投稿日: Aug 14, 2019

Amazon RDS は AWS GovCloud (米国) にて、PostgreSQL のメジャーバージョン 11 のサポートを開始しました。PostgreSQL 11 には、パーティショニングや並列処理の強化や、その他の多くの便利なパフォーマンス強化 (例: 各列にデフォルトの非 NULL 列をすばやく追加できる機能) が含まれています。このバージョンには、プロシージャ内部への組み込みトランザクションを可能にする SQL ストアドプロシージャが含まれています。 

PostgreSQL データベースのアップデートの発表に伴い、Amazon RDS for PostgreSQL が PostgreSQL のマイナーバージョン 11.4、10.9、9.6.14、9.5.18、9.4.23 をサポートするようアップデートされました。 このリリースには、重要なセキュリティ修正と、PostgreSQL コミュニティによって行われたバグ修正と他の機能改善などの累積修正が含まれています。 

PostgreSQL の拡張機能である、pgaudit が 1.3.0、1.3.2 に、pglogical が 2.2.1 に、PLV8 が 2.3.8 に、PostGIS が 2.5.1 に、prefix が 1.2.8 に、wal2json がハッシュ 9e962ba に更新されています。新しい拡張機能である pgTAP が追加され、PostgreSQL バージョン 11.2 以降でサポートされます。pgTAP はデータベース関数一式で、psql スクリプトによる単体テストを簡単に作成できます。PostgreSQL のバージョン 11、10、9.6、9.5 で拡張機能の pg_hint_plan が 1.3.2 に更新されました。さまざまな RDS PostgreSQL のバージョンでサポートされる各種拡張機能やモジュールについては、ドキュメントを参照してください。 

Amazon S3 インポート機能は、PostgreSQL 11.1、10.7 や、それ以降のバージョンで利用可能です。PostgreSQL の機能の複数のメジャーバージョンアップグレードがサポートされるようになりました。これにより、複数のメジャーバージョンにわたるメジャーバージョンアップグレードを実行できます。アップグレード元やアップグレード先としてサポートされている PostgreSQL のバージョンの詳細、およびアップグレードプロセスに関連した制限事項については、メジャーバージョンアップグレードのドキュメントを参照してください。 

この新しいバージョンを使用するには、AWS GovCloud のマネジメントコンソールで数クリックし、新しい Amazon RDS for PostgreSQL データベースインスタンスを作成します。 インスタンスのアップグレードの詳細については、Amazon RDS for PostgreSQL のユーザーガイドを参照してください。 

Amazon RDS for PostgreSQL では、クラウド内で PostgreSQL デプロイのセットアップ、運用、スケールを簡単に実行できます。料金詳細や利用できるリージョンについては、Amazon RDS for PostgreSQL の料金を参照してください。