AWS クラウド開発キット

使い慣れたプログラミング言語を使用してクラウドインフラストラクチャを定義する

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) は、使い慣れたプログラミング言語を使用してクラウドアプリケーションリソースを定義するためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。

クラウドアプリケーションのプロビジョニングは、手作業やカスタムスクリプトの作成を必要としたり、テンプレート管理やドメイン固有の言語の学習を必要としたりする困難なプロセスになる場合があります。AWS CDK では、アプリケーションのモデリングに、プログラミング言語についての知識とプログラミング言語の表現力を使用できます。コンストラクトと呼ばれる高レベルのコンポーネントによって、実証済みのデフォルト設定を使用してクラウドリソースが事前設定されるため、エキスパートでなくてもクラウドアプリケーションを構築できます。AWS CDK では、AWS CloudFormation を使用してリソースを安全かつ反復可能な方法でプロビジョニングできます。また、組織の要件を組み込んだ独自のカスタムコンストラクトを作成して共有できるため、新しいプロジェクトを迅速に開始することができます。

Terraform を好まれるお客様には、CDK コンストラクトが cdk tf によって作成されるため、TypeScript および Python で Terraform HCL ステートファイルが定義されます。Kubernetes ユーザーであれば、cdk8s プロジェクトによって CDK コンストラクトが使用されて、TypeScript、Python、Java で Kubernetes 設定が定義できるようになります。cdk8s はどこでも実行できる Kubernetes インフラストラクチャの定義に使用できるとともに、AWS CDK の Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) コンストラクトライブラリと併用が可能です。cdk8s および cdk tf はどちらもアルファリリースです。

AWS Cloud Development Kit の紹介 (10:00)

利点

クラウドへの簡単なオンボーディング

AWS CDK では新たに学習すべきことがほとんどないため、AWS へのオンボーディングを加速できます。CDK では既存のスキルやツールの使用が可能になるため、それをクラウドインフラストラクチャの構築タスクに活用できます。また、CDK で提供される高レベルのコンポーネントによって、クラウドリソースが実績のあるデフォルト設定を使用して事前設定されるため、専門知識がなくても AWS での構築を行えます。

より迅速な開発プロセス

AWS CDK では、インフラストラクチャを定義するためにプログラミング言語の表現力を活用できます。オブジェクト、ループ、条件といった使い慣れた機能により開発プロセスを加速できます。 また、統合開発環境 (IDE) で AWS CDK を使用し、既存の生産性ツールやテストフレームワークを活用することも可能です。

カスタマイズおよび共有可能

AWS CDK では、組織のセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスの要件を満たした再利用可能な独自のコンポーネントを設計できます。他のソフトウェアライブラリと同様、組織全体にコンポーネントを簡単に共有できるため、デフォルトでベストプラクティスを使用して新しいプロジェクトを迅速に立ち上げることができます。

コンテキスト切り替えが不要

AWS CDK では、お使いの IDE 内でクラウドアプリケーションを構築できます。ランタイムコードの記述や、AWS リソースの定義に、同じプログラミング言語を使用できます。AWS Toolkit for VS Code を使用して、CDK アプリケーションスタックとリソースを視覚化できます。

仕組み

product-page-diagram_AWS-Cloud-Development-Kit

お客様

Culture Amp

600x400_Culture-Amp_Logo

Culture Amp は、従業員のフィードバックを簡単に収集、理解、および取り入れるようにすることで、企業をより働きやすい職場にすることができます。Culture Amp により、HR リーダーはより適切な意思決定を行い、影響力を示し、企業文化を競争力に変えることができます。Culture Amp は AWS を使用して、2012 年に世界初のオンデマンドの従業員フィードバックプラットフォームを構築しました。それ以来、メルボルン、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドンオフィスから急増している世界中の顧客をサポートしてきました。主に AWS Fargate、Amazon DynamoDB、Amazon Relational Database Service を使用して、Amazon EC2 で実行されていた単一リージョンのモノリシックアプリケーションを、Amazon Elastic Container Service 上で実行されるマイクロサービスベースのマルチリージョンアーキテクチャにモダナイズすることを Culture Amp が決定するにあたっては、制限付きの環境にログインしなくても、または AWS や AWS CloudFormation に関する詳細な知識を習得しなくても、事前承認済みの AWS アーキテクチャをエンジニアが利用できる方法を求めていました。Culture Amp チームは、AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) を利用して、サポート対象のデータベースとユーザーロールを共有し、反復可能な方法で AWS Fargate サービスのプロビジョニングを自動化しました。Culture Amp は、カスタム AWS CDK コンストラクトのライブラリを構築した結果、豊富な機能を備え、開発チーム間でスピードと効率を向上できるエンジニア向けの新しいマイクロサービスをプログラムで作成できるようになりました。

「現在、エンジニアは豊富な機能を備えた事前承認済みの AWS アーキテクチャを利用できます。これには、詳細なデプロイロール、ロードバランシング、認定の検証、自動スケーリング、ログを転送する AWS Lambda 関数、ストレージバックエンドとしての Dynamo または RDS の選択などが含まれます。以前は 6 週間かかっていたものを、たった数時間で実行できるようになりました」

Matthew Tapper 氏、リード SRE エンジニア - Culture Amp

Stedi

Stedi は手間のかかるポイントツーポイント運用によらず、取引先との接続およびトランザクションを高速処理する機能を法人組織に提供していますが、標準化フォーマットで 300 超のさまざまな商取引タイプを処理する完全セルフサービス型の「デジタルメールボックス」によってこれが可能になりました。

Stedi には、世界のあらゆる B2B トランザクションを処理することで、企業で単純作業に費やされる膨大な時間をセーブするという野望があります。これには、まず自社内で単純作業をなくすことが先決で、このために Stedi でフルサーバーレスの AWS アーキテクチャによるビルドを早期に決めたのです。しかし、Stedi と AWS の協業は単なるサーバーレスアーキテクチャにとどまらず、AWS CDKAWS Amplify のような AWS ネイティブのデベロッパーツールを採用して、イテレーションを高速化し、デプロイ頻度を上げました。

「きっかけは CDK でした。フィードバックのサイクルが大きく改善され、まったく新しいインフラストラクチャのフルデプロイまでの時間が短縮されました」

Tyler van Hensbergen 氏、エンジニアリング - Stedi

Cyberark

CyberArk は、エンタープライズ全体にわたって、DevOps パイプラインを通して、クラウド内のデータ、インフラストラクチャ、アセットを保護するための IT マネジメントの重要なレイヤーであるアクセス権限管理の領域でグローバルリーダーです。CyberArk は、権限付き認証情報およびシークレットによってリスクを軽減するソリューションを提供しています。同社は Fortune 500 社の 50% 超を含む世界のトップクラスの企業から信頼を得て、外部からの攻撃者や悪意のあるインサイダーから保護します。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
製品の特徴を見る

AWS CDK の機能の詳細について確認できます。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
ドキュメント

開発者ガイドで AWS CDK の詳細をご覧ください。

詳細はこちら