Amazon Web Services ブログ

[AWS Black Belt Online Seminar] FreeRTOS 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/19) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「FreeRTOS」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。

AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます)

Q. もともとは Amazon FreeRTOS という名称だったと思うのですが、”Amazon” がなくなったのはなにか意味があるのでしょうか?
A. 名称統一に関して、以下の FAQ に記載がございます。こちらをご覧ください。バージョン 202007.00 以降では、AWS の提供するリポジトリは、“FreeRTOS AWS Reference Integrations” と呼んでおります。

Q. スケジューラの実装方式はタイムスライス方式でしょうか?
A. 選択可能です。configUSE_TIME_SLICING フラグをセットします。こちらをご参照ください。

Q. PKCSK11 も Amazon Freertos に実装されている(含まれている)ことでしょうか? それとも、別ダウンロード必要でしょうか?
A. FreeRTOS は、PKCS#11 のライブラリを含んでいます。PKCS#11 の実装は、各デバイスベンダー様によって行われております。Partner Device Catalog に掲載されているハードウェアを用いて開発いただければ、すでにポーティング済みですので、アプリケーションからはすぐに利用可能です。

Q. ブートローダおよびアプリのアクションのスライドで、どれがそれぞれ FreeRTOS/ アプリのブロックでしょうか?
A. 「OTA – ブートローダーおよびアプリのアクション」のスライドで、「ブート時の検証」はブートローダーが実施する項目になります。ブートローダー側の対応項目はこちらを御覧ください。

Q. 開発言語は、c なのでしょうか?
A. はい、基本的に C 言語での開発となります。

Q. AWS IoT Embedded C SDK はどこで入手できますでしょうか?
A. こちらのGithubより入手可能です。最新バージョンは、v3.0.1 になりますが、v4.0.0 beta もリリースされており、今後の新機能に関しては、バージョン 4 に実装される予定です。これから開発を進められるお客様は v4 をご検討ください。

Q. Amazon FreeRTOS のドキュメントに FreeRTOS-qualified hardware platforms として Microsoft Windows 7 or later, with at least a dual core and a hard-wired Ethernet connection とあります。hardware platform として hardware ではなく operating system が書かれているのは Windows Device Simulator について記載されているからでしょうか?
A. その認識です。Windows Device Simulator を使って FreeRTOS の評価などを実施頂けます。詳細はこちらを御覧ください。

Q. バイナリーデータをパースするに関して参考となる資料はありませんでしょうか?
A. こちらの記事にバイナリデータの扱いに関する記述がございます。

Q. OTA は CP U側がファームのアップデート機能が必要だと思いますが、FreeRTOSのOTA のライブラリと CPU のアップデート機能とのつなぎ方はどのようにすればよいでしょうか?
A. FreeRTOS の OTA ライブラリの機能を利用することで、FreeRTOS が動作する MCU 以外のプロセッサのファームウェアの更新も可能です。こちらの記事をご確認ください。

Q. FreeRTOS についてのドキュメント、書籍で良いものがあれば教えて下さい。 特にドライバの作り方などが知りたいです。
A. AWSが提供するポーティングガイドの FreeRTOS ライブラリの移植をご覧ください。

Q. GUI については何を使用することを考えていますか。
A. FreeRTOS では、GUI に関する指定等はありません。LCD ディスプレイやボタンなどを MCU に接続して表示部分のドライバを実装していただく必要があります。Partner Device Catalog上には、ディスプレイやボタンを持つデバイスもありますので、そちらをご確認ください。また、セミナーの最後にご紹介したワークショップでは、ディスプレイやボタンを利用しております。こちらをご参照ください。

Q. 小さな OS は大体似たようなコードになるのですが、μITRON などと比べて有利な点は何ですか。
A. 次の質問であわせてご回答します。

Q. 他の OS との大きな違いはライブラリなのでしょうか。
A. 上記 2 つの質問に関してですが、組み込み向けの軽量な RTOS である FreeRTOS に、本セミナーでご紹介したような IoT 化を進めるための様々なライブラリを提供していることが大きな特長です。

今後の AWS Webinar | イベントスケジュール

直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。


AWS Summit Online が来る 9 月 8 日に開催します!

 

 

 

 

 

日本初の AWS Summit Online は、従来の AWS Summit Tokyo/Osaka で想定するセッションをフルスケールで提供します。150 を超えるセッション、20 を超えるセルフペースハンズオンにより、ご自分のレベルと目的に沿って好きな時間に知識を得ることができます。

開催期間: 2020 年 9 月 8 日 ~ 9 月 30 日 | 詳細・お申し込みについてはこちら≫

ライブ配信:9 月 8 日(火)、9 日(水)
基調講演、特別講演、AWSセッションをライブ配信でお届けします。また、ライブ配信後はオンデマンド化され、9 月 30 日(水)まで視聴できます。

オンデマンド配信:9 月 8 日(火)~ 9 月 30 日(水)
ライブ配信されたセッションほか、AWS 認定セッション、お客様事例セッション、セルフペースハンズオン、Partner Discovery Session (パートナーセッション) などがオンデマンドで視聴できます。

【AWS Summit Online 開催前にぜひご視聴ください】AWSome Day Online Conference

「AWSome Day Online」は、AWSの主要サービスや基礎知識を約 2.5 時間という短い時間で、ポイントを押さえて紹介いたします。技術的な面だけではなく、AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。

※この回ではAWSエキスパートによる技術的な内容についてチャット形式でのQ&Aを実施します。
※AWS サービスの導入に関するご相談も同時にチャット形式にて対応します。
※2020年は毎月第一水曜日に開催します。

日時:2020 年 9 月 2 日(水) 15:00 – 18:00 終了予定 | 詳細・お申込みについてはこちら≫

AWS Black Belt Online Seminar

9 月のアジェンダが新しく追加されました。セミナー中は内容に関する疑問点を質問することができます。参加された方だけの特権ですので、ぜひこの機会にご視聴ください。

9 月分の詳細・お申込はこちら≫

  • 9/16(水)18:00-19:00 AWS IoT Events
  • 9/29(火)12:00-13:00 Amazon Aurora MySQL Compatible Edition ユースケース毎のスケーリング手法
  • 9/30(水)18:00-19:00 Amazon Kinesis Video Streams