AWS のコストと使用状況レポートは、AWS のコストと使用状況に関する包括的な情報にアクセスするための一元的な場所です。

AWS のコストと使用状況レポートでは、アカウントとその IAM ユーザーによって使用された各サービスカテゴリの AWS 使用状況を時間単位または日単位の明細項目として表示し、コストを配分するためにアクティブ化したタグも表示します。また、AWS のコストと使用状況レポートをカスタマイズして、日単位または月単位で使用状況データを集計することもできます。

AWS のコストと使用状況レポートを有効にする

AWS のコストと使用状況レポートには、AWS のサービス、料金、予約 (Amazon EC2 リザーブドインスタンス (RI) など) に関する追加のメタデータなど、利用可能かつ非常にきめ細かい AWS のコストと使用状況データが含まれています。

CostandUsageReporting

包括的な AWS のコストと使用状況の情報にアクセスする

AWS のコストと使用状況レポートでは、AWS のコストと使用状況データを徹底的に調べ、AWS 実装の使用状況を理解し、最適化の機会を特定できます。完全なデータディクショナリについては、こちらを参照してください。

TrackRIUsage

Amazon EC2 リザーブドインスタンス (RI) の使用状況を追跡する

RI 割引を受け取る使用状況の各明細項目には、割引が割り当てられた場所に関する情報が含まれています。これにより、特定の予約からメリットを享受しているインスタンスを簡単に追跡できます。

IngestintoRedshiftQuickSight

Redshift および QuickSight にレポートを直接取り込む

AWS のコストと使用状況レポートを有効にすると、Redshift および QuickSight のマニフェストファイルの受信をオプトインできます。これにより、データ取り込みプロセスが大幅に簡素化されます。


AWS では、AWS のコストと使用状況レポート (CSV 形式) を指定した Amazon Simple Storage Service (S3) バケットに提供し、少なくとも 1 日 1 回レポートを更新します。Amazon S3 コンソールを使用して、任意のレポートをダウンロードできます。または、Amazon S3 API を使用してプログラムでレポートを取得できます。また、AWS のコストと使用状況レポートは、Amazon Redshift に直接取り込むか、Amazon QuickSight にアップロードできます。

AWS のコストと使用状況レポートに関連する直接的な費用はありません。ただし、標準の Amazon S3 ストレージ料金が適用されます。

CostandUsageReport