投稿日: Dec 15, 2020

AWS は、規範的な学習プログラムを通して、AWS のサービスを使った IoT アプリケーションの構築を学ぶ簡単な方法である AWS IoT EduKit を導入しました。AWS IoT EduKit により、リファレンスハードウェアキットを一連の分かりやすいガイドおよびサンプルコードと組み合わせることで、学生から上級エンジニアや専門家のデベロッパーがエンドツーエンドの IoT アプリケーションを構築するハンズオン経験を得られます。詳細については、AWS IoT EduKit を参照してください。

デベロッパーの方は、AWSパートナーである M5Stacks 社からリファレンスのハードウェアキットを購入することで利用を開始できます。リファレンスハードウェアキットには、コントロール用のタッチスクリーン、温度センサー、アクセロメーター、ジャイロセンサー、マイクなどの一般的な IoT センサーが含まれています。キットには、Espressif 社の ESP32 マイクロコントローラーが使用され、ハードウェアの信頼のルートを維持するために Microchip 社のセキュリティチップが内蔵されています。リファレンスハードウェアキットは、FreeRTOS、Arduino、MicroPython をサポートしています。そのためデベロッパーは、希望するソフトウェアフレームワークを IoT アプリケーション向けに選択できます。リファレンスハードウェアキットを購入するには、Amazon.com または M5Stack store にアクセスしてください。

ハードウェアキットを購入したら、入門ガイドにアクセスし、ステップに従って Espressif RainMaker モバイルアプリを電話にインストールしてください。Espressif RainMaker モバイルアプリで、AWS IoT EduKit のリファレンスハードウェアのコントロールと AWS IoT への接続が許可されます。次に、AWS IoT EduKit のウェブサイトで利用可能な無料プロジェクトのリストからプロジェクトを選択します。Amazon SageMaker Autopilot を使った基本的に接続するホームアプリケーションの構築および機械学習モデルの実行の刑事的な進捗、または AWS IoT (AFI)用の Alexa Voice Service Integration を使った Voice Assisted Smart ホームアプリケーションの構築から始めてください。

詳細については、AWS IoT EduKit ページを参照してください。