Amazon MQ

オープンソースメッセージブローカー向け完全マネージド型サービス

Amazon MQ は、AWS でメッセージブローカーの設定や運用を簡単に行えるようにしてくれる、 Apache ActiveMQ および RabbitMQ 向けのマネージド型メッセージブローカーサービスです。Amazon MQ は、メッセージブローカーのプロビジョニング、セットアップ、メンテナンスを管理することにより、運用上の責任を軽減します。Amazon MQ は業界標準の API とプロトコルを使用して現在のアプリケーションに接続するため、コードを書き直すことなく AWS に簡単に移行できます。

利点

迅速な移行

JMS、NMS、AMQP 1.0 および 0-9-1、STOMP、MQTT、WebSocket などの業界標準 API やメッセージング用プロトコルを使用しているため、現在のアプリケーションを簡単に Amazon MQ に接続することができます。これにより、アプリケーションのエンドポイントを更新して Amazon MQ に接続するだけで、これらの標準を使用するメッセージブローカーから AmazonMQ に移行できます。

運用上の責任を軽減

Amazon MQ は、メッセージブローカーの管理とメンテナンスを管理し、インフラストラクチャを自動的にプロビジョニングして可用性を高めます。ハードウェアをプロビジョニングしたり、ソフトウェアをインストールして管理したりする必要はありません。Amazon MQ が、ソフトウェアのアップグレード、セキュリティの更新、障害の検出と回復などのタスクを自動的に管理します。

耐久性のあるメッセージングを簡単に実現

Amazon MQ は、メッセージブローカーに接続する際に、高可用性とメッセージの耐久性のために自動的にプロビジョニングされます。Amazon MQ は、AWS リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) にメッセージを冗長的に保存し、コンポーネントまたは AZ に障害が発生した場合でも引き続き利用できます。

仕組み

メッセージブローカーではさまざまなソフトウェアシステムを使用して、情報のやり取りや交換を実行します。多くの場合、そのようなシステムではさまざまなプログラミング言語を多様なプラットフォームで使用します。

Amazon MQ コンソールで数回クリックするだけで、Amazon MQ はブローカーにバージョンアップグレードのサポートをプロビジョニングするため、Amazon MQ がサポートする最新バージョンをいつでも使用できます。ブローカーを設定すると、アプリケーションはメッセージを生成および消費できます。

Amazon MQ HIW 図
SkipTheDishes についてのお客様の声
「既存のメッセージングシステムでは、サーバーやクライアントライブラリのメンテナンスにはエキスパートが必要でした。Amazon MQ では、数千の永続的イベントに対して 100 ミリ秒未満のレイテンシーを実現しており、システムに分散しているアプリケーションでも最新の情報を提供することができます。また、Amazon MQ では、サーバーのメンテナンスに手間がかからないため、クライアントやアプリケーションコードに集中することもできます。」

- SkipTheDishes、主任アーキテクト、Braden Schmidt

最新情報

日付
  • 日付
その他…

Amazon MQ の使用を開始する

Amazon MQ チュートリアル
製品の特徴を見る
Amazon MQ の詳細
詳細 »
無料のアカウントにサインアップ
無料のアカウントにサインアップ
AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
サインアップ »
Amazon MQ を利用して構築を開始する
AWS コンソールで構築を開始する
AWS マネジメントコンソールで Amazon MQ を使った構築を始めましょう。
使用を開始する »