jp_ps_mm2

名前:松本
ポジション名:インフラストラクチャーアーキテクト(大阪担当)
社歴:約 1.5 年

高校卒業後、公務員として 2 年間働いたのちに IT 業界へ転職しました。その後、通信制大学へ入学し、フリーランスの経験をするなど、少し特殊なキャリアパスを歩みました。アプリケーションの開発を専門領域としていましたが、ディザスタリカバリ環境の構築プロジェクトへの参加をきっかけに、オンプレミス環境でのインフラ構築を経験しました。その後 AWS 上へインフラ構築を行い、インフラ構築からアプリケーション開発までを担当し、現在に至ります。

お客様がクラウドへの移行をスムーズに行えるよう、インフラ周りの設計支援、技術課題解決のお手伝いをしています。最近では特にサーバーレスアーキテクチャーの採用、IoT 基盤構築、インフラ構築の自動化や運用自動化のご支援をしています。

インフラストラクチャーアーキテクトという肩書きではありますが、お客様の課題に合わせたインフラ以外の AWS サービスの提案や、お客様と共に CI/CD パイプラインの構築、クラウド移行に向けた PoC の実施など、実際に手を動かす支援も行なっています。また、AWS の利用をこれから始められるお客様へのワークショップやハンズオンの実施など、インフラだけではない、お客様の課題解決に対する幅広い支援を行なっています。

私自身が AWS を利用することで煩わしい作業から解放されるという体験をしてきましたが、AWS ジャパンでその体験を広めることができると感じ、入社の決意をしました。

また、大阪オフィスを拡大中であるという点も入社した大きな要因です。

IT 業界は変化が早いですが、AWS はそれ以上に変化の早い環境です。次々と生まれる新サービスを活用し、お客様のかかえる課題解決を行うことはもちろんですが、導入時点だけではなく、導入後の運用・保守フェーズにおいてお客様が時間をより有効に活用することができる組織づくりもリードすることができるアーキテクトになりたいと考えています。

現在 AWS ジャパンでは関西圏のお客様を支援するチームをますます拡大しております。お客様の課題解決を通じて、関西圏のお客様の AWS 利活用を推進させたいというチャレンジ精神をお持ちの方には特に楽しめる職場です。一緒に関西圏での AWS ビジネスを盛り上げていただける方のご応募をお待ちしております。