投稿日: Oct 19, 2020

Porting Assistant for .NET がオープンソースになりました。これで、評価のための新しい推奨事項を使用してデータセットを拡張し、拡張されたデータセットを使用してプロジェクトの非互換性をスキャンできるようになりました。また、既存のデータセットを確認して、提案することもできます。ユーザーは開発プロセスに積極的に参加し、自分の経験や専門知識をツールにもたらすことができます。GitHub で未解決の問題を確認したり、よく知っている問題についてコメントしたり、提案を行ったり、質問したり、新しい議論を始めたい場合は新しい問題を開いたりできます。互換性分析コンポーネント、評価 API、および評価で使用するデータセットのソースコードは、Apache 2.0 ライセンスに基づいてリリースされます。 

また、Porting Assistant for .NET Assistant for .NETは、ロードマップを公開して、顧客が即座にフィードバックを提供し、機能の優先順位付けを支援できるようにします。ロードマップは、コミュニティユーザーが要求した機能や提起した問題を組み込むことで、継続的に更新されます。 

Porting Assistant は、.NET Framework アプリケーションでの NuGet パッケージの依存関係と API の使用状況の両方を分析します。互換性と移植作業を評価することで、この Assistant は、プロジェクトファイルを新しい .NET Core 形式に変換するために必要な手動での作業を排除し、移植プロセスを支援します。Porting Assistant for .NET は、無料でダウンロードして、移植作業に使用できます。 

詳細については、ドキュメントでツールについて読むか、GitHub リポジトリを確認するか、ブログ記事をお読みください。