーン) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2019 年ローンチ

    中東 (UAE) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2022 年開始

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション ドバイ (アラブ首長国連邦)、フジャイラ (アラブ首長国連邦)、マナマ (バーレーン)、テルアビブ (イスラエル)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • アフリカ
  • アフリカ

    アフリカ (ケープタウン) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2020 年ローンチ

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション ケープタウン (南アフリカ)、ヨハネスブルグ (南アフリカ)、ナイロビ (ケニヤ)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • アジアパシフィック
  • アジアパシフィック

    アジアパシフィック (シンガポール) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2010 年ローンチ

    アジアパシフィック (東京) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 4
    2011 年ローンチ

    アジアパシフィック(ソウル)リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 4
    2016 年ローンチ

    アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2016 年開始

    アジアパシフィック (香港) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2019 年ローンチ

    アジアパシフィック (大阪) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2021 年ローンチ

    アジアパシフィック (ジャカルタ) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2021 年ローンチ

    中国(北京) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    詳細については www.amazonaws.cn をご覧ください

    中国(寧夏) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    詳細については www.amazonaws.cn をご覧ください

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション - バンガロール (インド)、バンコク (タイ)、チェンナイ (インド)、北京 (中国)、上海 (中国)、寧夏 (中国)、深セン (中国)、香港 (中国)、ハイデラバード (インド)、ジャカルタ (インドネシア)、コルカタ (インド)、クアラルンプール (マレーシア)、マニラ (フィリピン)、ムンバイ (インド)、ニューデリー (インド)、大阪 (日本)、ソウル (韓国)、シンガポール、台北 (台湾)、東京 (日本)、中衛 (中国)

    リージョン別エッジキャッシュ - ムンバイ (インド)、ソウル (韓国)、シンガポール、東京 (日本)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

  • オーストラリア
  • オーストラリア

    オーストラリア (シドニー) リージョン
    アベイラビリティーゾーン: 3
    2012 年ローンチ

    AWS エッジロケーション

    エッジロケーション: オークランド (ニュージーランド)、メルボルン (オーストラリア)、パース (オーストラリア)、シンガポール、シドニー (オーストラリア)

    リージョン別エッジキャッシュ シドニー (オーストラリア)

    グローバルエッジネットワークについての詳細はこちら >>

    AWS の地域別サービス一覧を見る

     

利点

リージョン

AWS にはリージョンという概念が存在します。これは、データセンターが集積されている世界中の物理的ロケーションのことです。また、論理的データセンターの各グループは、アベイラビリティーゾーンと呼ばれます。各 AWS リージョンは、1 つの地理的エリアにある、複数の、それぞれが隔離され物理的にも分離された AZ によって構成されています。1 つのデータセンターを 1 つのリージョンとして定義することが多い他のクラウドプロバイダーとは違い、全 AWS リージョンが採用するこのマルチ AZ デザインは、お客様にいくつかのメリットをご提供するものです。各 AZ には個別の電力源、冷却システム、そして物理的セキュリティが備わっており、これらは冗長的でレイテンシーが非常に低いネットワークを介し接続されています。高度な可用性の実現にフォーカスしている AWS のお客様は、複数の AZ で実行するようにアプリケーションの設計をすることで、より強力な障害耐性を実現できます。AWS のインフラストラクチャにおけるリージョンは、セキュリティ、コンプライアンス、データ保護からの要求を最も高いレベルで満たします。

AWS では、他のクラウドプロバイダーより広範囲にグローバル展開しています。このグローバル展開を支え、世界中のお客様に確実なサービスを提供するため、AWS では新たなリージョンを迅速に開設していきます。AWS では、北米、南米、欧州、中国、アジアパシフィック、南アフリカ、中東などのリージョンを含む、複数の地理的なリージョンを整備しています。

アベイラビリティーゾーン

アベイラビリティゾーン (AZ) とは、1 つの AWS リージョン内でそれぞれ切り離され、冗長的な電力源、ネットワーク、そして接続機能を備えている 1 つ以上のデータセンターのことです。AZ によって、単一のデータセンターでは実現できない高い可用性、耐障害性、および拡張性を備えた本番用のアプリケーションとデータベースの運用が実現されています。AWS リージョン内のすべての AZ は、AZ 間に高スループットかつ低レイテンシーのネットワーキングを提供する、完全に冗長性を持つ専用メトロファイバー上に構築された、高帯域幅、低レイテンシーのネットワーキングで相互接続されています。AZ 間のすべてのトラフィックは暗号化されます。AZ 間の同期レプリケーションを実行するのに十分なネットワークパフォーマンスを備えています。AZ により、高可用性実現を目的にしたアプリケーションの分割が簡単になります。アプリケーションが AZ 間で分割されている場合、企業は停電、落雷、竜巻、地震などの問題からより安全に隔離され保護されます。各 AZ はそれぞれ他の AZ から物理的に意味のある距離、つまり数キロメートル離れていますが、互いにすべて 100 km (60 マイル) 以内に配置されています。

サービス

AWS では、コンピューティング、ストレージ、データベース、分析、ネットワーク、機械学習および AI、モバイル、デベロッパー用ツール、IoT、セキュリティ、エンタープライズアプリケーションなど、グローバルなクラウドベース製品を幅広く利用できます。 

次のコアサービスは、すべてのリージョンでローンチされます。 Amazon API Gateway、Amazon Aurora、Amazon CloudWatch、Amazon DynamoDB、Amazon EC2 Auto Scaling、Amazon ElastiCache、Amazon Elastic Block Store (EBS)、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、Amazon Elastic Container Registry (ECR)、Amazon Elastic Container Service (ECS)、Amazon Elastic MapReduce (EMR)、Amazon OpenSearch Service、Amazon EventBridge、Amazon Kinesis Data Streams、Amazon Redshift、Amazon Relational Database Service (RDS)、Amazon Route 53、Amazon Simple Notification Service (SNS)、Amazon Simple Queue Service (SQS)、Amazon Simple Storage Service (S3)、Simple Workflow Service (SWF)、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、AWS Application Auto Scaling、AWS Certificate Manager、AWS CloudFormation、AWS CloudTrail、AWS CodeDeploy、AWS Config、AWS Database Migration Service、AWS Direct Connect、AWS Identity & Access Management (IAM)、AWS Key Management Service、AWS Lambda、AWS Marketplace、AWS Health Dashboard、AWS Step Functions、AWS サポート、AWS Systems Manager、AWS Trusted Advisor、AWS VPN、および Elastic Load Balancing (ELB)。

また、次のサービスは、通常、新リージョンのローンチから 12 か月以内に開始されます。Amazon Athena、Amazon CloudFront、Amazon Elastic File System (EFS)、Amazon Elastic Kubernetes Services (EKS)、Amazon GuardDuty、Amazon Kinesis Firehose、Amazon MQ、Amazon SageMaker、AWS Backup、AWS Batch、AWS Certificate Manager Private Certificate Authority、AWS Chatbot、AWS CodeBuild、AWS コンソールモバイルアプリケーション、AWS Directory Service、AWS Fargate、AWS Glue、AWS LakeFormation、AWS License Manager、AWS Organizations、AWS Resource Access Manager (RAM)、AWS Secrets Manager、AWS Security Hub、AWS Service Catalog、AWS Storage Gateway、AWS Transit Gateway、AWS WAF、および AWS X-Ray。

AWS 日本担当チームの担当者に問い合わせることで、ローカルリージョンサービスへの関心を共有したり、サービスロードマップの情報をリクエストしたりできます。また、(NDA の下で) サービスの相互関係に関する理解を深めることもできます。 なお、その性質上、AWS の一部のサービスはリージョンごとにではなく、グローバルに提供されます。このようなサービスには、Amazon Route 53、Amazon Chime、Amazon WorkDocs、Amazon WorkMail、Amazon WorkSpaces、および Amazon WorkLink が含まれます。

ローカル ゾーン

AWS Local Zones では、コンピューティング、ストレージ、データベース、およびその他の選択された AWS のサービスを、エンドユーザーから近い場所に配置します。AWS Local Zones を使用すると、メディア & エンターテインメントのコンテンツ制作、リアルタイムゲーミング、貯水池のシミュレーション、電子自動設計、そして機械学習など、エンドユーザーに対するレイテンシーが 10 ミリ秒未満であることが要求される高性能なアプリケーションを簡単に実行できます。

各 AWS Local Zone でのロケーションは AWSリージョンを拡張したものであり、Amazon Elastic Compute Cloud、Amazon Virtual Private Cloud、Amazon Elastic Block Store、Amazon File Storage および Amazon Elastic Load Balancing などの AWS のサービスを使用して、地理的にエンドユーザーと近い場所で、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションを実行できます。AWS Local Zones では、ローカルと AWS リージョンでそれぞれ実行中のワークロード間で高帯域幅かつ安全な接続が利用できます。同じ API とツールセットを介してすべてのリージョン内サービスにシームレスに接続します。

AWS Wavelength

AWS Wavelengthを使用すると、開発者はモバイルデバイスおよびエンドユーザーに対して 数ミリ秒単位のレイテンシーを実現するアプリケーションを構築できます。AWS デベロッパーは、Wavelength Zone にアプリケーションをデプロイできます。Wavelength Zone は、5G ネットワークのエッジにある通信プロバイダーのデータセンターに、AWS のコンピューティングおよびストレージサービスを組み込んだ AWS インフラストラクチャのデプロイです。デベロッパーは、そのリージョンで幅広い AWS のサービスにシームレスにアクセスできます。これによりデベロッパーは、ゲーム、ライブ動画ストリーミング、エッジでの機械学習推論、拡張現実やバーチャルリアリティ (AR/VR) など、10 ミリ秒未満のレイテンシーが必要なアプリケーションを実現できます。AWS Wavelength により、AWS のサービスを 5G ネットワークのエッジで提供できるため、モバイルデバイスからアプリケーションに接続する際のレイテンシーを最小限に抑えることができます。アプリケーショントラフィックは、モバイルプロバイダーネットワークから出ることなく、Wavelength Zone で実行されるアプリケーションサーバーに到達できます。これにより、インターネットまでの間にある、100 ミリ秒以上のレイテンシーを引き起こし得る余分なネットワークホップ数が削減されるため、お客様は、5G の広い帯域幅と低いレイテンシーを使い切らずにすみます。

AWS Outposts

AWS Outposts により、ネイティブの AWS のサービス、インフラストラクチャ、運用モデルをほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミスの施設で利用できるようになります。同じ AWS の API、ツール、インフラストラクチャをオンプレミス全体と AWS クラウドで使用できるため、真に一貫したハイブリッドエクスペリエンスが提供されます。AWS Outposts はコネクテッド環境向けに設計されたものです。低レイテンシー、もしくはローカルでデータを処理する必要があるためにオンプレミスに残されているワークロードをサポートできます。

開始方法

Lorem ipsum title

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.Sed porttitor nisi at accumsan eleifend.

説明的な link »

Lorem ipsum title

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.Sed porttitor nisi at accumsan eleifend.

説明的な link »

Lorem ipsum title

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.Sed porttitor nisi at accumsan eleifend.

説明的な link »

AWS の詳細を見る