Amazon Web Services ブログ

AWS Panorama Appliance: コンピュータービジョンアプリケーションをエッジへ

本日 AWS re:Invent で、AWS Panorama Appliance のプレビューを行いました。また、AWS Panorama SDK が近日公開される予定であることも発表いたしました。これにより、組織はコンピュータビジョンをオンプレミスのカメラに取り込み、高精度で低レイテンシーな自動予測を行うことができます。

過去数十年にわたり、コンピュータビジョンは、学者によって議論されるトピックから、世界中の企業で使用されるツールへと変化してきました。この成長を実現するうえで、クラウドが重要であり、これまで不可能だったサービスやインフラストラクチャ機能が急増しています。

お客様は、製造ライン上の部品の検査、危険な場所での作業員のヘルメットの着用の確認、小売店での顧客トラフィックの分析など、物理的なシステムに関するさまざまな課題に直面しています。お客様は、多くの場合、問題やインシデントが発生した後に、ライブビデオフィードを手動で監視したり、録画した映像を確認したりして、これらの問題を解決しています。こうしたソリューションは、手作業でエラーが発生しやすく、拡張が困難です。

コンピュータビジョンは、クラウドで実行されているモデルを使用して、こうした検査タスクを実行するためにますます使用されています。それでも、レイテンシーの要件や断続的な接続により、クラウドへのラウンドトリップを実現できないため、クラウドのみに依存することが最適ではない場合があります。

本日の発表内容
これからは、Amazon SageMaker を使用してコンピュータービジョンモデルを開発し、それを Panorama Appliance にデプロイして、複数のネットワークと IP カメラからのビデオフィードでそのモデルを実行させることができるようになります。Panorama Appliance と関連するコンソールがプレビュー中です。

近日公開予定の Panorama SDK は、サードパーティデバイス製造元が Panorama 対応デバイスを構築するために使用できるソフトウェア開発キット (SDK) です。Panorama SDK は柔軟性が高く、設置面積が小さく、ハードウェアベンダーがさまざまなフォームファクタやセンサで新しいデバイスを簡単に構築できます。したがって、工業用地、低照度シナリオ、屋外など、さまざまな業界や環境のユースケースを満たすことができます。

アプライアンスの開梱
このブログを書くことができるように、AWS re:Invent の数週間前に
JeffPanorama Appliance が送られました。これは、Jeff のオフィスに設置されたデバイスの写真です。

Panorama Applianceをセットアップするには、コンソールに移動し、[Get Started] をクリックします。

コンソールには、Panorama Appliance でコンピュータビジョンモデルを実行するための 3 ステップのガイドが表示されます。このブログでは、Panorama Appliance のセットアップに役立つステップ 1 だけを見ていきます。

Panorama Appliance をイーサネットケーブルでローカルネットワークに接続したので、設定手順で [Ethernet] オプションを選択します。

コンソールは、私の入力に基づいて、デバイスをセットアップできる構成アーカイブを作成します。ファイルをダウンロードして USB キーに転送し、Panorama Appliance に接続します。

Panorama Appliance の電源を入れ、USB キーを接続します。Panorama Applianceが AWS に接続すると、ライトが点滅し始めます。しばらくすると、Panorama Appliance が接続され、オンラインであることを示す緑色のメッセージがコンソールに表示されます。

次に、ガイドからカメラストリームを追加するように求められます。

カメラを追加するには、[Automatic] と [Manual] の 2 つの方法があります。[Automatic] を選択すると、サブネットから使用可能なカメラが検索されます。

ネットワークカメラの中には、パスワードで保護されているものもあります。Panorama Appliance が接続できるように、ユーザ名とパスワードを追加します。

これで Panorama Appliance がネットワークカメラに接続され、Panorama Appliance を使用する準備が整いました。

次の手順では、アプリケーションを作成し、Panorama Appliance にデプロイします。今後数週間にわたり、デモアプリケーションを作成します。サービスが一般公開されたら、このブログでそれについてお話し、私が作成したものを皆さんと共有することを楽しみにしています。

使用開始
AWS Panorama Applianceの使用を開始するには、製品ページにアクセスしてください。AWS Panorama SDK の使用を開始するには、ドキュメントを参照してください。お客様が Panorama Appliance で何を開発し、サードパーティのデバイスメーカーが Panorama SDK でどのような製品を構築するかを楽しみにしています。

オートメーションをお楽しみください!

— Martin