AWS クラウド開発キット

使い慣れたプログラミング言語を使用してクラウドインフラストラクチャを定義する

AWS クラウド開発キット (AWS CDK) は、使い慣れたプログラミング言語を使用してクラウドアプリケーションリソースをモデル化およびプロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。

クラウドアプリケーションのプロビジョニングは、手作業やカスタムスクリプトの作成を必要としたり、テンプレート管理やドメイン固有の言語の学習を必要としたりする困難なプロセスになる場合があります。AWS CDK では、アプリケーションのモデル化に、プログラミング言語についての知識とプログラミング言語の表現力を使用できます。AWS CDK で提供される高レベルのコンポーネントによって、クラウドリソースが実績のあるデフォルト設定を使用して事前設定されるため、専門知識がなくてもクラウドアプリケーションを構築できます。AWS CDK では、AWS CloudFormation を使用してリソースを安全かつ反復可能な方法でプロビジョニングできます。また、組織の要件を組み込んだ独自のカスタムコンポーネントを作成して共有できるため、新しいプロジェクトを迅速に開始することができます。

利点

クラウドへの簡単なオンボーディング

AWS CDK では新たに学習すべきことがほとんどないため、AWS へのオンボーディングを加速できます。CDK では既存のスキルやツールの使用が可能になるため、それをクラウドインフラストラクチャの構築タスクに活用できます。また、CDK で提供される高レベルのコンポーネントによって、クラウドリソースが実績のあるデフォルト設定を使用して事前設定されるため、専門知識がなくても AWS での構築を行えます。

より迅速な開発プロセス

AWS CDK では、インフラストラクチャを定義するためにプログラミング言語の表現力を活用できます。オブジェクト、ループ、条件といった使い慣れた機能により開発プロセスを加速できます。 また、統合開発環境 (IDE) で AWS CDK を使用し、既存の生産性ツールやテストフレームワークを活用することも可能です。

カスタマイズおよび共有可能

AWS CDK では、組織のセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスの要件を満たした再利用可能な独自のコンポーネントを設計できます。他のソフトウェアライブラリと同様、組織全体にコンポーネントを簡単に共有できるため、デフォルトでベストプラクティスを使用して新しいプロジェクトを迅速に立ち上げることができます。

コンテキスト切り替えが不要

AWS CDK では、お使いの IDE 内でクラウドアプリケーションを構築できます。ランタイムコードの記述や、AWS リソースの定義に、同じプログラミング言語を使用できます。

仕組み

product-page-diagram_AWS-Cloud-Development-Kit
Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
製品の特徴を見る

AWS CDK の機能の詳細について確認できます。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
ドキュメント

開発者ガイドで AWS CDK の詳細を確認できます。

詳細