AWS Local Zones

レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションをエンドユーザーにより近い場所で実行

AWS Local Zones は AWS インフラをデプロイするタイプのサービスで、AWS のコンピューティング、ストレージ、データベース、その他の選択サービスを大規模な集団、産業、IT センターの近くに配置します。AWS Local Zones では、特定の地域のエンドユーザーの近くで 1 桁のミリ秒のレイテンシーを必要とするアプリケーションを簡単に実行できます。AWS Local Zones は、メディアとエンターテインメントのコンテンツ作成、リアルタイムゲーム、ライブビデオストリーミング、機械学習の推論などのユースケースに最適です。

AWS Local Zones は AWSリージョンを拡張したもので、Amazon Elastic Compute CloudAmazon Virtual Private CloudAmazon Elastic Block StoreAmazon FSxAmazon Elastic Load BalancingAmazon EMRAmazon ElastiCacheAmazon Elastic Kubernetes ServiceAmazon Elastic Container ServiceAmazon Relational Database Service などの AWS のサービスを使用して、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションを、地理的にエンドユーザーの近くで実行できます。AWS Local Zones により、ローカルのワークロードと AWS リージョンで実行中のワークロードとの間に、広帯域かつ安全な接続が提供されます。同じ API とツールセットを介して、リージョンで実行している他のワークロードや、リージョン内の全種類のサービスにシームレスに接続できるようになります。

AWS Local Zones は AWS が管理とサポートを行っており、クラウドが持つ弾力性、スケーラビリティ、セキュリティといったすべてのメリットを享受できます。AWS のサービスを使用して、エンドユーザーのより近くでレイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションを簡単に構築し、デプロイし、スケールアップやスケールダウンを行うことが可能となります。また、お支払いは使用したリソース分のみです。これにより、一貫した AWS の使用体験が得られます。

ボストン、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミの AWS Local Zones の使用をここから始めましょう。

追加の AWS Local Zones に関する情報をリクエストするには、ここをクリックしてください。

利点

低レイテンシーおよびローカルデータ処理

AWS Local Zones は、コンピューティング、ストレージ、データベース、その他の厳選された AWS のサービスをエンドユーザーの近くに配置することで、新たな可能性を切り開き、より多くのエンドユーザーが望んでいる 1 桁台のミリ秒のレイテンシーに抑えて、革新的なアプリケーションとサービスを実現します。AWS Local Zones では、高いスループットを必要とするアプリケーションをサポートし、エンドツーエンドのスループット要件を減らすこともできます。

変わらない AWS の使用体験

AWS Local Zones では、クラウドで使い慣れたものと同じ AWS インフラストラクチャ、サービス、API、ツールセットを使用できます。アプリケーションは親リージョンでの幅広いサービスに、高速で安全かつシームレスにアクセスできます。

柔軟でスケーラブル

AWS Local Zones は AWS のグローバルインフラストラクチャの一部であるため、弾力性、可用性、選択、従量課金制など、AWS リージョンが今日提供している利点を享受できます。小さい規模から始めて、ニーズの広がりに応じて拡張でき、使用したリソースに対してのみお支払いいただきます。

仕組み

AWS Local Zones のしくみ

ユースケース

メディアとエンターテインメント用コンテンツの作成

AWS Local Zones に地理的に近いアーティスト向けに、ライブプロダクション、動画編集、グラフィックを多用する仮想ワークステーションなど、レイテンシーの影響を受けやすいワークロードを実行します。セキュリティと運用効率を向上させながら、レイテンシーの制限や容量の制約を取り除くことにより、コンテンツの作成を加速します。

リアルタイムでのマルチプレイヤーゲーム

レイテンシーの影響を受けやすいゲームサーバーを AWS Local Zones にデプロイすることで、リアルタイムでのマルチプレイヤーゲームセッションを実行し、信頼性の高いゲームプレイを継続して体験できます。AWS Local Zones では、ゲームサーバーがこれまで以上にプレーヤーに近づき、リアルタイムでインタラクティブなゲーム内体験を実現できます。

動画ストリーミング

1 桁のミリ秒のレイテンシーとエンドユーザーへの高い忠実度を持つライブストリーム動画コンテンツ。イベントの近くで動画コンテンツの計算と分析を実行し、エンドユーザーの近くのアベイラビリティーゾーンと AWS Local Zones にシームレスに拡張して、忠実度の高いストリーミングを実現します。

AR/VR

AWS Local Zones を利用してエンドユーザーの近くで計算と分析を実行することにより、AR/VR アプリケーションをサポートします。現実的な顧客体験を提供するために必要な 20 ミリ秒未満をベンチマークとして、モーションからフォトン (MTP) までのレイテンシーを効果的に削減します。

機械学習

モデルを継続的に簡単にホストおよびトレーニングして、高性能で低レイテンシーの推論を可能にします。AWS Local Zones でデータを操作し、アルゴリズムを実験し、出力をより速く視覚化しましょう。

エンジニアリングシミュレーション

地球科学の探査、ゲノミクス、財務リスクモデリング、チップ設計などの計算集約型のシミュレーションを、ローカルリソースやエンドユーザーの近くで実行します。超低レイテンシーの要件を満たしながら、機会を拡大し、意思決定を最適化し、複雑な設計の問題を解決します。

お客様事例

Dish

DISH Network Corporation は接続会社です。1980 年以来、破壊的な力として機能し、消費者のためにイノベーションと価値を推進してきました。

「新しいキャリアとして、AWS とその広範なパートナーネットワークを活用することで、高度に自動化された 5G ネットワークを運用し、AWS のトレーニングを受けたデベロッパーの才能を活用し、顧客が新しい 5G アプリケーションをかつてないほど早く市場に投入できるよう支援することで差別化を図ることができます。」 Charlie Ergen 氏、DISH 共同創設者兼会長
AWS と DISH を使用したクラウドネイティブ 5G ネットワークの再発明 (3:25)
Edgegap

Edgegap は、プレーヤーに最高のオンライン体験を提供することに焦点を当てた、大手ゲームホスティングサービスプロバイダーです。 

「世界中からのプレーヤーがいるゲームスタジオがあります。どこにいてもプレーヤーに最高のオンライン体験を提供できることが、当社にとっての競争優位性です。高いまたは不安定なレイテンシーに対処することは、最悪のゲーム体験の 1 つであり、ライフサイクルを通じて収益化されるゲームが増えるにつれて、一貫して優れたエクスペリエンスを提供できることは、ゲームスタジオの収益創出の問題に直結します」と、Edgegap Technologies の CEO である Mathieu Duperré 氏は述べています。  「AWS Local Zones を使用すると、Edgegap はプレーヤーのいる場所にさらに近づけてデプロイできるようになり、ゲーム体験は新たな高みに引き上げられます。Triple Hill Interactive や格闘ゲームの Die by the Blade など、一部のクライアントにとって、最高の条件で世界規模の 1 対 1 のオンライントーナメントを開催できることは、従来のサービスプロバイダーでは不可能でした。Agog やペースの速いアリーナシューティングゲームの Brutal Grounds などの他のプレイヤーにとって、すべての試合は、すべてのプレーヤーに公平な環境を提供するために最適な場所に配置する必要があります。独立系ゲームデベロッパーの Cofa Games と同社の MOBA Awakening of Heroes にとって、シンプルな API 呼び出しで増え続ける場所を活用できることは、時間の節約になります。AWS Local Zones は、これらすべてのシナリオでプレーヤーエクスペリエンスを強化できる柔軟性を提供してくれます。」
JackTrip Labs

JackTrip Labs は、最新のデジタルオーディオとエッジコンピューティングテクノロジーを組み合わせて、インターネットを介した音楽パフォーマンスを実現可能にし、誰もがアクセスできるようにします。JackTrip Labs は、スタンフォード大学の CCRMA (Center for Computer Research in Music and Acoustics) とシリコンバレーのソフトウェア起業家とのコラボレーションである JackTrip Foundation から独立公益法人としてスピンアウトしました。

「JackTrip は、低レイテンシーのオーディオハードウェアとデジタル信号処理エッジサーバーを使用して、ミュージシャンが自宅のインターネット接続を介してライブで一緒に演奏できるようにします。AWS Local Zones を使用すると、新しい API やツールを習得しなくても、アプリケーションを重要な市場に簡単に拡張できます」と、JackTrip Labs の CEO である Mike Dickey 氏は述べています。「ボストン、ヒューストン、マイアミ、その他の Local Zones にいるミュージシャンが JackTrip を利用できるようになったのは、素晴らしいことです。」
Masomo

2015 年に設立された Masomo は、モバイルゲームにおけるソーシャルの力を変革するインタラクティブエンターテインメント企業です。 

「レイテンシーの影響を受けやすいゲームサーバーの一部を世界中のさまざまな場所にデプロイして、より低いレイテンシーによってエンドユーザーの幅を広げています」と、Masomo の CTO である Oğuzhan Yilmaz 氏は言いました。「エンドユーザーに低レイテンシーのゲームプレイを提供することは、公平性と一貫したプレーヤーエクスペリエンスを確保するうえで不可欠な部分です。AWS Local Zones を使用すると、全国の多くの都市で 1 桁台のミリ秒レベルのレイテンシーと近接性が得られ、エンドユーザーのレイテンシーを改善し、解約率を減らし、優れたエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。」 
Mindbody

Mindbody は、フィットネス、ウェルネス、美容業界向けの大手テクノロジープラットフォームです。 

 「当社には、既存のオンプレミスデータセンターで実行されている相互依存アプリケーションのポートフォリオがあります。しばらくの間、これらのワークロードをパブリッククラウドに移行することを検討してきました。ただし、エンドユーザーにシームレスなエクスペリエンスを保証しながら、このような複雑で相互依存するアプリケーションを同時にクラウドに移行することはとても困難です」と、Mindbody の生産エンジニアリング担当シニアディレクターである John Strong 氏は語りました。  「AWS Local Zones は、ここで当社にとって重大な問題を解決してくれました。Local Zones を使用して、アーキテクチャを大幅に変更することなく、複雑なレガシーオンプレミスアプリケーションを AWS に移行しています。Local Zones への直接接続により、Local Zones で実行されているアプリケーションとオンプレミスインストールの間で超低レイテンシーの通信を提供するハイブリッド環境を確立できるのです。これにより、アプリケーションを段階的に移行できるようになり、移行が大幅に簡素化されると同時に、進行中のハイブリッドデプロイによりビジネスリスクを軽減できます。」
Netflix

Netflix は世界でも有数のストリーミングエンターテイメントサービスで、190 か国で 1 億 9,000 人を超える有料会員が、幅広いジャンルと言語のテレビシリーズ、ドキュメンタリー、フィーチャー映画を楽しんでいます。 

「当社には、日常的に使用するオンプレミスインフラストラクチャをクラウドに導入することで利益を得ることができる多くのアーティストやコンテンツクリエーターがいます。ただし、特に 3D モデルとアニメーションのコンパイルやレンダリングにかかる時間に関しては、秒の単位で重要です。しばらくの間、クラウドのパフォーマンス、伸縮自在性、コストのメリットを活用するために、こうしたアーティストのワークステーションを AWS に移行したいと考えていました。ただし、こうしたアプリケーションはインタラクティブであるため、優れた作業体験を得るには、アーティストがワークステーションに非常に低レイテンシーでアクセスできる必要があります」と、Netflix のクラウドインフラストラクチャエンジニアリング担当ディレクターである Nils Pommerien 氏は述べています。「クラウドリソースをアーティストに近づける AWS Local Zones は、こうしたアプリケーションに大きな変革をもたらしました。AWS の高性能で費用効果の高いコンピューティングリソースへのアクセスを利用することで、コンテンツ作成プロセスの一部を AWS Local Zones に移行すると同時に、アーティストのエクスペリエンスをさらに向上させることができました。」
Ubitus

Ubitus はクラウドゲームテクノロジーのリーダー企業です。 

「当社は、ゲーマーに近づくために、世界中にレイテンシーに敏感なゲームサーバーをデプロイしています」と、Ubitus の CEO である Wesley Kuo 氏は語りました。「エンドユーザーに低レイテンシーのゲームプレイを提供することは、公平性と一貫したプレーヤーエクスペリエンスを確保するうえで不可欠な部分です。一貫したユーザーエクスペリエンスを保証するために、これまで、ゲームサーバーを全国のさまざまな都市のプレーヤーに近づけようとしましたが、時間とコストがかかりすぎました。AWS Local Zones は当社にとってのゲームチェンジャーです。今では、全国の多くの都市にゲームサーバーのクラスターを簡単にデプロイしてテストできるため、すべてのお客様がどこにいても一貫したエクスペリエンスを得ることができます。」

ご利用いただけるロケーション

AWS Local Zones は、ボストン、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミで一般利用できるようになりました。AWS Local Zones の使用を開始するには、こちらをご覧ください。

AWS Local Zones の追加ロケーションに関心がある場合はお知らせください。

開発中 – 2020 年にさらに 3 つの AWS Local Zones、2021 年にさらに 12 の AWS Local Zones
 
2020 年 12 月 1 日
 
ロサンゼルスで 2 つ目の Local Zones を発表
 
2020 年 8 月
 
Low-latency computing with AWS Local Zones – Part 1
 
2020 年 6 月 23 日
 
ロサンゼルスの Local Zones から AWS が利用可能に
 
2019 年 12 月 3 日
 
Standard Product Icons (Features) Squid Ink
製品の機能を見る
詳細 
Sign up for a free account
AWS Local Zones の使用を開始する
開始方法 
Standard Product Icons (Features) Squid Ink
よくある質問を確認する
詳細はこちらから