jp_ps_km4

ポジション名:インフラストラクチャーアーキテクト
社歴:1 年未満(インタビュー当時)

新卒で外資系 IT 企業に就職し、オンプレミス環境における Open 系システムのインフラ SE として、20 年に渡り活動してきました。キャリアの前半はサーバー、ミドルウェアのスペシャリストとしてインフラの設計や構築、障害対応を担当し、後半はインフラ・アーキテクトとして インフラの標準化や全体最適化、災害対策などインフラ全体のアーキテクチャーを策定していました。また、設計・構築だけではなく、お客様の要件をお伺いしてご提案するフェーズから、運用設計までのあらゆるフェーズで活動してきました。

クラウドインフラストラクチャーアーキテクトとして、主にインフラ分野の設計や導入支援、クラウドへの移行検討支援などを行っています。銀行グループ様を担当していますが、お客様のプロジェクトにより様々な課題とそれに伴う技術検討があるため、自分でも常に学びの日々です。

お客様がよりスムースに、且つ、効果的に AWS をご利用いただけるよう、インフラの設計や移行検討以外にも、AWS サービスの技術 QA や、スキル育成支援、パートナー様との連携強化、お客様のクラウド推進部門の組成支援などを担当し、ご支援する内容は多岐にわたります。

インフラ SE を長く続けていたので、新しい技術を身に着けて次のステップに進みたいと考えているときに AWS ジャパン Professional Services 部門のオープンハウスに参加する機会を得ました。その際、Amazon の文化や Our Leadership Principles の話を聞いて共感し、AWS ジャパンで新しい技術とともに新しい価値をお客様にお届けしたいと強く思い、入社を決めました。

今までのインフラの経験をベースに、お客様システムのクラウドへの移行や、クラウドの効果的な利用を推進するため、まずは自分のスキルを磨き、知見を広めていきたいと考えています。お客様の抱える課題の解決をリードできるよう、自身のスキルの習得だけでなく、チームや AWS 内の体制を整えたり、AWS グローバルチームとの協業を強化したり、社内外のスキル育成をしたりと、活動の場を広げていきたいと考えています。

Professional Services 部門で提供するコンサルティングサービスはご支援形態も様々です。お客様との打ち合わせなど、必要な時にお客様先にご訪問し、資料作成などの作業は在宅勤務で実施したり、シェアオフィスを利用して実施できます。働き方の自由度は高く、お客様に対してチームで対応するなど体制の柔軟性があり、ワーキングマザーでも働きやすい環境や制度が整っております。Weekly に上司やメンターと 1 on 1 を実施する文化があり、自分に合った働き方を相談しながら勤務できます。私にもまだ小学校低学年の子どもがいますので、働くママさんにもチャレンジしてほしいと思います。