よくある質問

  • Amazon MQ とは何ですか?

    Amazon MQ は、クラウド内のメッセージブローカーを容易に設定し運用できる、Apache ActiveMQ 向けのマネージド型メッセージブローカーサービスです。Amazon MQ では、オープンソースで人気の高いメッセージブローカーである ActiveMQ の管理とメンテナンスが行われます。基盤となるインフラストラクチャは、高可用性とメッセージの耐久性を実現するために自動的にプロビジョニングされ、アプリケーションの信頼性をサポートします。Amazon MQ を使用すると、ActiveMQ のコンソールと、JMS、NMS、AMQP、STOMP、MQTT、WebSocket といったメッセージング向けの業界標準 API およびプロトコルに直接アクセスできます。アプリケーション内のメッセージングコードを書き換える必要がないので、これらの規格を使用するあらゆるメッセージブローカーから Amazon MQ に簡単に移行できます。

  • Amazon MQ はどのような利用者に適していますか?

    Amazon MQ は、オンプレミスであれクラウドであれ、現在メッセージブローカーを自身で管理しており、アプリケーション内のメッセージングコードを書き直すことなく完全マネージド型クラウドサービスに移行したいと考えている、エンタープライズの IT 専門家、開発者、アーキテクトに適しています。

  • Amazon MQ は私に代わって何を管理してくれるのですか?

    ブローカーインスタンスやストレージに必要なインフラストラクチャキャパシティーのプロビジョンから、ブローカーソフトウェアのインストールまで、メッセージブローカーの設定に関わる作業は Amazon MQ によって管理されます。ブローカーをセットアップして実行すると、実行中のソフトウェアのアップグレード、セキュリティ更新、障害の検出とリカバリは Amazon によって管理されます。Amazon MQ では、メッセージが複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) に冗長的に保存され、耐久性が確保されます。アクティブ/スタンバイブローカーを使用すれば、障害発生時に Amazon MQ がスタンバイインスタンスに自動的にフェイルオーバーするため、メッセージの送受信を継続できます。

  • Amazon MQ のブローカーのネットワークとは何ですか?

    Amazon MQ は Apache ActiveMQ の一部である「ブローカーのネットワーク」機能を利用しています。ブローカーのネットワークは、お互いにつながっている複数のブローカーで構成されています。ネットワーク内のブローカーは、それぞれのブローカーがホストするクライエントと送信先に関する情報を共有します。ブローカーはこの情報を使って、ネットワークを通してメッセージをルーティングします。Amazon MQ では、ネットワーク内のブローカーは、アクティブ-スタンバイブローカー (ネットワーク内の各アクティブブローカーには、共有ストレージを備えたスタンバイノードがあり、アクティブノードに障害が発生した場合に引き継ぎます) か、または単一インスタンスのブローカー (ノードに障害が発生した場合、再起動するまで使用できなくなります) のどちらかです。ネットワーク内の各ブローカーは、リージョン内の複数の AZ にレプリケートされる独自のメッセージストアを保持します。ネットワーク内のノードは、メッセージを互いに転送するので、メッセージはいつでも単一のブローカーによって格納されます。

    ブローカー障害の場合に高速再接続のある高可用性を必要とする場合や、水平方向にスケーリングする必要がある場合は、ブローカーのネットワークを使用する必要があります。

  • Amazon MQ と、自分で管理する Amazon EC2 の ActiveMQ はどのように使い分ければよいですか?

    メッセージブローカーと基盤となるインフラストラクチャをどこまで詳細に管理したいかによって選択は異なります。Amazon MQ はマネージド型のメッセージブローカーサービスであり、ブローカーのセットアップ、モニタリング、メンテナンス、高可用性と耐久性を備えた基盤となるインフラストラクチャのプロビジョンなど、ActiveMQ の運用を処理します。運用オーバーヘッドと関連コストの削減を希望する場合、Amazon MQ が適しています。機能や設定のカスタマイズを細かくコントロールしたい場合やカスタム ActiveMQ プラグインを使用したい場合には、ActiveMQ を Amazon EC2 に直接インストールして実行することを検討できます。

  • ActiveMQ 以外のメッセージブローカーを使用している場合、どのように移行できますか?

    Amazon MQ には、Java Message Service (JMS) や .NET Message Service (NMS) などの一般的なメッセージング API、および AMQP、STOMP、MQTT、WebSocket といったプロトコルとの互換性があります。このため、どのような標準に準拠したメッセージブローカーからでも、アプリケーション内のメッセージングコードを書き換えることなく Amazon MQ に切り替えられます。多くの場合、Amazon MQ ブローカーのエンドポイントを更新するだけで、既存のアプリケーションに接続して、メッセージの送信を開始できます。

  • Amazon MQ は AWS の他のサービスとどのように連携しますか?

    Amazon EC2Amazon ECSAWS Lambda などの AWS コンピューティングサービスで実行されるアプリケーションであれば、Amazon MQ を使用できます。Amazon MQ は以下の AWS サービスとも統合されています: 

  • Amazon MQ でのメッセージングの耐久性はどのようなものですか?

    ActiveMQ が永続モードで使用される場合、各メッセージは複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) に冗長的に保存されます。メッセージストアには、ストアが位置するリージョン内のすべての AZ から同時にアクセスできます。このため、メッセージブローカーは同一リージョン内で 1 つの AZ から別の AZ にメッセージを失うことなくフェイルオーバーできます。

  • Amazon MQ の使用を開始するには、どうすればよいですか?

    Amazon MQ では、クラウド内のメッセージブローカーの設定や運用を簡単に行えます。Amazon MQ を使用すれば、AWS マネジメントコンソール、CLI、API コールを使用して、本番環境に対応したメッセージブローカーを数分で起動できます。多くの場合、Amazon MQ ブローカーのエンドポイントを更新するだけで、既存のアプリケーションに接続してメッセージの送信を開始できます。

    短いチュートリアルの「Create a Connected Message Broker」を試して、今すぐ使用を開始しましょう。

  • Amazon MQ の使用に対してどのように課金されますか?

    Amazon MQ では、実際に使用した分のみ料金が発生します。使用したブローカーインスタンスとストレージ、および標準のデータ転送料金について課金されます。1 年間の無料利用枠を利用して、Amazon MQ の使用を簡単に開始できます。詳細については、Amazon MQ 料金を参照してください。

  • Amazon MQ はどのバージョンの ActiveMQ をサポートしていますか?

    Amazon MQ は、ActiveMQ のバージョン 5.15.0、 5.15.6 および 5.15.8 をサポートしています。

  • Amazon MQ はコンプライアンス基準を満たしていますか?

    はい。Amazon MQ は HIPAA の利用資格があり、PCI、SOC、および ISO コンプライアンスの基準を満たしています。

    Amazon MQ は HIPAA の利用資格があるので、保護医療情報 (PHI) を含むメッセージなど、医療システム間でメッセージの保存や送信に使用できます。Amazon MQ は PCI DSS に準拠しているため、支払い情報の処理、保存、送信に使用できます。Amazon MQ は ISO 9001、27001、27017、および 27018 に認定されています。 これらの認定は、クラウドにおける品質と情報セキュリティ管理、個人情報の保護を証明している、最も認知度の高いグローバルセキュリティ基準です。Amazon MQ は SOC 1、2 および 3 に準拠しており、顧客データを保護するセキュリティプロセスおよびコントロールについての深い洞察を得ることができます。

    AWS サービスとコンプライアンスプログラムの完全なリストについては、「コンプライアンスプログラムの範囲内の AWS サービス」を参照してください。

  • Amazon SQS と SNS に対して、Amazon MQ はどのような場合に使用しますか?

    Amazon MQ、Amazon SQSAmazon SNS は、スタートアップ企業からエンタープライズ企業まで、すべての方にとって適切なメッセージサービスです。既存のアプリケーションで処理しているメッセージングを、クラウドにすばやく簡単に移したい場合、Amazon MQ のご検討をお勧めします。業界標準の API とプロトコルがサポートされているため、どのような標準に準拠したメッセージブローカーからでも、アプリケーション内のメッセージングコードを書き換えることなく Amazon MQ に切り替えられます。クラウド上でまったく新しいアプリケーションを構築される場合は、Amazon SQS と Amazon SNS のご検討をお勧めします。Amazon SQS と SNS は、ほぼ無制限にスケーリングでき、シンプルで使いやすい API を提供する、軽量な完全マネージド型のメッセージキューサービスおよびトピックサービスです。Amazon SQS と SNS を使用して、マイクロサービス、分散型システム、サーバーなしアプリケーションを分離しスケーリングすることで、信頼性を向上できます。

Amazon MQ リソースに関する詳細

リソースのページにアクセスする
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ
ページコンテンツ
よくある質問