AWS を活用しようとするお客様やシステムインテグレータは、クラウドベースの IT 環境への変化を実現するための支援を求めています。
AWS プロフェッショナルサービスは、世界中のコンサルタントの知見をエンタープライズのお客様に対して提供するだけではなく、システムインテグレータを支援することで、両者にとって最も価値のあるビジネスパートナーになることを目指しています。「チームのメンバーが業界で活躍し続けられる人として育つ場所にする」をチームのモットーとして、準備されている AWS のトレーニングコースを通じてだけではなく、周囲のメンバーと切磋琢磨する事で、クラウドに関わる業界人として活躍して頂きたいと考えています。

開催日時 タイムテーブル 詳細・申込

2019年 9月 25日 (水)

19:30 - 20:30

(オンライン開催)

• プロフェッショナルサービス部門のご紹介

•  現在募集中のポジション (東京、大阪)のご紹介

•  社員によるコンサルタントの日常のご紹介

•  Q&A


詳細・申込はこちら »
開催日時 タイムテーブル 詳細・申込
9月19日(木) 19:30-21:30
AWS東京オフィス (目黒)

19:00-19:30 受付

19:30-20:15 部門概要・募集ポジションの説明

20:15-20:30 Q&A

20:30-21:30 懇親会


詳細・申込はこちら »

初期導入支援、標準化支援、大規模マイグレーション、ビッグデータ、クラウドベースの新規アプリケーション開発など多岐に渡ります。

プロジェクトの内容によりますが、平均して同時に1-3つのプロジェクトを担当しています。

契約期間は短いもので2週間、長いもので1年以上、平均は2‐3か月程度となりますが、継続案件もありケースバイケースです。 

アドバイザリーコンサルタント、インフラストラクチャーアーキテクトを中心に、そのプロジェクト毎に必要なスキルをもつコンサルタントでチームが構成されます。

お客様先に常駐するケースはほとんどありません。

数は多くありませんが、プロジェクトによっては実際にお客様と一緒に構築や試験、実検証、移行作業等に携わるような支援形態もあります。

プロフェッショナルサービスでは大企業のお客様への支援が多く、業種は多岐にわたります(例:金融、製造、ヘルスケア、自動車など)

専用の機器を使ってVPN環境を構築しており、オフィス外からもセキュアな環境下での業務が可能です。

プロフェッショナルサービス組織として資料の共有や勉強会の開催、各種コミュニケーションツールの活用という形でナレッジシェアの取り組みをしています。また、社内では周囲のコンサルタントに気軽に質問できる環境となっています。

多くの場合日本のお客様とは日本語で仕事をしますが、グローバルプロジェクトを担当する場合、海外のお客様やAWSメンバーと英語でのコミュニケーションが必要となることもあります。英語の使用は必須ではありませんが、ビジネスレベルの英語力をお持ちの方は歓迎しています。また、入社後に英語のトレーニングも受講可能です。

メールに加え、チャット・電話会議ツールにて日常的にリアルタイムなコミュニケーションを取っています。

プロフェッショナルサービス部門では、顧客ミーティングなどを除き、どのポジションでもリモート勤務をしていただくことが可能です。

一般的な内容、コストの範囲で検証・学習用のAWSアカウントが利用いただけます。また個人に費用がかかることは通常発生しません。

PC (Windows/Mac)が貸与されます。また、希望があればBYODも可能です。

アマゾン全体の仕組みとして、OLP(Our Leadership Principles/360度評価)とファンクショナルスキルの2点で評価をしており、いずれも定量的・定性的な評価ができるような仕組みを整えています。ただ、ポジションや担当顧客によってKPIは異なるため、目標や評価の基準は一定ではありません。

KPIは複数ありますが、プロフェッショナルサービスのコンサルティングを通じて、お客様のAWSの利用がどれだけ伸びたかを一番重視しています。

部署内外を含めてオープンポジションに応募可能です。また、日常的に上司とキャリアパスをオープンに話し合っており、中長期でのキャリア構築の機会がございます。(例えば、要件に合致すればSolution Architectや別部門、海外オフィスへの異動も可能です)

入社後3か月間のトレーニング期間に加えて、毎週のプロフェッショナルサービス内勉強会、各種E-Learningなど自主的に勉強していただける環境が多数ございます。また、プロフェッショナルサービス内で自由に質問のしやすい組織になっています。

クラスルームの研修の多くは東京の目黒オフィスで実施されます。ただし、入社後の初期研修の多くはE-Learningのため、場所を問わず参加いただけます。

認定資格の受験費用は経費精算にて請求が可能です。また、内容によりますが社外セミナー受講や書籍購入のサポートも実施した事例はございます。

一般的にシステム構築の経験・知識と、顧客対応のスキルが求められています。また弊社OLP(Our Leadership Principle)との親和性も重要視されています。ポジションごとの募集要項はそれぞれの求人票をご確認ください。

アプリケーション最適化コンサルタントというポジションでは必須となりますが、それ以外のポジションでは必須ではありません。

AWSを未経験で入社している社員も多数在籍しています。入社後3か月間のトレーニング期間があるため、その期間に学んでいただけます。また、その後も勉強会など学ぶ機会は頻繁にございます。

プロフェッショナルサービスでは、現在東京以外に大阪、名古屋で採用を行なっています。詳しくは募集一覧をご覧ください。

候補者の希望によって応募ポジションを決定し、選考を進めさせていただきます。

入社後にAssociate と Professional を基本的に取得しています。また、各自の専門性により Speciality 資格を取得しているメンバーもいますが、応募時にはいずれの資格も有無は問いません。

AWSジャパンに定年はありません。

基本的に東京(目黒)オフィスにご来社いただいております。遠方からご来社いただく場合には、交通費を支給しています。