投稿日: Aug 28, 2020

Amazon EC2 では、EBS-backed Amazon EC2 M5a および R5a インスタンスを休止状態にできるようになりました。これで、M5a および R5a インスタンスタイプで実行中の新しく起動したインスタンスを休止状態にできます。休止機能により、ワークロードを一時停止、および後で保存した状態から再開する利便性を提供します。休止機能は、ちょうどノートパソコンのカバーを開閉した時のように、アプリケーションを作業を一時停止した状態から再開できます。

休止機能を使うことで、検索からアプリケーションを設定する手間を省き、アプリケーションの起動にかかるブートストラップの時間を低減すると同時に、不要なときに EC2 インスタンスを一時停止することで費用を抑えることができます。休止機能を使用すれば、事前ウォーミング済みのインスタンス群を維持することで、既存のアプリケーションを修正することなく、より迅速に稼働状態に入ることができます。

休止機能は、Amazon Linux、Amazon Linux 2、Ubuntu 16.04 および 18.04 LTS、 および Windows Server 2012、2012R2、2016、2019 を実行する、C3、C4、C5、M3、M4、M5、M5a、R3、R4、R5、R5a、T2 インスタンスで稼働するオンデマンドインスタンスとリザーブドインスタンスでご利用いただけます。Windows の場合、休止機能がサポートされるのは最大 16 GB の RAM のインスタンスまでです。その他のオペレーティングシステムの場合、休止機能がサポートされるのは RAM が 150 GB 未満のインスタンスです。

この機能は、追加料金なしで AWS CloudFormationAWS マネジメントコンソールAWS SDKAWS Tools for Powershell または AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) を通して利用できます。休止機能の詳細は、こちらのブログを参照してください。EC2 インスタンスの休止機能の有効化については、よくある質問または技術ドキュメントをご覧ください。