Amazon MQ の特徴

マネージド型サービス

Amazon MQ を使用すれば、AWS マネジメントコンソールAWS CloudFormation、コマンドラインインターフェイス (CLI)、シンプルな API コールを使用して、本番環境に対応したメッセージブローカーを数分で起動できます。ハードウェアのプロビジョン、ブローカーの設定、ソフトウェアのアップグレード、障害の検出とリカバリといった管理タスクは Amazon MQ によって処理されます。

高可用性とメッセージの耐久性

Amazon MQ が実行されるインフラストラクチャは、アマゾン ウェブ サービスの他のサービスに使用されるものと同じで、高い信頼性が特長です。Amazon MQ では、メッセージが複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) に冗長的に保存されます。アクティブブローカーやスタンバイブローカーは高可用性を実現するように設計されています。ブローカーに障害が発生した場合や、アベイラビリティーゾーンが完全に停止した場合でさえ、Amazon MQ ではスタンバイブローカーへのフェイルオーバーが自動的に実行され、メッセージの送受信を継続できます。

セキュリティ

Amazon MQ では、保管中と転送中のメッセージを暗号化できます。メッセージが暗号化されたフォーマットで安全に保存されるようにすることも簡単です。ブローカーへの接続には SSL が使用され、Amazon VPC 内のプライベートエンドポイントのみにアクセスを限定できるため、独自の仮想ネットワーク内にブローカーを隔離できます。ブローカーへのネットワークアクセスは、セキュリティグループを設定してコントロールできます。

Amazon MQ は AWS Identity and Access Management (IAM) と統合されており、IAM ユーザーやグループが特定の Amazon MQ ブローカーで利用できるようにアクションをコントロールできます。アプリケーションから ActiveMQ ブローカーへの認証には、ユーザー名とパスワードによる認証が使用されます。

モニタリング

Amazon MQ は Amazon CloudWatch および AWS CloudTrail と統合されています。CloudWatch では、ブローカー、キュー、トピックスのメトリクスをモニターできます。例えば、キューの深さをモニタリングし、メッセージが詰まったときにアラームを生成できます。CloudTrail では、MQ API コールをロギング、連続的にモニター、保持できます。

ブローカーのインスタンスタイプ

Amazon MQ は現在 mq.t2.micro、mq.m4.large、mq.m5.large、mq.m5.xlarge、mq.m5.2xlarge、mq.m5.4xlarge という 6 種類のブローカーインスタンスタイプに対応しているため、CPU、メモリ、ネットワークパフォーマンスをさまざまな組み合わせで利用できます。mq.t2.micro インスタンスは製品の初期評価向けに、mq.m5.large インスタンスはデフォルトの本番使用向けにそれぞれ設計されています。Amazon MQ は、評価やテストの用途に適した単一のインスタンスブローカーと、本番向けに高可用性を備えたアクティブ/スタンバイブローカーの両方に対応しています。

従量制の料金体系

Amazon MQ ではコスト効率に優れた柔軟なキャパシティーが提供され、最低料金もありません。お支払いいただくのは、ブローカーインスタンスを実行した時間数と月ごとに使用したストレージに対する料金です。ブローカーを新しく作成してキャパシティーを増やすことも簡単かつ安価に実行できます。詳細については、Amazon MQ 料金を参照してください。

無料のお試し

AWS 無料利用枠では、1 年間にわたり、単一インスタンスの mq.t2.micro ブローカーを最大 750 時間、ストレージを最大 1 GB、毎月ご利用いただけます。

Apache ActiveMQ の特徴

オープンソースのメッセージブローカー

ActiveMQ は Apache Software Foundation によるオープンソースプロジェクトで、多くの実績と大規模な協力者のコミュニティがあります。ActiveMQ は、業界標準をサポートした、柔軟で強力なエンタープライズグレードのメッセージブローカーで、広く利用されています。 

業界標準の API とプロトコル

ActiveMQ では Java Message Service (JMS) 1.1、.NET Message Service (NMS) といった幅広いクライアントがサポートされ、Node.js、Go、Python、Ruby、C++ など多数の他の言語に対応しています。AMQP、STOMP、OpenWire、WebSocket、MQTT などのワイヤレベルプロトコルも Active MQ でサポートされています。業界標準との互換性があることから、既存のメッセージブローカーからの移行に有利であり、ベンダー間の相互運用性が実現され、ベンダー依存を防止できます。

メッセージング機能

ActiveMQ では、ポイントツーポイント (メッセージキュー)、パブリッシュ/サブスクライブ (トピック)、リクエスト/応答、永続モードと非永続モード、JMS トランザクション、分散 (XA) トランザクションなど、標準的な JMS 機能すべてが提供されています。ベーシックなキューとトピックに加えて、ActiveMQ では複合送信先 (プロデューサーが同一メッセージを複数の送信先に送ることができ、リアルタイム分析に便利である) や仮想送信先 (キューによってサブスクライブする受信者のプールに対し、発行者がトピックによってメッセージをブロードキャストする) など、より複雑なパターンもサポートされています。

信頼できる順序づけされたメッセージ配信

ActiveMQ は、メッセージが意図した受信者に正しい順序で配信されるよう設計されています。ActiveMQ では、あるトピックについて単一のプロデューサーから全コンシューマーに送られるメッセージの順序が維持されます。メッセージグループも ActiveMQ でサポートされており、キューの複数のコンシューマーにグループ内のメッセージを先入れ先出し (FIFO) で処理させることができます。ストアアンドフォワード配信、メッセージ確認通知、失敗したメッセージの回復など、メッセージの処理方法を管理するために役立つ多くの機能が提供されています。ActiveMQ では、メッセージを送信先に配信できなかった場合のメッセージ再配信やデッドレターキュー (DLQ) もサポートされています。

ActiveMQ のその他の特徴

ActiveMQ の特徴の詳細な説明については、Apache ActiveMQ のウェブサイトを参照してください。

Amazon MQ 料金の詳細

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ