Keisuke Tsukagoshi 1

名前:塚越 啓介 / Keisuke Tsukagoshi
ポジション名:インフラストラクチャーアーキテクト
入社年月:2016 年 8 月


Web 企業にて大規模システムの開発や運用などを経験しました。その後、海外向けサービスなどの立ち上げをリードしつつ、アジャイル開発の導入などを実施しました。そこで得た経験を基にアジャイル系イベントでの講演や iOS 関係の寄稿などをしていました。


クラウドに移行した後に、クラウドネイティブなシステムを構築するためにどんなアーキテクチャーが最適なのか、どうやったら手をかけずに運用できるか、どうやったら便利に開発が進められるか、などをお客様と一緒に考えています。AWS に限定せず、必要であればマイクロサービスアーキテクチャー、DevOps などの知識を使いながら、お客様の開発環境を常に改善できるよう支援させていただいています。

クラウドの浸透が進むにつれて、アーキテクチャーや開発プロセスが変革期にあるように感じていました。新しいサービスも続々と登場している中で、こうやれば絶対にうまくいくというものはなく、常に今よりよいアーキテクチャーや開発プロセスを考え続けるのが今のタイミングに必要なことなのかなと。そこで、AWS の内側から多くの事例をみることで、開発における引き出しを増やせるのではないかと考え、AWS に入りました。

そもそも技術が大好きですし、プロダクトを作るのも大好きなので、何かしら「ものづくり」に近いところで働いていたいなと思います。
数年前は AWS など想像もしていかなったですし、これからどんなプロダクトが出てくるかわからないので、どんなものが出てきたとしても、それに対応できるだけのスキルを維持し、プロダクト開発の前線にいたいです。そのために組織をどうするかであったり、システムをどうするかであったりの知識は増やし続け、プロダクトを作るために必要なスキルを磨き続けたいと思っています。


アマゾン ウェブ サービス(AWS)概要

Amazon の最新の採用情報を Facebook ページでも随時掲載中。詳しくはこちら »